人気の名作定番紹介

ダサいを検証。『インケース』評判調査。デジタル特化のビジネスにも使えるバッグ

Incase(インケース)はおしゃれ?ダサい?イメージは?評判は?

Incase(インケース)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1997年に、Apple社に依頼されてガジェット用のバッグを制作した唯一のサプライヤーとして話題になったIncase(インケース)は、決して一過性のトレンドのブランドではありません。

特に、スーツに合うガジェット用のバッグとして認知度を広げながらも、ファッションとして街着で使ってもおしゃれな機能バッグとしても選ばれます。

しかし、Incase(インケース)は、例え、一時期の話題性が落ち着いたとしても、流行り廃りではなくガジェット用のファッションバッグとして注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いは収束しつつも、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いIncase(インケース)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

『Incase(インケース)』幅広い年齢層に選ばれるガジェットに特化したバッグブランド

仕事やプライベート含めて、日常的にパソコンやタブレットを持ち運ぶ人も多いですよね。

特に、仕事においてパソコン用のバッグと仕事用のバッグを分けて持ち運ぶのは面倒くさいです。

重電機やコード等の周辺機器も意外とかさばるので、バッグの中でごちゃごちゃになるケースも経験があるのではないでしょうか

仕事で使うとなるとスーツに合うバッグである事は鉄則です。

使い勝手が良くてもスーツに合わなければ仕事で使えません。

その上、プライベートでもパソコンやタブレットを持ち運ぶタイミングで、いかにもスーツに合わせるバッグを使うのはダサいと感じる人もいますよね。

そんな人に重宝するのがおすすめ『Incase(インケース)』のバッグです

タウンユースでも使えてスーツにも合うデザインが特徴的で、Apple公認の実績を持つガジェット(電子機器)収納に特化したバッグブランドです

こんな人におすすめ

  • Incase(インケース)っておしゃれなの?ダサいの?
  • スーツでも私服でも使えるお洒落なPCを持つバッグが欲しい
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Incase(インケース)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Incase(インケース)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『ビジネスでもプライベートでも愛用』
  • 『スーツにも合うシンプルなデザイン』
  • 『パソコンやタブレット等の収納力抜群で嬉しい』
  • 『衝撃に強いクッショニング付きで安心』

悪い口コミ

サイズや価格に関する口コミなど、一部の人やモデルに対する個人の感想といった口コミが多く、これと言って悪い口コミは見つかりませんでした。

続けて、詳しく解説していきます。

ミニマルなデザインに関しての口コミ

特に、ミニマルで洗練されたデザインであるApple社の公認サプライヤーという事もあってデザインに関しての声は多いですね。

スーツやフォーマルカジュアルには勿論、キレイ目カジュアルや大人の日常のカジュアルスタイルにもしっかりハマる、シンプルで洗練されたデザインが選ばれる理由ですね。

反面、個性を求める一部の人には面白味がないバッグとして映ってしまう側面もあります。

しかし、一般的にはミニマルでおしゃれといった評価が多いですね。

収納力に関しての口コミ

PCやパッドに充電器やコード等の周辺機器をしっかり収納できると言った声は多いですね。

ガジェット用に開発されてるだけあって、小分け収納の多さは群を抜いています。

衝撃に備えたクッション素材も採用されているので安心です。

一部のモデルで、ZIPの開きが小さく底のモノを取り出しにくいという声もありますが、バックパックでは起こり得る程度です。

モデル毎の開口部の開き具合は、しっかり確認した上で検討したいですね。

なぜ人気?多くの人に愛される『Incase(インケース)』人気の理由8選

ポイント

  • Apple公認のお墨付き』⇒Appleから正式に依頼され「コンピューターを外に持ち出す為のバッグ」を作り出した唯一のブランドである信頼の逸品。
  • ガジェット特化の卓越した収納力』⇒PCだけでなくコードや周辺機器も、効率よく持ち運べる最低限にしてコンパクトにまとめる収納力の高さが魅力。
  • 衝撃から守るプロテクション』⇒PCやタブレット等、外からの衝撃にも中からの衝撃にも対応した卓越した衝撃吸収が安心の逸品。
  • スーツにもハマる洗練されたデザイン性』⇒大きなポケットを排除しZIPも隠す徹底ぶり。シックなモノトーンに統一されながらも選ぶ楽しさも併せ持つモデル毎に素材感の違いを有するこだわりの逸品。
  • 長く使える耐久性能且つ軽量』⇒見た目からは想像できない軽さに加えて、長く使える耐久性の高さが長く使える愛用品。
  • 人間工学に基づいて作られたストラップ』⇒身体にフィットし荷重分散するように作られた快適な使用感が魅力。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Incase(インケース)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

INCASE BAG

特化したガジェット収納力

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

収納

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Incase(インケース)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Incase

1997年、アメリカカリフォルニア州サンフランシスコで誕生。

Appleから正式に依頼され「コンピューターを外に持ち出す為のバッグ」を作り出した、唯一のブランドにして公式のサプライヤーの1つでもある。

先進的なデバイスが次々に登場する時代に、IT機器を使う人々をサポートする製品を開発してきたメーカー。

『Simplicity(シンプル)』『Efficiency(効率性)』『Agility(軽快性)』をコンセプトに、見た目の派手さや独自性を求めるのではなくユーザーの求める機能性に従事したモノづくりで開発を進める。

現在では東京にある直営店を始め百貨店や大手セレクトショップ、東急ハンズやLOFTでも取り扱いなどもある注目度の高い新進気鋭のブランドですね。

つまり、Appleの増え続ける機器にも対応できるように打ち合わせを重ねて作られるガジェット(電子機器)収納に特化したバッグという事ですね

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://incasejapan.com/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

Apple公認のお墨付き

近年、ビジネスやプライベートにおいてもPCやタブレットのような電子機器を持ち運ぶ事が多くなりましたよね

デジタルノマドという言葉もあるように、あらゆる場所でのPCを使った作業を行う事は頻繁にあります。

PCやタブレットの人気ブランドといえば、やっぱり『Apple』という人も多いでしょう。

それほどまでに、機能性は勿論デザイン性においても世界から認められるブランドです。

ポイント

その『Apple』から正式に依頼されて「コンピューターを外に持ち出す為のバッグ」を作り出した唯一のブランドである『Incase(インケース)』は信頼のに値する逸品ですね

勿論『Apple』以外のPCをご使用の人にも便利なこだわりのバッグです。

ガジェット特化の卓越した収納力

バッグを選ぶ際、PCの持ち運びを念頭に置く人も多いですよね。

PCにタブレットなどの本体は勿論、コードや周辺機器などの収納は重要な判断基準になります。

ポイント

『Incase(インケース)』のバッグは、ガジェット(電子機器)の収納に特化した作りになっています

バッグの中でごちゃごちゃと物が移動する事を避ける、小分けにされたポケットがスムーズな物の出し入れを可能にしています。

電車やカフェでの使用や、取引先に上司の前でもあたふたせずにスムーズに取り出す事が出来る収納力の高さが人気の理由ですね

衝撃から守るプロテクション

近年のバッグにはPCを持ち運ぶ事を想定されたクッション材が採用されているものも多くあります。

しかし、意外と床に置いた時の衝撃吸収や背中側や内側の衝撃に対応していないバッグもありますよね。

ちょっとした油断で大切なPCやタブレットに衝撃を与えてしまって焦った経験はあるのではないでしょうか

外からの衝撃にも中からの衝撃にも対応した卓越した衝撃吸収機能がPCやタブレットを持ち運ぶ人にとって安心を与えてくれます

スーツにもハマる洗練されたデザイン性

『プライベートで使えるけど、仕事ではちょっとつかえないな…』というデザインのバッグはありますよね。

中には、仕事では使えるけど私服で持ち運ぶには違和感があるような効率の悪い買い物もしたくないという人もいるでしょう。

ポイント

流石『Apple』の公式サプライヤーとも言える程に、シンプル且つ洗練されたデザイン性が魅力です。

大きなポケットを排除しZIPも隠す徹底ぶりが細部に現れています

シックなモノトーンに統一されながらも、モデル毎に違う素材感も選ぶ楽しみも与えてくれます。

スーツは勿論、私服でもPC作業を有する人の多い現代において、どんなスタイルにも馴染み易いシックで上品に決まる使い勝手の良さも人気のポイントです

長く使える耐久性能且つ軽量

バッグとは、移動の際に持ち運ぶものであるから重さは気になるポイントですよね。

特に、PCを持ち運ぶ事が多い場合はPCの重さが加わるのでバッグ本体の重さは致命傷になります。

さらに、持ち運ぶことが多いという事は、その分あらゆる場面において耐久性も重要になりますよね。

ポイント

『Incase(インケース)』のバッグは、軽快性もコンセプトの一種でありユーザーのニーズに合わせたモノづくりが特徴です

長く使える耐久性の高さと持ち運びに便利な軽量性は誰もが求める事ですよね

そんな要望を叶える製品が作られるのは当たり前の事なのです。

人間工学に基づいて作られたストラップ

バッグの持ち心地において、重要な部分は肩にかかるストラップ部分です。

中々、フィットせずに持っている事に違和感を覚えるバッグを持った経験はあるでしょう。

ポイント

人間工学に基づいてつくられたストラップには、身体にフィットする滑らかな構造を特徴としています

重さが直に伝わる部分の荷重を分散し快適で長く持ち運ぶ事を可能にする使用感が人気のポイントですね

大手セレクトショップの取り扱い

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップや百貨店に東急ハンズやLOFT等取扱いの多い注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Incase(インケース)』日常を飾る評判の名作定番おすすめ6選

シンプルで洗練されたデザインとして多くの人々に愛されるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

決して極端に安いわけではないですが全く手が出ない程の価格ではない上に普遍的で長く使える年月を考えるとコスパ抜群のアイテムですね

ブランドを象徴するクリエーターの為の『ICON Slim Pack』

pick up

ICON Slim Pack

スーツでも私服でも、洗練された大人の男性を演出するブランドを象徴するバックパックです

しっかりとした生地感の840デニールナイロンの織り込まれた素材感が特徴ですね。

サイドからアプローチ可能な、16インチまでの大きさのPC収納の大きさが嬉しいポイントです。

それに加えて、メイン収納部にはタブレットとA4サイズの書類が楽々入る2層構造に、小型ガジェットも分けて入れる事が出来る3部屋が十分な容量を作り出しています。

フロントポケットには、手帳や充電器に筆記用具等とサイドにもポケットのついた、すぐにアプローチできる小分け収納の使い易さが嬉しいポイントです。

ITを使って創造するクリエーターの要望に沿って作られた鉄板のモデルですね

高さ:48cm 幅:30cm 奥行:20cm 容量:28.8L 重さ:1.0kg

大容量で本格的に使える洗練された『ICON Backpack』

pick up

ICON Backpack

ICON Slim Packの大容量バージョンのモデルです

しっかりとした生地感の840デニールナイロンの織り込まれた素材感が特徴ですね。

サイドからアプローチ可能な16インチま入るPC収納の大きさが嬉しいポイントです。

それに加えて、メイン収納部にはタブレットとA4サイズの書類が楽々入る2層構造に、小型ガジェットも分けて入れる事が出来る4部屋に分かれた大容量収納が魅力です。

フロントの収納部にサイドポケット等収納方法は多種多様です。

左右に振っても中身が動かない安定構造が秀逸ですね。

本格的な容量を持ち運ぶクリエーターに選ばれる、上品で安定感のあるバックパックスタイルを演出してくれます

高さ:48cm 幅:33cm 奥行:23cm 容量:36.4L 重さ:1.2kg

本格的でも手軽に使える洗練された『ICON Light pack』

pick up

ICON Light pack

ICONシリーズの手軽に使えるコンパクトバージョンのモデルですね

しっかりとした生地感の840デニールナイロンの織り込まれた素材感が特徴ですね。

16インチまでの大きさのPC収納とA4サイズの書類も楽々入る2層構造に、上部にはモバイルフォンが収納可能です。

フロントポケットには、手帳や充電器に筆記用具等に、すぐにアプローチできる小分け収納の使い易さが嬉しいポイントです。

通勤通学からプライベートまで、本格的で高機能でありながらも手軽に使える上に洗練されたスタイルを演出してくれますね

高さ:51cm 幅:30cm 奥行:15cm 容量:22.9L 重さ:0.75kg

シンプルでモダンな手軽に使える『City Compact Backpack』

pick up

City Compact Backpack

スーツにも私服にも使い易い、コンパクトで手軽に使える人気モデルです

サイドの光沢のあるナイロンに、フロントには素材違い生地が採用された変化する表情が特徴的です。

フロントポケットには、手帳や充電器に筆記用具等に、すぐにアプローチできる小分け収納の使い易さが魅力です。

上部からは、メインと小分け収納に分かれた2つの収納部に、PCやタブレットと書類等と小型のガジェットも分けて収納可能ですね。

通勤通学からプライベートまで、気軽に上品なバックパックスタイルを演出してくれます

高さ:46cm 幅:33cm 奥行:13cm 容量:19.7L 重さ:0.8kg

大容量でも手軽に使える『City Backpack』

pick up

City Backpack

上記City Compact Backpackと同様デザインの大容量バージョンのモデルです

サイドの光沢のあるナイロンに、フロントには素材違い生地が採用された変化する表情が特徴的です。

16インチまでの大きさのPC収納と、A4サイズの書類も楽々入る2層構造に、小型ガジェットも分けて入れる事が出来る3部屋に分かれた大容量収納が魅力です。

フロントポケットには、手帳や充電器に筆記用具等にすぐにアプローチできる小分け収納の使い易さが嬉しいポイントですね。

通勤通学からプライベートまで、本格的な容量を持ち運びが可能でありながらも上品なスタイルをサポートしてくれます

高さ:52cm 幅:34cm 奥行:14cm 容量:24.7L 重さ:1.0kg

トラベルや出張にも最適な『Eo Travel Backpack』

pick up

Eo Travel Backpack

旅行や出張に使う事を想定された大容量のモデルです

メイン収納部は、スーツケースのように開くバタフライオープンで、衣類等の旅行用品が収納可能な構造が特徴的です。

16インチまでの大きさのPC収納と、A4サイズの書類も楽々入る2層構造に、上部にはモバイルフォンと外側収納部にも周辺機器などの収納可能です。

フロントポケットには、手帳や充電器に筆記用具等に、すぐにアプローチできる小分け収納の使い易さが嬉しいポイントです。

旅行や出張時でも、IT機器を使用するクリエーターに選ばれる上品なトラベルバッグですね

高さ:55cm 幅:38cm 奥行:13cm 容量:27.1L 重さ:1.4kg

まとめ:人気の理由は機能的で洗練された大人の日常を飾る評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • Apple公認のお墨付き』⇒Appleから正式に依頼され「コンピューターを外に持ち出す為のバッグ」を作り出した唯一のブランドである信頼の逸品。
  • ガジェット特化の卓越した収納力』⇒PCだけでなく、コードや周辺機器も効率よく持ち運べる、最低限にしてコンパクトにまとめる収納力の高さが魅力。
  • 衝撃から守るプロテクション』⇒PCやタブレット等、外からの衝撃にも中からの衝撃にも対応した卓越した衝撃吸収が安心の逸品。
  • スーツにもハマる洗練されたデザイン性』⇒大きなポケットを排除しZIPも隠す徹底ぶり。シックなモノトーンに統一されながらも選ぶ楽しさも併せ持つモデル毎に素材感の違いを有するこだわりの逸品。
  • 長く使える耐久性能且つ軽量』⇒見た目からは想像できない軽さに加えて、長く使える耐久性の高さが長く使える愛用品。
  • 人間工学に基づいて作られたストラップ』⇒身体にフィットし荷重分散するように作られた快適な使用感が魅力。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

INCASE BAG

特化したガジェット収納力

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

収納

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Incase(インケース)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド137選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 折角服を買うのであれば人気のブランドが欲しくな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介