人気の名作レビュー

ダサいを解消。ジョガーパンツ大人のメンズが選ぶ人気の『F.L.E』

2020年10月29日

ジョガーパンツはお洒落?ダサい?イメージは?

ジョガーパンツってよく聞くけど、お洒落なの?ダサくないの?イメージは良いの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはジョガーパンツはそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のアイテムです

私自身も強く推すことが出来るアイテムの1つです。

ダサいとお洒落の両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のアイテムはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が着ていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

家ではよれよれのスウェット、出かける時にちょっと着替える、突然の来客に驚き慌てて着替えるなんてことはありませんか?

彼女や奥さん、子供にもダサいと思われる。

いくら外出の時に肩ひじ張って着替えても普段のだらしない格好はときめきを失います。

テレワークも当たり前になってきた昨今、家でのお洒落も当たり前になってきましたね。

むしろ家でもお洒落しないとどこでお洒落するの?

なんて人もいるでしょう。

でも、家でも気取った格好で過ごすのはしんどい…

そんな時に重宝するのがF.L.Eの『ジョガーパンツ』です

ジョガーパンツとはジョギングする時用に生まれたボトムスです。

でも、自分はジョギングなんかしないですよ…ウォーキングや日々の運動もほとんど…

と、いう方も多いでしょう。

自分も実際ジョギングやウォーキングとは無縁の人間です。

ですが、家でもあまりダサい格好はしたくない…。ちょっとジムに行ってみようかなと思うことはありませんか?

そんな時に重宝するアイテムが『ジョガーパンツ』です。

ジョガーパンツは家着としてもタウンユースとしてもアクティブなシーンにさえ使える楽でお洒落なファッションアイテムになりました

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • 家で過ごすことも多くなった昨今、家でもお洒落に楽にすごしたい
  • ダサいスウェットは履きたくないでも楽に過ごしたい
  • 気取らないお洒落を楽しみたい
  • ちょっとしたアクティブを格好良く決めたい
  • 出歩けることが出来る家着が欲しい
  • ユニクロでもジョガーパンツってあるけどユニクロはちょっと…

『F.L.Eシリーズのジョガーパンツ』があればこれらの悩みは解消します。

変化する家着のお洒落に関する捉え方

『アスレジャー』や『ワンマイルウェア』という言葉がトレンドになり、日常のお洒落としてスポーツをMIXした街着として定着しました。

ちなみに『アスレジャー』とは『アスレティック』と『レジャー』を混ぜた造語でフィットネスや運動をする格好を普段着として着用するというファッションです。

『ワンマイルウェア』とは『家からワンマイル(1.6キロ)』の距離で着る家と街を同じ格好で行き来できる中間のファッションを指します。

要するに、家でも街着でも区別なく楽にお洒落にアクティブに普段着を楽しむことが出来るということですね。

急にパートナーや友人に『ジムに行こう!』『ボルタリングに行ってみよう!』等のお誘いがあった時にも対応できるアクティブでお洒落なアイテムです。

『F.L.E』ジョガーパンツはあなたをお洒落に見せるアイテム

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

今やタウンユースのファッションとアクティブやスポーツ等のファッションはMIXされ日常着で楽にお洒落に過ごすファッションとして認識されています

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではなく『F.L.E』のジョガーパンツは間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるアイテムです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『F.L.E』のジョガーパンツを身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

今回はそんなクライミングパンツを取り扱う『F.L.E』の名作『ジョガーパンツ』をご紹介します。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

多くの人に愛される『F.L.E』ジョガーパンツ8つの魅力

ポイント

  • スウェット見えしないポンチニット生地』⇒ジャージ素材に似た光沢があり滑らかな肌触りの素材。凹凸がありよれるスウェットと違い上品でアクティブな印象を与える。
  • ハイパーストレッチ』⇒ポンチ生地の特性であるが足の動きを制限しない高いストレッチ性。
  • 裁断縫製』⇒膝部分や膝裏、股下等に裁断面がありデザイン性と動き易さを兼ね備えた縫製。
  • ウエストゴム』⇒腰回りはゴム仕様になっており快適に履くことが出来る。
  • ウエストドローコード』⇒腰回りに紐を通してあるので絞って腰位置を安定させることが出来る。
  • アンクルレッグ』⇒スマートに決まる9分丈。裾を引きずるだらしないスウェット姿にならない。
  • テーパードシルエット』⇒太ももから裾にかけて足の形に合わせて細身に絞ってあるのでスタイリッシュに決まる。
  • ポケットの仕様』⇒バックには内側につけられたポケットが上品で利便性が高い。

この枠で要点をまとめています!

詳しくは続きの文章を是非ご覧になって下さい。

まずは『F.L.E』とは何なのか気になる所ですよね。

F.L.E

EDWINが立ち上げたストレスフリーでアクティブな日常着を提案するシリーズです。

EDWINとは誰でもが一度は聞いたことがあるでしょう。

1947年に設立された日本を代表するデニムブランドです。

日本人の体型に合ったボトムス作りを目指し若年層から中年層まで幅広く選ぶことが出来るシリーズに分けられ企画、生産されています。

中にはEDWINっておじさんが履くジーンズじゃないのと思われるかもしれませんが、

日本の優秀な物づくりは海外のジーンズ市場ではインポートとして扱われる立ち位置にあります。

日本では1万円で買うことが出来るジーンズでも海外では2、3倍で販売されています。

F.L.Eのコンセプトはオンタイムでもオフタイムでも自由なマインドで過ごす為の服作りをされています。

余計なものを削ぎ落したシンプルで高品質なウェアはコスパ抜群の上品で大人の着こなしを可能にします。

タウンユースやアウトドア、スポーツに休日まであらゆるシーンでその真価を発揮するウェアです。

実際、店舗に立っている販売員もなんの抵抗もなくお洒落にF.L.Eを着用している姿も見受けられますね。

むしろ歴史のある大手メーカーが手掛ける安心と信頼のシリーズですね。

次に『F.L.Eジョガーパンツ』の特徴を詳しく説明していきます。

アクティブ且つ楽で上品なポンチニット生地

よれてくたっとなったスウェットは家着感がにじみ出てその格好で外に出ようとは思わないですよね。

ポンチニットとはポリエステルや綿糸を両面編みして作られる生地のことです。

光沢とハリがある素材感は家着特有のよれやくたりのない上品な雰囲気を与えてくれます

楽に履けるハイパーストレッチを実現

家でお洒落をするにしても着心地が悪いとゆっくり落ち着けないですよね。

光沢とハリがありながら抜群に伸び縮みする素材はお洒落な家着としても着心地が良く滑らかな肌触りを与えてくれます

ちょっとした運動やジョギングにも抵抗のないハイパーストレッチですね。

足運びが快適な裁断縫製

膝部分や膝裏、股下等に裁断面がありデザイン性と動き易さを兼ね備えた縫製がされています。

シンプルなスウェットなら家着感が出ますが裁断面がデザインになり家着感を程よく消してくれます

さらに足運び屋開脚がしやすく履きやすさの決め手になっています。

楽に履きこなせるウエストゴム

ウエストにしっかりと強めのゴムが採用してあり快適且つだらしなくならない仕様です。

フロント開きはしないものの比翼付きになっているのでスウェット感を軽減し外着のボトムスを履いている仕様になっています。

手軽に調整できるウエストのドローコード

ドローコードとは絞り紐の事です。

腰のズレを軽減し上品さをキープできる仕様になっています。

紐はスポーティに表に出すことも、上品に内側に隠すこともできるようになっているのもポイントですね。

上品な印象を与えるアンクルレッグ

裾にたまりがあり引きずっているような気だるい雰囲気が家着感を印象付けます。

9分丈になっているので靴を履いていない家でもひきづることなく歩く姿は上品さを与えてくれます

上品に履けるテーパードシルエット

野暮ったく見える原因はボトムスの形にあります。

人の脚は太ももが一番太く裾にかけて細くなっています。

そこに太ももから裾まで同じ太さのボトムスを履くとどうしても裾の方がダボついて見えます。

そのダボ付きがNGです。

太ももから裾にかけて細くなっているテーパード仕様が大人で上品なシルエットを作りだします

上品で便利な内つけのバックポケット

バックポケットのないスウェットで不便さを感じたことはないでしょうか?

例えバックポケットが付いていても外付けの立体的なポケットはカジュアルさを助長させてしまいます。

内つけのポケットなら見た目にもスマートで少し上品な印象を与えてくれます

『F.L.E』ジョガーパンツを色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目の自分はLサイズを着用します。

太ももから裾にかけて細くなる細身のテーパードなので少し大き目のサイズ感でもスタイリッシュに決まります。

サイズが小さすぎるとピタピタになりすぎてしまう可能性もあります。

腰にゴムが入っていて紐で絞ることもできるので少し大き目のサイズを選ぶのが良いです。

少し上品で大人っぽく着こなせるブラックがおすすめです。

ライトグレーもスウェット感を軽減する素材なのでスウェット感覚で履いても格好良く決まります。

採寸☟

ウエストワタリ裾幅前ぐり股下
S713112.528.567
M7632133067
L813313.53167
XL8634.5143267
サイズ表記は測り方によって若干の誤差があります

『F.L.E』ジョガーパンツのおすすめコーディネートポイント

ここではカジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいます。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では『F.L.Eジョガーパンツ』はどういうアイテムなのか。

基本的にジョギング用パンツとして開発されているのでスポーティでカジュアルな印象が強いです。

滑らかで光沢感のある生地感は少し上品な印象を与えてくれます

カジュアルなアイテムにはキレイ目を足すのが基本ですがスポーツアイテムなのでドレスすぎる服は少し相性が悪くなります。

キレイ目で格好良い雰囲気を意識すると合わせやすいです。

シューズ選びのポイント

  • スポーティにまとめるならランニングスニーカーの相性が良いです。
  • 少しキレイ目にまとめるならレザーのシンプルなコートシューズかキャンバスのシンプルなスニーカーが爽やかで上品な印象を与えてくれます。

アウター選びのポイント

  • 格好良く決まるG-ジャンやブルゾンが相性が良いです。
  • キレイ目さをミックスするならコート着用で上品に決まります。
  • ジャケットは少しアンバランスなので避けた方が無難です。

トップスの選び方

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。Tシャツは生地感を少しキレイ目を意識した滑らかで艶のある素材を選ぶことでカジュアル感を軽減できます。ニットは楽に着れて格好良く上品な着こなしが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等は避ける方が無難です。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

用語についてわからないことがあれば当サイト『アイテム別選び方』をご覧ください。

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=12943

『F.L.E』ジョガーパンツの比較商品

ポイント

EDWIN(エドウィン)

F.L.Eブリスクジョガーパンツ

止水ZIPや撥水加工を施された機能パンツ。

シワにもなりにくいイージーケアなので少しお洒落な家着としても楽に使えます。

スポーティながらもストレッチと撥水性のあるイージーパンツは少しアクティブで上品にまとめたい人にはおすすめの一本。

ポイント

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

1968年アメリカカリフォルニア州でダグ・トンプキンス氏のより創業されたアウトドアのブランド。

機能性とファッション性の高さが特徴で今では本格的なアウトドアからタウンユースまでお洒落なギアアイテムとしての人気を誇る

ALPINE LIGHT PANTS

本格的なアウトドアからタウンユースまで上品且つアクティブに使いこなせる一品。

耐久性やストレッチ、撥水性も兼ね備えた高機能パンツは少しアクティブで上品にまとめたい人にはおすすめの一本。

まとめ:家でも外でも楽にお洒落に過ごしたい人におすすめの1本

と、いうことでまとめると

まとめ

  • スウェット見えしないポンチニット生地』⇒ジャージ素材に似た光沢があり滑らかな肌触りの素材。凹凸がありよれるスウェットと違い上品でアクティブな印象を与える。
  • ハイパーストレッチ』⇒ポンチ生地の特性であるが足の動きを制限しない高いストレッチ性。
  • 裁断縫製』⇒膝部分や膝裏、股下等に裁断面がありデザイン性と動き易さを兼ね備えた縫製。
  • ウエストゴム』⇒腰回りはゴム仕様になっており快適に履くことが出来る。
  • ウエストドローコード』⇒腰回りに紐を通してあるので絞って腰位置を安定させることが出来る。
  • アンクルレッグ』⇒スマートに決まる9分丈。裾を引きずるだらしないスウェット姿にならない。
  • テーパードシルエット』⇒太ももから裾にかけて足の形に合わせて細身に絞ってあるのでスタイリッシュに決まる。
  • ポケットの仕様』⇒バックには内側につけられたポケットが上品で利便性が高い。

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

定番で人気のモデルなので一着持っていると使い勝手が良くコーディネートのバリエーションとしても最適です。

家着からちょっとした外出、アクティブなシーンまで対応できる楽でお洒落な一着ですね。

定番の人気アイテムなのでセールにかかることもほぼない頑丈で長く使えてインナー大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『F.L.Eジョガーパンツ』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『役立つ名作』大人メンズが選ぶ人気のブランド

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-