人気の名作レビュー

ダサいを解消。大人メンズが選ぶ人気スニーカー『アディダス』スタンスミス

2020年11月2日

スタンスミスはお洒落?ダサい?

アディダスのスタンスミスってよく聞くけど、お洒落なの?ダサくないの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはスタンスミスはそんなファッションの中でも永く多くの人に愛される人気のブランドです

私自身も強く推すことが出来るブランドの1つです。

ダサいとお洒落の両方の意見が出るブランドの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が着ていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

つまり、スタンスミスを履くことであなたを手軽にお洒落に見せてくれるという事ですね。

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

靴に迷う人は多いですよね。

単純に革靴やスニーカーといっても星の数程バリエーションがあります。

特に靴の専門店に行こうものならブランドや形、値段の違いに似たようなものも多いですよね。

この中からどれを選べば良いのかと迷う人は多いでしょう。

デザインで買ったけど合わせ方が分からずに靴箱に眠ったままの靴もありませんか?

革靴を履くのはしんどいし、スニーカーと運動靴は何が違うかわからない、合わせ方もわからない

そんな人に重宝するのが『adidas(アディダス)のスタンスミス』です。

実際自分も10代の頃に初めて『スタンスミス』を履き、何足痛んで買い替えた後、30代になった今でも愛用しているスニーカーになります。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

たくさんのお客様を接客しコーディネートもさせていただく中で培った『役立つアイテム』の知識を持っています。

自分自身も勿論『服』が好きで色々な服を着て見て触って体感してきました。

そんな『ヒトトキ』が『永く使える役立つアイテム』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • どんな靴を履けば良いかわからない
  • 靴で失敗したくない
  • お洒落と言われる一足が欲しい
  • 楽に履けて大人っぽい靴が欲しい
  • 流行り廃りのない靴が欲しい
  • 頑張ってる感がでない靴が欲しい

『adidas(アディダス)のスタンスミス』があればこれらの悩みは解消します。

『アディダス』スタンスミスはあなたをお洒落に見せるアイテム

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではなく『アディダス』スタンスミスは間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるアイテムです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『スタンスミス』を履いているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで履いている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を履いているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう。

ダサいかダサくないかを判断できない人でも『有名な名作であるからこそ履いているだけで人から認められる』安心のアイテムですね。

世界一売れたギネス認定

『スタンスミス』は世界一売れたとギネス認定されているスニーカーです。(ギネス認定されていない靴でもっと売れているものもある言う所説もありますが…。)

それほどまで多くの人に愛される名作スニーカーです。

一般的にお洒落と言われる格好は少しキレイ目に寄ったスタイルです。

革靴だとキレイ目だけどしんどい、スニーカーだとカジュアルすぎて子供っぽくなる。

そんなジレンマを解決する上品且つ大人っぽく楽に履くことが出来る。

その上何にでも馴染むことが出来るスニーカーが『スタンスミス』です。

ファッション初心者だけではなく中、上級者まで幅広く愛されるからこそ『間違いない』と認識される一足ですね。

そんな大人の着こなしの足元を上品でキレイ目且つ快適で失敗しないバランスを作り出す『adidas(アディダス)のスタンスミス』を紹介します。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

多くの人に愛される名作『アディダス』スタンスミス7つの魅力

ポイント

  • レザー製のアッパーとミニマルなフォルム』⇒シンプルで上品な本革を使った先の細い形はスニーカーであってもスニーカーっぽくない上品で大人な印象を与える。
  • パンチングライン』⇒アディダス定番の3本ラインもパンチング(連続した穴)で表現することでシンプルで上品な印象を高めている。
  • バイカラーのヒールアクセント』⇒後ろから見た姿も少しアクセントになるようにかかと部分が別配色になっているのも特徴の一つ。
  • シュータンのデザイン』⇒シュータン(靴紐を閉める際の足の甲に当たる部分)に施されたスタンスミス氏の似顔絵とサインはアイコンになっている。
  • クッション性とグリップ力の高いソール』⇒ドットパターンに列ごとに凹凸ができるようにされた配列は靴底は足への負担を軽減し、滑り防止の効果がある。
  • 企画、生産される復刻版やコラボ』⇒旧モデルの復刻版や有名ブランドとのコラボ等時代時代の注目度が高い。
  • ギネス認定』⇒世界一売れた靴として認定されており初心者から上級者、若年層から壮年層まで幅広く使われていることが認知されている。

『スタンスミス』を履くことで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキレビュー

adidas STAN SMITH

シンプルで使い易い

コーディネートに悩まない

履いてるだけで普通にお洒落に見える

9

快適さ

9

お洒落度

10

認知度

9

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは続きの文章を是非ご覧になって下さい。

まずは『アディダス』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

adidas

ドイツのニュルンベルクで靴職人の息子として生まれたアドルフ・ダスラーが設立した。

当時アドルフ・ダスラーと兄のルドルフ・ダスラーにより設立された『ダスラー兄弟商会』。

意見の不一致により弟が個別で『adidas』を設立。

スポーツスニーカーの補強の為に生み出された3本ラインは『asidas』の象徴。

数ある名作の中でもテニスシューズとして生まれた『スタンスミス』。

有名テニスプレイヤーであるスタンスミス氏が愛用したとされるモデル、『ロバートハイレット氏』の全米オープンの活躍を記念して作られた『ハイレット』というモデルが改良されてその名前が付けられた由緒あるモデル。

スニーカーは運動靴として生まれスポーツの特性に特化したデザインや機能が備わっています。

スポーツから街着に移行し、ファッションとして広がっていった経緯があります。

その中でも紳士淑女のスポーツとも呼ばれるテニスの『コートシューズ』は上品で大人っぽくシンプルな形状のものが多いです。

そんな形状からスニーカーなのにスニーカーっぽくない大人で上品な着こなしには最適なアイテムになっています。

とにかくコーディネートの邪魔にならず、全体をさりげなくランクアップし整えてくれる役割を果たしています

HI10×2KI

スニーカーの選び方に関して合わせてこちらの記事をご覧ください☟

【メンズファッション】ダサいを解消。『スニーカー』の5つの特徴と選び方

質問 『ハイテク』とか『ローテク』とかスニーカーって何で選べば良いかわかりません。 お客様のよくある ...

続きを見る

次に『スタンスミス』の特徴を詳しく説明していきます。

シンプルで大人っぽく上品で全体をランクアップさせる仕様

①レザー製のアッパーを採用

一般的にスニーカーというとランニングする時に履くスニーカーを思い浮かべる人が多いでしょう。

ついついデザイン性の高く機能性のあるスニーカーを選んでしまいがちですよね。

スニーカーがカジュアルに見える原因はぼてっとした形状とメッシュ等の素材にあります

靴を単体で選んでしまうと意外と子供っぽい運動靴を選んでしまいます。

柔らかく滑らかな本革を使い、シンプルに細長く作られたフォルムは運動靴という概念ではなく少し革靴に近い印象、つまり大人っぽくて上品な印象を与えてくれます

②アイコンの3本ラインがパンチング(穴)仕様

スニーカーのサイドにはブランドロゴが派手に装飾されているのが鉄板ですよね。

あの大きな目立つロゴがカジュアル感を印象付ける要因になっています

アイコンの3本ラインをシンプルで目立たないように立体的ではなくパンチング(穴開け)仕様にすることで上品で馴染みやすさを作り出しています

パンチングを施すことで通気口の役割も同時に果たしています。

ゴールドでシンプルに入れられた『STANSMITH』の小さい文字も上品なデザインですね。

上品且つ特徴的なデザイン

①バイカラーのヒールデザインを採用

人の視線は3首、つまり『首』『手首』『足首』に集まります。

意外と目に留まるのが足首周りのデザインです。

シンプルなスニーカーのようでヒール(かかと)上部に差し色が入っていることで少しアクセントになります

②シュータンのスタンスミス氏の似顔絵とサイン

シュータンとは靴紐を閉める際の足の甲に当たる部分です。

デザインがあることでお洒落というわけではありませんが少しアクセントになるのと誰が見ても『スタンスミス履いてる』とわかるデザインですね。

履きやすい疲れにく仕様

①クッション性とグリップ力の高いソールを採用

スニーカーで一番重要なことは履き心地ですよね。

いかにデザインが気に入ったスニーカーでも履いていて疲れるものは結局履かなくなった経験はないでしょうか。

水玉模様のような靴底の形状で列ごとに高低差をつけて凹凸ができるように配列されているので足への負担を軽減する上に滑り止めの効果も与えてくれます

横から見てもシンプルなデザインで上品にまとめてくれます。

人気がある信頼性と話題性

①復刻版やコラボ等様々な企画がある人気モデル

1973年に登場し2012年に一度生産を中止(市場の溢れ低価格帯で出回ったことによるブランド力の低下をリセットする為と言われている)。

2014年に販売再開したのですが歴史が長い分途中でマイナーチェンジされているので過去に出た形に一部のヴィンテージマニアに人気のあった形の復刻版が製造される。

デザイナーズブランドとのコラボ商品やデザイナーや業界の関係者もこぞって履いていることからも人気の信頼性は高いですよね。

②ギネス認定されている世界一売れているスニーカー

本当に世界一かどうかは所説があります。

スタンスミスよりも前の1917年に生産、販売され今でも売れ続けているコーンバースのオールスターをよく比較に出されます。

販売期間の長さからも後者の売上足数の方が多いともされるがギネスが出来たのが1955年であり、その段階でコンバースが売れている足数を把握していなかった為ギネス申請しなかったという話もあるが、憶測にすぎないですね。

しかし、それ程までに人気のあるスニーカーであることは信用に値します。

初心者から上級者、若年層から壮年層まで幅広く使われていることが認知されていますよね。

意外と知らないスタンスミスの価格の違い

業界では有名な話ではありますが、スタンスミスは15,000くらいする割と高価なスニーカーですよね。

しかし、7,000程度で売られているスタンスミスを見たことがある人もいるでしょう。

それはABCマート限定で販売されているスタンスミスです。

決して偽物というわけではありません

本物なのですが素材の違いが大きく影響しています。

高価な方は本革でできており滑らかな質感があり高級感があります。

安価な方は本革と人工皮革(フェイクレザー)を混ぜて作られた物であり少し艶の多い安価な印象を与えます。

形に関しても効果な方が少し細くスタイリッシュになっています。

そこまで違いの無いように見えますがよく見ると安価な方が少し野暮ったい印象を与えるでしょう。

その上本革は履いている内に馴染みも出てくるので雰囲気が馴染んでくるのが特徴です。

おすすめとしては本革で高級感がある方が上品に大人の印象が強くなります。

『アディダス』スタンスミスを色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目、足のサイズ26.5㎝の自分は27.0㎝のサイズを着用します。

少し小振りの作りなので自分の足のサイズより0.5㎝~1㎝大き目を履くのが良いでしょう。

スタンスミスと言えば定番カラーは白地にヒールとシュータンのプリントがグリーンが定番です。

アクセントカラーにはなるのですが白地にグレーや白地にネイビー等の少し落ち着いた色を選ぶとより全体で馴染みやすい色使いになります。

カラーの面積は小さいのでここぞとばかりに色を持ってきても目立ちすぎないアクセントにもなりますよね。

定番名作と安価な服を併用する

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね。

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

服がダサい面倒臭いを解消。メンズファッションレンタルサブスク評判のおすすめ3選

『アディダス』スタンスミスのおすすめコーディネートポイント

ここではカジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいます。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では『スタンスミス』はどういうアイテムなのか。

元々テニスシューズとして生まれたスニーカーなのでカジュアルなアイテムです。

しかし、前述したように上品で落ち着いた印象が強いため限りなくキレイ目に寄っているスニーカーです。

つまり、大人で上品な印象を与えることが出来るスニーカーであるから何にでも合わせることが出来るオールマイティな存在ですね。

少しキレイ目のカジュアルダウンにも使えるし、カジュアルな服装をキレイ目に落ち着ける効果も期待できます。

ただ、全体的に少しキレイ目を意識するとより大人の着こなしが出来ます。

ボトムス選びのポイント

  • 裾にかけて細くなるテーパードシルエットかスキニーとの相性が良いです。
  • ジーンズなら淡色の物より濃色もしくは、ブラックにすると上品にまとまります。
  • スラックスやトラウザー等のキレイ目要素が強いボトムスは時に馴染みやすいですね。

アウター選びのポイント

  • ジャケットやコート等少しキレイ目のアイテムを選ぶと間違いありません。
  • 少し格好良く決めるのにブルゾンやGジャンでもスタンスミスが上品にまとめてくれます。ただ、インナーやボトムスで少しキレイ目要素を意識しましょう。

トップス選びのポイント

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。Tシャツは生地感を少しキレイ目を意識した滑らかで艶のある素材を選ぶことでカジュアル感を軽減できます。ニットは楽に着れて格好良く上品な着こなしが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等を着る場合はボトムスをキレイ目に寄せましょう。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

コーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

ダサい服装を改善。服の選び方がわからないメンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。自分のコーディネートはダサい? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方が ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=5605

『アディダス』スタンスミスの比較商品

ポイント

CONVERSE(コンバース)

1900年初頭降雪量の多い湿地帯アメリカマサチューセッツで雨、雪の中でも作業できるラバーシューズを製造するCONVERSEを設立。

冬の需要に集中し、夏場の低迷期に年中売れるスニーカーとして『ALL STAR』を開発。1917年に世界初のバスケットボールシューズとして誕生した。

JACK PERCELL(ジャックパーセル)

バドミントン用に生まれたALL STARに次ぐ人気の『JACK PERCELL』。

ALL STAR同様に細身のスタイルではあるが丸っこいつま先のラバーとスマイルと言われる1本ラインが特徴。

有名なバドミントン選手『ジャックパーセル氏』からその名前が付いた。

キャンバス地で少し爽やかに上品に合わせることが出来る。

大人っぽく爽やかにシンプルで全体をまとめるのに向いている名作スニーカーです。

少し安価で手に入る万能さが魅力ですよね。

ポイント

adidas(アディダス)

スタンスミスコンフォート

スタンスミスのベルクロバージョン。

紐の代わりにベルクロと言われるマジックテープで調整できるモデル。

定番の紐のタイプよりも履いている人が少ない。

少しデザイン性が強くなりカジュアル感は強くなるが上品に履くことが出来る一足です。

まとめ:上品で大人っぽく間違いのないスニーカー

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうわけでまとめると

まとめ

  • レザー製のアッパーとミニマルなフォルム』⇒シンプルで上品な本革を使った先の細い形はスニーカーであってもスニーカーっぽくない上品で大人な印象を与える。
  • パンチングライン』⇒アディダス定番の3本ラインもパンチング(連続した穴)で表現することでシンプルで上品な印象を高めている。
  • バイカラーのヒール』⇒後ろから見た姿も少しアクセントになるようにかかと部分が別配色になっているのも特徴の一つ。
  • シュータンのデザイン』⇒シュータン(靴紐を閉める際の足の甲に当たる部分)に施されたスタンスミス氏の似顔絵とサインはアイコンになっている。
  • クッション性とグリップ力の高いソール』⇒ドットパターンに列ごとに凹凸ができるようにされた配列は靴底は足への負担を軽減し、滑り防止の効果がある。
  • 企画、生産される復刻版やコラボ』⇒旧モデルの復刻版や有名ブランドとのコラボ等時代時代の注目度が高い。
  • ギネス認定』⇒世界一売れた靴として認定されており初心者から上級者、若年層から壮年層まで幅広く使われていることが認知されている。

ヒトトキレビュー

adidas STAN SMITH

シンプルで使い易い

コーディネートに悩まない

履いてるだけで普通にお洒落に見える

9

快適さ

9

お洒落度

10

認知度

9

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

定番で人気のモデルなので一着持っていると使い勝手が良くコーディネートのバリエーションとしても最適です。

カジュアルをキレイ目を追加する上でもキレイ目を少しカジュアルダウンするのにもあまり考えずに誰にでも合わせることが出来る名作ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『アディダス』スタンスミスの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

【メンズファッション】ダサいを解消。大人が選ぶ人気のブランド『役立つ名作』

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-