シューズ

【メンズファッション】ダサいを解消。『スニーカー』の5つの特徴と選び方

2020年7月29日

質問

『ハイテク』とか『ローテク』とかスニーカーって何で選べば良いかわかりません。

お客様のよくある声です。足元はファッションにおいて重要です。形や素材によって全体の印象を左右するファッションのまとめ役です。

HI10×2KI

スニーカーとは語源は『Sneak(忍び寄る)』から来ています。

堅い革靴の対比として柔らかく足音が立たない靴として生まれ運動靴からファッションへと変遷を遂げました。

お洒落は足元からというように全身のコーディネイトの中で靴は印象を左右する大きな役割を担っています。

自分たちの一番身近にあるスニーカーにも様々な種類があり、それに馴染む系統も存在します。

自分に馴染んでいないスニーカーを選んでしまうと『この人なんか変だな…』という印象を与えてしまいます。

しかし、自然にあなたに馴染むスニーカーを履いているとしたら『この人なんかお洒落だな』という認識が生まれます

スニーカーの始め方

  • 自然に馴染むスニーカーはそれだけでお洒落。
  • スニーカーの系統は『履き口の高さ』『紐の有無』『機能デザイン』『素材』『色』の複合で決まる。
  • スニーカーの種類と形を知る。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • スニーカー選びの着こなしとイメージを育てる。
  • こなれ感を演出するテクニックを使う。

『どことなくお洒落』に必要なのは自分に馴染む格好をすることです。自分に馴染む系統を決めてイメージを育てましょう。

そんなスニーカーに関しての知識をアパレル経験10年以上の『ヒトトキ』が解説します

自分に馴染む系統の決め方はこちら☟

HI10×2KI
ダサいメンズを解消。似合う服の系統って何?定まらないを解消する3つの選び方

ダサい系統?お洒落な系統? 服の系統(ジャンル)ってよく聞くけど、何がお洒落で何がダサくないの?と疑 ...

続きを見る

この記事でわかること

【メンズファッション】スニーカー選びは5つの特徴で複合的に決まる

スニーカーと一言で言っても多くのブランドから様々な形が作られています。

ブランド、型番別にコンセプトやターゲットを決めて作られており『履き口の高さ』『紐の有無』『機能デザイン』『素材』『色』を複合的にデザインとして取り込まれています

ファッション雑誌等でよく見る『キャンバススニーカー』も実際は『履き口の高さ』『紐の有無』『色』は様々でこの場合は『素材』に注目して取り上げられています。

その時折で5つの項目の何に注目されるかは変化しますが自分に馴染む特徴は何かを理解していれば『○○の特徴を持った○○のスニーカーが欲しい!』と判断できるようになります

ポイント

  • 『履き口の高さ』⇒低い程シンプルで馴染みやすく、高い程インパクトがありアクセントになる
  • 『紐の有無』⇒紐がないとシンプルで馴染みやすく、紐があるとアクセントになる
  • 『機能デザイン』⇒機能デザインが無いほど小ぶりでシンプルに馴染みやすく、有るほどぼてっと大きくインパクトがありアクセントになる
  • 『素材』⇒凹凸があり柔らかいほどカジュアルでスポーティになり、凹凸がなく艶のあるほどキレイ目で上品になる
  • 『色』⇒色使いが少ないほどシンプルで馴染みやすく、多いほどインパクトがありアクセントになる

【メンズファッション】スニーカーを履き口の高さで決める

履き口の高さが変わると印象が大きく変化します。

低い程シンプルで馴染みやすく、高い程インパクトがありアクセントになります

【メンズファッション】シンプルに馴染む『ローカットスニーカー』

履き口がくるぶしより下に来るスニーカー。

形や大きさで印象は変化するがボトムスの裾への影響が少なく、シンプルに馴染む着こなし

【メンズファッション】インパクトがありアクセントになる『ハイカットスニーカー』

履き口が足首を覆う高さのスニーカー。

ボトムスの裾への影響が大きく、ダボ付きが大きくなるとだらしなくなるので注意。

細い裾幅をスニーカーインするか、太い裾幅をロールアップで足首上まで巻き上げるとバランスが良い。

足元で見せる、アクセントにする着こなし

【メンズファッション】スニーカーを紐の有無で決める

紐が有るか無いかで印象は大きく変化します。

紐がないとシンプルで馴染みやすく、紐があるとアクセントになります

【メンズファッション】表情を変える『靴紐スニーカー』

靴紐を縛り上げ、締め付けを調整できるスニーカー。

紐の太さや、紐の締め付けの幅でも大きく印象は変わるが、基本形で足元のアクセントになる着こなし

ポイント

  • 靴紐が細いほどキレイ目でシンプル。太いほどカジュアルでアクセント。
  • 締め付け幅が狭いほどキレイ目でシンプル、広いほどカジュアルでアクセント。

【メンズファッション】シンプルで履きやすい『スリッポン』

靴紐が無く、滑り込ませるようにして履くスニーカー。

デザインがなくシンプルに馴染む着こなし

【メンズファッション】デザイン性がありアクセントになる『ベルクロスニーカー』

靴紐の代わりに、マジックテープで締め付けを調整するスニーカー。

履きやすく機能的でスポーティな着こなし

【メンズファッション】スニーカーを機能デザインで決める

機能性が有るか無いかで靴全体の大きさが変わり印象が大きく変化します。

機能デザインが無いほど小ぶりでシンプルに馴染みやすく、有るほどぼてっと大きくインパクトがあり足元のアクセントになります

【メンズファッション】機能的でアクセントになる『ハイテクスニーカー』

ハイテクとはハイテクニック=高機能。

ソールに空気を入れクッション性を向上させたり、紐をなくしポンプで縛りを調整するような機能を搭載した近未来的なデザインのスニーカー。

機能の搭載と共に靴全体のボリュームが大きくなりインパクトがあり足元のアクセントになります

【メンズファッション】クラシカルで上品な『ローテクスニーカー』

ローテクとはローテクニック。ハイテクの対義語として生まれた言葉。

高機能を搭載せず、単純なソールと綿生地と糸だけで作られたスニーカー。

クラシカルでモダンなシンプルなデザインは小ぶりで馴染みやすい着こなし

【メンズファッション】スニーカーを素材で決める

素材感の違いで表面の雰囲気の捉え方が変わるので大きく印象は変化します。

凹凸があり柔らかいほどカジュアルでスポーティになり、凹凸がなく艶のあるほどキレイ目で上品になります

【メンズファッション】軽やかでスポーティな『キャンバススニーカー』

テントや帆布などに使われる編み目が荒く凹凸のあるキャンバス生地で作られたスニーカー。

柔らかで凹凸のある表面はカジュアルでスポーティな馴染みやすい着こなし

【メンズファッション】艶やかで上品な『レザースニーカー』

革製のスニーカー。

天然皮革のものと合成皮革のものがあるので注意は必要。天然皮革のものは丈夫だが雨に弱く。

合成皮革のものは水に強く扱いやすいが劣化しやすい。

天然皮革は重厚感があり高価に見えるが合成皮革は軽く安っぽい。

艶やかで重厚感の表面はカジュアルでも上品さを出す着こなし

【メンズファッション】スニーカーを色で決める

スニーカーに使われる色数の多さで印象が大きく変化します。

単色か同系色でまとめられている程落ち着いて馴染みやすく、色数が多いほどインパクトがありアクセントになります

ポイント

  • 白スニーカー⇒清潔感があり爽やかな印象を与えるが汚れが目立ちやすく逆に清潔感を損なう可能性に注意
  • 黒スニーカー⇒シックに引き締めて大人っぽい印象を与えるが足元が重く見えてしまう可能性に注意
  • グレースニーカー⇒落ち着いた印象で全体に馴染みやすいがアクセントになりにくいので全体のコーディネイトに主役になる色を入れることに注意
  • カラースニーカー⇒インパクトがあり視線を足元に集めるが目立ちすぎは馴染みにくいので注意

【メンズファッション】足元で見せるテクニック

スニーカー選びは5つの要素で決まるが、それ以外に知っておくだけでコーディネイトの+αになるテクニックがあります。

その日に合わせたコーディネイトでテクニックを使い分ければ『どことなくお洒落』と思われるこなれ感が出ます

【メンズファッション】ワントーンで『足長効果』テクニック

スニーカーとボトムスを同色でまとめることで足が長く見える効果がある

視覚効果で人間の目は色の区切りのある所で長さを決定する。

スニーカーとボトムスの色をそろえることで本来スニーカーで切れてしまう境界線が曖昧になりスニーカーまで含んだ長さを足の長さだと認識するので足が長く感じる。

【メンズファッション】くるぶしを出して『抜け感を出す』テクニック

ローカットスニーカーとロールアップしたボトムスで抜け感を出す

肌を少し露出することは良い意味で隙と軽快さを演出してくれる。全体のコーディネイトがボリュームや色の使い方が重苦しい時に軽いスニーカーにくるぶしを露出することで抜け感がでる。

【メンズファッション】カジュアルなスニーカーで『外す』テクニック

キレイ目でまとめたコーディネイトをスニーカーの印象で外すワントーンのコーディネイトをスニーカーの色で外す

ジャケットにスラックス等ビジカジキレイ目コーデにシンプルで細めのスニーカーを持ってくることによって軽さがでて重苦しさが緩和され、こなれ感がでる。大き目で派手なスニーカー等外しすぎはNG。適度な外し方を心がける。

トップスとボトムスの色を同色にするワントーンコーデの足元も同様に違う色のスニーカーを持ってくることによって重苦しさが緩和され、こなれ感が出る。

まとめ:アイテム選びは自分に馴染む物を選ぶ

と、いうわけでまとめると

まとめ

  • 自然に馴染むスニーカーはそれだけでお洒落。
  • スニーカーの系統は『履き口の高さ』『紐の有無』『機能デザイン』『素材』『色』の複合で決まる。
  • スニーカーの種類と形を知る。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • スニーカー選びの着こなしとイメージを育てる。
  • こなれ感を演出するテクニックを使う。

スニーカーと言えば、どんな形を…と思いがちですが、まずは『履き口の高さ』『紐の有無』『機能デザイン』『素材』『色』の与える印象が自分に馴染むかを選びましょう。

その後、自然に形が付いてきます。

自分に馴染む1足を見つけましょう。

自分に合う名作スニーカーはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。大人メンズが選ぶ人気の名作スニーカー ブランド6選

質問 『オールスター』とか『スタンスミス 』とかよく聞くスニーカーってお洒落ですか? 定番的アイテム ...

続きを見る

お洒落で上品な足元『革靴』はこちら記事☟

HI10×2KI
【メンズファッション】ダサいを解消。カジュアルに使える『革靴』の種類と選び方

質問 ビジネス用と普段履くカジュアル用の革靴って違うのですか?普段履きの革靴って何を選べば良いかわか ...

続きを見る

-シューズ

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-