ファッションの始め方

ダサいを解消。【セカンドストリート】評判調査。安くおしゃれな服を買う人の活用法

本サイトのリンクには広告が含まれています

近年注目されている古着需要。

実際に、物価の高騰による節約のために、古着を利用する人や、古着の利用を検討している人は多いでしょう。

その上、ファッション業界でも、環境保全に考慮したサステナブルの考え方や、大量生産時代において他の人と被りにくい唯一性のモノを求めて古着を活用する人もいます。

しかし、中には古着を買いたいけど、どのように選べば良いのかとわからないという人も多いですよね。

そんな人に重宝するのが大手のリユースショップ『2nd STREET(セカンドストリート)』です

全国展開されていて聞いたことがあるという人も多い、身近に感じる事が出来る安心のリユースショップです。

比較的安価な価格で普段手が届きにくいブランドモノも手軽に手に入れられる事から、老若男女問わず人気が高く、服好きや古着好きの人でも活用しているようなショップですね

中には、名前は聞いたことある一度は入った事があるけど結局何を見れば良いかわからずに店を後にしたという人もいるでしょう。

実際に、私の周りでもそういう人はいます。

しかし、『2nd STREET(セカンドストリート)』を活用して上手にファッションライフを楽しんでいる人もいるのは事実ですね

週1、2回は2nd STREET(セカンドストリート)を活用している筆者が、2nd STREET(セカンドストリート)の活用方法を深ぼっていきます。

  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『ファッションの根本には言葉で説明できる法則性はある』実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『古着を使ったファッションの楽しみ方』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『2nd STREET(セカンドストリート)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. 安く良い商品が手に入るという口コミ
    2. 各店舗毎に商品が違うのではしごしてしまうという口コミ
    3. 古着の状態に関しての口コミ
    4. 店員の対応に関しての口コミ
    5. オンラインショップに関しての口コミ
  2. なぜ人気?多くの人に愛される『2nd STREET(セカンドストリート)』人気の理由7選
    1. 全国どこにでもある安心の知名度
    2. 圧巻の商品バリエーションと商品の入れ替わり
    3. 掘り出し物を探す楽しさ
    4. ファッション好きや古着好きにも愛用の評判ショップ
    5. せどりの仕入対象にもなる安価な価格設定
    6. 明るくて広い売り場
    7. 海外出店も拡大中の成長企業
  3. 地域によって違う『2nd STREET(セカンドストリート)』の特徴と便利なオンラインショップ
    1. 最新トレンドから掘り出し物まで揃う『都心の2nd STREET(セカンドストリート)』
    2. アウトドアやファストファッションに掘り出しものも見つかる『郊外の2nd STREET(セカンドストリート)』
    3. ブランド検索で欲しいモノが見つかる『2nd STREET(セカンドストリート)オンラインショップ』
  4. 店舗『2nd STREET(セカンドストリート)』の服の探し方
    1. ノーブランドコーナーから探す
    2. ブランドコーナーから探す
  5. オンラインショップ『2nd STREET(セカンドストリート)』の服の探し方
    1. アイテムカテゴリー検索で探す
    2. ブランド検索で探す
  6. リユース品(古着)を買うにあたって注意するポイント
    1. 服の状態を確認する
    2. 少し大き目のサイズ感を選ぶのが今のトレンド
  7. 確認したいお得に買い物する『2nd STREET(セカンドストリート)』のセール期間
  8. 断捨離に便利な買取サービス
    1. 思い立ったらすぐ行動店舗持ち込み
    2. ブランドモノを売るならWEB宅配買取
    3. シーズンを考慮する、買取強化時期
  9. まとめ:人気の理由はうまく活用すればお得におしゃれが出来る評判のショップ

『2nd STREET(セカンドストリート)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『2nd STREET(セカンドストリート)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『ブランド品が安く買える』
  • 『ユニクロやGU等も安く買える』
  • 『掘り出し物を探すのが楽しい』
  • 『店舗ごとに商品が違うので何店舗も回る楽しさ』
  • 『古着の状態が良い』
  • 『オンラインで買えるのが嬉しい』

悪い口コミ

  • 『探し方がわからない』
  • 『古着の状態が悪い』
  • 『店員の対応が悪い』
  • 『オンラインの写真がわかりにくい』

続けて、詳しく解説していきます。

安く良い商品が手に入るという口コミ

特に、2nd STREET(セカンドストリート)をうまく活用できている人の『安い!』という声は多いですね。

一般消費者から買取を行って販売する2nd STREET(セカンドストリート)は、買い取り金額が比較的安い傾向にあるので安価で提供されているのが大きな特徴

ポイント

故に、古着を自身で買い付けに行く古着屋に比べると仕入値が安くつくので、価格を安く販売できるという事ですね。

加えて、各店舗毎で買い取り金額を査定し値付をするというシステム上、査定に個人差が生まれるので、見る人から見ればお得に感じる掘り出し物も安価で手に入れる事が出来る可能性も大きいですね。

一方で、ファッションにあまり詳しくないという人からすると商品量の多さから、『何が良いモノかどうかわからない…』と言った声も挙がります。

しかし、有名古着Youtuberがこぞって2nd STREET(セカンドストリート)を、取り上げる程のお買い得感はあるのは間違いないですね

2nd STREET(セカンドストリート)のうまい活用の仕方は続きをご覧ください。

各店舗毎に商品が違うのではしごしてしまうという口コミ

上記に述べたように、一般消費者から買取を行うシステム上、各店舗毎に商品ラインナップが大きく違うのも楽しみ方の一つとして声が挙がっていますね。

地域ごとに住んでいる人々の特色によって、店ごとに商品ラインナップが大きく異なるのが嬉しいポイント。

全国展開で店舗数が多い事から比較的近場に数店舗あるので、2nd STREET(セカンドストリート)のヘビーユーザーは行きつけの店を2,3店舗持っている人も多いです。

実際に、同じ日に1店舗目を見てから2店舗目に訪れると、同じ人を見かけたというケースも多々あります。

はしごしてまで掘り出し物を探したい魅力あふれる店という事ですね

古着の状態に関しての口コミ

服の状態の良し悪しは賛否両論の声が挙がっています。

古着という性質上、服の状態は店のせいではないのですが、状態が悪かったと言っている人の選び方に問題はありますね。

私の見解としては、状態の良いモノは多いと感じています

中には、使い古されてボロボロのモノがありますが、ヴィンテージ等のお宝品以外は、状態によって価格の誤差はつけられています。

要するに、状態の良いモノと悪いモノを比べると、状態の悪いモノはしっかりとそれなりに値下げされている価格設定になっています

一部、『この状態でこの価格か…』というモノもありますが、不安があるなら選ばなければ良いだけです。

状態の悪いモノは、しっかり価格を確認して、状態と価格が合っているかを見極める必要はありますね。

店員の対応に関しての口コミ

店員の対応に関しては、悪いという声が多いですね。

勿論個人差はありますが、接客業なのに比較的笑顔は少なく、愛想がない店員が多いように感じます。

しかし、接客業と言っても2nd STREET(セカンドストリート)は、セレクトショップとは違い販売を目的とした店員ではないので、そんなものだろうという感は否めないですね。

特に、あまり服に詳しくない店員もいるわけで、服の事を教えてくれるわけでもないでしょう。

私的には、コンビニ店員と同じようなモノだと捉えています。

セレクトショップの店員の様な接客態度という過度な期待をしなければ可もなく不可もなく、普通の事といった印象ですね。

オンラインショップに関しての口コミ

オンラインで手軽に買い物が出来るのは嬉しいポイントです。

反して、商品画像が見にくいという声は多いですね。

実際に、私自身もそう感じます。

おそらく店舗のスタッフがスマホなどで撮影したのかクオリティはかなり低いですね。

画像を拡大するとぶれているし、商品の特徴を表すのに必要な細かい箇所が撮影されていないのがほとんどと言った印象です。

一応、状態のランクや特徴を記載されているのですが、おそらくそれも店舗のスタッフによるモノでしょう。

モノによってかなりの差があります。

では、『オンラインで安心して買い物ができないのでは…』と思う人もいるでしょう。

しかし、解決策は明確です。

問い合わせ先という項目に取扱い店舗と電話番号が記載していあるので電話で問い合わせましょう

状態を確認した上で、安心して買い物が楽しめます。

詳しくは、後述してあるので是非ご覧ください。

なぜ人気?多くの人に愛される『2nd STREET(セカンドストリート)』人気の理由7選

ポイント

  • 『全国どこにでもある安心の知名度』
  • 『圧巻の商品バリエーションと商品の入れ替わり』
  • 『掘り出し物を探す楽しさ』
  • 『ファッション好きや古着好きにも愛用の評判ショップ』
  • 『せどりの仕入対象にもなる安価な価格設定』
  • 『明るくて広い売り場』
  • 『海外出店も拡大中の成長企業』

続けて、詳しく解説していきます。

全国どこにでもある安心の知名度

知名度の高い誰もが知っているようなショップは安心感がありますね。

全国に800店舗以上ある2nd STREET(セカンドストリート)は、今や誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

大手ビデオレンタルショップとして知られる『GEO(ゲオ)ホールディングス』が運営するリユース業態のショップです。

今尚、出店拡大しているリユース業界でトップレベルの安心感があります

全国どこでもあるので誰でも手軽に訪れる事が出来るのは嬉しいですね。

圧巻の商品バリエーションと商品の入れ替わり

2nd STREET(セカンドストリート)の最大の魅力は、何と言っても商品量の多さとバリエーションです

スポーツブランドにストリート、アウトドアからモード、ミリタリー等幅広いジャンルの幅広い品揃いが魅力ですね。

有名ブランドからユニクロ、GU等のプチプラブランドに、知名度の低いノーブランドまで楽しむ事が出来るのも嬉しいポイント。

その上、商品の入れ替わりが激しいのも魅力です

実際に、多い時で週に1、2回訪れる自分自身でも体感してるのですが、必ずと言っていい程、何か新しい掘り出し物が見つかるのが面白いですね。

掘り出し物を探す楽しさ

新しい衣類から古い衣類まで幅広く扱う2nd STREET(セカンドストリート)は、掘り出し物が見つかるのも魅力。

最近の流行りのブランドから、年代物の名作や本場ミリタリーの官給品等、探せば見つかるお宝さがしが楽しさでもあります。

ファッションに詳しくない一般層には少しわかりにくい楽しみ方かもしれませんが、それ程までに良いモノも手に入るという事ですね

ファッション好きや古着好きにも愛用の評判ショップ

品揃えが悪いショップであれば、ここまで認知度が拡大する事はないでしょう。

有名なセレクトショップというような少し敷居が高いわけではないので、ブランドをあまり知らない一般曹に評判です。

一方で、ファッション好きや古き好きにも評判のショップであることは間違いありません

実際に、おしゃれな有名なファッショニスタや古着好きなYoutuberが2nd STREET(セカンドストリート)での買い物を取り上げている動画は多く見られます。

それほどまでに、おしゃれなアイテムが手軽に手に入るショップである事を証明していますね

せどりの仕入対象にもなる安価な価格設定

古着と言えど、全てが極端に安いわけではありません。

古着だからと言って過剰に期待している人がいるとすれば、高いと感じる人もいるでしょう。

中には、プレ値が付いたブランドモノや年代物の名作でしっかりとした価格をつけられているモノもあります。

しかし、人気のブランドであれど、新品と比べると破格に安価な値段設定されています

状態さえ確認して、良ければかなりお得な買物を楽しめます。

その証拠に、安く仕入れてメルカリなどで高く売る『せどり』等の仕入として、2nd STREET(セカンドストリート)を活用している人も多いです。

要するに、モノによっては需要に対して、転売しても利益が残る程に安価な価格設定がされている証明でもありますね

明るくて広い売り場

古着屋と聞くと、暗くてごちゃごちゃした店を想像する人も多いのではないでしょうか。

2nd STREET(セカンドストリート)は、白を基調とした整然と陳列された広い売り場が特徴です。

いうなれば、商業施設等に入っているショップと同じような売り場なので古着初級者から一般層の人にも落ちついて服を見られる敷居の低さ嬉しいですね

海外出店も拡大中の成長企業

日本全国で800を超える店舗数で源氏でも出店拡大中の2nd STREET(セカンドストリート)は、アメリカやマレーシア、台湾などにも出店拡大しています。

故に、日本が誇るグローバルに広く事業を拡大する安心のリユースショップですね

地域によって違う『2nd STREET(セカンドストリート)』の特徴と便利なオンラインショップ

全国各地に展開している2nd STREET(セカンドストリート)ではありますが、地方や都心、同じ県内であっても品揃えや雰囲気は違います。

店舗によって商品ジャンルの品揃えは勿論、価格の違いもあります。

故に、近場の店舗を数件回遊する人も多いのも2nd STREET(セカンドストリート)の楽しみ方でもありますね

実際に、自分自身も行きつけの店舗が3~4件あります。

店舗による特徴の違いは、一般のお客様から買取を行って店舗別に価格設定を行い店頭に並べられるというシステムにあります。

故に、地域のお住いの人の層や近場にあるショップによって、スポーツ系やアウトドア等のカジュアルなブランドが強い店舗やハイブランド系が強い店舗、ユニクロやGU等のプチプラアイテムが強い店舗や、セレクトショップオリジナルが多い店舗等様々な違いが生まれます

特に、大きな違いがある『都心と郊外』の特徴から深ぼっていきましょう。

ブランド検索で探し易い、全国の店舗の商品を見比べられるオンラインでのネットサーフィンも面白いですね。

最新トレンドから掘り出し物まで揃う『都心の2nd STREET(セカンドストリート)』

ポイント

  • 『デザイナーズブランドが集まり易い』
  • 『商品の入れ替わりが速い』
  • 『掘り出し物は多い』
  • 『価格設定が郊外に比べて高め』

人口の多さや、立地的に百貨店や大手セレクトショップ、ブランド直営店が多いことから、いわゆるブランドモノの品揃えが多いのが都心の特徴です

一方で、ブランドモノを持ち込むお客様が多い事による買取選定の目利きが優れるので、価格の設定はスキがなく高くなる傾向も

地方でよくある、『こんなブランドが安い価格で埋もれていた!』という驚きの発見は地方に比べて少なくなりそう。

都心の場合は、掘り出し物は多いが価格設定は少し高めという表裏一体のメリットとデメリットです。

人々が行きかうペースが勿論早くなるので、売れる商品、買取る商品のペースが速く入れ替わりが速くなるのも魅力的ですね。

反面、気に入った商品はすぐ売り切れてしまう可能性も高くなるので思い立ったら即行動しなければ、買い逃す可能性も高くなるでしょう。

アウトドアやファストファッションに掘り出しものも見つかる『郊外の2nd STREET(セカンドストリート)』

ポイント

  • 『ファストファッションやセレオリが多め』
  • 『アウトドアブランドが人気』
  • 『お得な掘り出し物が見つかり易い』
  • 『服以外の取り扱いも多い』

人口が少なく、百貨店や大手セレクトショップ、ブランドの直営店よりもイオンモールが多い郊外は、ユニクロ、GU、無印良品等のファストファッションから安価なセレクトショップのオリジナルブランドが多めです。

自然が多くアウトドアを趣味にする人も多いことから、アウトドアブランドが人気で、品揃えが比較的多くなるのも特徴的。

そんな商品展開的に、都心とは違い『こんなブランドが安い価格で埋もれていた!』という驚きの発見があるのも楽しさの一つですね

服以外の、家具や家電に雑貨等を広い売り場面積で取り扱っている店舗も多いです。

ブランド検索で欲しいモノが見つかる『2nd STREET(セカンドストリート)オンラインショップ』

ポイント

  • 『全国各地の品揃えを堪能できる』
  • 『ブランドやアイテムで検索をかければ一挙に閲覧できる』
  • 『類似商品の価格比較が出来る』

店頭に置いてある商品を同時展開しているオンライン。

実店舗でバーコードに『ONLINE』と表示のあるモノがオンラインで取り扱われています。

故に、全国各地の品揃えが堪能できるのが最大の魅力ですね

実店舗とは違って、わざわざ店に訪れなくても良い上に、ブランドやアイテムでまとめて見比べる事はできるのも便利です

郊外、都心に関係なく類似商品の価格比較が出来るのもお買い得商品を探し易い面もあります。

実際に私自身、オンラインで買い物をしたことがありますが、類似商品の中で価格比較をしてお得に手に入れた事もあります。

店舗『2nd STREET(セカンドストリート)』の服の探し方

2nd STREET(セカンドストリート)は、広い売り場面積と幅広い商品量を誇るだけあって、『探し方がわからない…』という人も多数。

実際に、私の知人でも『店に入って一周したけど、結局何を見ればよいのかわからなかった…』という声が聞かれました。

しかし、実際は店舗によって多少の構成は違いますが、コーナー組みがしてあるので知ってるだけでグッと見易くなる法則があります

要は、広い店内でも意外と見るべき所は少ないので絞って服を探す事で掘り出し物を見つけやすくなります。

次に、大きくコーナー分けと特徴を深ぼっていきましょう。

ノーブランドコーナーから探す

意外と陥りがちなのが、初級者には難しい『ノーブランドコーナー』を物色してしまう事です

ノーブランドのくくりは難しいのですが、一言で言うとシャツはシャツ、アウターはアウター、TシャツはTシャツと言ったようにアイテムでくくって陳列されているコーナーです。

比較的店舗の中で入口から遠い位置にコーナー組されています。

シャツを探しに来ているからシャツコーナーという風にノーブランドコーナーへ迷い込んでしまうと服に詳しくない人であれば困難を極めます

なぜなら、新旧、おしゃれダサい限らず色々な商品が入り混じっているからですね。

そんな中からおしゃれな商品を見つけ出す事は意外と難しいです。

※ただ、ユニクロやGU、セレクトショップオリジナル等の安価商品はこのノーブランドコーナーに展開されているので、プチプラが目当ての人はブランドタグを目印にピックしましょう。

ブランドコーナーから探す

実は、初級者の人がおしゃれな商品を見つけ易いのはブランドコーナーです

ノーブランドコーナーに比べると価格は高いですが、その分価値の分かり易い人気のあるブランドモノが陳列されているからですね。

このコーナーは、比較的入口から近い位置にコーナー組されています。

ブランドコーナーの中でも、列ごとに大きなくくりがあるので、この先に記載する文章の項目からチェックしてみて下さい。

ポイントとしては、できるだけノーブランドコーナーはスルーしてブランドコーナーから分かり易いおしゃれな服を探し当てるのが良いという事ですね。

デザイナーズブランドや海外のブランド、日本のドメスティックブランドが並ぶコーナー

おしゃれな人が選ぶ古着でも価格が高いブランドコーナーですね。

ヨウジヤマモトやマルタンマルジェラ、バレンシアガ等、価格もデザイン性も高いモードなアイテムがまとめられています。

初級者であればこのコーナーはハードルが高いのでスルーして下さい

ストリートブランドコーナー

スポーティーでストリートスタイルの、価格帯は幅広いカジュアルウェアのコーナーですね。

高いモノであればシュプリームやステューシー、比較的買い易い価格のモノでアディダスやナイキなどのファッション性のあるスポーツブランドやヴァンズ、ディッキーズ等比較的安価なストリートブランドを探す事が出来ます。

初級者でも比較的欲しいモノが見つかるのでしっかり探しても良いでしょう

アウトドアブランドコーナー

ストリートブランドコーナーと隣接したり混ざっている事も多いですが、アウトドアブランドがまとまっているコーナーです。

人気のノースフェイスやパタゴニアは少し価格が高いですが、新品で買う事を考えれば比較的安く良い商品が手に入ります。

少し安価なラインになるとコロンビアやモンベル、エルエルビーン等のアウトドアブランドも探すことが出来ます。

ちょっと良いアウトドアミックスのスタイルなら、初級者の人でもこのコーナーで良いモノが見つかるはずですね

ミリタリー・ワークブランドコーナー

少し玄人なこだわりの商品がまとめられているコーナーです。

高いモノであればエンジニアードガーメンツやニードルズ、ヴィンテージと言われる価値の有るリーバイスや、古き良き時代の服を再現したレプリカブランドに、軍放出品の本格的なミリタリーアイテムまで取り揃えられています。

安いモノであれば、今述べたジャンルに付随する買い易い価格のリーバイスやリー、ラルフローレン、ミリタリーブランドのアルファインダストリーやワークブランドのディッキーズ等も探す事が出来ます。

一部ストリートブランドコーナーに展開されているブランドもありますが、大まかにこのようなコーナー組が多いですね。

価格をしっかり確認しながら比較的安価な商品を探す価値がありますね

スポーツブランドコーナー

読んで字のごとくスポーツウェアをまとめられています。

ファッションとして着る事も出来るアディダスやナイキ、プーマを始め、どちらかというと運動着として着る事が多いアシックスやアンブロ等のジャージやスポーツウェアを探す事ができます。

アディダス、ナイキ等は一部ファッションラインとしてストリートコーナーにまとめられている商品もあります。

ファッション着としてアディダスやナイキ等のトラックジャケットやトラックパンツ(ジャージ)を探すか、スポーツウェアとしてジャージを探す価値はありますね

オンラインショップ『2nd STREET(セカンドストリート)』の服の探し方

オンラインショップでは、店舗にある商品と共有しているモノの、実店舗のような雑多にまとめられたノーブランドは展開されていないので欲しいモノが探し易いメリットがあります。

反して、商品画像だけなので使用感や状態が分かりにくいのデメリットでもありますね。

実際に、状態のランク付けやコメントは記載してあるのですが、商品画像だけではわかりにくいです。

そんな時には、商品説明の下部の方にお問い合わせという欄があり、取扱い店舗が記載してるので電話確認してみるのも一つの方法ですね。

私自身も、電話で確認して購入した事があります。

電話確認の手順

  • 欲しいアイテムを確認
  • 商品画像や状態ランクを確認
  • 問い合わせ欄から取扱い店舗を確認して電話
  • オンラインで見た事を告げ、商品のブランドアイテムと問い合わせ番号を告げる
  • 店員さんが商品を探してくれているの商品の状態を確認する
  • 気に入ったらオンラインで購入手続きをする

このような手順で、しっかりとコミュニケーションがとる事ができるので問い合わせを活用しましょう。

特に、汚れや破れの具合や箇所、首元や袖、裾のよれ具合や臭い等、衣類のよって傷み易い箇所をヒアリングすれば良いでしょう。

  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

  • 注意するポイントは詳しくは後述してあるので早く知りたい人はコチラから移動

アイテムカテゴリー検索で探す

自分が欲しいアイテムカテゴリーで検索する方法です。

オンラインページを上から下まで探すとカテゴリーで探すという箇所が見つかるはずです。

その中から、メンズ、レディース、トップス、パンツ、続いてアウター、シャツ、カットソー等気になるアイテムカテゴリーを選ぶ事ができます。

先に述べたように、ノーブランドではなくブランド物のカテゴリー別で探す事ができるので、比較的人気のあるおしゃれなブランドを選ぶ事ができます。

特に、靴やバッグ等の小物に関しては得意とする専業ブランドが有るので先に代表ブランドを挙げておきますね。

スニーカーブランド

  • 『adidas(アディダス)』
  • 『NIKE(ナイキ)』
  • 『Reebok(リーボック)』
  • 『converse(コンバース)』
  • 『Vans(バンズ)』
  • 『KEEN(キーン)』

革靴ブランド

  • 『REGAL(リーガル)』
  • 『HARUTA(ハルタ)』
  • 『Clarks(クラークス)』
  • 『Dr.martins(ドクターマーチン)』
  • 『RED WING(レッドウィング)』
  • 『Paraboots(パラブーツ)』

サンダルブランド

  • 『BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)』
  • 『ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)』
  • 『Teva(テバ)』
  • 『Chaco(チャコ)』
  • 『SHAKA(シャカ)』
  • 『SUICOKE(スイコック)』

バッグブランド

  • 『GREGORY(グレゴリー)』
  • 『PORTER(ポーター)』
  • 『BRIEFING(ブリーフィング)』
  • 『TUMI(トゥミ)』
  • 『MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)』
  • 『Incase(インケース)』

帽子ブランド

  • 『NEW ERA(ニューエラ)』
  • 『’47(フォーティセブン)』
  • 『KANGOL(カンゴール)』
  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

ブランド検索で探す

分かり易いのは、ある程度ブランドに目星をつけて探す事ですね。

実店舗のコーナー組と同様に、自分の着たいジャンルのブランドに絞ると探し易いです。

ストリートブランド一例

  • 『STUSSY(ステューシー)』
  • 『Supreme(シュプリーム)』
  • 『X-Large(エクストララージ)』
  • 『A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)』
  • 『TRASHER(スラッシャー)』
  • 『Dickies(ディッキーズ)』
  • 『Vans(バンズ)』

アウトドアブランド一例

  • 『The North Face(ザ ノース フェイス)』
  • 『Patagonia(パタゴニア)』
  • 『L.L.Bean(エルエルビーン)』
  • 『ARC'TERYX(アークテリクス)』
  • 『NANGA(ナンガ)』
  • 『GRAMICCI(グラミチ)』
  • 『Columbia(コロンビア)』
  • 『CHUMS(チャムス)』
  • 『snow peak(スノーピーク)』
  • 『Coleman(コールマン)』

ミリタリーブランド一例

  • 『ALPHA(アルファインダストリーズ)』
  • 『WILD THINGS(ワイルドシングス)』
  • 『HOUSTON(ヒューストン)』
  • 『AVIREX(アヴィレックス)』
  • 『ROTHCO(ロスコ)』
  • 『PROPPER(プロッパー)』
  • 『Nigel Caborn(ナイジェルケーボン)』

ワークブランド一例

  • 『carhartt(カーハート)』
  • 『UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)』
  • 『BEN DAVIS(ベンデイビス)』
  • 『DANTON(ダントン)』

ジーンズブランド一例

  • 『Levi's(リーバイス)』
  • 『Lee(リー)』
  • 『Wrangler(ラングラー)』

トラッドブランド一例

  • 『RALPH LAUREN(ラルフローレン)』
  • 『Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)』

スポーツブランド一例

  • 『adidas(アディダス)』
  • 『NIKE(ナイキ)』
  • 『Champion(チャンピオン)』
  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

リユース品(古着)を買うにあたって注意するポイント

中には、リユース品(古着)を買う事に抵抗のある人もいるでしょう。

その理由としては、『誰が着ていたかわからない服を着るのは汚い』『お金がないからリユース品(古着)を買っていると思われるのが嫌』と思っている人もいます。

しかし、リユース品(古着)は、今やファッションとして認められている文化です

一般消費者からおしゃれなファッショニスタまで様々な人がリユース品(古着)を活用しています

何も、恥ずかしがることはありません。

服の状態を確認する

ただ、注意をしなければならないのは一般的に『おしゃれとは清潔感のある人』を指す事が多いです。

リユース品(古着)に関して、新品の服よりも状態の良い悪いの程度が様々です。

新品同様のモノから、着古してボロボロのモノまであるので、状態の良し悪しが重要になります。

服の状態さえ悪くなければ、誰もリユース品(古着)だとも気づかないですよね

リユース品(古着)を選ぶ際に、次に挙げる項目は必ずチェックしましょう。

ポイント

  • 染み
  • よれ
  • 破れ
  • 糸のほつれ
  • ボタンとれ
  • シワ
  • 臭い

特に、『襟裏や首元』等、肌に触れる部分の皮脂汚れや、『肘や脇、首元のよれ』等、身体の動きによる負荷のかかり易い部分を確認しましょう

意外と盲点なのが背中ですね。

あまり見ないので、買った後で染みや破れに気づくこともあります。

前述したように、オンラインで見ている人であれば、状態の確認は電話して店員さんに問いかけても良いでしょう。

少し大き目のサイズ感を選ぶのが今のトレンド

加えて、サイズ感には十分注意しましょう。

現代では、少し大き目のリラックスサイズで着る事が主流になっています。

少し前のトレンドであった、明らかにサイズの小さなピタピタの服を選ぶのは避けましょう。

ちなみに服はサイズと言っても袖や裾の長さ、身幅と言ったような、ただS,M,L,XLと言ったサイズでははかれない部分もあります。

部位別に分けた次に挙げる項目の選ぶポイントは、必ずチェックしましょう。

ポイント

  • 『袖の長さ』⇒半袖であれば二の腕の真ん中くらい。長袖であれば手の甲に少しかかる程度。
  • 『丈の長さ』⇒ショートは避けた腰元より少し長めの丈感。
  • 『身幅』⇒身体に密着するようなピタっと感を避けた自然に落ちるリラックスフィット。
  • 『肩幅』⇒服の肩の継ぎ目が自分の肩の端より少し外側にくるリラックスフィット。
  • 『ウエスト(腰回り)』⇒多きすぎても小さすぎてもボトムスの形が変形してしまうのでベルトをしないでも丁度落ちない程度。
  • 『レングス(足の長さ)』⇒裾にワンクッションかかる程度の程よい長さ。アンクル丈は少しトレンドアウトしつつある。
  • 『ワタリ(太ももの太さ)』⇒ピタピタを避け、一つまみ出来るくらいの程よいフィット感。又は緩めのワイドパンツ。ピタピタは避ける。
  • 『裾の太さ』⇒太ももから裾にかけて細くなるテーパードシルエットが誰にでも合わせやすいシルエット。

オンラインショップで探している人であれば、服の詳しい部位ごとのサイズスペックは、商品ページに記載があるので確認して下さい

しかし、意外と『cm表記されたところでサイズがよくわからない…』という人は多いでしょう。

解決方法として自分の持っている服で、丁度良いサイズのスペックのモノをサンプルとして部位ごとに採寸しておけば、実際に着た時のサイズ感が分かり易く、目安になるので試してみて下さい

  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

確認したいお得に買い物する『2nd STREET(セカンドストリート)』のセール期間

では、何事もより安く手に入れば嬉しいという人は多いですよね。

そんな人の為にセール情報を記載しておきます。

2nd STREET(セカンドストリート)は、セールの年間スケジュールが毎年大体同じなので参考に出来ます

折角ならセールでお得な買物をしたいですよね。

ポイント

しかし、一方で比較的回転の速い古着において、少し待つという事で先に売れてしまうケースも多いです。

折角気に入ったモノでがあっても誰かに買われてしまっては後悔しますよね。

実際に、私も経験したことがあり、『ケチらずに買っておけば良かった…』と心底後悔したことがあります。

2nd STREET(セカンドストリート)のSALEは、1,000未満の商品が50%OFFで1,000円以上の商品であれば20%OFFくらいが一般的なので、あまり気にせず気に入った服があれば手に入れておくことをお勧めします。(オンラインでは指定の商品30%OFFも有)

ただ、SALE時期に目掛けてお買い得商品を探すというのは、服を探すきっかけになりますね。

毎年のセール時期の傾向を、参考に2023年と2022年を下記に挙げておきます。(2023年は現状で確定している所まで記載)

基本的には大型連休やイベントに合わせた日程と在庫処分セールなので一般的なアパレル企業と一緒ですね。

アパレル業界行事2023年2022年
1月新年
冬セール
2~9日(実店舗・オンライン)2~10日(実店舗)
4~24日(オンライン)
2月---
3月---
4月ゴールデンウィーク28日~(実店舗)29日~(実店舗)
5月ゴールデンウィーク~7日(実店舗)
8~15日(オンライン)
~8日(実店舗)
9~16日(オンライン)
6月---
7月夏セール14~17日(店舗)
18~24日(オンライン)
15~24日(実店舗)
15~25日(オンライン)
8月お盆
クリアランスセール
10~16日(店舗)
17~21日(オンライン)
5~15日(実店舗)
16~22日(オンライン)
9月---
10月-13~23日(オンライン)-
11月ブラックフライデー24~27日(オンライン)25~28日(オンライン)
12月クリスマス15~24日(店舗)
15~24日(オンライン)
16~25日(実店舗・オンライン)
  • お得に買い物する公式オンラインショップへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

断捨離に便利な買取サービス

2nd STREET(セカンドストリート)を活用している人なら買取サービスを利用するのもおすすめ。

ただ、どちらかと言えば、買取価格が安い傾向にあるという口コミが多いですね。

実際に、私自身買取に出したことがありましたが、あまり高値はつきませんでした。

よっぽど人気があるブランドや価値の有るヴィンテージ品でない限り高値はつかないでしょう。

時間はかかりまずが、儲けたければメルカリで1点1点出品した方が高い値が付きます。

しかし、一括買取の利点は手間なく要らない服を一気に処分できるという点ですね

過度な期待はせずに、断捨離で服を手放す際に、折角なら少しでもお金にしたいという人におすすめですね

良い口コミ

  • 『査定額が意外に高額で嬉しかった』
  • 『セカストが一番高値で査定してくれた』
  • 『メルカリでずっと売れなかった服を買い取ってもらえた』
  • 『メルカリの時間と手間を考えたらセカストの方が良い』

悪い口コミ

  • 『査定が低かったからメルカリで売ったら高値が付いた』
  • 『買取不可の服を他のリユースショップに行ったら買い取ってくれた』
  • 『他のリユースショップの方が高値で買い取ってくれた』
  • 『買い取ってもらえなかった』

特に、リユースショップ同士で比較しているケースもありますが、やはり買取価格はケースバイケースと言った印象

モノや時期、トレンドによっても左右されるので、どうしても納得いかなければ面倒でも合い見積もりとるのも検討しても良いですね。

  • 手軽に査定出来るWEB買取へはコチラから移動☟

ブランド品高価買取。送料、査定料、キャンセル料無料

思い立ったらすぐ行動店舗持ち込み

車があり大量の荷物での運搬が可能な人や、近くに2nd STREET(セカンドストリート)がある人は、店頭持ち込みをすれば30分もかからずに査定してもらえます。(混雑状況による)

数点であれば、ほんの数分で査定完了というケースもあります。

ポイント

しかし、査定が早いのが良いのか悪いのか、『本当に適正価格で査定して貰えた…?』と感じます。

上述したように、店頭スタッフによる査定なので、そのスタッフによって査定額は様々です。

『しっかりとしたブランドモノなのでちゃんと査定をしてほしい』という人であれば、次の項目で記載していくWEBの宅配買取がおすすめです

実際に、店頭と比較してオンラインの方が高く査定して貰えたという声も見られました

しかし、あくまでも有名なブランドモノである事の限ります。

ブランドでなければ宅配買取不可の服もありますからね。

ブランドモノを売るならWEB宅配買取

一方で、宅配買取の場合は、時間と手間が少しかかるのはデメリットでもあります。

申込して、自宅に梱包材が届き、発送して査定してもらうという流れになります。

その分、ブランド物に関しては査定額がしっかりとしてると言った声がありますね

しかし、リユースや古着というモノは相場があってないようなものなので、自分の思ったような査定額を下回る事の方が多い印象。

やはり、過度な期待はせずに不用品を処分できてお金にならば良いなという気持ちも大事ですね

  • 手軽に査定出来るWEB買取へはコチラから移動☟

ブランド品高価買取。送料、査定料、キャンセル料無料

シーズンを考慮する、買取強化時期

少しでも買取額を高めたければ、『買取に出す時期』に注意する事と『ある程度のケアを施す』事ですね。

アパレル業界でも一緒ですが、シーズンオフしている服は、めったなことでは売れません

誰も、夏の暑い時期にアウターはいらないし、冬の寒い時期に半袖やショーツは買わないですよね。

では、『シーズンのど真ん中であれば高価買取してもらえるのか!』というとそうでもありません

なぜなら、店からの視点で考えると販売する期間が短くなるからですね。

今のアパレル業界で言えば、7月には夏のセールが始まり、冬でも12月、1月には冬のセールが始まります。

実際に、気温とマッチした必要な時期には今売れるであろう必要な服を安く売らなければならないというジレンマを感じているのがアパレル業界です。

故に、買い取りに出すとすれば、シーズンインの時期がベストですね

ポイント

  • 『春物』⇒春物が気になりだす2,3月
  • 『夏物』⇒夏物が気になりだす5,6月
  • 『秋物』⇒秋物が気になりだす8,9月
  • 『冬物』⇒冬物が気になりだす10,11月

ザクっとこれくらいの目安を持っていると買い取り額は比較的に高くなるでしょう。

加えて、2nd STREET(セカンドストリート)には、買取金額アップ期間があります。

その期間を狙うのも良いですね。

まとめ:人気の理由はうまく活用すればお得におしゃれが出来る評判のショップ

と、いうわけでまとめると

ポイント

  • 『全国どこにでもある安心の知名度』
  • 『圧巻の商品バリエーションと商品の入れ替わり』
  • 『掘り出し物を探す楽しさ』
  • 『ファッション好きや古着好きにも愛用の評判ショップ』
  • 『せどりの仕入対象にもなる安価な価格設定』
  • 『明るくて広い売り場』
  • 『海外出店も拡大中の成長企業』

普段楽天で買い物をする機会が多い人であれば、楽天でも出店されているのも嬉しいですね。

セカンドストリート楽天市場店を確認する

ただ、楽天市場の店舗では、公式オンラインショップと違ってSALE対象にならないモノもあるのでご注意を。

2nd STREET(セカンドストリート)の使用頻度が高なりそうであれば、公式のオンラインショップを活用するのがおすすめです

  • お得に買い物する公式オンラインへはコチラから移動☟

セカンドストリート公式オンラインショップを確認する

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『2nd STREET(セカンドストリート)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

合わせて読みたい古着を使ったおしゃれコーデの選び方こちらの記事☟

ダサいを解消。『古着MIXコーデ』おしゃれに着こなす基礎知識と選び方

近年、『古着』というファッションを耳にする事が多いのではないでしょうか。 しかし、一口で『古着』と言 ...

続きを見る

HI10×2KI

知っているとおしゃれの間違いない服選びの判断材料になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-ファッションの始め方