人気の名作レビュー

ダサいを解消。『スニーカー』 大人メンズが選ぶ人気の名作ブランド6選

2020年8月2日

質問

『オールスター』とか『スタンスミス 』とかよく聞くスニーカーってお洒落ですか?

定番的アイテムですが、スニーカーは不屈の名作として永年愛されるお洒落な型番が多くあります。お洒落にこだわるからこそファッションのサイクルに合わせて人気が再沸する歴史のあるお洒落な名作です。

HI10×2KI

こんにちは人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

街着で履くお洒落なスニーカーとスポーツで使われるスニーカーの違いがわからないという人は多いのではないでしょうか。

実際、20世紀初頭革靴中心の生活から運動に向いた柔らかな運動靴が生まれました。

つまり、スニーカーの由来は全て運動靴として使われる為に生まれてきたといっても過言ではないでしょう。

その後、競技用の靴として拡大を遂げたスニーカーは多くのスポーツ選手やアーティスト、ファッショニスタによってファッションへと変遷を遂げました

つまり、有名人により取り上げられた多くのスニーカーが名作として今尚、ファッションの歴史には欠かせない人気を得る定番となっています。

スニーカーに関して言えば多くのファッショニスタにも愛される名作とファッションは切り離せないものです。

スニーカーの形や機能を加味して選び方を把握して着こなすことで『お洒落な着こなし』が完成します

合わせて読みたいスニーカーの形や機能とスポーツの関係性の歴史に関して詳しくはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『スニーカー』大人メンズの為のスポーツから見る形と選び方

質問 スニーカーって運動靴ですか?ファッションですか? スニーカーは運動靴の一種です。革靴から運動す ...

続きを見る

名作定番スニーカーの始め方

  • 自然に馴染むスニーカーはそれだけでお洒落。
  • 名作定番スニーカーは多くの人々に永年愛されるファッションアイテム
  • 名作定番スニーカーの種類と形を知る。
  • 自分にあった名作定番スニーカーのイメージを育てる。
  • スニーカー選びの着こなしとイメージを育てる。

お洒落は足元からというように全身のコーディネイトの中で靴は印象を左右する大きな役割を担っています

自分たちの一番身近にあるスニーカーにも様々な種類があり、それに馴染む系統も存在します。

自分に馴染んでいないスニーカーを選んでしまうと『この人なんか変だな…』という印象を与えてしまいます。

しかし、自然にあなたに馴染むスニーカーを履いているとしたら『この人なんかお洒落だな』という認識が生まれます

合わせて読みたいスニーカーの特徴と選び方に関して詳しくはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『スニーカー』大人のメンズが選ぶ為の5つの特徴と選び方

質問 『ハイテク』とか『ローテク』とかスニーカーって何で選べば良いかわかりません。スポーツ用とファッ ...

続きを見る

『普通にお洒落』に必要なのは自分に馴染む格好をすることです。

スニーカーの形や機能で作られるイメージを育てましょう。

そんな名作定番スニーカーに関しての知識をアパレル経験10年以上の『ヒトトキ』が解説します

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『ファッションの根本には言葉で説明できる法則性はある』と実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『街着で使える名作スニーカー』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 名作定番スニーカーは多くの人々に永年愛されるファッションアイテム
  2. 『CONVERSE(コンバース)』の歴史と名作
    1. 軽やかでシンプルな『コンバースALL STAR(オールスター)』
    2. 軽やか細身ながらぽてっとした『コンバースJACK PERCELL(ジャックパーセル)』
    3. 艶のあるレザーで履くほどに馴染む『コンバースONE STAR(ワンスター)』
  3. 『adidas(アディダス)』の歴史と名作
    1. スマートで上品な『アディダスSTAN SMITH(スタンスミス)』
    2. スポーツからストリートへカジュアルな『アディダスSUPER STAR 80s(スーパースター)』
    3. クラシックでレトロな『アディダスCAMPUS(キャンパス)』
  4. 『PUMA(プーマ)』の歴史と名作
    1. レトロでカジュアルな『プーマTX-3(ティーエックススリー)』
    2. シンプルでカジュアルな『プーマSUEDE(スエード)』
  5. 『NIKE(ナイキ)』の歴史と名作
    1. シンプルでクラシカルな『ナイキCORTEZ(コルテッツ)』
    2. スタイリッシュでスポーティな『ナイキINTERNATIONALIST(インターナショナリスト)』
    3. ハイテクで存在感のある『ナイキAIR JORDAN(エアジョーダン)』
    4. 普遍的で存在感のある『ナイキAIR FORCEⅠ(エアフォースワン)』
  6. 『VANS(ヴァンズ)』の歴史と名作
    1. シンプルでどんな服装にも馴染む『ヴァンズAUTHENTIC(オーセンティック)』
    2. シンプルだけどアクセントのある『ヴァンズERA(エラ)』
    3. ストリートと上品さを兼ね備えた『ヴァンズOLD SCOOL(オールドスクール)』
    4. ストリートでカジュアルダウンに使える『ヴァンズSK8HI(スケートハイ)』
  7. 『New Balance(ニューバランス)』の歴史と名作
    1. レトロでスポーティな『ニューバランス574シリーズ』
    2. レトロで上品な『ニューバランス996シリーズ』
    3. レトロで高級な『ニューバランス1400シリーズ』
  8. まとめ:アイテム選びは自分に馴染む物を選ぶ

名作定番スニーカーは多くの人々に永年愛されるファッションアイテム

スニーカーの歴史

1950年代マーロンブランドやマリリンモンロー等のハリウッドスターが映画の中で『ジーンズにスニーカー』で登場したことによりファッションとして認知され始める。

1950年代後半には当時のアイビーボーイ(清潔で若々しいファッションとしてスポーツウェアを転用するカレッジファッション)がテニスシューズ、バスケットシューズ、デッキシューズ等を街着で履き始める。

1970年代マイケルジョーダンが自分の名前を提供して開発された『ナイキ エアジョーダン』。

1990年代カートコバーンに愛されグランジファッションの代名詞と言われる『コンバース ジャックパーセル』。

2000年にかけてスティーブジョブスからインスパイアを受けて誕生したノームコア。そのジョブスの愛用した『ニューバランス M992』。

様々な時代を牽引する有名人やファッショニスタにより名作定番スニーカーはファッションとして広くとらえられるようになった

サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
コンバース
『ALL STAR』
コンバース
『JACK PERCELL』
×
コンバース
『ONE STAR』
アディダス
『STAN SMITH』
アディダス
『SUPER STAR』
××
アディダス
『CAMPUS』
××
プーマ
『TX-3』
××
プーマ
『SUEDE』
ナイキ
『CORTEZ』
×
ナイキ
『INTERNATIONALIST』
ナイキ
『AIR JORDAN』
××
ナイキ
『AIR FORCEⅠ』
××
ヴァンズ
『AUTHENTIC』
ヴァンズ
『ERA』
ヴァンズ
『OLD SCHOOL』
ヴァンズ
『SK8HI』
ニューバランス
『574シリーズ』
××
ニューバランス
『996シリーズ』
×
ニューバランス
『1400シリーズ』
×××
名作スニーカーと各系統の相性

選ぶポイント

  • サーフラグジュアリーはカジュアルだけどリラックス感のある男らしいスタイル。
  • モード&トラッドは独特な雰囲気のある中性的でキレイなスタイル。
  • アメカジクラシックはカジュアルだけど上品な大人っぽいイメージ。
  • キレイ目カジュアルはスマートで爽やかな大人のイメージ。

スニーカーは大振りな程カジュアル、小振りな程キレイ目

凹凸のある素材程カジュアル、艶のある素材程キレイ目

各系統に馴染む名作スニーカーを選びましょう。

合わせて読みたい自分に馴染む系統の決め方はこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『似合う服の系統って何?』定まらないメンズの3つの選び方

ダサい系統?お洒落な系統? 服の系統(ジャンル)ってよく聞くけど、何がお洒落で何がダサくないの?と疑 ...

続きを見る

『CONVERSE(コンバース)』の歴史と名作

CONVERSE(コンバース)

1900年初頭降雪量の多い湿地帯アメリカマサチューセッツで雨、雪の中でも作業できるラバーシューズを製造するCONVERSEを設立。

冬の需要に集中し、夏場の低迷期に年中売れるスニーカーとして『ALL STAR』を開発。

1917年に世界初のバスケットボールシューズとして誕生した。

軽やかでシンプルな『コンバースALL STAR(オールスター)』

あらゆるスニーカーの比にならないほどの販売数を誇る『ALL STAR』。

細身でシンプルな形はどんなファッションにも合わせやすいですね。

男らしく爽やかな格好やキレイ目のカジュアルダウンがしたい人に選ばれます

価格も安く知名度が高すぎる為若年層から大人まで愛される形は使い方を間違えると少し子供っぽい印象を与えるので注意が必要です

ローカットはくるぶしを見せて履くで大人っぽさアップしてくれます。

ハイカットはより、子供っぽく見せてしまう可能性が高いですね。

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目ですっきりとしたシンプルな形
  • 価格:¥5,000程度

軽やか細身ながらぽてっとした『コンバースJACK PERCELL(ジャックパーセル)』

バドミントン用に生まれたALL STARに次ぐ人気の『JACK PERCELL』。

ALL STAR同様に細身のスタイルではあるが丸っこいつま先のラバーとスマイルと言われる1本ラインが特徴です。

有名なバドミントン選手『ジャックパーセル氏』からその名前が付きました。

ALL STARよりも少しカジュアルに合わせる事が出来ます。

ワイルドな男らしさよりも無骨な男らしい格好や爽やかなキレイ目にしたい人が選ばれます

『ALL STAR』は人と被りすぎるから嫌だな…と思われる人に最適です。

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目ですっきりとしたボディに丸っこいつま先がカジュアルな形
  • 価格:¥6,000程度

艶のあるレザーで履くほどに馴染む『コンバースONE STAR(ワンスター)』

バスケットボールシューズとして生まれた『ONE STAR』。

靴底はゴムでアッパーを天然皮革で作られた丈夫さを向上させたスニーカーです。

上質な艶のあるガラスレザーにサイドに装飾された『ワンスター』が特徴ですね。

スニーカーながらにカジュアルでも上品な印象を作り出します

当時の技術では生産が難しく一度廃盤になったが後にリバイバルされコンバースの上位機種として現在に至ります。

現状市場に出回るワンスターはMADE IN JAPANの品質も魅力の一つですね。

艶のあるレザーは男らしい格好良いスタイルや上品なキレイ目の足元にも選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:艶のあるレザーを使用した上品な形
  • 価格:¥20,000程度

『adidas(アディダス)』の歴史と名作

adidas(アディダス)

ドイツのニュルンベルクで靴職人の息子として生まれたアドルフ・ダスラーが設立した。

当時アドルフ・ダスラーと兄のルドルフ・ダスラーにより設立された『ダスラー兄弟商会』。

意見の不一致により弟が個別で『adidas』を設立。

スポーツスニーカーの補強の為に生み出された3本ラインは『asidas』の象徴。

スマートで上品な『アディダスSTAN SMITH(スタンスミス)』

テニスシューズとして生まれた『STAN SMITH』。

スムースレザーにバックショットにつけられたトレフォイル(三つ葉)ロゴが特徴です。

有名テニスプレイヤー『スタンスミス氏』からその名前が付きました。

源流をたどればスタンスミス氏も愛用したとされるモデル『ロバートハイレット氏』の全米オープンの活躍を記念して作られた『ハイレット』というモデルがあります。

爽やかで上品なキレイ目をプラスオンしたい人に選ばれます

上品で柔らかいレザーは爽やかで男らしい格好良いスタイルからキレイ目スタイルまで様々な着こなしに馴染みます

ファッション初級者であればこの一足を持っていればとりあえず間違いないと言われる一足です

中級者や上級者含めて全てのファッショニスタに長く愛される名作です。

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:スムースレザーを使用した上品な形、バックショットのトレフォイル(三つ葉)ロゴがアクセント
  • 価格:¥14,000程度

スポーツからストリートへカジュアルな『アディダスSUPER STAR 80s(スーパースター)』

バスケットボールシューズとして生まれた『SUPER STAR』。

独特な形が貝柄に似ているつま先のデザイン『シェルトゥ』が象徴的です。

サイドの三本ラインとバックショットのトレフォイル(三つ葉)ロゴが特徴ですね。

NBA選手の大半が履いたほどの人気モデルがヒップホップグループ『RUN-DMC』が刑務所の服役スタイルである『紐無し』のSUPER STARを履いたことからストリートへと広まりました。

デザイン性の強さと広まったヒストリーから無骨な男らしい格好をしたい人に選ばれます

少しこだわりの有るファッションをしたい人に最適な一足ですね

名前に『80s』とついているモデルは80年代の発売当時のインスピレーションを受けているものでヴィンテージレザーを使われており高価なモデルです。

『80s』とついていない物は柔らかなレザーを使い内装にメッシュなどの柔らかい素材を使った廉価盤で少し安いモデルですね。

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:デザイン性が高くカジュアルな形、バックショットのトレフォイル(三つ葉)ロゴ、サイドの3本ラインがアクセント
  • 価格:¥14,000程度

クラシックでレトロな『アディダスCAMPUS(キャンパス)』

バスケットボールシューズとして生まれた『CAMPUS』。

スウェードレザーで作られたアッパーが象徴的です。

サイドの三本ラインとバックショットのトレフォイル(三つ葉)ロゴが特徴ですね。

白人ヒップホップの草分け的存在ビースティボーイズがメジャーになると彼らが愛用していた『CAMPUS』も同様広まっていきました。

スウェード独特の風合いのある柔らかで毛羽がある素材にヒストリーが相まって無骨で男らしい格好をしたい人に選ばれます

レトロで上品な大人の気品も漂わせる一足ですね

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:スウェードレザーを使用したレトロな形、バックショットのトレフォイル(三つ葉)ロゴ、サイドの3本ラインがアクセント
  • 価格:¥10,000程度

『PUMA(プーマ)』の歴史と名作

PUMA(プーマ)

ドイツのニュルンベルクで靴職人の息子として生まれたルドルフ・ダスラーが設立した。

当時ルドルフ・ダスラーと弟のアドルフ・ダスラーにより設立された『ダスラー兄弟商会』。

意見の不一致により兄が個別で『RUDA』を設立。一年後フットワークの軽快なイメージを持ちたいと『PUMA』に変更。

『adidas』との競争の激化の末、サッカー選手のペレと契約したことにより有名となる。

1998年に『JIL Sander』とのコラボモデルを発表しスポーツメーカーと高級ブランドとのコラボの先駆け的な存在になる。

ほとんどのPUMAスニーカーのアッパーのサイドにつけられたフォームストライプと言われる流線形のパネルが特徴。

レトロでカジュアルな『プーマTX-3(ティーエックススリー)』

ランニングシューズとして生まれた『TX-3』。

つま先のスウェードにアッパーのメッシュとサイドにナイロンとフォームストライプ(流線形のパネル)をあしらった複合型です。

このような複合型は80年代を彷彿させるレトロなデザインが魅力です。

軽量で柔らかな素材感、ヒールのプロテクトはナイキのエアマックス以前のハイテクスニーカーと言われます。

現状ではハイテクスニーカーとローテクスニーカーの間に位置します。

男らしいスタイルにレトロな足元を持ってきたいアクティブな人に選ばれます

ロールアップでくるぶしを露出して合わせたり上品な格好に+オンすることでお洒落な着こなしになります。

履き方を間違えると少しやぼったい雰囲気になるので注意が必要です

ポイント

  • 機能デザイン:ハイテクとローテクスニーカーの中間
  • 形状:素材複合型のレトロでスポーティな形
  • 価格:¥10,000程度

シンプルでカジュアルな『プーマSUEDE(スエード)』

バスケットシューズとして生まれた『SUEDE』。

アッパーのスウェードレザーにサイドのフォームストライプ(流線形のパネル)が映えるシンプルさが特徴です。

スウェード独特の柔らかい風合いはカジュアルかつ上品に仕上げられています。

無骨な男らしさキレイ目のスタイルにシンプルでクラシカルな上品さが欲しい人に選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:スウェードレザーを採用したのクラシカルな形
  • 価格:¥10,000程度

『NIKE(ナイキ)』の歴史と名作

NIKE(ナイキ)

オレゴン大学で陸上のコーチを務めたビル・バウワーマンと選手のフィル・ナイトが共同出資で『ブルーリボンスポーツ社』を設立。

日本のオニツカタイガーの輸入販売と開発を行っていたが、1970年代オニツカタイガーの販売不振により取引を停止し、自社ブランドである『NIKE』が誕生。

『ワッフルソール』という当時革新的で画期的なワッフル型のグリップ力があるソールを開発したことから有名になる。

その後エアーを入れる等機能的なスニーカーを開発し『ハイテクスニーカー』の火付け役ともいえる存在。

シンプルでクラシカルな『ナイキCORTEZ(コルテッツ)』

ランニングシューズとして生まれたナイキの初モデル『CORTEZ』。

丸みのある細長のフォルムです。

シンプルなデザインにアイコニックなスウッシュロゴが特徴ですね。

軽量で耐久性の高くクッション性に優れたクラシックなファッションにも馴染みやすいデザインです。

男らしい上品なスタイルにクラシックなレトロさを取り入れたい人に選ばれます

ロールアップでくるぶしを露出して合わせたり上品な格好に+オンすることでお洒落な着こなしになります。

履き方を間違えると少しやぼったい雰囲気になるので注意が必要です

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:丸みを帯びた細長いレトロでクラシカルな形
  • 価格:¥10,000程度

スタイリッシュでスポーティな『ナイキINTERNATIONALIST(インターナショナリスト)』

ランニングシューズとして生まれた『INTERNATIONALIST』。

細身のシルエットと天然皮革やメッシュ等複合素材で作られたアッパーにワッフルソールとスウッシュが特徴です。

豊富なカラーバリエーションとスマートなシルエットからスポーツから上品さまで兼ね備えたモデルですね。

男らしい上品なスタイルに上品なスポーツミックスを取り入れたい人に選ばれます

ファッション初級者から上級者まで多くの人に愛される手軽に使える一足ですね

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細身のシルエットのスポーティな形
  • 価格:¥10,000程度

ハイテクで存在感のある『ナイキAIR JORDAN(エアジョーダン)』

バスケットボールシューズとして生まれた『AIR JORDAN』。

滞空時間の長いのが特徴で『エア』というニックネームを持つ『マイケルジョーダン』の契約から生まれたモデルです。

エアクッションを用いたモデルあり、エアクッションを搭載しているモデルには『エア』という名称がつきます。

現代のハイテクスニーカーの象徴とも言える大型でボリュームのあるシルエットにハイカットが特徴ですね。

足元にインパクトを持たせたい格好良いスタイルや足元の大きさがポイントになる奇抜な格好をしたい人に選ばれます

足元が大振りなデザインになるのでボトムスの裾の始末に注意が必要です

だらしなくダボつかないようにコンパクトにまとめるのがポイントです。

靴に影響しないスキニーパンツやくるぶし丈のワイドパンツ等が相性が良いですね

ポイント

  • 機能デザイン:ハイテクスニーカー
  • 形状:大振りのボリュームシルエットにハイカットの形
  • 価格:モデルにより様々

普遍的で存在感のある『ナイキAIR FORCEⅠ(エアフォースワン)』

バスケットシューズとして生まれた『AIR FORCEⅠ』。

NIKE初のバスケットシューズはエアクッション搭載の初モデルでもあります。

フィット性を高めるためのアンクルストラップがデザイン性になります。

当初ハイカットのみの展開が後追いでローカットが開発されました。

エアフォースⅡの発売と共に生産終了になったが人気は根強く復活の声が多く挙がりました。

1990年代にオリジナルモデルが復刻され正式販売が再開されました。

後から作られた機能性の高いエアジョーダンはスポーツで活躍し、エアフォースⅠはストリートシューズへと定着していきました

現代のハイテクスニーカーの象徴とも言える大型でボリュームのあるシルエットが特徴です。

足元にインパクトを持たせたい格好良いスタイルや足元の大きさがポイントになる奇抜な格好をしたい人に選ばれます

『エアジョーダン』と『エアフォースⅠ』は似ていますがどちらかと言えば『エアフォースワンⅠ』はストリートに強い一般流通が多いですね。

足元が大振りなデザインになるのでボトムスの裾の始末に注意が必要です

だらしなくダボつかないようにコンパクトにまとめるのがポイントです。

靴に影響しないスキニーパンツやくるぶし丈のワイドパンツ等が相性が良いですね

ポイント

  • 機能デザイン:ハイテクスニーカー
  • 形状:大振りのボリュームシルエットの形
  • 価格:¥15,000程度

『VANS(ヴァンズ)』の歴史と名作

VANS(ヴァンズ)

1960年代カリフォルニア州アナハイムで『ポール・ヴァン・ドーレン』が『ジム・ヴァン・ドーレン』『ゴードン・リー』『セルジュ・デリーア』と手を組み設立。

『VANS』というブランドネームには「ヴァンとその仲間たち」という意味がこめられている。

カスタムオーダーから出発した『VANS』はシンプルでどんな服装にも馴染み丈夫なアッパーと強固なグリップ力がスケーターの間で話題を集めた。

スニーカーの売れ行きが好調であった『VANS』は事業を拡大しすぎて一度は経営破綻したが、会社を離れていた創設者の『ポール・ヴァン・ドーレン』が復帰し再起を遂げ現在のスケーターブランドの代表格として愛されている。

シンプルでどんな服装にも馴染む『ヴァンズAUTHENTIC(オーセンティック)』

ヴァンスの中で最初に登場したモデル『AUTHENTIC』

当時カスタムオーダーのベースとなった『#44』がのちの『オーセンティック』になりました。

細目のシルエットにキャンバス地、脱ぎ履きしやすい短めのシューホールが特徴です。

カジュアルにもストリートにもキレイ目のカジュアルダウンにも軽やかな足元を演出したい人に選ばれます

ファッション初級者から上級者まで多くの人に愛される手軽に使える一足ですね

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目のシルエットにキャンバス地の万人に受ける形
  • 価格:¥6,000~10,000程度

シンプルだけどアクセントのある『ヴァンズERA(エラ)』

スケートボードシューズとして生まれた『ERA』。

『AUTHENTIC』とほぼ同型で細目のシルエットにキャンバス地、脱ぎ履きしやすい短めのシューホールが特徴です。

特徴の違いは履き口にスケボーからのダメージを軽減するためのクッションパッドが搭載されています。

履き口が華奢な『AUTHENTIC』に対して『ERA』は少しボリュームのあるカジュアルな印象になります。

しかし、『AUTHENTIC』と同様にカジュアルにもストリートにもキレイ目のカジュアルダウンにも軽やかな足元を演出したい人に選ばれます

少しカジュアルでストリートよりにするかキレイ目で爽やかにするかの違いがあります

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目のシルエットにキャンバス地の万人に受ける形。履き口のクッションパッドのボリュームが少しカジュアル
  • 価格:¥6,000~10,000程度

ストリートと上品さを兼ね備えた『ヴァンズOLD SCOOL(オールドスクール)』

スケートボードシューズとして生まれた『OLD SCOOL』。

耐久性を上げる為に初めてアッパー部分にレザーを組み込んだモデルです。

細身のシルエットに長めのシューホール、初めて搭載されたサイドに『サーフライン』と呼ばれるアイコンが特徴です。

より、スケーターよりのストリートスタイルに近づきます。

しかし、『ERA』と同様にカジュアルにもストリートにもキレイ目のカジュアルダウンにも軽やかな足元を演出したい人に選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目のシルエットにレザーをあしらったアッパーが上品な形
  • 価格:¥7,000程度

ストリートでカジュアルダウンに使える『ヴァンズSK8HI(スケートハイ)』

スケートボードシューズとして生まれた『SK8HI』。

『サーフライン』というサイドのアイコンが搭載されたセカンドモデルです。

足首を覆うハイカットはスケボーからのダメージを一番守ってくれる機能的なデザインが特徴です。

より、スケーターよりのストリートスタイルに近づきます。

しかし、『OLD SCHOOL』と同様にカジュアルにもストリートにもキレイ目のカジュアルダウンにも軽やかな足元を演出したい人に選ばれます

足元にボリュームがありアクセントになりつつもキレイ目を意識したカジュアルダウンをしたい人にも選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:細目のシルエットにレザーをあしらったアッパーが上品な形。ハイカットのボリュームが少しカジュアル
  • 価格:¥10,000程度

『New Balance(ニューバランス)』の歴史と名作

New Balance(ニューバランス)

1906年マラソンの街と言われるマサチューセッツ州ボストンで設立。

設立後50年は整形外科で使われる矯正靴やアーチサポートを制作するメーカーとして始動。

1960年設立当時から蓄積した経験と知識を活かしスポーツシューズに参入。

足に負担をかけない自然な形状の靴をデザインする『インステップ・レーシング』を元に独自のスニーカー作りを実現する。

紐で締め上げてフィット感を生む構造とは違い『ウィズ・サイジング』というヒール部分とサイドの構造で足全体を自然にフィットするように設計されている。

紐を通常より丈夫に設定されたことにより自由に動かせるようになった指先が地面を足の指で掴むような安定感を生んだ。

1972年実業家である『ジェームス・S・デービス』に買収され本格的なランニングシューズとして発展を遂げていく。

レトロでスポーティな『ニューバランス574シリーズ』

悪路であるオフロードでも安定した走りができるトレイルランニングシューズとして生まれた『574シリーズ』。

少しぽてっとした丸型のつま先にレザーとメッシュを合わせたアッパー、悪路に耐えうる凹凸のある靴底はカジュアルな特徴です。

男らしくレトロでスポーティさを足元に+オンしたい人に選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:丸みのあるつま先にレザーとメッシュの複合型のアッパーと凹凸のある靴底はカジュアルな形
  • 価格:¥5,000~10,000程度

レトロで上品な『ニューバランス996シリーズ』

補正された道を走るオンロード用シューズとして生まれた『996シリーズ』。

足元をすっきり見せる細身のつま先に凹凸が少ない靴底が特徴です。

レトロな雰囲気で上品さを兼ね備えたタウンユースな格好をしたい人に選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:スタイリッシュな細目のつま先に凹凸の少ない靴底を起用した上品な形
  • 価格:¥10,000~20,000程度

レトロで高級な『ニューバランス1400シリーズ』

悪路を走るオフロードでも補正されたオンロードでも走るハイブリッドなランニング用シューズとして生まれた『1400シリーズ』。

足元をすっきり見せる細身のつま先に凹凸が少ない靴底が特徴です。

アジア圏内で生産安価ラインから、US、EUで生産される高価ラインが存在する500番台と900番台に比べ高価ラインしか存在しない『1400シリーズ』は『スニーカー界のロールスロイス』と言われる高級スニーカーです。

材質もさることながらステッチや細部の作りこみもハイレベルですね

レトロな雰囲気を持ちながらも高級なスニーカーを+オンしたい人に選ばれます

ポイント

  • 機能デザイン:ローテクスニーカー
  • 形状:スタイリッシュな細目のつま先に凹凸の少ない靴底を起用した上品な形
  • 価格:¥40,000程度

まとめ:アイテム選びは自分に馴染む物を選ぶ

と、いうわけでまとめると

まとめ

  • 自然に馴染むスニーカーはそれだけでお洒落。
  • 名作定番スニーカーは多くの人々に永年愛されるファッションアイテム
  • 名作定番スニーカーの種類と形を知る。
  • 自分にあった名作定番スニーカーのイメージを育てる。
  • スニーカー選びの着こなしとイメージを育てる。
サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
コンバース
『ALL STAR』
コンバース
『JACK PERCELL』
×
コンバース
『ONE STAR』
アディダス
『STAN SMITH』
アディダス
『SUPER STAR』
××
アディダス
『CAMPUS』
××
プーマ
『TX-3』
××
プーマ
『SUEDE』
ナイキ
『CORTEZ』
×
ナイキ
『INTERNATIONALIST』
ナイキ
『AIR JORDAN』
××
ナイキ
『AIR FORCEⅠ』
××
ヴァンズ
『AUTHENTIC』
ヴァンズ
『ERA』
ヴァンズ
『OLD SCHOOL』
ヴァンズ
『SK8HI』
ニューバランス
『574シリーズ』
××
ニューバランス
『996シリーズ』
×
ニューバランス
『1400シリーズ』
×××
名作スニーカーと各系統の相性

商品レビューへ戻る

自分に馴染む1足を見つけましょう。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

合わせて読みたいコーディネートの選び方に関して詳しくはこちらの記事で☟

ダサい服装を改善。『選び方がわからない』メンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。おじさんでもお洒落になれる? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方がわ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-