人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【オークリー】評判調査。サングラスだけじゃない注目のスポーツブランド

本サイトのリンクには広告が含まれています

OAKLEY(オークリー)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

OAKLEY(オークリー)ってよく聞くけど、

  • おしゃれなのか…?
  • ダサくないの?
  • 評判は良いのか?
  • イメージは良いのか?

と気にしている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ブランドの歴史や普及した背景に市場の評判等を、判断材料の一つとして解説していきます

1975年に誕生したアメリカのスポーツウェアブランド。

元々はモトクロスのグリップから始まりゴーグルを発売した所反響があり、アイウェアブランドとして認知度を広げた背景があります。

90年代からはアパレルやフットウェア市場にも参入し、今や幅広い商品展開のスポーツブランドになってはいますが、サングラスブランドという認識を持っている人は多いですね。

同時に、90年代から2000年にかけて市場で盛り上がったブランドであり、近年のY2Kトレンドのリバイバルで著名なファッショニスタから徐々に注目度が上がっているブランドでもあります。

故に、OAKLEY(オークリー)は、アスリート向けのスポーツアイテムからファッションまで、多少のトレンドに左右されながらも決して廃れる事なく、多くのファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いOAKLEY(オークリー)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『OAKLEY(オークリー)』は幅広い年齢層に選ばれる手軽にファッションを楽しむスポーツブランド
  2. 『OAKLEY(オークリー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. サングラスに関してのイメージの口コミ
    2. 近年の注目度に関しての口コミ
    3. デザイン性に関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『OAKLEY(オークリー)』人気の理由8選
    1. アメリカ生まれのグローバルなスポーツブランド
    2. 数多くの特許を取得する機能性
    3. 様々なトップアスリートの着用
    4. テックなデザイン
    5. 幅広い商品ラインナップ
    6. 90年代からY2Kリバイバルの注目度
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『OAKLEY(オークリー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめサングラス3選
    1. パフォーマンスに優れたオーソドックスなアイウェア『Holbrook(ホルブルック)』
    2. 汎用性抜群の定番モデル『FROGSKINS(フロッグスキン)』
    3. 定番的なスポーツサングラス『Flak(フラック)』
  5. 『OAKLEY(オークリー)』スニーカーも注目のおすすめモデル3選
    1. テックな雰囲気がグッとくるアウトドアスニーカー『Light Breathe(ライトブレス)』
    2. 雨の日にも安心のテックなデザインが重宝するアウトドアスニーカー『Light Shield(ライトシールド)』
    3. ボリュームソールが特徴的なゴルフスニーカー『Edge Flex(ウェッジフレックス)』
  6. まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る機能性に秀でたテックな雰囲気のスポーツブランド

『OAKLEY(オークリー)』は幅広い年齢層に選ばれる手軽にファッションを楽しむスポーツブランド

OAKLEY(オークリー)と聞くと、スポーツや釣りの人々がかける『縦幅が狭い横長のサングラス』を思い浮かべる人は多いではないでしょうか。

実際、OAKLEY(オークリー)と言えばスポーツシーンにかけられるサングラスの認知度が高く、著名なアスリートが着用しているシーンを見かける事は多いですね。

故に、少し『おじさんっぽい…』というか『スポーツやアクティビティのシーンで使われるギア的なアイテムでファッションではないのかな?』と捉える人もいます。

一方で、そんなアスリートやスポーツのシーンで使われるサングラスだけではなく、ファッションとして注目されているのもOAKLEY(オークリー)の面白さ。

ポイント

特に、近年のSALOMON(サロモン)やASICS(アシックス)等のテックなスニーカーのファッション人気が高まると共に、徐々にOAKLEY(オークリー)のスニーカーに注目するファッショニスタも増えています。

故に。現段階では少し早く、『率先して取り入れた方が良いおしゃれ!』というわけではないが、少し取り入れてみても良いのではというのが実情。

古着市場でも注目されることの多いブランドで、サングラスを始めスニーカーやアパレルでも取り扱っているお店は増えています。

少し人と差別化したいテックなサングラスやスニーカーが欲しい!

そういう人に重宝するのが『OAKLEY(オークリー)』ですね

こんな人におすすめ

  • OAKLEY(オークリー)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染むおしゃれなスポーツブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るサングラスやスニーカーの人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『OAKLEY(オークリー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『OAKLEY(オークリー)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『スポーツ選手やランニングの時に見かけるサングラスのイメージ』
  • 『最近注目されているスポーツブランド!』
  • 『アクティブでスポーティな格好良いブランド』

悪い口コミ

  • 『タウンユースに使うには、少し抵抗があるサングラス…』
  • 『90年代から2000年代に流行った!懐かしい!』
  • 『やっぱり少しファッションというよりもスポーツな印象が強い…』

続けて、詳しく解説していきます。

サングラスに関してのイメージの口コミ

OAKLEY(オークリー)と、いうと圧倒的に多いのがサングラスの口コミですね。

アパレルやフットウェア等、多岐にわたる商品ラインナップではありますが、サングラスのトップブランドとしての認知度の高さを伺えます。

一方で、その声はハッキリ言うと賛否両論。

ポイント

特に、アスリートが着用しているシーンをよく見かける為、タウンニュースというよりもやっぱりスポーツやレジャー等のシーンで使われる印象が強いですね。

その特徴的な縦幅が狭めでサイバー感のあるデザインは、ブランドのアイコンとして流行り廃りで形状を変えるわけでもなく長年貫かれているわけです。

故に、『格好良いアクティブなサングラス』というイメージで、中々タウンユースなおしゃれとはつながりにくい。

一方で、その独特な形状からファッションとしてうまく取り入れる人も一定数いるという不思議な側面もありますね。

スポーツやアクティビティで快適なかけ心地を誇り、太陽光を防ぐという本来の使い方には勿論、少しおしゃれに自信がある人であれば挑戦しても良いブランドという立ち位置

加えて、サイバー感の少ない普通にタウンユースで使えるベーシックなサングラスもあるので、商品紹介を参考にしてみて下さい。

近年の注目度に関しての口コミ

良い意味でスタイルを変えないアクティブなスポーツブランドを貫いているOAKLEY(オークリー)ですが、ファッションとして特に注目を浴びていたのが90年代後半から2000年代。

ポイント

故に、現在40歳からそれ以上の世代からすると若い頃に流行った懐かしさも感じさせるブランドであったりします。

近年のY2Kと呼ばれる2000年代のファッショントレンドのリバイバルと共に再注目されているわけですが、若い人からするとあまり触れたことがないブランドで新鮮味を感じるブランドでもあります。

レトロなスポーツというよりも、どちらかと言うとテック感のある雰囲気が得意なブランド。

サングラスだけではなく、スニーカーもボリュームソールなモノが多い上に機能に特化した格好良さも感じさせるデザインが多い。

2000年代に流行っていたそういったテック感が現代でも注目されているのが背景ですね

デザイン性に関しての口コミ

上述したように、テックでサイバー感のあるデザインであるが故に一般の人からは少し受け入れられづらいという声もあります。

ポイント

アスリートが着用している機能ウェアな印象が強い為、一般的な人からするとタウンユースでのおしゃれ着というよりも『スポーツをする人』という印象が強くなるのですね。

故に、例えるなら『何故デートなのにそんなスポーツ着で来たの?』とも思われるような不思議な感覚。

つまり、ファッションとはブランドでおしゃれダサいを決め打ち出来るモノではなく、その人の雰囲気や服の選び方にも左右される部分は大きい。

OAKLEY(オークリー)を着用しているからおしゃれ!というわけではなく、しっかりと自分のスタイルの中に適応できるかは考えて判断したいですね

なぜ人気?多くの人に愛される『OAKLEY(オークリー)』人気の理由8選

ポイント

  • アメリカ生まれのグローバルなスポーツブランド』⇒元々はスポーツに特化したブランドでありながら、タウンユースでも注目された機能性に秀でた世界的なブランド。
  • 数多くの特許を取得する機能性』⇒元々はモトクロスのゴーグルとしてアイウェア市場に参入し、スポーツ全般にプロダクトを広げたブランドらしく、太陽光の遮断や激しく動くスポーツにも対応する掛け心地の良さ等、多くの特許を取得する機能性が魅力。
  • 様々なトップアスリートの着用』⇒ゴルフやスノーボードにプロ野球選手など、世界的なアスリートと契約締結して愛用されている著名ブランド。
  • テックなデザイン』⇒縦幅が狭く横長なフォルムが特徴的なサングラスが多く、近年注目されているスニーカーに関しても機能性を重視したテックなデザイン性が特徴的。
  • 幅広い商品ラインナップ』⇒OAKLEY(オークリー)と言えばサングラスを思い浮かべる人は多いが、90年代にはアパレルやフットウェアにも手を広げ、今尚愛され続ける商品ラインナップの広さも人気の理由。
  • 90年代からY2Kリバイバルの注目度』⇒90年代から2000年代にかけてタウンユースとしても注目されたOAKLEY(オークリー)が、トレンドのリバイバルと共に多くのファッショニスタから再び注目を浴びている話題性。
  • 大手セレクトショップでの取扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『OAKLEY(オークリー)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

OAKLEY SPORT

テックなデザインの機能性

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

機能性

7

お洒落度

9

認知度

6

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『OAKLEY(オークリー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

OAKLEY

1975年、アメリカ、カリフォルニアにてジム・ジャナード氏によって誕生。

当初はモトクロス用のハンドグリップを取り扱う代理店としてスタート。

1980年、モトクロスのゴーグルの取り扱いを開始し、認知度を広げた。

その後、パフォーマンスに優れたスポーツ用のサングラスやゴーグルの開発に手を広げ、今に続くアイウェアの代表的なブランドとして拡大していった。

1990年代には、アイウェアに留まらずスポーツと言う分野のアパレルやフットウェアに事業を拡大。

スポーツ選手からストリートに広がり、やがてファッションとしても取り入れられるようになった。

2006年には、日本初の直営店を東京・原宿にオープンし、アイウェアを中心にアパレルやフットウェア等も含めてグローバルブランドとして多くの人に愛されている。

つまり、本格的なスポーツブランドでありながら90年代から2000年代にかけてファッショントレンドの一角を担うブランドとしても認知度を上げ、今尚多くの人に愛され続ける世界的なブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.oakley.com/ja-jp

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

アメリカ生まれのグローバルなスポーツブランド

スポーツやランニングに釣りなどのアウトドアで着用されるサングラスな印象が強いOAKLEY(オークリー)。

それもそのはず、モトクロス用のゴーグルで認知度を広げた背景がスポーツに特化したブランドとしての認知度を拡大しました。

ポイント

スポーツブランドにはよくある事ですが、著名人が着用しているアイテムは格好良く見えるモノ。

憧れもありタウンユースにも広がっていった経緯がありますね。

本格的なスポーツに対応する機能性を持った、街着にも使われる世界的なブランドとして多くの人に愛されています

数多くの特許を取得する機能性

特に、注目すべき点としては機能性の高さですね。

単なるデザインとしてのファッション性ではなく、最大のパフォーマンスを発揮する為の機能性に重視するスポーツブランド。

太陽光を遮断する高い機能や激しく動くスポーツにも対応する掛け心地の良さを誇るアイウェアや、身体を守り効率的に力を発揮するフットウェアやアパレルに至る数多くの特許を取得している信頼のブランドですね

様々なトップアスリートの着用

前述したように、モトクロス用のゴーグルで認知度を上げ、アイウェア市場に深く参入していったOAKLEY(オークリー)。

故に、高いパフォーマンスを発揮する事を求めるアスリートには必須のアイテムでもあるのがスポーツブランド。

ただ単に契約というお金の問題ではなく、様々なアスリートに愛用されている認知度の広さが魅力ですね

モトクロスに留まらず、今やゴルフやウィンタースポーツにプロ野球選手などにも愛用されるブランドです。

テックなデザイン

元々がパフォーマンススポーツに秀でたブランドだけあって、機能性に秀でたテックなデザインもブランドの真骨頂。

レトロで懐かしさを感じさせるようなスポーツブランドではなく、近未来的な機能美を誇るのもOAKLEY(オークリー)の特徴。

縦幅が狭く横長なフォルムが特徴的なサングラスが多く、近年注目されているスニーカーに関しても機能性を重視したテックさを備えた商品群が人気の理由です

幅広い商品ラインナップ

OAKLEY(オークリー)と言えばサングラスを思い浮かべる人は多いアイウェアを代表するグローバルブランド。

一方で、決してサングラスだけでもないのがOAKLEY(オークリー)の魅力。

90年代にはアパレルやフットウェア市場にも参入し、サングラスだけではなくタウンユースとしてファッションにも参入していったブランドとして知られています

特に、古着市場でも人気のブランドの一つとして取り扱われ、近年ではそのテックな見た目のフットウェアが注目度を浴びているような幅広い商品ラインナップが人気の理由ですね。

90年代からY2Kリバイバルの注目度

そんなテックなデザインのファッションアイテムが注目されていたのが、90年代後半から2000年にかけてのファッショントレンド。

時代は回ると言われるファッショントレンドにおいて、90年代リバイバルやY2K(ワイツーケイ)と呼ばれる時代に人気のあったデザインやブランドが再注目されるタイミングでもあります。

OAKLEY(オークリー)に関しても、90年代からアパレルやフットウェア市場に参入し、元々取り扱っていたアイウェアの認知度を拡大していった時期でもあります。

故に、一時代を築いたブランドが決して廃れる事なく長い時を経て多くのファッショニスタに再注目されている話題性も魅力ですね

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱いや別注等、ブランドとしての注目度の高さは人気の証明です。

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『OAKLEY(オークリー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめサングラス3選

機能的でファッション性にも秀でたモノづくりの背景があり、90年代から2000年代のファッションを代表するブランドとして定評があるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

タウンユースとして使える名作の数々は、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

パフォーマンスに優れたオーソドックスなアイウェア『Holbrook(ホルブルック)』

pick up

■『Holbrook(ホルブルック)

スポーティでテックな印象が強いOAKLEY(オークリー)の中でも、タウンユースに使い易いオーソドックスなモデルです。

定番的なアメリカンのアイウェアであるウェリントン型でありながら、縦幅が少し狭めのスクエアシェイプがOAKLEY(オークリー)らしい一着。

フレームにはOAKLEY(オークリー)が特許を持っている軽量素材が採用され、強い太陽の下で硬貨を発する機能性も十分なアイテムですね。

スポーティなサングラスは苦手だけど機能面で優れたサングラスや、近年話題の縦幅狭めのベーシックなアイウェアに選ばれます

汎用性抜群の定番モデル『FROGSKINS(フロッグスキン)』

pick up

■『FROGSKINS(フロッグスキン)

1985年に誕生した汎用性の高いどんなスタイルにも馴染み易いモデルですね。

Holbrook(ホルブルック)に比べて、少し丸みを帯びたフォルムが特徴的な一着。

当時、スポーティなサングラスが主流であったOAKLEY(オークリー)の、ライフスタイルへと販路を広げる上で誕生したモデルですね。

故に、良い意味でベーシックな使い易さが魅力。

加えて、デザイン的にはベーシックではあるものの、機能性を重視するOAKLEY(オークリー)らしく太陽光を遮断するテクノロジーに秀でた機能性を持ち合わせています。

1990年代に一度廃盤となり、2000年初頭の80年代リバイバルの際に多くのファンの要望もあり復刻されてという背景も面白い。

時代を超えて多くの人に愛されるファンの多いベストセラーアイテムですね。

機能的であり街着でも使えるベーシックな一本に選ばれます

定番的なスポーツサングラス『Flak(フラック)』

pick up

■『Flak(フラック)

スポーツで使うなら!な、定番的な縦幅の狭いスポーティなモデルですね。

街着でも使える上記2モデルとは違ったスポーティなデザイン性。

加えて、サイバー感のあるテックなデザインというよりは大人しい一般的なスポーツに採用し易いモデルです。

太陽光の遮断は勿論、軽い掛け心地に耐久性の高さにフィット感に優れた一着。

軽く身体を動かす時に重宝するオーソドックスなアイウェアですね。

ランニングや釣りにゴルフ等、長い時間サングラスをかけて屋外で過ごすスポーティでアウトドアなアイウェアに選ばれます

『OAKLEY(オークリー)』スニーカーも注目のおすすめモデル3選

アイウェアの印象が強いOAKLEY(オークリー)ですが、近年注目のアイテムがスニーカー。

テックな雰囲気を感じさせる機能性に秀でたスニーカーがタウンユースのファッションシーンでも人気が出ています。

テックな雰囲気がグッとくるアウトドアスニーカー『Light Breathe(ライトブレス)』

pick up

■『Light Breathe(ライトブレス)

凹凸のあるボリュームデザインの高機能アウトソールの代表的ブランドVibram(ビブラム)ソールが特徴的なモデル。

アウトドアやウォーキングにも対応する、通気性に特化した機能性を有したスニーカーです。

その程よいボリューム感のあるフォルムが、テックなスニーカーとしてファッションシーンでも取り入れられていますね。

快適な足元をサポートするウォーキングスニーカーや、テック系のファッションアイテムを取り入れたい人に選ばれます

雨の日にも安心のテックなデザインが重宝するアウトドアスニーカー『Light Shield(ライトシールド)』

pick up

■『Light Shield(ライトシールド)

Light Breathe(ライトブレス)に似たデザインですが、ストレッチ性と防水機能を搭載した高機能モデルです。

スニーカー内の湿気を外に逃がしつつ、外からの水を弾くウォータープルーフ仕様。

雨に濡れて気にいったスニーカーを濡らしたくない人にも安心のスニーカー。

加えて、テックな雰囲気なデザインもファッションシーンに採用したい一足ですね。

雨の日でも安心の外歩きスニーカーや、テックな雰囲気のファッションスニーカーとしても選ばれます

ボリュームソールが特徴的なゴルフスニーカー『Edge Flex(ウェッジフレックス)』

pick up

■『Edge Flex(ウェッジフレックス)

元々はゴルフのショット時の安定性を生み出すスニーカーながら、そのボリュームのある独特なフォルムからファッションとしても注目されるモデルです。

上記2モデルのテック感とはまた少し違ったデザイナーズっぽさも感じさせるデザインが〇。

加えて、スポーツスニーカーという事で通気性に秀でた快適さと、雨の日にも対応する防水性能も兼ね備えた一足。

安定した足元でショットを打つゴルフシューズや、他にない独特なフォルムが差別化できるファッションスニーカーとして選ばれます

まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る機能性に秀でたテックな雰囲気のスポーツブランド

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • アメリカ生まれのグローバルなスポーツブランド』⇒元々はスポーツに特化したブランドでありながら、タウンユースでも注目された機能性に秀でた世界的なブランド。
  • 数多くの特許を取得する機能性』⇒元々はモトクロスのゴーグルとしてアイウェア市場に参入し、スポーツ全般にプロダクトを広げたブランドらしく、太陽光の遮断や激しく動くスポーツにも対応する掛け心地の良さ等、多くの特許を取得する機能性が魅力。
  • 様々なトップアスリートの着用』⇒ゴルフやスノーボードにプロ野球選手など、世界的なアスリートと契約締結して愛用されている著名ブランド。
  • テックなデザイン』⇒縦幅が狭く横長なフォルムが特徴的なサングラスが多く、近年注目されているスニーカーに関しても機能性を重視したテックなデザイン性が特徴的。
  • 幅広い商品ラインナップ』⇒OAKLEY(オークリー)と言えばサングラスを思い浮かべる人は多いが、90年代にはアパレルやフットウェアにも手を広げ、今尚愛され続ける商品ラインナップの広さも人気の理由。
  • 90年代からY2Kリバイバルの注目度』⇒90年代から2000年代にかけてタウンユースとしても注目されたOAKLEY(オークリー)が、トレンドのリバイバルと共に多くのファッショニスタから再び注目を浴びている話題性。
  • 大手セレクトショップでの取扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

OAKLEY SPORT

テックなデザインの機能性

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

機能性

7

お洒落度

9

認知度

6

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『OAKLEY(オークリー)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

-人気の名作定番紹介