人気の名作定番紹介

ダサいを解消。『アークテリクス』機能美を誇る洗練された評判のシェルアウター

2022年11月28日

ARCTERYX(アークテリクス)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

ARCTERYX(アークテリクス)って流行りすぎてて、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

近年のアウトドアファッションのトレンドから、人気が上昇しているARCTERYX(アークテリクス)は、決して一過性のトレンドではないブランドです。

特に、アウトドアブランドでありながら、ファッションとして街着で着てもおしゃれな機能ブランドとしても認知度を広めています。

しかし、ARCTERYX(アークテリクス)は、例え、一過性のトレンドが収束したとしてもアウトドアやアメカジスタイルを好む人からすると注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

キレイ目スタイルのカジュアルダウンする機能アウターやバッグとしても定番的に定着しています。

ポイント

それに加えて、時代と共にトレンドの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いは収束しつつも、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いARCTERYX(アークテリクス)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

秋から冬に春口まで雨風を防げるナイロンアウターは、使い易いファッションアイテムです。

特に、近年ではアウトドア由来の機能性が高いギアのアイテムの注目度は高く、街着から軽いアウトドアシーンまで多くの人に愛されています。

アウトドア由来が故に、ナイロンアウター自体がカラフルな配色やデザインが、少しカジュアルな印象を持たれるモノが多いですよね。

大人が街着で着るには少し派手なのかなと思うモノも多いです。

でも、雨風を防げて街着やアウトドアにビジネスシーンにも使えるナイロンアウターがあれば便利だなと思いますよね。

そんな人に重宝するのがARCTERYX(アークテリクス)のシェルアウターです

シェルアウターとは

そもそも、シェルアウターとは何かと思う人もいますよね。

シェルとは日本語で言うと『殻』を表す言葉です。

『殻』とは身を守るという意味を持っています。

つまり、アウトドア由来の悪環境から身を守るための機能を有したアウターの事です。

カナダ生まれのアウトドア由来で『最高の技術と最高の技術、革新的なデザインで製品を作る』ことをコンセプトにスタートされた、機能性と洗練されたデザイン性を併せ持つ注目のブランドです。

アウトドアから街着にビジネスシーンまで幅広い人に愛されるバッグも人気のアイテムとして注目されています。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • ARCTERYX(アークテリクス)っておしゃれなの?ダサいの?
  • ファッションで使い易い機能性の高いアウトドアブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来る使い易いシェルアウターが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

目次(タップで移動可)
  1. なぜ人気?多くの人に愛される名作『ARCTERYX(アークテリクス)』人気の理由8選
    1. 革新的なデザインカンパニー
    2. 悪環境でも使える究極のアパレル
    3. こだわりのクラフトマンシップ
    4. 徹底された品質管理
    5. 洗練されたデザイン性
    6. 選べる機能性能
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  2. 製品名から判断出来るARCTERYX(アークテリクス)の選び方
    1. アルファベットで機能性を判断する
    2. モデル名で選ぶ
  3. ARCTERYX(アークテリクス)日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル5選
    1. パッカブルで使い易い『スコーミッシュフーディー』
    2. 機能的且つオールラウンドに使える『ベータジャケット』
    3. 軽量性と凡庸性を備えた『ベータLTジャケット』
    4. ミドルレイヤーとしても使える『ガンマLTフーディージャケット』
    5. 厳しい環境下に耐え得る本格派『アルファSVジャケット』
  4. ARCTERYX(アークテリクス)バックも人気ビジネスにも使える名作定番おすすめモデル5選
    1. 鉄板の定番シンボル『arro(アロー) バックパック』
    2. 収納力に優れた『Mantis(マンティス) バックパック』
    3. 使い易い都会派『Granville(グランヴィル) バックパック』
    4. シンプルで洗練された『Blade(ブレード) バックパック』
    5. 小物使いに丁度良い『Mantis(マンティス)1 ウエストパック』
  5. まとめ:人気の理由は街着に馴染む洗練された機能美を誇る評判の愛用品

なぜ人気?多くの人に愛される名作『ARCTERYX(アークテリクス)』人気の理由8選

ポイント

  • 革新的なデザインカンパニー』⇒200人以上いるデザインセンターで、第三者に依存しないモノづくりによって生み出される、まだ世界に存在しない新製品を作り出す、デザインとクオリティを追求する評判のブランド。
  • 悪環境でも使える究極のアパレル』⇒本格的な登山や悪天候などの極限の条件下でも身を守れるように作られ、試作品を開発されるとすぐに実践的に山でテストし、試行錯誤されながら開発された性能の高さが魅力。
  • こだわりのクラフトマンシップ』⇒ハイテク素材の裁断からプレスに縫製など、繊細な技術を伴う製品は、全て機械ではなく人の手で作られた職人によって生み出されるこだわりの逸品。
  • 徹底された品質管理』⇒自社工場で作られる製品は全体の10%程度でありながら、世界各国にある生産工場と共有したレシピによって生み出される、熟練の職人の技術によって守られる品質の高さが圧巻。
  • 洗練されたデザイン性』⇒過酷な環境で使われるウェアだからこそ、素材開発から裁断、縫製、圧着までこだわって生み出されるアウトドアブランドでありながら、無駄のないシンプルで使い勝手の良いデザイン性が大人の街着にあう洗練されたデザインが魅力。
  • 選べる機能性能』⇒過酷な条件下で性能を発揮するアウトドアブランドでありながら、街着で着るオーバースペックではない選べる商品展開がファッションとしても注目される逸品。
  • 大手セレクトショップの取り扱いと別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『ARCTERYX(アークテリクス)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

ARCTERYX SHELLOUTER

洗練されたな高機能ウェア

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

機能性

9

お洒落度

8

認知度

8

上品さ

この枠で要点をまとめています。

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『ARCTERYX(アークテリクス)』とはどういうブランドか気になりますよね。

ARCTERYX

1989年カナダのバンクーバーにてデイン・レイン氏とジェレミー・ガード氏によって創業。

当初は、ハーネスの製造メーカーとして創業。

高いクオリティを認められ、ハーネス以外のアウトドア製品づくりの要望が拡大。

1991年、進化の象徴でもある始祖鳥の学名である『アークテリクス』を冠したブランドが誕生。

地球上にある『最高の素材、最高の技術、革新的なデザイン』で製品を作ることをコンセプトにスタート。

1996年、アークテリクスの象徴とも言える機能素材である『ゴアテックス』のライセンスを取得。

現在のアークテリクスにつながるゴアテックスを使った製品のラインナップが完成。

2004年、米国海軍のバトルパックのコンペに通り20万個の納品を行い話題となる。

現在では、世界各国に製造工場を持ちグローバルブランドとして広く知られるようになった。

つまり、本格的な悪天候にも対応し得る機能性を持ち、革新的な挑戦が生み出す機能美に定評がある新進気鋭のブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://arcteryx.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

革新的なデザインカンパニー

ブランドネームは有名で知っているけど、意外とどんなモノづくりをしているかを知らない人は多いですよね。

著名なブランドにはしっかりとしたコンセプトがあり、その会社の取り組みがファッショニスタに注目されて世に広がる特性を持っています。

ポイント

ARCTERYX(アークテリクス)は本社のデザインセンターで、200人以上の開発者によってモノづくりが始まります。

『まだ世界に存在しない新製品を作り出す』というコンセプトの基、デザインとクオリティが追求されています

革新的な製品の開発が行われている信頼のデザインカンパニーという事ですね

悪環境でも使える究極のアパレル

本格的な登山用に開発されたアウトドアブランドは、勿論機能性の高さが重要ですよね。

デザインとして作られるファッションとは違い、極限の条件下でも身を守れるようなウェアは、アウトドアにおいて必須のアイテムです。

ポイント

ARCTERYX(アークテリクス)では、試作品を開発されるとすぐに、実践的に山でテストされます。

実地で試行錯誤されながら開発された、性能の高さを誇ります。

悪条件下のカナダのバンクーバーに本社を構え、実際の使用度を確認されながら生み出されるからこそ、製品の信頼度は高いですね

こだわりのクラフトマンシップ

大量生産が可能になった現代には、全て大型機械式で生産される服もあります。

反して、革製品やスウェット等において、職人の手で作り上げられるこだわりのアイテムである耳にする事は多いですよね。

しかし、アウトドア製品を代表するような科学技術でつくられたハイテクな素材の手作業はあまり聞き覚えないという人も多いのではないでしょうか。

ポイント

ARCTERYX(アークテリクス)は大型機械での大量生産ではなく、ハイテクな素材を裁断からプレスに縫製など、繊細な技術を伴うモノづくりを人の手によって行われているのが特徴です。

防水、防風、透湿性能などハイテクな機能を有する素材を職人の手で作られるのは、意外性と共に特別なこだわりを感じられますね

徹底された品質管理

大量生産の決まったデザインを機械で作られる製品ですら、よく見ると縫製や作りに個体差を感じるモノはありますよね。

その為、しっかりとしたブランドはその個体差が不良品にならないように徹底した品質の管理が行われています。

ポイント

ARCTERYX(アークテリクス)の製品は、クラフトマンによって人の手で作られるモノだからこそ、余計に気になる部分ですよね。

自社工場を持ちながらグローバルブランドであるARCTERYX(アークテリクス)は、90%は世界各国にある生産工場で作られています。

だからこそ、ブランドの名前を定価させないためにも商品管理の徹底したレシピと生産背景によって品質の高さが保証されています

熟練の職人の技術によって守られる品質の高さが圧巻ですね

洗練されたデザイン性

アウトドアブランドは、登山などアクティブな場で使われるからこそ、スポーティでカジュアルな印象が強いですよね。

特に、アクティビティで使われるウェアには、シンプルで大人っぽいデザイン以上に身を守るための機能性が重要されることもあります。

ARCTERYX(アークテリクス)過酷な環境で使われるアクティビティなウェアでありながら、シンプルで洗練された機能美を誇るデザインが特徴です

決してカジュアル見えしない登山だけではなくタウンユースに、ましてやビジネスシーンにさえも選ぶ人が多い大人のデザインが人気の理由ですね

選べる機能性能

機能性が高く悪環境に対応していると言えども、街着で着るとオーバースペックで使い物にならないのでは…と思う人もいるでしょう。

アウトドアのブランドは、何も過酷な条件下のみで使われるモノではありませんよね。

本格的な登山から軽いトレッキング、街着での雨風対策に軽く羽織る機能性の異なる商品群が魅力です。

特に、オーバースペックで価格が高いと街着で選ぶ人は少ないでしょう。

使用用途によって合わせて選べる商品ラインナップが、ファッションとしても注目される所以ですね

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように企画される大手セレクトショップとの別注や取扱い等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

製品名から判断出来るARCTERYX(アークテリクス)の選び方

洗練された機能美を誇るが故に、少しシンプルで見た目に違いがわかりづらいのもARCTERYX(アークテリクス)の特徴です。

実際に、私自身も詳しく知るまであまりちがいが分かりませんでした。

アルファベットで機能性を判断する

ARCTERYX(アークテリクス)の商品名には『SV』『AR』『LT』『SL』『MX』『FL』等の特徴的なアルファベットが表記されています。

そのアルファベットは『機能性』を表すものであり使用用途を絞る事が出来ます。

ポイント

  • SV(シビア)』⇒ARCTERYX(アークテリクス)の中で、トップクラスの耐久性や防水性を誇るモデル。長時間の雪山にも対応できるスペックが特徴。
  • AR(オールラウンド)』⇒耐天候性能に優れた、さまざまなアクティビティに対応したモデル。トレッキングやキャンプなどのアウトドアに街着にも使用できるオールララウンドな性能。
  • LT(ライト)』⇒防水性、耐久性、透湿性を誇りながらも、ミニマルに軽量化されたモデル。軽いトレッキングや野外でもアクティビティから街着にも使用できる手軽さが魅力。
  • SL(スーパーライト)』⇒性能が少し下がる分軽さと、コンパクトに畳んで持ち運べる軽量モデル。野外での軽いアクティビティからファッションとして手軽に取り入れる逸品。
  • MX(ミックスウェザー)』⇒変わり易い天候に対応する、伸縮性と通気性を併せ持つソフトシェルモデル。アウターの下に着るレイヤードに暖かければ一重の羽織代わりにも使える柔らかさが特徴。

勿論、性能が高い程価格も高くなるので、使用用途に合わせてオーバースペックにならない一点を選ぶ事が重要ですね。

ファッションとして街着で使うゴアテックスシェルならSL(スーパーライト)かLT(ライト)くらいで十分ですね。

少しこだわりたいならAR(オールラウンダー)で、SV(シビア)になるとオーバースペックで街着では着にくくなります。

モデル名で選ぶ

加えて、代表的な名作と言われるモデル名でも選ぶ事が出来ます。

ポイント

  • 『アルファ』⇒高山の環境から身体を守るための機能性を持ったアルパインモデル。軽量でミニマルなデザインが特徴。
  • 『ベータ』⇒様々なアクティビティや環境に対応する高機能モデル。凡庸性が高く使い易いデザイン性が特徴。
  • 『ガンマ』⇒耐天候性と伸縮性の富んだ重ね着のインナーアウターとしても、軽い天候のメインアウターとしても使えるモデル。

ARCTERYX(アークテリクス)日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル5選

洗練された機能美で、アウトドアだけではなく街着でも着れるシェルアウターとして定評があり、多くの人々に愛されるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

決して安いわけではないですが普遍的で長く使える高機能なアイテムですね。

パッカブルで使い易い『スコーミッシュフーディー』

pick up

スコーミッシュフーディー

ARCTERYX(アークテリクス)の中でも使い易いウィンドシェルモデルです。

防風性のある軽量で耐久性の高いナイロンに、服の内側の湿気を逃がすスペックが魅力ですね。

コンパクトに折りたためるパッカブル仕様なので、少し肌寒さが気になる屋外のアクティビティにもピッタリの逸品です。

キャンプや公園などの軽いアクティビティからカジュアルなスタイルのナイロンアウターとしても、キレイ目スタイルの少しスポーティMIXのスタイルにも難なく馴染む凡庸性の高さが魅力ですね

機能的且つオールラウンドに使える『ベータジャケット』

pick up

ベータジャケット

オールラウンドに活躍するゴアテックスシェルモデルです。

耐久性と防水、防風性に高い透湿性を搭載しつつも、柔軟で着易いのが魅力ですね。

トレッキングやキャンプ等の屋外アクティビティからアウトドアミックスの街着にも選ばれます

軽量性と凡庸性を備えた『ベータLTジャケット』

pick up

ベータLTジャケット

本格的なトレッキングにも使えるスペックを搭載した、3レイヤー(層)のゴアテックスを使用した高機能モデルです。

耐久性と軽量性に優れ防水、防風、透湿性に優れたスペックの高さが魅力ですね。

様々なアクティビティに適した『ベータ』モデルに、アクティビティから街着にも使える『LT』を製品名に持った、凡庸性の高い鉄板モデルです。

本格的なアクティビティから、少しこだわりのシェルアウターを着こなしたい街着に、ビジネスシーンにも選ばれます

ミドルレイヤーとしても使える『ガンマLTフーディージャケット』

pick up

ガンマLTフーディージャケット

ハードシェルアウターのインナーとしても、軽いアウターとしても使えるソフトシェルモデルです。

4方向に延びるストレッチ性のある素材に、耐摩耗性と通気性にも優れた着易さが魅力ですね。

軽いアクティビティから、本格的なトレッキングなどに、インナーとしてソフトシェルにも選ばれます

厳しい環境下に耐え得る本格派『アルファSVジャケット』

pick up

アルファSVジャケット

ハードな環境下にも耐え得る、本格的な高機能モデルです。

高山地帯の悪環境下に対応する『アルファ』モデルに、トップクラスの機能性を誇る『SV(シビア)』を製品名に持った、ハイスペックさが特徴です。

耐久性と透湿性に優れ、嵐のような悪環境にも耐え得る防水、防風性に身体を自由に動かし易い立体構造等様々な機能性に優れた高機能が魅力です。

街着や軽いアクティビティにはオーバースペックになるので、本格的な登山に活躍する一着として選ばれます

ARCTERYX(アークテリクス)バックも人気ビジネスにも使える名作定番おすすめモデル5選

シェルアウターのブランドとして認知度の高い『ARCTERYX(アークテリクス)』ですが、街着からビジネスまで使えるバッグの分野でも人気を博しています。

洗練されたシンプルなデザイン性に、抜群の機能性を搭載した使い易さが多くのファッショニスタにも愛用されています。

鉄板の定番シンボル『arro(アロー) バックパック』

pick up

arro(アロー)22 バックパック

ARCTERYX(アークテリクス)のバックと言えば、この形を思い浮かべる人が多い鉄板のバックパックモデルです。

本格的なアウトドアブランドでありながら、アウトドア由来の性能をライフスタイルに落とし込んだ名作ですね。

快適な背負い心地に、小分け収納が可能な収納力が魅力です。

外側に縦に開くポケットが特徴的ですね。

15インチのノートパソコンが収納できる、クッション付きのスリーブも搭載。

私服のカジュアルなスタイルから、スーツのビジネススタイルまで様々なシーンに選ばれます

高さ:55cm 幅:30cm 奥行25cm 容量:22L

arro(アロー)16 バックパック

arro(アロー)22バックパックの小型モデルですね。

機能はそのままに、全体的に小ぶりで使い易く改良されています。

13インチのノートパソコンが収納できる、クッション付きのスリーブも搭載。

高さ:48cm 幅:34cm 奥行20cm 容量:16L

収納力に優れた『Mantis(マンティス) バックパック』

pick up

Mantis(マンティス)26 バックパック

凡庸性が高く、あらゆるシーンに役立つバックパックのモデルですね。

アウトドア由来の耐久性と、快適な背負い心地に耐久撥水の生地と収納力の高いポケットの多さが魅力です。

メイン収納部へのモノの出し入れがしやすい、大きく開く開口部にPC収納スリーブが付いているのも嬉しいポイント。

私服のカジュアルなスタイルから、スーツのビジネススタイルまで様々なシーンに選ばれます

高さ:51cm 幅:29cm 奥行16cm 容量:26L

Mantis(マンティス)16 バックパック

Mantis(マンティス)26バックパックの小振りモデルが登場。

性能はそのままに、よりタウンユースで使い易いようにスケールダウンした使い易さが特徴ですね。

高さ:45cm 幅:28cm 奥行9cm 容量:16L

使い易い都会派『Granville(グランヴィル) バックパック』

pick up

Granville(グランヴィル)16 バックパック

アウトドアよりも、パソコンや生活に即したアイテムを持ち運ぶために作られた、街着に合うバックパックモデルです。

無駄な装飾のないシンプルさに、スリムな形が特徴ですね。

雨や雪から身を守る防水性能に、軽量で収納スペースが多いのが嬉しいポイントです。

15インチのパソコンが収納できるクッション付きのスペースに、充電器やケーブルを収納できるジッパーポケット等、街着で使い易い性能が採用されています。

私服のカジュアルなスタイルの少し上品なバックとしても、スーツのビジネススタイルまで様々なシーンに選ばれます

高さ:48cm 幅:28cm 奥行20cm 容量:16L

Granville(グランヴィル)20 バックパック

Granville(グランヴィル)16バックパックと同様に、街着向けに作られたバックパックモデルです。

同じ製品名を冠するも、他のモデルとは違い開口部がフラップ式で見た目の違いがあるモデルですね。

メッセンジャーバックとバックパックを融合させたようなデザインが特徴です。

15インチのパソコンが収納できるクッション付きのスペースに、充電器やケーブルを収納できるジッパーポケット等、街着で使い易い性能が採用されています。

フラップ部分にも収納スペースが採用されているので、より収納力に優れています。

高さ:52cm 幅:38cm 奥行18cm 容量:20L

シンプルで洗練された『Blade(ブレード) バックパック』

pick up

Blade(ブレード)20 バックパック

デジタルツールを持ち運ぶミニマリスト向けのバックパックモデルです。

貝殻のような見た目で、洗練された大人のスタイルにピッタリ合った上品さが特徴ですね。

貝殻ように大きく開くメイン収納部に、パソコンを収納できるクッションスペースに、充電器やケーブルを収納できるポケット等、収納力に富んでいます。

ノートパソコンを持ち運ぶ街着のスタイルから、スーツのビジネススタイルまで様々なシーンに選ばれます。

高さ:46cm 幅:33cm 奥行13cm 容量:20L

小物使いに丁度良い『Mantis(マンティス)1 ウエストパック』

pick up

Mantis(マンティス)1 ウエストパック

コンパクトで小物使いに丁度良いウエストパックモデルです。

腰に巻く小型バックとしても、斜め掛けするショルダーバックとしても使える使い易さが特徴ですね。

メイン収納部とフロント部分のサブ収納に加えて、メイン収納部には小分けポケットも付いている、コンパクトながらに収納力に富んでいます。

トレッキングのサブバックや、ランニング時の小物入れに、カジュアルなスタイルのスポーティのコンパクトバックとしても選ばれます。

高さ:16cm 幅:22cm 奥行6cm 容量:1.5L

まとめ:人気の理由は街着に馴染む洗練された機能美を誇る評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 革新的なデザインカンパニー』⇒200人以上いるデザインセンターで、第三者に依存しないモノづくりによって生み出される、まだ世界に存在しない新製品を作り出す、デザインとクオリティを追求する評判のブランド。
  • 悪環境でも使える究極のアパレル』⇒本格的な登山や悪天候などの極限の条件下でも身を守れるように作られ、試作品を開発されるとすぐに実践的に山でテストし、試行錯誤されながら開発された性能の高さが魅力。
  • こだわりのクラフトマンシップ』⇒ハイテク素材の裁断からプレスに縫製など、繊細な技術を伴う製品は、全て機械ではなく人の手で作られた職人によって生み出されるこだわりの逸品。
  • 徹底された品質管理』⇒自社工場で作られる製品は全体の10%程度でありながら、世界各国にある生産工場と共有したレシピによって生み出される、熟練の職人の技術によって守られる品質の高さが圧巻。
  • 洗練されたデザイン性』⇒過酷な環境で使われるウェアだからこそ、素材開発から裁断、縫製、圧着までこだわって生み出されるアウトドアブランドでありながら、無駄のないシンプルで使い勝手の良いデザイン性が大人の街着にあう洗練されたデザインが魅力。
  • 選べる機能性能』⇒過酷な条件下で性能を発揮するアウトドアブランドでありながら、街着で着るオーバースペックではない選べる商品展開がファッションとしても注目される逸品。
  • 大手セレクトショップの取り扱いと別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

ARCTERYX SHELLOUTER

洗練されたな高機能ウェア

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

機能性

9

お洒落度

8

認知度

8

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用品 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『ARCTERYX(アークテリクス)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド128選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 折角服を買うのであれば人気のブランドが欲しくな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介