人気の名作定番紹介

ダサいを解消。『Aer(エアー)』ビジネスシーンとジムを繋ぐ大人の評判バッグ

2021年12月4日

Aer(エアー)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

Aer(エアー)ってよく聞くけど、おしゃれなの?ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはAer(エアー)はそんなファッションの中でも多くの人に愛される人気のブランドです

ポイント

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか。

ダサいとおしゃれの両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

実は『トレンド』や『おしゃれ』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のおしゃれな人』には『皆が着ているおしゃれではない服』という認識を生み出すことに起因しています。

『一部のおしゃれな人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね

つまり、Aer(エアー)を身に着けることであなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事ですね。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

大人になると運動不足になる人が多いのではないでしょうか。

運動不足は健康によくない事は誰しもがわかっていますよね。

ジムに通って運動をしようかな…と一度は考えた事があるのではないでしょうか。

ポイント

仕事帰りにちょっとジムによって一汗かいて家に帰る。

そんな日常は健康的で人生を満喫している気分になります。

その上、たるんだ身体よりも引き締まった身体の方がそれだけでおしゃれに見えますよね。

しかし、仕事に出かけるのにジム用の着替えやシューズを持ち運ぶのが手間だなと考える人は多いでしょう

でも一度家に帰るのも面倒くさい…。

そんな人に重宝するのが『Aer(エアー)』のおすすめオフィスとジムを行き来できるスーツに馴染んで収納力もあるバッグです

例え、スーツではなくてもビジネスカジュアルスタイルやフリーランス、デザイナーの人にも嬉しいガジェット収納にも秀でたおしゃれなデザインが魅力的です。

都市におけるジムとオフィス向けバッグを1つにしたデザインのクラウドファンディングによって生み出された新進気鋭のブランドです。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • Aer(エアー)っておしゃれなの?ダサいの?
  • スーツでも私服でも使えるおしゃれなPCを持つバッグが欲しい
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

なぜ人気?多くの人に愛される『Aer(エアー)』人気の理由8選

ポイント

  • ガジェット×バッグブランドの元デザイナーが作り上げたブランド』⇒Apple公認の評判のバッグブランドの元デザイナーがジムとオフィス向けのバッグとして生み出した都会に合う使い勝手の良さが秀逸。
  • ガジェットに対応する卓越した収納力』⇒PCだけでなくコードや周辺機器も効率よく持ち運べる最低限にしてコンパクトにまとめる収納力の高さが魅力。
  • ビジネスからジムへと繋げる収納力』⇒ガジェットやオフィス用のアイテムとジム用のアイテムを一つの鞄の中で収納部が分断されていて使い分ける事が出来る実用性が嬉しいポイント。
  • スーツにもハマる洗練されたデザイン性』⇒オフィスとジムを行き来するスーツから大人の私服でも上品に決まるシンプルで洗練されたデザインが人気の理由。
  • 耐久性の高いこだわりの素材』⇒メインとなる生地から補強のための使われる生地の端に縫製されるパイピングまで耐久性にこだわり選び抜かれた素材は長く使える愛用品。
  • 用途に合わせて選べるシリーズ』⇒オフィスとジムを行き来するバッグだけではなくガジェット(電気機器)に特化したオフィス用や手軽に使える街着から旅行まで幅広く用途に合わせて選べる大人の日常を飾る商品展開が魅力。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Aer(エアー)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Aer BAG

通勤とジムの併用バッグ

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

収納

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Aer(エアー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Aer

2014年アメリカカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアでガジェット×バッグを掲げて作られたApple公認ブランドの元デザイナーによって誕生。

都市におけるジムとオフィス向けバッグを一つの現代的なデザインにするというコンセプトの元で作られるデザイン性が特徴。

インターネットで想いに共感した人々から資金を募るプロジェクトであるクラウドファンディングによって実現した。

2016年には日本に上陸を果たしセレクトショップや百貨店での取扱いもあり認知度が広がる。

Simplicity(シンプル)、Utility(実用性)、Durability(耐久性)を遺伝子に都市のニーズを満たす機能と洗練されたデザインをもつミニマリストバッグを目指している。

百貨店や大手セレクトショップでも取り扱いがある注目度の高い新進気鋭のブランドですね。

つまり、ガジェットを持ち運ぶビジネスに使いながらもそのままジム通いも出来るハイブリットなバッグという事ですね

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://aersf.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

ガジェット×バッグブランドの元デザイナーが作り上げたブランド

バッグだけではなくアイテムを選ぶ時はただ使い勝手やデザインだけではありませんよね。

本当にお洒落で評判の良いブランドなのか気になる人は多いでしょう。

ポイント

『Aer(エアー)』はガジェット(電気機器)×バッグブランドの先駆者であるバッグブランドの元デザイナーを務めていた人によって生み出されたブランドです

Apple公認のバッグブランドのデザイナーを務めていた人が作り上げる実用性を踏まえた機能美で生み出されるバッグは信頼に値しますよね

ガジェットに対応する卓越した収納力

バッグを選ぶ際、PCの持ち運びを念頭に置く人も多いですよね。

PCにタブレットなどの本体は勿論コードや周辺機器などの収納は重要な判断基準になります。

ポイント

『Aer(エアー)』のバッグはガジェット(電子機器)の収納に特化した作りになっています

バッグの中でごちゃごちゃと物が移動する事を避ける小分けにされたポケットがスムーズな物の出し入れを可能にしています。

電車やカフェでの使用や取引先や上司の前でもあたふたせずにスムーズに取り出す事が出来る収納力の高さが人気の理由ですね

ビジネスからジムへと繋げる収納力

近年の健康志向の上昇によりジムやランニング、散歩等で軽く運動をする人も増えましたよね。

わざわざ家に帰って支度をしてまたジムに行くのは面倒に感じる人も多いでしょう。

出来れば仕事着のままでジムに行けたらな…と思いますよね。

しかし、バッグを2つ持って通勤するのは面倒だし何しろスーツに不慣れなスポーツバッグを持ち運ぶわけにはいかない…と考える人もいますよね。

ポイント

『Aer(エアー)』のバッグはジムバッグとオフィス向けのバッグを一つにつなぐ構造が特徴的です。

メインのオフィス用の収納部とは別に分けられた収納部に着替えやシューズも収納できる機能が魅力です

プライベートと仕事を混同せずに収納できる使い勝手が嬉しいポイントですね

スーツにもハマる洗練されたデザイン性

ビジネスシーンとジムの行き来をするバッグだからこそバッグを選ぶ上でデザイン性は大きな要因になりますよね。

スポーティすぎるとスーツに合わないけど休みの日のジムバッグにも使いたいという人は多いでしょう。

ポイント

外見の大きなポケットを排除し洗練されたデザイン性はスーツスタイルだけなく普段使いでも使える上品な大人の男性を演出してくれます

シックなモノトーンに統一されながらもモデル毎に違う素材感も選ぶ楽しみも与えてくれます。

スーツは勿論私服でもPC作業を有する人の多い現代においてどんなスタイルにも馴染み易いシックで上品に決まる使い勝手の良さも人気のポイントです

耐久性の高いこだわりの素材

ファッションアイテムによって重要なのは素材感です。

安っぽく見える素材は子供っぽく見えいる為大人の男性には違和感を生み出してしまいます。

その上、気に入ったモノであれば長く使いたいと思いますよね。

メインとなる生地から補強のための使われる生地の端に縫製されるパイピングまで耐久性にこだわり選び抜かれた上質の素材は長く使える愛用品です

用途に合わせて選べるシリーズ

ジムで使えるのはわかったけどジムに通わない人には関係のないブランドなんですねと思う人もいますよね。

ポイント

『Aer(エアー)』が目指すのは都市のニーズを満たす機能に洗練されたデザインでバッグを作り上げる事です。

つまり、オフィスとジムを行き来するだけに作られたブランドではありません。

オフィス中心のガジェット(電気機器)に特化したビジネスバッグやビジネスマンのプライベートを支える手軽なバッグに旅行にも使える容量の多いバッグまで幅広く網羅しています。

大人の様々な日常を飾る選べるシリーズ展開が魅力ですね

大手セレクトショップの取り扱い

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップや百貨店等取扱いの多い注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Aer(エアー)』日常を飾るこだわりの評判の名作定番おすすめ9選

シンプルで洗練されたデザインとして多くの人々に愛されるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

決して極端に安いわけではないですが全く手が出ない程の価格ではない上に普遍的で長く使える年月を考えるとコスパ抜群のアイテムですね

通勤とジムを兼用する『Active Collection』

アクティブで健康志向なジム通いビジネスマンの為にデザインされたコレクションです。

ジムとオフィスを行き来する人から通学、在宅ワークの人にも使える洗練されたデザインのハイブリット型のバッグですね

『Duffel Pack 3』

pick up

Duffel Pack 3

ジムとオフィスを行き来する大容量のバックパックです

シンプルで洗練されたデザインが上品な大人の男性を演出します。

象徴ともされるフロントの縦長ZIP内の収納部には着替えやタオルを入れる事が出来ます。

バッグの底にはメイン収納部とは分けられた通気性の良いシューズ収納部が備え付けられています。

メイン収納部にはPC収納部やガジェット(電気機器)の小分け収納も設置されておりまさしくジムとオフィスを行き来するバッグですね

高さ:52cm 幅:30cm 奥行:20cm 容量:21.4L

『Fit Pack 3』

pick up

Fit Pack 3

上記『Duffel Pack 3』の機能はそのままに小型にしたバージョンのモデルですね

着替えを入れる縦型の収納部と底の通気性の良いシューズ収納を持ったスタイリッシュな形です。

PC収納部やガジェット(電子機器)の小分け収納もしっかりと継承された小型モデルです。

荷物が少なめのスタイリッシュなスタイル好きの人に選ばれます

高さ:44cm 幅:32cm 奥行:20cm 容量:18.7L

『Gym Tote』

pick up

Gym Tote

オフィスカジュアルな職場や在宅ワーカーにも嬉しい大容量トートバッグモデルです

象徴ともされるフロントの縦長ZIPが特徴的です。

バッグの底にはメイン収納部とは分けられた通気性の良いシューズ収納部が備え付けられています。

メイン収納部にはPC収納と着替えを入れる容量があり内側のボトルホルダーに上部はZIPで締める事が出来る収納力を持っています。

スーツで決めるビジネスマンというよりも少しラフなオフィスカジュアルや通学に使い易い手軽なモデルですね

高さ:39cm 幅:36cm 奥行:15cm 容量:19.4L

デジタル機器を使うビジネスシーンでスマートに決まる『Work Collection』

デジタル機器を使うビジネスシーンにおける日々の必需品をスタイリッシュに収納可能なコレクションです。

オフィスワーカーから様々な現場で仕事を行う人のバッグですね

『Day Pack』

pick up

Day Pack

一日分の容量のデジタル機器の収納に特化したバックパックですね

耐摩耗性に強く自立するように作られた構造が長く使える愛用品です。

背中側と外側に分けられた二層式の収納構造が特徴的です。

背中側にはPCや書類等がしっかり収納できる容量に外側にはガジェット(電子機器)や筆記用具に手帳等の細かい小分け収納が可能です。

デジタル機器に特化した様々なワーカーに選ばれる鉄板の逸品ですね

高さ:43cm 幅:30.5cm 奥行:14cm 容量:14.8L

『Commuter Brief 2』

pick up

Commuter Brief 2

バックパックが苦手なワーカーにも嬉しい手持ちも可能な2Wayショルダータイプのブリーフケースです

耐摩耗性に強く自立するように作られた構造が長く使える愛用品です。

身体側と外側に分けられた二層式の収納構造が特徴的です。

身体側にはPCや書類等がしっかり収納できる容量に外側にはガジェット(電子機器)や筆記用具に手帳等の細かい小分け収納が可能です。

横型のブリーフケースを愛用するデジタル機器に特化した様々なワーカーに選ばれる鉄板の逸品ですね

高さ:42cm 幅:28cm 奥行:13cm 容量:13L

街着でもコンパクトで上品に決まる『City Collection』

街着で使える日常のお洒落を楽しむ事が出来るコレクションです。

キレイ目スタイルからカジュアルスタイルの上品な大人を演出するバッグとしても使える手軽さが魅力ですね

『City Pack』

pick up

City Pack

街着として手軽に使える容量のバックパックです

耐久性の高く艶のあるバリスティックナイロンが大人の上品スタイルを演出してくれる愛用品です。

コンパクトで手軽な作りながらにメイン収納部にはPC収納と雑誌や書類がしっかり入る容量が嬉しいポイントです。

外側の収納部にもガジェット(電子機器)やちょっとした書類等が小分け収納できる使い易いモデルですね。

通学や街着スタイルから荷物の少ないビジネスマンにも使えるコンパクトでも洗練されたシンプルな見た目が魅力です

高さ:46cm 幅:30cm 奥行:12.5cm 容量:14L

『City Sling 2』

pick up

City Sling 2

街着で手軽に使える斜め掛けのコンパクトなショルダーバッグです

財布にハンカチやスマホにキーケース等膨らむとダサくなるボトムスのポケット収納を回避するスタイリッシュな逸品です。

カジュアルに見えがちなショルダー型のポーチでも洗練されたデザインと上質な素材が大人の上品さを演出します

スマートな旅を実現する大人の上品な『Travel Collection』

旅行や出張の多いデジタル機器を使うビジネスシーンにおける日々の必需品をスタイリッシュに収納可能なコレクションです。

オフィスワーカーから様々な現場で仕事を行う人のバッグですね

『Travel Pack』

pick up

Travel Pack

出張などのビジネスシーンをサポートする機内持ち込み可能なトラベルバックです

メイン収納部にはたっぷりと着替えも入る容量にフルオープン出来る旅行バッグ仕様が嬉しいポイントですね。

背中側にはアクセスし易いPC収納に外側にはガジェット(電子機器)の小分け収納や書類等も入れる事が出来る収納力の高さが魅力です。

履き替え様の通気性の良い別分けされたシューズ収納部にキャリーバックにも装着できるバックパネル付きです。

旅行や出張など大容量の荷物を持って出かけるビジネスマンに選ばれるバッグですね

高さ:55cm 幅:34cm 奥行:22cm 容量:33L

『Flight Pack 2』

pick up

Flight Pack 2

持つ、背負う、掛けるの3種類の持ち方が可能な3wayバッグです

メイン収納部にはPC収納と雑誌や書類がしっかり入る容量が嬉しいポイントです。

外側の収納部にもガジェット(電子機器)やちょっとした書類等が小分け収納できる使い易いモデルですね。

キャリーバッグに装着できるバックパネル付きで出張のお供として心強いバッグです

高さ:46cm 幅:30.5cm 奥行:13cm 容量:19L

まとめ:人気の理由は機能的で大人の日常を飾る洗練された評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • ガジェット×バッグブランドの元デザイナーが作り上げたブランド』⇒Apple公認の評判のバッグブランドの元デザイナーがジムとオフィス向けのバッグとして生み出した都会に合う使い勝手の良さが秀逸。
  • ガジェットに対応する卓越した収納力』⇒PCだけでなくコードや周辺機器も効率よく持ち運べる最低限にしてコンパクトにまとめる収納力の高さが魅力。
  • ビジネスからジムへと繋げる収納力』⇒ガジェットやオフィス用のアイテムとジム用のアイテムを一つの鞄の中で収納部が分断されていて使い分ける事が出来る実用性が嬉しいポイント。
  • スーツにもハマる洗練されたデザイン性』⇒オフィスとジムを行き来するスーツから大人の私服でも上品に決まるシンプルで洗練されたデザインが人気の理由。
  • 耐久性の高いこだわりの素材』⇒メインとなる生地から補強のための使われる生地の端に縫製されるパイピングまで耐久性にこだわり選び抜かれた素材は長く使える愛用品。
  • 用途に合わせて選べるシリーズ』⇒オフィスとジムを行き来するバッグだけではなくガジェット(電気機器)に特化したオフィス用や手軽に使える街着から旅行まで幅広く用途に合わせて選べる大人の日常を飾る商品展開が魅力。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Aer BAG

通勤とジムの併用バッグ

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

収納

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用品 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Aer(エアー)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド122選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 折角服を買うのであれば人気のブランドが欲しくな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介