人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【ディッキーズ】評判調査。歴史に紐づく耐久性を誇るワークパンツ

本サイトのリンクには広告が含まれています

Dickies(ディッキーズ)はおしゃれ?ダサい?イメージは?評判は?

Dickies(ディッキーズ)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1990年代のストリートカルチャーのトレンドで、丈夫でいて手軽な価格で手に入るワークパンツである『874』が、スケーターに注目されファッションブランドとして人気が拡大しました。

近年の90年代リバイバルによるストリートのトレンドで人気が再燃し、90年代を知らない若い世代から、90年代を懐かしむ30代、40代まで幅広い年代の人に注目されています。

それ故、いつまで人気が続くのかな…。今年着ていたら時代遅れかな…。と不安を覚える人はいます。

しかし、Dickies(ディッキーズ)は、決して一過性のトレンドに左右されるだけのファッションブランドではなく、アメリカのワークウェアを代表する注目され続けるべき老舗のワークブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いDickies(ディッキーズ)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

『Dickies(ディッキーズ)』は幅広い年齢層に選ばれるストリートシーンと親和性の高い老舗のワークブランド

Dickies(ディッキーズ)と聞くとデカデカとロゴの入ったTシャツや帽子にバッグ等様々なアイテムを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

確かに、デカデカとロゴの入ったTシャツや帽子にバッグ等は少し子供っぽく感じます。

ストリートファッションとの結びつきの強いDickies(ディッキーズ)は、実際にストリートに寄ったカジュアルなデザインの服も多くあります

その為、ストリートやスポーツミックスのスタイルの若年層の人が着ている事も多いブランドになります。

ポイント

しかし、Dickies(ディッキーズ)は元をたどれば歴史のあるワークウェアを主体としたブランドです

特に、定番の『874』のシリーズは、若い人に限らず幅広い年齢のおしゃれなファッショニスタにも愛用される不屈の名作です。

つまり、Dickies(ディッキーズ)は、決して若年層向けのブランドではなく、幅広い年齢の人に愛される老舗のワークウェアブランドという事です。

プライベートで少し上品でキレイ目の格好をしたいと思うとチノパンやトラウザー等を選ぶ機会は多いでしょう。

特に、オフィスカジュアルやゴルフに参観日や奥様との両親との会食等、様々なシーンでジーンズやスウェットパンツのようなカジュアルすぎるボトムスを避けるべき時もありますよね。

タウンユースにも少し畏まったカジュアルウェアにも使える上品なチノパンは使い勝手が良いですよね

そんな人に重宝するのがおすすめ『Dickies(ディッキーズ)』の定番ワークパンツです

ワークウェアとして生まれ米国陸軍の制服にも採用された歴史のあるブランドが手掛ける、『874』は艶感と程よいハリ感が上品にも見せるファッション初級者から上級者まで長く愛される名作になっています。

こんな人におすすめ

  • Dickies(ディッキーズ)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 大人が着る上品なチノパンが知りたい
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Dickies(ディッキーズ)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Dickies(ディッキーズ)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『丈夫で長年愛用してる』
  • 『買い替えてもやっぱりDickies(ディッキーズ)』
  • 『履き込むと良い感じにくたっとして履き易い』
  • 『やっぱりDickies(ディッキーズ)は無難で使い易い』

悪い口コミ

  • 『履き始めが堅くて履きづらい』
  • 『ハーフパンツがダサい』
  • 『キャップがダサい』

続けて、詳しく解説していきます。

耐久性や履き込みに関しての口コミ

特に、Dickies(ディッキーズ)の代表モデルである『874』の声が多く、耐久性の高さや履き込みに関しての口コミが多いですね。

丈夫で手軽なワークウェアと言う評判通りに、実際に耐久性が高く履き込める愛用品です

新品の状態では、堅くてハリのある生地感が特徴で履き心地を悪く感じるのは事実です。

しかし、洗濯や履き込んでいく内に柔らかく身体に馴染んでいくので良い感じにやれ感が出てきます。

履きこむ内に色が落ちてくすんでくるのも、経年変化として捉えるアメカジ好きにはたまらない人気の理由ですね。

耐久性が高いので破れるよりも先に色がくすんできます。

毛羽立ちや色のくすみが限界だと感じると、ようやく買い換えになるのですが、結局はDickies(ディッキーズ)の『874』に買い替えたという声も多いですね。

コーディネートに使い易いという口コミ

シンプルで無難なデザイン故に、何にでも合わせやすい汎用性の良いアイテムという口コミも多いですね。

こちらも『874』に関する声ですが、フロントのスラッシュポケット(縦型ポケット)にバックの内張りのポケットに、センタ―プレス(前見ごろと後ろ身ごろの縦のライン)が特徴で見た目にシンプルなデザインは、どんなスタイルにも合わせられる汎用性の高いアイテムです。

ワーク由来のスケーターに愛されるカジュアルなアイテムかと思いきや、艶感があり上記のスラックスにも共通する特徴は上品で大人な印象を併せ持っています。

故に、ストリートスタイルからワークにアメカジ、シャツ合わせのキレイ目スタイルののチノパンとしても重宝する名作になっています

近年では、女性を中心にボトムスの帯の部分を折返してデザインパンツとして履くというトレンドも現れたのも驚きです。

あらゆるコーディネートに使える汎用性の高さは、長年多くの人に愛され続ける理由ですね。

アイテムによってはダサいとされる口コミ

特に、ライブショーツとして定着しているハーフパンツがダサいと評価する人も多いですね。

ライブ会場やフェスに参加するファッションアイテムとして、Dickies(ディッキーズ)のハーフパンツを履くという風潮が良くも悪くも定着しました。

素行の悪い人が履いているパンツとして認識する人がいる上に、フェスやライブで使われるようなカラフルさに、裾幅が大きくダボっとしたシルエットが相まってダサいと評価する人がいます。

しかし、近年のオーバーサイズのトレンドでDickies(ディッキーズ)ライブショーツが再び注目されたのも事実です。

丈長で裾幅が大きい特徴的なシルエットが、しばらく続いた膝上のすっきりとしたショーツのトレンドから外れるように、おしゃれなファッショニスタに注目されました。

ライブショーツに関しては、おしゃれと見る人がいる反面、ダサいと評価する人も多い、少し難しいアイテムであることは間違いありません

それに加えて、Dickies(ディッキーズ)のロゴがプリントされた帽子やTシャツ等は、ダサいと評価する人も多いです。

少し子供っぽく安っぽいイメージも定着してしまっているので、大人の男性には少し使いづらさはあります。

それこそストリートでカジュアルなスタイルの若い女の子が着ているとおしゃれで可愛く見えるのですが、中々難しいですね。

定番のワークパンツである『874』は間違いのない名作だけど、その他のアイテムには賛否が分かれる事を念頭に追いて検討したいですね

なぜ人気?多くの人に愛される『Dickies(ディッキーズ)』ワークパンツ人気の理由8選

ポイント

  • 『米国陸軍の制服にも選ばれた歴史のあるブランド』⇒第一次世界大戦期にはその確かなモノづくりが認められ政府公認の米国陸軍の制服にも選ばれた信頼の歴史を持つ。
  • 長く愛用される抜群の耐久性』⇒コットン35%とポリエステル65%で織られたツイル生地はワークウェア生まれだからこそ生み出されたタフな耐久性を誇る。
  • 長く愛用される経年変化』⇒最初は糊付けされている為硬めでガシッとしているが使っている内に柔らかく履き心地が良くなる。長年愛用の毛羽立ちや色落ちも楽しめるタフさが魅力。
  • 上品さを作る消えにくいセンタ―プレス』⇒センタークリースとも言われるボトムスの中央に施された縦の折り目はスラックス等にある上品な見た目を作り出す。特殊な加工が施されて消えにくいと定評有。
  • 雨や汚れに強いスコッチガード』⇒雨や汚れから衣類を守る加工が施されている為雨や悪環境にも耐えうるタフさを持つ。
  • 抜群のコスパ』⇒長年愛用できるタフさに加え価格設定は驚きのリーズナブル。ファンになれば色違いや買い替えで何本も所有する人も多い逸品。
  • 大手セレクトショップやとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップやとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Dickies(ディッキーズ)』のワークパンツを身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Dickies WORK PANTS

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

丈夫さ

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Dickies(ディッキーズ)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Dickies

1922年、アメリカのテキサス州でC.NウィリアムソンとE.Eディッキーにより創業したワークウェアブランド。

国中がアメリカンドリームに沸く中全米各地の農夫や鉱夫等の『働く現場』を回り、仕事の必要性に応じた特性を調査し、ニーズに応えるべく製品を開発する。

ワークウェアとして実際のニーズを捉えた製品は、アメリカ全土に広がって行った。

1941年、第一次世界大戦期になるとその確かなモノづくりが認められ、アメリカ陸軍の制服として900万枚以上生産した。

1950年、第二次世界大戦が終わると再び作業着の需要が復活し、石油労働者向けのワークパンツが大ヒットする。

この頃から『Men of Production(物づくりに関わる男たち)』というスローガンを基に、どんな職業、どんな体型の人でもフィットするワークウェアとして広告が作られ深く浸透していった。

1970年~1980年になると、アメリカで自由で開放的な空気が流れ始めるとワークウェアだけではなくファッションアイテムとして広く広がって行った。

90年代になると価格が安く丈夫で耐久性が高い事から『874』というワークパンツがスケーターに広く広まった為、ストリート感の強いブランドとして認知されがちですが、実は歴史のあるワークウェアブランドという事ですね

スケーターだけではなく、ロックバンド等のアーティストにも広がりを見せた、ファッションとは切り離せないワークパンツがDickies(ディッキーズ)の代名詞です。

つまり多くのファッショニスタにも長く愛される定番名作を作り出した老舗ブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

http://dickies.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

米国陸軍の制服にも選ばれた歴史のあるブランド

有名な老舗ブランド程、ファッションに紐づく歴史的な背景を持っていることが多いです。

特に、ミリタリーやワークのファッションブランドは、過去に軍や公共の作業着として採用される程の品質の高さが証明されています。

ポイント

Dickies(ディッキーズ)も、かつてはその確かなモノづくりから政府公認の米国陸軍の制服として900万着以上の生産をした歴史を持っています

つまり、歴史的にも認められた老舗ブランドである事は、非常に価値の高いこだわりの逸品というわけですね

長く愛用される抜群の耐久性

ワークウェアは基本的に悪環境で使われる事が多いですよね。

ポイント

今やファッションアイテムと捉えられているDickies(ディッキーズ)も、元はワークウェアとして全米で愛されたブランドです

ただのファッションアイテムというわけではなく、堅実でそのタフな耐久性は多くの人に愛される人気の理由の1つですね

35%のコットンに加え65%のポリエステルで織り込まれた生地は、長く使っていても破れにくいタフさを生み出しています。

長く愛用される経年変化

タフさと共にDickies(ディッキーズ)好きを魅了するのが経年変化です。

耐久性が高いが故に生み出される独特の経年変化は、自分ならではの一本を生み出します

ポイント

最初は糊付けされている為、硬く感じられる生地も使っていく内にクタッと馴染んできます。

アタリと言われる、手や物が擦れる事で起こる摩擦による色落ちや全体の色の変化に自分に馴染む様子は、ジーンズにも似た愛着の湧く逸品ですね

上品さを作る消えにくいセンタ―プレス

センタークリースとも呼ばれるスーツやスラックスによくある縦に入った折り目は、ボトムスのシルエットをキレイに保つために施されています。

縦に入ったラインは足長効果と共に美脚効果も生み出す上品な印象を与えます

スーツやフォーマルなボトムスと違い、カジュアルパンツに施されたセンタープレスはすぐにとれるものが多いですよね。

ポイント

しかし、Dickies(ディッキーズ)のセンタ―プレスは長く残り消えにくいのが特徴です

流石に、度重なる洗濯や履きつぶしたボトムスには残りませんが、普通に使用している程度では、比較的長く上品な印象を維持できるのが魅力ですね。

雨や汚れに強いスコッチガード

雨の日に起こる泥はねや悪路での汚れなどはストレスですよね。

Dickies(ディッキーズ)は、雨や汚れに強い『スコッチガード』の加工が施されているため、普通の衣類よりは汚れにくくなっているのが嬉しいポイントです

間違っても防水ではないけども、汚れにくさは魅力的ですね。

抜群のコスパ

悪かろう安かろうでは意味がありませんよね。

安くて質の悪い服はあちらこちらで見受けられます。

気に入った服は長く着たいと誰もが思う事です。

その上、安く買えると尚嬉しいですよね。

ただ安い量産品ではなく、タフで長く使える低価格な製品が人気の理由です

数多くのセレクトショップに別注される注目度

大手の有名セレクトショップを始め地域密着のセレクトショップ等数多くの店舗での取り扱いされるているのは人気の証明ですよね。

その上、毎年のように各セレクトショップで別注を企画販売されるような信頼の高さと話題性にも事欠かないブランドです

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Dickies(ディッキーズ)』のワークパンツ評判の名作定番おすすめ4選

タフさに定評があり、スタイリッシュでシンプルだからこそ定番ともいえるような名作が誕生しています。

シンプルで馴染み易く日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

特に、耐久性の高い素材で経年変化を楽しむ事が出来る長年愛用の1点です。

カラー展開の多さと価格のリーズナブルさから複数本買いも多い人気の名作です。

リラックス感のある定番ストレート『874』

pick up

874

Dickies(ディッキーズ)の代名詞とも呼ばれる定番の逸品です

この1967年に作られた『874』を元に、シリーズとして派生型が出来上がっています。

ゆったり履けるストレートシルエットが、ワークパンツの無骨さを作り出しています

裾のダボ付きが野暮ったい印象になるのが気になる人は、ロールアップやアンクルの丈感でくるぶしを出す事で上品な印象を生み出します。

耐久性が高く経年変化を楽しむ長年愛用の逸品ですね。

すっきりスリムに履けるテーパード『WD874』

pick up

WD874

定番の代名詞モデルである『874』を、日本人の身体に合うように改良されたモデルですね

股上を少し浅くし、裾に向けて少し細くしたテーパードシルエットは、どんな人にも馴染む上品な印象を与える逸品ですね。

センタ―プレスや汚れ防止のスコッチガード等の874の特徴をそのまま継承した、すっきりシルエットが大人の男性が気にせず履ける一本ですね

柔らかくて履き易い『874フレックス』

ポイント

874F

定番の代名詞モデル『874』を改良して伸縮性を持たせたモデルですね

『874』に比べて、少し薄めの生地にウォッシュ加工で仕上げた柔らかく伸縮性のある履き心地が特徴的です。

センタ―プレスや汚れ防止の『スコッチガード』等の874の特徴をそのまま継承した楽に履ける一本ですね

裾のダボ付きが野暮ったい印象が気になる人は、ロールアップやアンクルの丈感でくるぶしを出す事で上品な印象を生み出します。

独特なシルエットがクセになるハーフパンツ『42283』

pick up

42283

ライブやフェスなどで履くライブパンツとしても知られる定番ハーフパンツモデルですね。

膝下の丈長に広い裾幅なデザインが特徴的です。

オーバーサイズのトレンドで、近年再注目されたモデルでもありますが、賛否が分かれる定番アイテムです。

ライブやフェスには必ずDickies(ディッキーズ)のこのモデルと言う人が多い程に定着しているモデルでもあります。

しかし、その独特なシルエットやカラーリングにはダサいという人もチラホラ。

時と場合、その人のファッションレベルにも左右されますが間違いのない名作ですね。

ライブやフェス用のハーフパンツとして、又は丈長ワイドのハーフパンツを探している人に選ばれます

まとめ:人気の理由は上品に大人の日常を飾る長く使える評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 『米国陸軍の制服にも選ばれた歴史のあるブランド』⇒第一次世界大戦期にはその確かなモノづくりが認められ政府公認の米国陸軍の制服にも選ばれた信頼の歴史を持つ。
  • 長く愛用される抜群の耐久性』⇒コットン35%とポリエステル65%で織られたツイル生地はワークウェア生まれだからこそ生み出されたタフな耐久性を誇る。
  • 長く愛用される経年変化』⇒最初は糊付けされている為硬めでガシッとしているが使っている内に柔らかく履き心地が良くなる。長年愛用の毛羽立ちや色落ちも楽しめるタフさが魅力。
  • 上品さを作る消えにくいセンタ―プレス』⇒センタークリースとも言われるボトムスの中央に施された縦の折り目はスラックス等にある上品な見た目を作り出す。特殊な加工が施されて消えにくいと定評有。
  • 雨や汚れに強いスコッチガード』⇒雨や汚れから衣類を守る加工が施されている為雨や悪環境にも耐えうるタフさを持つ。
  • 抜群のコスパ』⇒長年愛用できるタフさに加え価格設定は驚きのリーズナブル。ファンになれば色違いや買い替えで何本も所有する人も多い逸品。
  • 大手セレクトショップやとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップやとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Dickies(ディッキーズ)』のワークパンツを身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Dickies WORK PANTS

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

丈夫さ

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Dickies(ディッキーズ)』ワークパンツの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介