人気の名作レビュー

ダサいメンズを解消。名作大人の機能アウター『ノースフェイス』ドットショットJKT

2020年10月22日

ノースフェイスはお洒落?ダサい?

ノースフェイスってよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダサくないの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはノースフェイスはそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のブランドです

私自身も強く推すことが出来るブランドの1つです。

ダサいとお洒落の両方の意見が出るブランドの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が着ていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

子供と公園に行く時やキャンプ等で少しアクティブなシーンにも使えてタウンユースにも使えるアウターってないかな…と思う人は多いのではないでしょうか?

動きにくいコートやジャケットで行くわけにもいかないし、それだけの為のアウターを買うのももったいない…

そんな時に役に立つのが『THE NORTH FACE(ザノースフェイス)』の名作『ドットショットジャケット』です。

一般的な呼び方で分類するとシェルパーカーです。

シェルパーカーとはアウトドアブランドならではの機能性や加工を駆使した薄手のアウターです。

アウトドアって登山とか行かないよ?

という人も多いでしょう。

自分自身も登山等のアウトドアをほとんど行きません。

年に1回か2回バーベキューに行くくらいです。

でも、秋に行くバーベキューやランニング等少しアクティブな行動をする時に重宝しています。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

たくさんのお客様を接客しコーディネートもさせていただく中で培った『役立つアイテム』の知識を持っています。

自分自身も勿論『服』が好きで色々な服を着て見て触って体感してきました。

そんな『ヒトトキ』が『永く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • タウンユースで使える大人の機能アウターが欲しい人
  • 秋から冬さらには春まで使えるアウターが欲しい人
  • ダウンやコート等厚手のアウターが苦手な人
  • カジュアルに大人の上品な格好を楽しみたい人
  • キャンプやアウトドアが好きな人
  • ユニクロはちょっと…という人

『ドットショットジャケット』があればこれらの悩みは解消できます。

『ノースフェイス』ドットショットジャケットはあなたをお洒落に見せるアイテム

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではなく『ノースフェイス』ドットショットジャケットは間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるアイテムです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『ノースフェイス』ドットショットジャケットを身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を着ているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう。

タウンユースでも活躍

アウトドアブランドといってもアクティブな場面からタウンユースでも大人っぽく着ることができる優れたアウターです。

雨や雪から守る防水性が高く大人が着れる機能性の高いアウターをお探しの方も多いのではないでしょうか?

そんな人にも機能性の高く大人が着れる上品なアイテムがシェルパーカーです。

薄手のアウターですが雨風はしっかり防いでくれるので春、秋は勿論インナーを着こめば冬まで使える万能アイテムです。

ダウンやコート等冬特有の厚着が苦手な人にもおすすめです。

今回はそんなシェルパーカーを取り扱う『THE NORTH FACE(ザノースフェイス)』の名作『ドットショットジャケット』をご紹介します。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

https://www.goldwin.co.jp/tnf/

一度サイトをご覧になると具体的なイメージを抱けるかもしれませんね。

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

【メンズファッション】『ノースフェイス』ドットショットジャケットの魅力

ポイント

  • ハイベントD2.5層の防水透湿性素材』⇒柔らかく軽量で水の侵入は勿論風も防いでくれる。冷気は遮断してくれる高機能。
  • シームシーリング加工による防水』⇒裏面の縫い目からの浸水が無いように加工を施される防水機能。
  • フロントダブルフラッグ仕様』⇒フロントのZIPを覆う生地が左右で重ねることが出来る防水防風仕様。
  • 厚手のミドルレイヤーと合わせることが出来るスペック』⇒インナーダウンやフリース、ニットを中に着こむことが出来るややゆとりのある形状。
  • 要所につけられたドローコード』⇒形を調整することが出来る裾、首元、フードに取り付けられた絞り紐。
  • スラッシュポケット』⇒上品に見せつつ機能的な縦長のポケット。
  • サステナブルな製品』⇒使用後の製品を回収して新たな商品として再生することが出来る製品。
  • 刺繍ロゴ』⇒ブランドをさりげなくアピールする胸と後ろ肩に施された刺繍ロゴ。

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『THE NORTH FACE(ザノースフェイス)』とはどういうブランドが気になる所ですよね。

THE NORTH FACE

1968年アメリカカリフォルニア州でダグ・トンプキンス氏のより創業。

『ノースフェイス』とは『北壁』という意味。

ロゴの3本のカーブラインは世界三大北壁『スイス・アイガー、マッターホルン、フランス・グランジョラス』を意味している。

世界初のドーム型テントや新しいスリーピングバッグの開発で注目を浴びた。

元々はアウトドア、クライミングに特化したブランドとして認知度を高めていった。

その後、機能性だけでなくファッション性も重視された製品の開発がアウトドアだけに留まらずお洒落なファッションブランドとして広まっていった。

今や機能性が高くファッション性も兼ね備えた『THE NORTH FACE(ザノースフェイス)』は街中でも着るお洒落なギアのアイテムとして人気を誇っています

環境の変化が激しいアウトドア用に開発された機能性は若者だけでなく大人にも馴染む上品な着こなしにも使われることが多いですね。

次に『ドットショットジャケット』の特徴を詳しく説明していきます。

防水防風の機能性が高く使い易い『ノースフェイス』ドットショットジャケット

①ハイベントD2.5層の防水透湿性素材を使用

ハイベントとは『ノースフェイス』が開発した独自の肌面に施したメッシュ状のコーティングでドライな肌触りの防水透湿性素材です。

つまり肌触りが良く水は弾くってことですね。

従来の3層構造を2.5層構造にすることによって軽量で柔らかい表面はタウンユースでも使い易い質感になりました。

突然の雨や風等の天候の変化や少し濡れるようなアクティブなシーンに役立ちます

②シームシーリング加工による防水

水が入ってくる原因は勿論生地表面の防水性もありますが盲点は縫い目にもあります。

縫い目とはいわゆる細かい穴になるのでその穴から水が浸水してきます。

『ドットショットジャケット』はその縫い目いわゆる穴を開けない為に水の侵入を防ぐ加工を施してあります

③フロントダブルフラッグ仕様

隙間風というように風は隙間から入ってきます。

意外と知らないことがフロントZIPの隙間からでも風は侵入してきます。

そんな時に役に立つのがフラップと言われる生地をZIPの上から覆うことで隙間を塞ぎ防風対策をする仕様です。

『ドットショットジャケット』はそのフラップが左右についていて2重で風の侵入を防ぐ仕様になっています。

風を防ぐという事はニットや肉厚のスウェット等内から暖めることで薄手の素材でありながら保温効果を期待できます

春、秋だけでなく冬まで使える万能アウター

①厚手のミドルレイヤーと合わせることが出来るスペック

見た目は薄手のナイロンアウターなので春、秋の少し羽織るアイテムとして重宝します。

しかし、真冬にも使うことが出来る仕様(身幅や腕周り等過度に細くすることを避けた)になっています。

特に真冬や寒冷地にはインナーダウンやフリースジャケット、厚手のニットを着こむことで保温性を高めれば防風性があるので快適に過ごすことが出来ます

生地がぶ厚くないので着ぶくれた印象も出にくい上重ね着として着こなしの幅を広めることができます。

重ね着で枚数を重ねていることによって一枚脱ぐ等体温の調節がしやすい利点もあります。

意外と冬場のダウンやコートは中が薄手になるので、着ていると暑いけど脱いだら寒いという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

形の調節ができる機能性

①裾のドローコード(絞り紐)

裾に取り付けられたドローコードは裾を絞ることが可能です。

下からの風の侵入を防ぐこともできるのですが少しバルーン型のシルエットを楽しむ事も出来ます。

②首元のドローコード(絞り紐)

首元からフードの淵に取り付けられたドローコードはフードの表情を変化させます。

少し絞って顔回りに立体感のあるフードを作ることが出来ます。

③フードのドローコード(絞り紐)

フードの後ろに取り付けられたドローコードではフードの側面を絞ることが可能です。

タウンユースで使われることはあまりありませんがアウトドアではフードをかぶった時に左右を見やすくする為に使われます。

タウンユースではデザインとして見ておきましょう。

④袖につけられたベルクロ(マジックテープ)

袖口を絞ることが可能です。

袖からの風の侵入を防ぐこともできるのですが少しバルーン型の袖の形を楽しむこともできます。

大人な性能『ノースフェイス』ドットショットジャケット

①サイドポケットはスラッシュポケットを使用

スラッシュポケットとは縦長のポケットのことですね。

元々の用途としてはバックパック(リュックサック)を担いだ時にポケットを使用できるようになっています。

しかし、横型のポケットと違い縦型のポケットはカジュアルさを軽減し少しキレイ目の印象を与えてくれる利点もあります。

ナイロンの質感も同様にカジュアルな雰囲気の中に柔らかくマットなので上品な大人の着こなしに合わせやすい素材です。

②サステナブル製品

サステナブルとは人間が生活する上で環境を壊すことなく、環境資源を使い切ることのないように配慮した考え方です。

現在の地球環境を維持し未来に向けて持続、発展していこうという取り組みは大人であれば気にしなければならないことですよね。

『ドットショットジャケット』は使用後の製品を回収して新たな商品として再生することが出来る製品になっています。

環境問題を考えることも最近のファッションには重要なことになってきました。

さりげなくしっかりアピールされているブランドロゴ

ナイロンジャケットと言えば今や多くのブランドで展開されています。

ユニクロや等安価で高品質が人気のナイロンアウターも有名です。

しかし、ユニクロはちょっと…という方も多いでしょう。

勿論プチプラの商品がダメだ、お洒落ではない!ということではありません。

ただ、少し良い物を着ているという自分へのご褒美感や満足感を得ることが出来るのがブランドの魅力です。

値段が高いだけあって素材や機能性に特徴があるのも魅力ですよね。

①刺繍ロゴ

胸と背中の肩部分にはしっかりと刺繍で『THE NORTH FACE』のロゴが入っています。

曲線の3本線にブランドロゴあまりにも有名でファッション感度の少し高い人から上級者までが知っている仕様になっています。

『ノースフェイス』のドットショットジャケットを色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目の自分はのMサイズを着用します。

少し大き目を着たいときはLサイズでも良いでしょう。

『ドットショットジャケット』は少し大き目のサイズ感になっているので通常の自分のサイズより1つ小さいサイズをおすすめします。

つまり、普段Lを着ているなら『ドットショットジャケット』に関してはMを選ぶということですね。

色に関して『ドットショットジャケット』には一色使いのものと二色使いのものがあります。

大人の着こなしをするのなら一色使いがおすすめです。

特にブラック、ネイビー、グレーは馴染みやすい人気色です。

少し色で遊びたい場合でもベージュかオリーブにした方が無難です。

一番表側に着るアウターはやや落ち着いた色を選び色で遊ぶならインナーで遊んだほうが失敗はしないでしょう。

二色使いになるとポップでカジュアルな印象が強くなります。

ストリートやスポーツを意識している人にはおすすめです。

採寸☟

着丈身幅肩幅袖丈
S70574660
M72594862
L74614964
XL76635167
XXL78655269
サイズ表記は測り方によって若干の誤差があります

【メンズファッション】おすすめコーディネートポイント

ここではカジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいます。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では、『ドットショットジャケット』はどのようなアイテムなのか。

元々アウトドアのブランドなのでスポーティでカジュアル寄りの印象を与えます。

素材はナイロンで滑らかでマットな質感なので少しキレイ目を混ぜた印象が付随されます。

全体的に少しキレイ目のコーディネートを意識するのが良いですね。

ブルージーンズやベージュのチノパンにTシャツにチェックシャツという合わせ方はアメカジの鉄板スタイルですが少しカジュアルな印象が強くなり子供っぽいイメージを与えてしまう可能性が高いですね。

特にボトムスに関してはキレイ目要素を強く意識すれば失敗しずらいですね。

ボトムス選びのポイント

  • 少しキレイ目にスラックスやブラック、ネイビーのチノパンを合わせると上品な印象を与えます。
  • ジーンズを選びたい場合は淡色は避けて濃紺かブラックジーンズを選ぶとキレイ目要素を少し追加することが出来ます。

シューズ選びのポイント

  • 少しキレイ目にレザーのシンプルなスニーカーが上品な印象を与えます。
  • 派手めでごつめな、いかにもスポーツスニーカーな物は避ける方が無難です。

トップス選びのポイント

  • 少しキレイ目にシンプルなシャツや無地のTシャツ、ニットを合わせると上品な印象を与えます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等は避ける方が無難です。

※少し面白みを加えたければシャツやニットの色で遊ぶと馴染みやすくお洒落な印象を与えます。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

コーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

ダサい服装を改善。服の選び方がわからないメンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。自分のコーディネートはダサい? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方が ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?item_id=24904998

【メンズファッション】『ノースフェイス』ドットショット比較商品

少し比較対象の商品を紹介しておきます。

ポイント

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

コンパクトジャケット

『ドットショットジャケット』よりも安価で機能性に関しては少し劣るタウンユースとして使い易いモデル。

少しカジュアル要素が強く、スポーティな印象を与えます。

ポイント

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

マウンテンライトジャケット

『ドットショットジャケット』よりも高価で機能性に関しては勝る本格的なアウトドア仕様です。

まとめ:人気の理由はブランド認知と使い易い機能性

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうわけでまとめると

程よい価格で程よく上品な『ドットショット』は本格的な雰囲気漂いつつタウンユースとして手軽に使える一品です。

ポイント

  • ハイベントD2.5層の防水透湿性素材』⇒柔らかく軽量で水の侵入は勿論風も防いでくれる。冷気は遮断してくれる高機能。
  • シームシーリング加工による防水』⇒裏面の縫い目からの浸水が無いように加工を施される防水機能。
  • フロントダブルフラッグ仕様』⇒フロントのZIPを覆う生地が左右で重ねることが出来る防水防風仕様。
  • 厚手のミドルレイヤーと合わせることが出来るスペック』⇒インナーダウンやフリース、ニットを中に着こむことが出来るややゆとりのある形状。
  • 要所につけられたドローコード』⇒形を調整することが出来る裾、首元、フードに取り付けられた絞り紐。
  • スラッシュポケット』⇒上品に見せつつ機能的な縦長のポケット。
  • サステナブルな製品』⇒使用後の製品を回収して新たな商品として再生することが出来る製品。
  • 刺繍ロゴ』⇒ブランドをさりげなくアピールする胸と後ろ肩に施された刺繍ロゴ。

定番で人気のモデルなので一着持っていると使い勝手が良くコーディネートのバリエーションとしても最適です。

キャンプやバーベキュー等ちょっとしたアウトドアから公園など意外と役立つシーンもあるので早めに持っていても損のない一着ですよ。

定番の人気アイテムなのでセールにかかることもほぼない頑丈で長く使えてインナー大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも検討材料になれば幸いです。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

【メンズファッション】ダサいを解消。大人が選ぶ人気のブランド『役立つ名作』

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-