人気の名作レビュー

ダサいを解消。『DANTON』大人メンズに人気の名作インナーダウン

2020年10月20日

ダントンはお洒落?ダサい?

ダントンってよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダサくないの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはダントンはそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のブランドです

インナーダウンというアイテムに関しても同様ですね。

私自身も強く推すことが出来るブランド、アイテムの1つです。

ダサいとお洒落の両方の意見が出るブランドの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が着ていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

当ブログにお越し下さりありがとうございます。

寒いのは嫌!でも厚着になり着ぶくれするのが嫌!って方は多いのではないでしょうか。

ダウンや裏地を貼ったコート等外出時は暖かく過ごせますが急に熱くなった時の体温調節が難しいこともよくあるでしょう。

そんな時には『DANTON(ダントン)インナーダウン』が重宝します。

実際自分自身もガタイが大きくダウン等肉厚のアウターを着ると更に大きく見えるのが嫌で寒いのを我慢して冬場でもライトアウターで過ごしていました

『インナーダウン』に出会ったことで寒さと着ぶくれから解放される上にお洒落な重ね着が可能になりました。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

スーツやジャケット、コート等キレイ目な格好がしたいけど冬場は寒くて我慢しています…という方もおられるのではないでしょうか?

近年では有名になった『インナーダウン』ですが『ユニクロ』や『無印良品』等機能性も高くプチプラな物も多く販売されています。

しかし、『ユニクロ』や『無印良品』はちょっと…と思われる方も多いでしょう。

プチプラとはちょっと違ったお洒落な服を着たいと思う人も多いですよね。

今回はそんな『インナーダウン』を取り扱う有名ブランド『DANTON』の重ね着に使い易い『インナーダウンベスト』をご紹介します

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

https://www.dantonfrance.com/

一度サイトをご覧になると具体的なイメージを抱けるかもしれませんね。

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきていただき続きをご覧いただければ幸いです。

こんな人におすすめ

  • 冬に着ぶくれしたくない人
  • ジャケットの時に暖かく着れる服があれば良いなと思っている人
  • 秋から冬まで長い期間コートを使いたい人
  • ユニクロや無印良品はちょっと…と思っている人
  • スーツの下に着るインナーダウンをお探しの人

『インナーダウンベスト』があればこれらの悩みは解消できます。

HI10×2KI

インナーダウン以外の『ダントン』名作に関して合わせてこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『ダントン』大人のメンズが選ぶおすすめ名作13選レビュー

ダントンはお洒落?ダサい?イメージは? ダントンってよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダサくないの ...

続きを見る

『DANTON』インナーダウンはあなたをお洒落に見せるアイテム

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではなく『ダントン』インナーダウンは間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるアイテムです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『ダントン』インナーダウンを身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を着ているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう。

『ダントン』インナーダウンはシンプルで馴染み易い上にこなれた上品さを併せ持つアイテムです。

コートやジャケットの下に着こむことで冬の寒い時期を着ぶくれすることなく過ごせる点も人気が出る理由になっています。

大人の着こなしをシンプルで上品にサポートしてくれる優秀なアイテムですね。

多くの人に愛される『DANTON』インナーダウンの8つの魅力

ポイント

  • ダウン90%、フェザー10%』⇒薄くて軽いく暖かいのが魅力。薄手なので重ね着でレイヤード感を出せるのが便利。
  • 高密度ナイロンタフタ』⇒滑らかで光沢の少ない生地は上品な大人の印象を与える。
  • 引手のファスナーポケット』⇒サイドのファスナーが付いていることで使い易く物が落ちない。
  • 裾のドローコード』⇒絞り可能、風の侵入を防ぎ保温性アップする。
  • 裏面のダウン吹き出し加工』⇒ダウンが抜けにくく衣類に付きにくい加工が魅力。
  • フロントボタンの刻印』⇒DANTONブランドの刻印はグッドデザイン賞を受賞する上品な印象。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴはさりげないブランドのアピール。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。

この枠で要点をまとめています。

詳しくは続きを是非ご覧ください。

まずは『DANTON』とはどういうブランドが気になる所ですよね。

DANTON

1935年にガブリエル=ダントン氏によりフランスで設立。

菱形に『DANTON』のロゴマークを商標登録したことからスタートする。

当初は作業用のカバーオールや料理人のエプロン等のワークウェアを作るブランドであった。

70~80年代になるとパリ市内の交通団体や行政機関へのユニフォームに採用される由緒あるブランド。

現在はメンズだけでなくレディースも取り扱う長く愛用できるデイリーカジュアルとして認知されています

東京、神戸に直営店を持ち大手セレクトショップからロードサイドのジーニングカジュアルストアまで幅広く取り扱われる人気ブランドですね

飽きの来ないシンプルで馴染みやすいデザインは1年きりではなく長い期間使える服を特徴としています。

HI10×2KI

ダウンジャケットの選び方に関して合わせてこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『ダウンジャケット』大人メンズの為の選び方と基礎知識

質問 ダウンって暖かいけどボリュームがあって着ぶくれしないですか?ダウンと中綿って何がちがいますか? ...

続きを見る

次に特徴について詳しく説明していきます。

軽くて暖かいダウン90%、フェザー10%

軽くて薄いわりに保温性もしっかりと確保されています

薄手なので秋の早い時期にはアウター代わりに、冬になるとインナーとして重宝します。

春の少し肌寒い時期まで長く3シーズンにまたいで使える所が魅力です。

細身の格好をしたいけど冬の重アウターは着ぶくれするから嫌だという人を多いですよね。

秋に買ったコートやジャケットを長く着れると思っていたけどいざ冬になると寒くて切れないなんてことも経験があるでしょう。

そんな時に役立つのがインナーダウンです。

薄手のアウターにも中にインナーダウンを着ることで長く暖かく使うことが出来ます

上品でマットな素材感ナイロンタフタ

光沢感がありテカテカに光っているナイロンは子供っぽい印象を与えます。

ナイロンタフタとは細い糸が高密度で織り込まれたマットなナイロンで欧州の名だたるメゾンブランドが採用する極細のモルダル糸を使用されています。

光沢感の少ないナイロンは嫌みのないマット感で馴染みやすく上品な大人の着こなしとしても使い易い仕様になっています。

使い易いサイドポケットの引手ファスナ

アウターとしても使えるようにサイドポケットには物の落ちない収納性の高いジップが取り付けられています

外気の侵入を防ぐ裾のドローコード(絞り紐)

裾を絞ることで下からの外気の侵入を防ぎ保温性を高める工夫がされています。

持続力を上げるダウンの吹き出しを防ぐ仕様

ダウンを着ていると気になるのが衣類への詰め物の付着ですよね。

ダウンを脱いだらインナーのニットやスウェットにダウンがついて困ったことはあるのではないでしょうか。

『DANTON』のインナーダウンは裏面にダウンの吹き出し防止加工が施されている為ダウンの衣類への付着が軽減されています。

さりげなくしっかりアピールされている2箇所のブランドロゴ

インナーダウンと言えば今や多くのブランドで展開されています。

ユニクロや無印良品等安価で高品質が人気のインナーダウンも有名です。

しかし、ユニクロや無印良品はちょっと…という方も多いでしょう。

勿論プチプラの商品がダメだ、お洒落ではない!ということではありません。

ただ、少し良い物を着ているという自分へのご褒美感や満足感を得ることが出来るのがブランドの魅力です。

値段が高いだけあって素材や機能性に特徴があるのも魅力ですよね。

①胸のワッペンロゴ

『DANTON』のインナーダウンには誰が見てもすぐわかる胸のワッペンロゴが有名です。

菱形に『DANTON』の文字を見るとファッション感度の少し高い人から上級者までが知っている仕様になっています。

②フロントのスナップボタンの刻印

刻印されたブランドネームさりげなくアピールしていますよね。

このプラスチック製のボタンはグッドライフデザイン賞を受賞した『Sun Grip』が採用されています。

このような細かなデザインに対するこだわりもブランドならではですね。

大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ

人は何を持って有名か有名ではないか人気があるのか無いのかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌、有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように行われる大手セレクトショップや有名ブランドとの別注企画に取扱い等注目度の高さは人気の証明です

形を選べる『DANTON』インナーダウン

今回ご紹介させていただいているのはクルーネック(丸首)のベストです。

袖がないことでアウターに影響しにくい仕様とTシャツやニットにも合わせやすいクルーネック(丸首)を選びました。

しかし、『DANTON』のインナーダウンにはありがたいことに種類を選ぶことが出来ます。

Vネックインナーダウンベスト

Vネックバージョンもあります。

シャツスタイルやタートルネックに合わせて着ると使い易い。

V字のネックはカジュアル感を軽減し、少しキレイ目で格好良く寄せたい人はVネックバージョンがおすすめです。

クルーネックインナーダウンジャケット

クルーネックの長袖バージョンもあります。

肌寒い時期の本格アウターでも使うことが出来ます。

薄くて軽いのでインナーダウンとしての役割でも勿論使えます。

上に着るアウターの袖の太さには注意が必要になってきます。

本格的な寒い時期にベストでは防寒が足りない寒いのが嫌な人にはおすすめです。

『DANTON』インナーダウンを色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目の自分は42のサイズを着用しています。

ベストなので肩幅はあんまり気にしなくても良いと思いますがニットやスウェットの上に着ることを想定した場合少し大き目のサイズをおすすめします。

色は使い勝手の良いブラック、ネイビーが人気色です。

特にインナーに着ることが多いので馴染みやすい色を選んでおくと失敗はしないです。

ただ、上に着るアウターやインナーに着るニット、スウェット等全てがブラックで差し色が欲しい場合などは明るめの色を選ばれると良いと思います。

奇抜な色は避けグレーかベージュ等が使い易いでしょう。

経験上ナイロンは脂染みが出来やすく薄い色程染みが目立ちやすくなるので私はブラックメインで着ることが多いです。

差し色を入れたいならウールのアウターやインナーのニットで色を変えることをおすすめします。

参考にしていただければと思います。

インナーダウンベストの採寸☟

サイズ総丈身幅
386051
406253
426455
サイズ表記は測り方によって若干の誤差があります

長袖の寸法も載せておきますので参考まで。

インナーダウンジャケットの採寸☟

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
3860.5425160
406243.552.561
4263.5455562
446546.55763
サイズ表記は測り方によって若干の誤差があります

『ダントン』インナーダウンベストのおすすめコーディネートポイント

ここではカジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいます。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では『ダントンのインナーダウン』はどういうアイテムなのか。

インナーダウンは元々はアウトドアのアイテムとして生まれたものなのでカジュアルな印象が強いです。

厳しい自然の寒さに耐える為にアウターの中に仕込んで保温性を上げる為に作られたアイテムがタウンユースとしても認知されました。

しかし、DANTONはフレンチカジュアルなアイテム作りが特徴で上品で日常に馴染みやすいデザインになっています。

上述の特徴のようにマットな質感のナイロンや生産されるアイテムの上品な仕様はカジュアルな印象を軽減し少しキレイ目の印象を付け加えられています。

少しキレイ目のカジュアルダウンにも使えるし、カジュアルな服装をキレイ目に落ち着ける効果も期待できます。

ただ、全体的に少しキレイ目を意識するとより大人の着こなしが出来ます。

ボトムス選びのポイント

  • 裾にかけて細くなるテーパードシルエットかスキニーとの相性が良いです。
  • ジーンズなら淡色の物より濃色もしくは、ブラックにすると上品にまとまります。
  • スラックスやトラウザー等のキレイ目要素が強いボトムスは時に馴染みやすいですね。

アウター選びのポイント

  • ジャケットやコート等少しキレイ目のアイテムを選ぶと間違いありません。
  • 少し格好良く決めるのにブルゾンやGジャンでもダントンインナーダウンが上品にまとめてくれます。ただ、インナーやボトムスで少しキレイ目要素を意識しましょう。

トップス選びのポイント

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。Tシャツは生地感を少しキレイ目を意識した滑らかで艶のある素材を選ぶことでカジュアル感を軽減できます。ニットは楽に着れて格好良く上品な着こなしが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等を着る場合はボトムスをキレイ目に寄せましょう。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

コーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

ダサい服装を改善。『選び方がわからない』メンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。おじさんでもお洒落になれる? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方がわ ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?item_id=15815309

『DANTON』インナーダウン比較商品

インナーダウンを検討中の方に比較検討として違う商品も紹介しておきます。

ポイント

TAION(タイオン)

2016年に誕生したインナーダウン専業の日本のブランド。

名前は体温に由来され軽くて反発力の高く暖かいダウンを作られている。

大手セレクトショップはじめ欧米やアジアでも取り扱いのあるグローバルなブランド。

高いクオリティとコストパフォーマンスが人気の理由。

ポイント

mont-bell(モンベル)

1975年に設立した日本のアウトドアブランド。

機能美と軽量迅速をコンセプトに商品開発を行っている。

インナーダウンとは元々登山をする際の保温を目的で開発された商品なので本格アウトドア志向の方におすすめ。

まとめ:人気の理由はブランド認知と使い易い機能性

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうわけでまとめると

少しアウトドアのにおいがするインナーダウンもフレンチカジュアルな『DANTON』のインナーダウンはタウンユースで非常に使い易い一品です。

ポイント

  • ダウン90%、フェザー10%』⇒薄くて軽いく暖かいのが魅力。薄手なので重ね着でレイヤード感を出せるのが便利。
  • 高密度ナイロンタフタ』⇒滑らかで光沢の少ない生地は上品な大人の印象を与える。
  • 引手のファスナーポケット』⇒サイドのファスナーが付いていることで使い易く物が落ちない。
  • 裾のドローコード』⇒絞り可能、風の侵入を防ぎ保温性アップする。
  • 裏面のダウン吹き出し加工』⇒ダウンが抜けにくく衣類に付きにくい加工が魅力。
  • フロントボタンの刻印』⇒DANTONブランドの刻印はグッドデザイン賞を受賞する上品な印象。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴはさりげないブランドのアピール。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

毎年売れ筋の人気商品なので売り切れする店舗が続出します。

欲しかったのに売り切れて買えない!という経験は本当に悔しいですよね!

買い逃しにはご注意下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『ダントン』インナーダウンの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『役立つ名作』大人メンズが選ぶ人気のブランド

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-