人気の名作定番紹介

ダサいを解消。『ダントン』フレンチカジュアルの定番大人の評判ワークウェア

2020年12月29日

DANTON(ダントン)はおしゃれ?ダサい?イメージは?評判は?時代遅れなの?

DANTON(ダントン)ってよく聞くけど、おしゃれなブランドなの?ダサくないの?イメージは良いの?評判は良いの?時代遅れなの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはDANTON(ダントン)はそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のブランドです

ポイント

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか。

ダサいとおしゃれの両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

実は『トレンド』や『おしゃれ』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のおしゃれな人』には『皆が着ているおしゃれではない服』という認識を生み出すことに起因しています。

『一部のおしゃれな人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

特に、ダントンは流行りすぎているということにも一因しています。

『流行りすぎたために多くの人と被るのではないか。』

『去年は流行っていたけど、今年は時代遅れでダサいのではないか。』と疑問を持つ人が多いのです。

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、DANTON(ダントン)は決して時代遅れでも、流行りすぎて恥ずかしいブランドでもなく、着ることであなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事ですね

名作の人気の理由や人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

『DANTON(ダントン)』と聞くと何のアイテムを思い浮かべるでしょうか?

『インナーダウン?』『ウールモッサコート?』『ナイロンタフタコート?』『ポケットT?』『バッグ?』。

少し専門用語な商品名が入ってしまいますが、『DANTON(ダントン)』の各アイテムには多くの人が『これ!』という程の認知された商品がありますよね

例えば『DANTON(ダントン)のインナーダウン』に関して菱形のワッペンがついた薄手のダウンを。

『DANTON(ダントン)のポケットT』に関して菱形のワッペンが付いたポケットつきのTシャツを。

『ウールコート』に関して菱形のワッペンが付いた丸襟のウールのコートを。

其々アイテムが変われどおそらく同じデザインをイメージする人が多いのではないでしょうか?

それらのアイテムの認知度の高さこそ人気の理由ですね

ポイント

一般的にブランドは毎年シーズン毎にデザインされた服が生産されます。

それは多少似たデザインが有れど同じ服は二度と手に入らない事が多いでしょう。

しかし、『DANTON(ダントン)』は『Tシャツと言えばあれ』『インナーダウンと言えばあれ』というように多くの人が思い浮かべる定番化された同じアイテムが毎年のように生産、販売されます

それは、特にジーンズやボトムス、インナーやシューズ、バッグ等に見られる定番商品のラインナップと同じ仕方です。

トレンドの移り変わりはあれど、DANTON(ダントン)は時代遅れになるのではなく、毎年必ず一定の需要がある人気の定番品となります

つまり、『DANTON(ダントン)』にはシーズン制のあるトップスに関しても、定番的な名作を作り続けている事が認知度を上げている理由になります。

認知度の高いブランドとアイテムに対する『これを選べば間違いない』という安心感が『一部のおしゃれな人』ではなく『幅広い人』に愛される人気の理由というわけですね。

『普通におしゃれが出来る服を欲しい!』。

そんな人に重宝するのが『DANTON(ダントン)』というブランドです

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • DANTON(ダントン)っておしゃれなの?ダサいの?時代遅れじゃないの?
  • 人気ブランド『DANTON(ダントン)』の有名なアイテムって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに着れるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

なぜ人気?多くの人に愛される名作『DANTON(ダントン)』人気の理由9選

ポイント

  • 定番化された名作』⇒一つのアイテムに絞られずに、毎年生産される永く愛されるいくつもの製品が人気の理由。
  • ユニセックスなアイテム展開』⇒男性だけにとどまらず、女性でも同じ商品のサイズ違いが生産されている人気と認知度の広さ。
  • シンプルで馴染み易いデザイン』⇒カジュアルスタイルでも上品に見える着こなしや、ドレススタイルのカジュアルダウンにも馴染むシンプルなデザインが人気の理由。
  • 上品で使い易いフレンチカジュアル』⇒カジュアルながらにフランス人の上品な装いを連想させる落ち着きのある逸品。
  • 菱形ロゴのブランドサイン』⇒『DANTON(ダントン)』と言えば創業から変わらない菱形ワッペンが認知度の象徴。
  • 裏打ちされたブランドの歴史』⇒パリ市内の交通団体や行政機関へのユニフォームに採用された由緒ある歴史を持っている。
  • 日本人に馴染み易い日本企画』⇒DANTON(ダントン)ブランドとしてはフランスのTransholding社が管理を行い、製品としては日本の会社『ボーイズ』が日本人にあったデザインの企画生産を行っている安心の日本企画。
  • 時代遅れではない名作』⇒フレンチカジュアルの定番にして、鉄板の多くの人に愛される認知度を誇る人気の名作。
  • 大手セレクトショップとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップとの別注等注目度の高さは人気の証明。

『DANTON(ダントン)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

DANTON

長く使える定番の人気

コーディネートに悩まない

着てるだけで普通にお洒落に見えるブランド力

8

手軽さ

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています。

詳しくは続きを是非ご覧ください。

まずは『DANTON(ダントン)』とはどういうブランドが気になる所ですよね。

DANTON

1935年にガブリエル=ダントン氏によりフランスで設立。

菱形に『DANTON』のロゴマークを商標登録したことからスタートする。

当初は作業用のカバーオールや料理人のエプロン等のワークウェアを作るブランドであった。

70~80年代になるとパリ市内の交通団体や行政機関へのユニフォームに採用される由緒あるブランド。

現在は、メンズだけでなくレディースも取り扱う長く愛用できるデイリーカジュアルとして広く認知されています

東京、神戸に直営店を持ち大手セレクトショップからロードサイドのジーニングカジュアルストアまで、幅広く取り扱われる人気ブランドですね

飽きの来ないシンプルで馴染みやすいデザインは1年きりではなく、長い期間使える服を特徴としています。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.dantonfrance.com/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

定番化された名だたる名作が人気の理由

トレンドに左右されにくく、長い期間愛用できる服を欲しいと思いますよね。

上述したように『DANTON(ダントン)』は、一般的なシーズン毎にデザインの変化する商品ラインナップと違います。

ポイント

毎年必ず生産される、永く多くの人に愛される名作を作り出す事が特徴とされます

『DANTON(ダントン)のインナーダウン』『DANTON(ダントン)のポケT』『DANTON(ダントン)のウールコート』と聞くと『あれだな』というイメージが多くの人の認識に強く残っています。

多くの人が思い浮かべる認知度の高い商品ラインナップが人気の理由ですね

誰にでも使えるユニセックスなアイテム展開

男性は女性から目線でおしゃれに見られたいと思う人は多いですよね。

『DANTON(ダントン)』というブランドは、男性にも女性にも知れ渡っている認知度の高さが特徴的です。

ポイント

その理由は、永く愛される名作には同じデザインの商品が男性、女性両方にラインナップされていることにあります

それ故、男性的過ぎるわけではなく、女性的過ぎるわけでもない、誰にでも馴染み易いデザインになっています。

カジュアルスタイルでも上品に見える着こなしや、ドレススタイルのカジュアルダウンにも馴染むシンプルなデザインが人気を押し上げている理由ですね

上品で使い易いフレンチカジュアル

では、『フレンチカジュアル』とは一体何なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

対比する言葉としては『アメリカンカジュアル(アメカジ)』があります。

つまり、アメカジとは『アメリカのカジュアルファッション』ですね。

イメージとしては、ジーンズにTシャツやチェックシャツ等、昔ながらのアメリカ人やハリウッド映画に見られるファッションです。

ポイント

対して、『フレンチカジュアル』とは『フランス人のカジュアルファッション』です

イメージとしてはフランス映画に出てくるようなドレス風の少し上品なカジュアルスタイルを指します

つまり、カジュアルを象徴とする少し子供見えする『アメカジ』と違い『フレンチカジュアル』はカジュアルながらにドレス風の上品さを併せ持った大人っぽい印象を作り出します

認知度の高い菱形のブランドロゴ

ブランド物を着ているという安心感と、他者から見ても認識されるのはブランドロゴですよね。

要は、ブランドの持つ権威性を借りて、それを身に着けている事でおしゃれと思われるのがファッションの特徴でもあります。

ポイント

『DANTON(ダントン)』と言えば、創業から変わらない菱形ワッペンが認知度の象徴です。

シンプルで馴染み易い上に少しこなれたブランドある事をさりげなくアピールしている所が人気ですね

由緒あるワークウェアブランド

現代に名を遺すファッションブランドは、ミリタリーやワーク等実務の場で採用されていた歴史を持っているブランドが数多く存在します。

ポイント

DANTON(ダントン)も同様に公共機関に制服を支給していた実績を持っています。

元々は、作業用のカバーオールやガーデナーのユニフォームやエプロンを生産していました。

70年~80年にパリ市内の交通団体や行政機関へのユニフォームに採用される由緒ある歴史を持っているブランドですね

日本人に馴染み易い日本企画のデイリーウェア

外人のモデルが、格好良く着ているイメージと、自分が着た時のイメージが大きく事なる事はありますよね。

日本人とフランス人は体つきが違えば勿論、顔つきも違います。

ポイント

DANTON(ダントン)は、ブランドとしてはフランスのTransholding社が管理を行っています。

しかし、製品としては日本の会社『ボーイズ』が日本人にあったデザインの企画生産を行っています

つまり、日本人の日常に溶け込みやすく、少し上品なフレンチカジュアルが楽しむことが出来るのも人気の理由ですね

時代遅れではない名作

ファッションには、勿論流行り廃りがありますよね。

近年、インナーダウンの人気の上昇と共に、ここ数年DANTON(ダントン)は人気の絶頂にあり、注目度が高まったのは事実です。

ポイント

では、『流行りが終えればDANTON(ダントン)は時代遅れと言われるか』というとそうではありません。

トレンドの影響で多少の波はあるものの、定番にして鉄板とされるDANTON(ダントン)の名作には毎年のように必ず一定の需要があります

つまり、時代遅れではなく、敢えて名作を選んで着ているという自覚を持っていれば、それがおしゃれだという事です

ただのトレンドに流されるデザインとしてのファッションではなく、ブランド時代の背景を理解してファッションを楽しむのが大事ですね。

大手セレクトショップの取り扱いやコラボされる注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように企画される大手セレクトショップとの別注や取扱い等注目度の高さは人気の証明です

『DANTON(ダントン)』の長く愛される評判の名作定番おすすめ13選

ここまでに書いたように『DANTON(ダントン)』にはアイテムごとに永く愛される名作がたくさんあります。

幅広いアイテムで名作が作られていることも魅力です。

シンプルで馴染み易く日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

決して、安いわけではないですが全く手が出ない程の価格ではない上に流行り廃りがなく長く愛用できるコスパ抜群のアイテムですね。

インナーダウンシリーズ

pick up

『インナーダウンシリーズ』

  • ダウン90%、フェザー10%』⇒薄くて軽いく暖かいのが魅力。薄手なので重ね着でレイヤード感を出せるのが便利。
  • 高密度ナイロンタフタ』⇒滑らかで光沢の少ない生地は上品な大人の印象を与える。
  • 引手のファスナーポケット』⇒サイドのファスナーが付いていることで使い易く物が落ちない。
  • 裾のドローコード』⇒絞り可能、風の侵入を防ぎ保温性アップする。
  • 裏面のダウン吹き出し加工』⇒ダウンが抜けにくく衣類に付きにくい加工が魅力。
  • フロントボタンの刻印』⇒DANTONブランドの刻印はグッドデザイン賞を受賞する上品な印象。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴはさりげないブランドのアピール。
  • 選べる形』⇒ベストに長袖のジャケット、クルーネックにVネックと形が選べるのも人気
HI10×2KI

インナーダウンに関して詳しくはこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『DANTON(ダントン)』大人メンズに人気の名作インナーダウン

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 当ブログにお越し下さりありがとうございます。 ...

続きを見る

ファー付ダウンジャケット

pick up

『ダウンジャケット』

  • ダウン80%、フェザー20%』⇒ボリュームがあり暖かさを生み出す。
  • 機能的な高密度タッサー』⇒横糸が密に織られた混紡糸を使われた生地。保温性を保ちながらもムレを防ぐ通気性をよくする機能がある。
  • 上品なシームレス』⇒ダウンが着ぶくれする理由は詰物が下にたまらないようにする為に作られたシーム(縫い目)にある。表地をシームレスにすることで上品でスマートな印象を与える。
  • 風の侵入を防ぐ比翼』⇒フロントジップがむき出しのジャケットは隙間からの風が入り保温性が失われる。ジップを覆う比翼(前立て)があることで保温性が上がる。
  • 袖口のリブニット』⇒袖口にリブが付いていることで口が締まり風の侵入を防いでくれる。
  • 取り外し可能なファー』⇒高級感のあるラクーンのファーは取り外し可能。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ

ウールモッサシリーズ

pick up

『ウールモッサシリーズ』

  • 軽く暖かいウールモッサ生地』⇒ウールの紡毛織物に生地を縮める加工を施し、起毛させたのちに毛を刈り込んで仕上げた生地。軽くて暖かいふっくらとした仕上がりが特徴。
  • レザーのクルミボタン』⇒柔らかい印象を与える丸みのあるクルミボタンは牛革でできているので上品さをプラスオンしている。
  • スリムなシルエット』⇒ワークジャケットながらスリムに仕上げているので大人が着る上品な仕上がりになっている。
  • 上品なパイピング』⇒裏側は布端のほつれ防止をするパイピング(別布で包んで縫い上げる始末方法)は補強と共に上品な仕上がりになっている。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ
  • 選べる形』⇒定番の丸襟ミドルコート、ロングコート、ノーカラージャケットと形を選べるのも魅力。

ナイロンタフタシリーズ

pick up

『ナイロンタフタシリーズ』

  • 高密度ナイロンタフタ』⇒滑らかで光沢の少ない生地上品な大人の印象を与える。
  • 軽量で手軽に使える素材』⇒春や秋の少しアウターが欲しい時に重宝する。コンパクトに折りたためるのでバッグの中に入れて気軽に持ち運べるも魅力。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ。
  • 選べる形』⇒定番のワークジャケット、丈長のショップコートと形が選べるのも魅力。

ラウンドカラーシャツ

pick up

『ラウンドカラーシャツ』

  • お洒落なプルオーバー』⇒シャツには珍しい前開きではなくかぶりで着る事が出来るシャツ。Tシャツ感覚で着てシャツの上品さを併せ持つ。
  • 上品な丸襟』⇒ラウンドカラーとも言う丸襟が特徴。フレンチカジュアルの上品で可愛らしさを併せ持つ。
  • 両サイドのポケット』⇒両サイドの施されたポケットが便利な上にデザイン性も付加している。
  • 100%コットン』⇒少し艶のある滑らかな綿を100%使用。ナチュラルで上品な印象を与えるオクスフォード生地。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ。

バンドカラーシャツ

pick up

『バンドカラーシャツ』

  • 上品なバンドカラー』⇒一般的なデザインの襟ではなく首を一周覆うバンドの形をした襟が特徴。上品でナチュラルな印象を与える。
  • 着易いシャツアウター仕様』⇒前開きでサイドにポケットもついているシャツアウターとしても着れる仕様が重宝する。
  • 100%コットン』⇒少し艶のある滑らかな綿を100%使用。ナチュラルで上品な印象を与えるオクスフォード生地。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ。

ポケットT

pick up

『ポケットT』

  • 肉厚な生地感』⇒身体のラインを表に出さない上品な厚手の生地。
  • ドライタッチな肌触り』⇒汗をかいても肌にまとわりつかない肌触りに吸湿速乾性が魅力。
  • 細すぎず太すぎないシルエット』⇒程よいフィット感が身体のラインを表に出さない上品なシルエット。
  • ワンポイントになる胸ポケット』⇒シンプルになりがちな無地のロンTでもポケットがあるだけで上品な一枚着になる。
  • 胸元のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ。
  • 選べる形』⇒半袖と長袖があるのでオールシーズン着れるのが魅力。

ナイロンショートパンツ

pick up

『ナイロンショートパンツ』

  • 高密度ナイロンタフタ』⇒滑らかで光沢の少ない生地上品な大人の印象を与える。
  • 裏生地につけられたポケット』⇒すっきりとした上品なシルエットを作りだす。
  • ウエストイージー仕様』⇒ゴム仕様の紐で調整できるイージーパンツが魅力。
  • 程よい丈感』⇒膝上の丈の長さは上品な大人のショートパンツにピッタリ。
  • 程よい太さ』⇒リラックススタイルで履くことが出来る裾幅に広さは上品な大人のショートパンツにピッタリ。
  • 裾のロゴ』⇒DANTONブランドのアイコンロゴ。

『DANTON(ダントン)』おすすめコーディネートポイント

ここでは、カジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人には、カジュアル×カジュアルでおしゃれな人も多くいます。

海外モデルや芸能人は、元々の顔やスタイル等が良いので、カジュアル×カジュアルな着こなしでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では『DANTON(ダントン)』とはどういうブランドなのか。

ポイント

基本的にはデイリーカジュアルウェアなのでカジュアルなブランドです。

しかし、上述したようにカジュアルの中でも『フランス人のカジュアル』=『フレンチカジュアル』なので素材やデザイン等で少し上品にまとめたキレイ目の印象を付加してくれます

つまり、『ダントン』はフレンチカジュアルなアイテム作りが特徴で上品で日常に馴染みやすいデザインになっています。

少しキレイ目のカジュアルダウンにも使えるし、カジュアルな服装をキレイ目に落ち着ける効果も期待できます

ただ、全体的に少しキレイ目を意識するとより大人の着こなしが出来ます。

スポーツスニーカーではなくレザー素材のシンプルなスニーカーや革靴と合わせると上品にまとまります。

ボトムス選びのポイント

  • 裾にかけて細くなるテーパードシルエットかスキニーとの相性が良いです。
  • ジーンズなら淡色の物より濃色もしくは、ブラックにすると上品にまとまります。
  • スラックスやトラウザー等のキレイ目要素が強いボトムスは時に馴染みやすいですね。

アウター選びのポイント

  • ジャケットやコート等少しキレイ目のアイテムを選ぶと間違いありません。
  • 少し格好良く決めるのにブルゾンやGジャンでもダントンインナーダウンが上品にまとめてくれます。ただ、インナーやボトムスで少しキレイ目要素を意識しましょう。

トップス選びのポイント

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。Tシャツは生地感を少しキレイ目を意識した滑らかで艶のある素材を選ぶことでカジュアル感を軽減できます。ニットは楽に着れて格好良く上品な着こなしが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等を着る場合はボトムスをキレイ目に寄せましょう。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

コーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

ダサいを解消。『服の選び方がわからない』を手順で解決するメンズコーディネート

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=6096

まとめ:人気の理由は定番化された認知度の高い評判の商品ラインナップ

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうわけでまとめると

フレンチカジュアルな『DANTON(ダントン)』は馴染み易く大人の着こなしを上品にまとめてくれます。

定番化され認知力の高い商品ラインナップも安心で人気のポイントですね。

まとめ

  • 定番化された名作』⇒一つのアイテムに絞られずに、毎年生産される永く愛されるいくつもの製品が人気の理由。
  • ユニセックスなアイテム展開』⇒男性だけにとどまらず、女性でも同じ商品のサイズ違いが生産されている人気と認知度の広さ。
  • シンプルで馴染み易いデザイン』⇒カジュアルスタイルでも上品に見える着こなしや、ドレススタイルのカジュアルダウンにも馴染むシンプルなデザインが人気の理由。
  • 上品で使い易いフレンチカジュアル』⇒カジュアルながらにフランス人の上品な装いを連想させる落ち着きのある逸品。
  • 菱形ロゴのブランドサイン』⇒『DANTON(ダントン)』と言えば創業から変わらない菱形ワッペンが認知度の象徴。
  • 裏打ちされたブランドの歴史』⇒パリ市内の交通団体や行政機関へのユニフォームに採用された由緒ある歴史を持っている。
  • 日本人に馴染み易い日本企画』⇒DANTON(ダントン)ブランドとしてはフランスのTransholding社が管理を行い、製品としては日本の会社『ボーイズ』が日本人にあったデザインの企画生産を行っている安心の日本企画。
  • 時代遅れではない名作』⇒フレンチカジュアルの定番にして、鉄板の多くの人に愛される認知度を誇る人気の名作。
  • 大手セレクトショップとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップとの別注等注目度の高さは人気の証明。

ヒトトキポイント

Reebok INSTA PUMP FURY

長く使える定番の人気

コーディネートに悩まない

着てるだけで普通にお洒落に見えるブランド力

8

手軽さ

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介に戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用品 ...

続きを見る

毎年毎シーズン売れ筋の人気商品なので売り切れする店舗が続出します。

欲しかったのに売り切れて変えない!という経験は本当に悔しいですよね!

買い逃しにはご注意下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『DANTON(ダントン)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド122選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 折角服を買うのであれば人気のブランドが欲しくな ...

続きを見る

pick up

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『洋服サブスク』手軽に体験メンズファッションレンタル評判3選

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介