人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【エルエルビーン】トートバッグ評判調査。幅広い層に愛される名作

本サイトのリンクには広告が含まれています

L.L.Bean(エルエルビーン)はおしゃれ?ダサい?評判は?

L.L.Bean(エルエルビーン)ってよく聞くけど、おしゃれなブランドなの?ダサくないの?評判は良いの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

1912年にアメリカで設立した、決して一過性のトレンドではおさまらない創業100年を超える老舗のアウトドアブランドです。

特に、ゴム製の靴底にレザーのアッパーを縫い付けたハンティングブーツの開発で認知度が拡大し、1944年に誕生したキャンバスのトートバッグ等ブランドの顔とも言われる名作が世界中で知られています。

中には、ファッションのトレンドに左右されて急激な認知度の拡大の後、衰退していくブランドはあります。

しかし、L.L.Bean(エルエルビーン)は、時代の変化と共に衰退していくのではなく、定番の名作として多くの人に注目され続けるべき名ブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いは収束しつつも、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いL.L.Bean(エルエルビーン)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越し下さりありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

『L.L.Bean(エルエルビーン)』は幅広い年齢層に選ばれる名作トートバッグを生み出したアウトドアブランド

街着からキャンプ、BBQ等のアウトドアにも使える『キャンバス地のトートバッグ』は人気のアイテムです

特に、子供のいる世帯では何かと荷物が多くなる機会も多いでしょう。

ちょっとした公園へのお出かけでも、荷物をザクっと入れる事が出来る容量のバッグを持って行かない事はないのではないでしょうか。

おしゃれ用の街着のバッグとしても、軽く肩にかける事が出来て容量を入れる事が出来るキャンバストートバッグは使い易いアイテムです。

特に、アイビーやプレッピーに、トラッド等大人のおしゃれな上品なスタイルには必須のバッグとしても採用される事が多いですね。

人気の証拠に、ありとあらゆるメーカーがキャンバス地のトートバッグという見た目にはあまり変わらないアイテムを作っています。

それ程までに、キャンバス地のトートバッグは使い勝手の良い万能アイテムなのです。

では、トートバッグを選ぶ際、何を注意しなければならないのか気になる所ですよね。

ポイント

  • 容量』⇒人によって使用用途は違いますよね。あまりにも大きな容量は見栄えが悪いので適正な大きさを選ぶ必要があります。
  • ハンドルの長さ』⇒肩にかける事が多いトートバッグは肩の収まる適正なハンドルの長さを選ぶ事が必要です。
  • 自立するか』⇒トートバッグは椅子や机、地面に置くことも多いですよね。その時に自立しないと使いにくいです。

これらの判断材料を満たした上で、大人が持つべきトートバッグとはやはり歴史のある名作ブランドですよね

街着でもおしゃれに使えて、実用性のある機能性が特徴のトートバッグがあると便利です。

そんな人に重宝するのが『L.L.Bean(エルエルビーン)』のトートバッグです

歴史のある老舗ブランドだからこその選べるサイズやハンドル等の幅広い展開があるこだわりのブランドですよね。

買い物バッグとして使える『グローサリートート』も近年では人気が上昇しています

こんな人におすすめ

  • L.L.Bean(エルエルビーン)っておしゃれなの?ダサいの?
  • トートバッグの有名なブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来る使い易いトートバッグが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 手軽に爽やかに使えるおしゃれなトートバッグが欲しい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『L.L.Bean(エルエルビーン)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『使い込むほど味の出るタフさ』
  • 『子供がいる家庭にも嬉しい嬉しい大容量バッグ』
  • 『プレッピーやトラッドスタイルの相棒にはこのバッグ』

悪い口コミ

  • 『素材が肉厚で硬い…』
  • 『小分け収納がなくて不便…』
  • 『トートバッグの割に価格が割高』

続けて、詳しく解説していきます。

気兼ねなく使える耐久性の高さに関しての口コミ

特に、L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグが誇るタフさに関しての声は多いですね。

一般的なジーンズが13オンス程度の所、24オンスを誇る重みのあるキャンバス地が耐久性の秘密です。

履物であるジーンズですら何年も着れる耐久性を誇るのに、その倍ほどの肉厚なキャンバス地のタフさは計り知れないですね。

ポイント

丈夫な上に、洗濯も可能でガシガシ洗って雑に使う程に味の出る経年変化も魅力なのです。

故に、ジーンズやトラッドにアイビールック等、古き良きモノを好み経年変化による味を大事にするスタイルの定番トートバッグとしても長年君臨してきた程の人気っぷり。

反して、その扱い易さからマザーズバッグとしての用途としても喜びの声も多数

おむつや着替えにおやつや水筒など、何も考えずともザクっと入れて持ち運べる大容量トートバッグが人気。

汚れやダメージ等も気にせず、自立もするという持ちごたえが子供世帯にも支持されているのですね。

使いづらさに関しての口コミ

一方で、小分けポケットがない事や、生地の硬さに関して、使い勝手が悪いという声も挙がっています。

あくまでも元々は、氷運搬用のバッグとして誕生した背景もあり、小分け収納のポケットがないのは確かにデメリット。

しかし、小型ポーチやZIPロック等を使って工夫する主婦の収納上手さんには全然気になりませんね。

ザクっと荷物を入れるのに便利という子供世帯や、その粗さが良いと思うアメリカファッション好きにはある意味でメリットにもなります

収納ポケットが採用されているモデルもあるので、収納下手さんはそちらのモデルを検討して見て下さい。

加えて、24オンスの肉厚生地が良いという面もあれば、硬くて不便と言う声も。

ポイント

特に、使い始めは硬さが気になります。

しかし、ジーンズと同様に使っているうちに生地が軟化して、しっくりくるのもこういったアイテムの良い点。

どうしても気になる人は、最初に数回水洗いすると硬さは軽減します。

価格に関しての口コミ

価格に関しての口コミも見られますね。

一般的に使い易いミディアムサイズやラージサイズで1万円前後という価格は、キャンバストートバッグの中では割高に感じる人いるでしょう。

しかし、使える年数と使い勝手に加えてMADE IN USAの名作バッグという点を加味すると、コスパの良いアイテムであることは間違いありませんね

あまりブランドを気にしない安いバッグを探している人であれば、あまり向いていないバッグでもあります。

安心安定の定番名作という点で評価して考えても良いですね。

なぜ人気?多くの人に愛される名作『L.L.Bean(エルエルビーン)』人気の理由8選

ポイント

  • 選べる容量と開口部のZIP』⇒小型の弁当入れから、大容量のアクティブや旅行に使えるサイズまで5種類から選べる容量が魅力。開口部のZIPの有無も選ぶことが出来る使い勝手の良さ。
  • 選べるハンドルの長さ』⇒手持ちで気軽に使うレギュラーと肩掛けで楽に使えるロングの2種類から選べるハンドルの長さが気が利くポイント。
  • 頑丈で長く使える生地』⇒24オンスのヘビーなキャンバス生地は長く使える頑丈な素材。ハンドルと底にあしらわれた布は強固さを補填しているパーツでありながらデザイン性も作り出している魅力的な特徴。
  • マチの広さと自立』⇒マチ(鞄底)はしっかりとられていて容量をアップ。マチの広さとヘビーなキャンバス地が可能にするバッグ単体でのしっかりとした自立する安心感が嬉しいポイント。
  • 職人によるハンドメイド』⇒機械生産が進む今日においても創業当時から変わらない職人によるハンドメイドで作られる製品はこだわりのモノづくり。手間がかっているわりにコスパが抜群なのも人気の理由。
  • MADE IN USA』⇒男心をくすぐるこだわりのアメリカ製も魅力。
  • 歴史に名を遺す代名詞となる名作』⇒氷運搬用バッグをヒントに生み出されたボート・アンド・トートバッグは、トートバッグと言えばエルエルビーンという人も多い名作。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

L.L.Bean TOTE BAG

使い勝手の良い名作トート

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

使い勝手

8

お洒落度

9

認知度

6

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『L.L.Bean(エルエルビーン)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

L.L.Bean

1912年、アメリカでレオン・レオンウッド・ビーンによって設立されたアウトドアブランド。

たった一人の個人経営から始まり今やグローバルに活躍している。

ゴム製の靴底にレザーのアッパーを縫い付けるというハンティングブーツを作り出したことで広く知られている。

その後1944年には、氷運搬用のバッグからヒントを得て作られたトートバッグである『ボート・アンド・トート・バッグ』等ファッション史に名を残すような定番名作を作りだしている。

アウトドアという非日常の中で得られる喜びを多くの人に知ってもらいたいという熱意と共に数々の機能性に特化した製品づくりが特徴。

その機能的で日常に馴染む製品は、街着からキャンプやBBQ等のアウトドアまで幅広く愛されるお洒落なファッションアイテムとして人気が集まっています

その証拠に日本国内では名だたるセレクトショップでの取扱いや雑誌等のメディアでの露出も多いブランドですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.llbean.co.jp/home-show/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

人其々の用途に合った選べるサイズとZIPの有無

その人その人のライフワークや使用用途は様々ですよね。

L.L.Bean(エルエルビーン)のボート・アンド・トート・バッグは、選べるサイズ感が魅力です

ミニ、スモール、ミディアム、ラージ、エクストララージと弁当入れサイズから旅行にも使えるほどの大容量が選ぶことが出来ます。

定番人気の名作だからこそのサイズバリエーションが嬉しいポイントですね。

開口部のZIPの有無も仕様用途により異なります。

手軽に取り出したい人はZIP無しを、しっかり収納したい人はZIP有りを選ぶことが出来るのも魅力ですね

好みに合わせた選べるハンドルの長さ

トートバッグは、手持ちで持ちたい人と肩から掛けたい人に分かれますよね。

手でコンパクトに持ちたいのにハンドルが長かったり、反対に肩にかけるにはハンドルが短かったりとストレスになる事がありますよね。

L.L.Bean(エルエルビーン)のボート・アンド・トート・バッグは、選べるハンドルの長さが魅力です

手持ちでスタイリッシュに決まるレギュラーと、手軽ににかけるロングの長さを選ぶことが出来ます

頑丈で長く使えるヘビーウェイトキャンバスコットン

キャンバスコットンは、爽やかで清潔感がある長く使えるファッションアイテムです。

反して、キャンバスコットンであるからこそ、『汚れる』というデメリットは回避できません。

しかし、L.L.Bean(エルエルビーン)のボート・アンド・トート・バッグは24オンスのヘビーウェイトキャンバスコットンを使われているからこそガシガシ洗えるのも魅力の1つ

ヘビーウェイトであるからこそ、幾度の洗濯にも耐えうる頑丈で長く使えるメリットにが生まれます

10年以上使えるタフさも人気の理由です。

広くとられたマチは容量と共に自立の手助け

机、いすや地面に置いた時に、へたって自立しないバッグは意外と使いづらいですよね。

少し席を離れる時に倒れたり、モノを取り出す時にも意外とストレスになります。

L.L.Bean(エルエルビーン)のボート・アンド・トート・バッグは、広くとられたマチも嬉しいポイントです。

底まで物が詰まるしっかりとした容量に加えて、ヘビーウェイトのキャンバス地と相まってバッグ単体での自立を可能にします

創業当時から変わらない職人によるハンドメイド

産業の発展と共に、ファッションアイテムも機械生産が多くなってきましたよね。

創業当時から変わらないこだわりの職人によるハンドメイドのモノづくりが魅力です

手間のかかるハンドメイドに加えて、10年以上使えるタフな製品の割に価格設定が比較的安価な抜群のコスパが人気の理由ですね

こだわりのMADE IN USA

中国や東南アジア製などが増える中で本国での生産背景を継続するこだわりのあるブランドですね。

アメリカの工場で作られるMADE IN USAは、創業から変わらないブランドの価値の高さと男心をくすぐる徹底ぶりです

歴史的に認知された代名詞となる製品

様々なファッションアイテムには、代名詞と呼ばれるような代表ブランドが存在します。

氷運搬用バッグをヒントに生み出されたボート・アンド・トートバッグもその1つですね。

トートバッグと言えばL.L.Bean(エルエルビーン)、L.L.Bean(エルエルビーン)と言えばトートバッグという人も多いファッションの歴史に名を遺す名作です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』トートバッグ評判の名作定番おすすめ6選

機能的でスタイリッシュでシンプルだからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

カジュアルでありながらリゾートからタウンユースまで大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出します

決して、極端に安いわけではないですが、全く手が出ない程の価格ではない上に使う程に愛着のでる年月を考えるとコスパ抜群のアイテムですね

ボート・アンド・トート・バッグ ミニ

pick up

ボート・アンド・トート・バッグ ミニ

最も小さく、弁当が入るくらいのサイズ感のモデルですね。

トートバッグというよりも、手持ちのハンドバッグとしての使い方が一般的です

どちらかというと女性が財布やハンカチ、スマホ等を手軽に持ち運びたい時に使うバッグですね。

男性が使う場合は、弁当入れやサブバッグに最適です。

高さ17cm×幅24cm×奥行13cm

ボート・アンド・トート・バッグ スモール

pick up

ボート・アンド・トート・バッグ スモール

A4サイズが縦に収まるサイズ感のモデルですね。

教科書や雑誌、ペットボトル等が収まる手軽に持ち運べる容量が魅力です。

タウンユースからちょっとしたお出かけなど、手軽に持ち運ぶトートバッグとして選ばれます

高さ27cm×幅24cm×奥行13cm

ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム

pick up

ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム

13インチ程度のPCが入るサイズ感のモデルですね。

タウンユースからビジネス、通学にも使える書類や雑誌から折り畳み傘、ペットボトルに加え、上着もザクっとと入れる事が出来る容量が魅力です。

迷ったらこのサイズ感で間違えない鉄板のサイズ感として選ばれます

高さ30cm×幅33cm×奥行15cm

ボート・アンド・トート・バッグ ラージ

pick up

ボート・アンド・トート・バッグ ラージ

1.5ℓのペットボトル10本入るサイズ感のモデルですね。

アウトドアやキャンプを始め子供と公園へ遊びに行くときの手荷物や一泊二日の旅行まで使える容量が魅力です

高さ38cm×幅43cm×奥行19cm

ボート・アンド・トート・バッグ エクストララージ

pick up

ボート・アンド・トート・バッグ エクストララージ

一番大容量のモデルですね。

タウンユースというよりは、旅行やアクティブ等大容量の荷物を持ち運ぶ時用に選ばれます

高さ43cm×幅46cm×奥行24cm

グローサリートート

pick up

グローサリートート

グローサリーとは、日用品や雑貨、食品を指す言葉で買い物バッグとしても使える大人気のモデルですね

頑丈で固めの本格的なトートバッグとは違い、柔らかく使い易い手軽な価格設定が特徴的です

買い物バッグは勿論、普段使いにも使える手軽さが魅力的ですね。

生地が柔らかく自立はしないので置くことを念頭に置いている人は注意が必要です。

高さ37cm×幅45cm×奥行17cm

まとめ:人気の理由は爽やかに大人の日常を飾る長く使える評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 選べる容量と開口部のZIP』⇒小型の弁当入れから、大容量のアクティブや旅行に使えるサイズまで5種類から選べる容量が魅力。開口部のZIPの有無も選ぶことが出来る使い勝手の良さ。
  • 選べるハンドルの長さ』⇒手持ちで気軽に使うレギュラーと肩掛けで楽に使えるロングの2種類から選べるハンドルの長さが気が利くポイント。
  • 頑丈で長く使える生地』⇒24オンスのヘビーなキャンバス生地は長く使える頑丈な素材。ハンドルと底にあしらわれた布は強固さを補填しているパーツでありながらデザイン性も作り出している魅力的な特徴。
  • マチの広さと自立』⇒マチ(鞄底)はしっかりとられていて容量をアップ。マチの広さとヘビーなキャンバス地が可能にするバッグ単体でのしっかりとした自立する安心感が嬉しいポイント。
  • 職人によるハンドメイド』⇒機械生産が進む今日においても創業当時から変わらない職人によるハンドメイドで作られる製品はこだわりのモノづくり。手間がかっているわりにコスパが抜群なのも人気の理由。
  • MADE IN USA』⇒男心をくすぐるこだわりのアメリカ製も魅力。
  • 歴史に名を遺す代名詞となる名作』⇒氷運搬用バッグをヒントに生み出されたボート・アンド・トートバッグは、トートバッグと言えばエルエルビーンという人も多い名作。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

LLbean TOTE BAG

使い勝手の良い名作トート

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

10

使い勝手

8

お洒落度

9

認知度

6

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』トートバッグの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド158選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

pick up

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね。

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『洋服サブスク』手軽に体験メンズファッションレンタル評判3選

ダサいのは嫌、でも服を選ぶのもよくわからないし面倒くさいと言う人は多いですよね。 『最近、耳にする月 ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介