人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【エルエルビーン】評判調査。いくつもの名作を持つアウトドアウェア

本サイトのリンクには広告が含まれています

L.L.Bean(エルエルビーン)はおしゃれ?ダサい?評判は?時代遅れ?

L.L.Bean(エルエルビーン)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1912年にアメリカで創業した、老舗のアウトドアブランド。

特に、創業時に取り組んでいたハンティング用のラバーをあしらった防水ブーツである『ビーンブーツ』や、1944年に開発された『トートバッグ』は現代でもブランドの代名詞として多くの人に愛されています。

しかし、L.L.Bean(エルエルビーン)は、『ビーンブーツ』や『トートバッグ』だけにとどまらず、今に続くフリースやアウターにニット等のアウトドア由来のウェアにおいても幾つもの定番名作を生み出しています。

故に、多少のトレンドの移り変わりはあれど、110年以上続く老舗としてファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いL.L.Bean(エルエルビーン)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか、まずは私と一緒にブランドの背景に触れてみましょう

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『L.L.Bean(エルエルビーン)』は幅広い年齢層に選ばれる米国生まれの老舗アウトドアブランド
  2. 『L.L.Bean(エルエルビーン)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. デザインに関しての口コミ
    2. 機能性に関しての口コミ
    3. サイズに関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される名作『L.L.Bean(エルエルビーン)』人気の理由8選
    1. 創業110年を超える老舗ブランド
    2. 多ジャンルに愛される認知度の高い名作の存在
    3. アウトドア由来の高い機能性
    4. レトロでクラシカルなデザイン性
    5. こなれた価格設定
    6. 日本人にあったジャパン企画と本場のアメリカ企画
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『L.L.Bean(エルエルビーン)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選
    1. ブランドの顔であり創業時に関わった防水ブーツ『Bean Boots(ビーンブーツ)』
    2. キャンバストートと言えばL.L.Bean(エルエルビーン)な『ボート・アンド・トート』
    3. インナーにもメインにも使える肉厚フリース『マウンテン・パイル・フリース』
    4. セーター代わりに着るインナーフリース『セーター・フリース』
    5. 古着市場でも人気のある程よい柄が目を引くセーター『ビーンズ・クラシック・ラグ・ウール・セーター』
    6. ヘビロテ間違いなしの程よい厚手の起毛シャツ『シャミー・クロス・シャツ』
  5. まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る長く愛用できる評判のアウトドアウェア

『L.L.Bean(エルエルビーン)』は幅広い年齢層に選ばれる米国生まれの老舗アウトドアブランド

近年のアウトドアブームの後押しもあり、ファッションにおいてアウトドアウェアを街着にも採用する人は多くなりました。

例え、キャンプやBBQ等のアウトドアをしない人でさえ、カジュアルで街着に馴染むアウトドアウェアはファッションの人気ジャンルの一つとして選択肢に挙げられます。

特に、アウトドアブランドは、昔から続く老舗も多くロゴが1つのポイントとして認知されています。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)やPatagonia(パタゴニア)等のアウトドアブランドを思い浮かべる人も多いでしょう。

どちらかと言うと、ストリートのファッションにも取り入れられる認知度を誇るTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)。

レトロで玄人感のあるアウトドアウェアとして注目されるPatagonia(パタゴニア)。

一方で、これらのブランドは価格帯で言えば、少し高価で本格派な印象があります。

では、少し安価で取り入れ易く認知度が高いアウトドアブランドとは何か…。

そんな人に重宝するのが『L.L.Bean(エルエルビーン)』です

110年を超える老舗でありながら、女性人気やプレッピースタイルの定番としても広く知られるトートバッグやビーンブーツ等の名作を持ち、比較的安価な価格で手に入り易いアウトドアウェアを提供しているブランドですね。

こんな人におすすめ

  • L.L.Bean(エルエルビーン)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 街着でもおしゃれに映えるアウトドアブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来る使い易いアウトドアミックスに使えるウェアが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『L.L.Bean(エルエルビーン)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『デザインがクラシックで着易い』
  • 『トートバッグの印象が大きい』
  • 『程よい機能性が街着で使い易い』

悪い口コミ

  • 『アウトドアブランドの中でも少しおじさん臭いイメージがある』
  • 『本格的なアウトドアでは使いづらい機能性能』
  • 『アメリカ企画のサイズが大きい』

続けて、詳しく解説していきます。

デザインに関しての口コミ

特に、近代的なデザインではなくクラシックなデザインが好まれる声が挙げられます。

どこか懐かしさを感じるレトロな雰囲気は街着にも馴染み易くどんなスタイルにも合わせ易いですね。

一方で、古臭くおじさんっぽいという声も挙げられます。

カジュアルなアウトドアウェアだけに、少しキレイ目なスタイルに合わせて着こなす事で大人のコーディネートとして使い易いですね

機能性に関しての口コミ

機能性に関して、程良い機能性が街着に馴染むという声も多いですね。

アウトドア由来のブランドだけあって、防風、防寒に撥水機能等街着に使っても快適に過ごせる機能を持ち合わせています。

反面、本格的な登山やトレッキングする人からすると少し物足りないと言う声も挙がっています。

ノースフェイスやパタゴニア等、本格派のアウトドアブランドからすれば価格も安いため機能性はそこそこといった印象。

あくまでも軽めのトレッキングやキャンプにBBQ、アウトドアミックスの街着に検討するのが良いですね

サイズに関しての口コミ

日本においてもアメリカ企画の商品が流通しているので、サイズが大きいという声もありますね。

しかし、現代の少しオーバーサイズで着る傾向にあるファッションのトレンドにおいて、オーバーサイズのアメリカ企画でもざっくり着る楽しみ方は有効です。

同時に日本企画も販売されているので、ジャストサイズで試したい人は、ジャパンフィットを選べば解消されます。

なぜ人気?多くの人に愛される名作『L.L.Bean(エルエルビーン)』人気の理由8選

ポイント

  • 創業110年を超える老舗ブランド』⇒ビーンブーツやトートバッグ等、今尚続くアメトラやアイビーというファッションジャンルの顔とも言える名作を生みだした100年以上続く老舗ブランド。
  • 多ジャンルに愛される認知度の高い名作の存在』⇒アウトドアブランドでありながら、アウトドアとは関係のないファッションジャンルにおいても、キャンバストートバッグと言えばエルエルビーンと言うような老若男女問わずに愛される名作の存在が魅力。
  • アウトドア由来の高い機能性』⇒日常にはない様々な環境に対応する必要があるアウトドア由来の高い機能性を持ちながら、街着にも馴染むバランス感が特徴。
  • レトロでクラシカルなデザイン性』⇒古き良き時代のアウトドアウェアのレトロさを垣間見る、どこか懐かしさを感じるクラシックなデザインが長く愛され続ける所以。
  • こなれた価格設定』⇒他のアウトドアブランドと比べて、良い意味で突出して高機能ではなく、街着にも使い易いファッションアイテムでもあるが故に、価格帯に関しても突出して高いわけではないこなれた価格が魅力。
  • 日本人にあったジャパン企画と本場のアメリカ企画』⇒完全に日本企画で使られる名前だけのブランドでもなく、アメリカ企画の本格派と日本企画の着易さを選べるのも嬉しいポイント。
  • 大手セレクトショップの取り扱いと別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

L.L.Bean OUTDOOR WEAR

街着に合うレトロアウトドア

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛着

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『L.L.Bean(エルエルビーン)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

L.L.Bean

1912年、アメリカでレオン・レオンウッド・ビーンによって設立されたアウトドアブランド。

たった一人の個人経営から始まり、今やグローバルに活躍している。

ゴム製の靴底にレザーのアッパーを縫い付けるという防水性のハンティングブーツを作り出したことで広く知られている。

その後1944年には、氷運搬用のバッグからヒントを得て作られたトートバッグである『ボート・アンド・トート・バッグ』等ファッション史に名を残すような定番名作を作りだしている。

アウトドアという非日常の中で得られる喜びを多くの人に知ってもらいたいという熱意と共に数々の機能性に特化した製品づくりが特徴。

特に、ブランドの顔とも言えるビーンブーツやトートバッグは、トラッドやアイビー、プレッピーと言ったファッションジャンルの代名詞的なアイテムに挙げられる程の名作として現代まで愛され続けている。

その機能的で日常に馴染む製品は、街着からキャンプやBBQ等のアウトドアまで幅広く愛されるおしゃれなファッションアイテムとして人気が集まっています。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.llbean.co.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

創業110年を超える老舗ブランド

長く続く老舗と言われるブランドは、長く永続する理由があり、それだけで価値を表す存在とも言えます。

L.L.Bean(エルエルビーン)は1912年に創業し、好景気の時代があれば不景気の時代もある世の中の情勢に負けずに存在し続けています。

アウトドアがトレンドになる時もあれば、アウトドアからトレンドが離れ少し下火の時期を経験しながらも、今尚多くに人に愛され続ける老舗は信頼の証ですね

多ジャンルに愛される認知度の高い名作の存在

特に、アウトドアブランドでありながら、アウトドアだけではなく幅広いジャンルに愛される名作があるのも魅力。

アメトラやアイビースタイルというファッションジャンルの顔とも言えるトートバッグやビーンブーツの存在は、時代が移ろえども一定のファンがいる普遍的な存在。

特に、キャンバストートバッグに関して言うと、キャンバストートと言えばL.L.Bean(エルエルビーン)とも認知される程に、アイコン的な立ち位置を占めています。

ファッションジャンルに関係なく、キャンバストートを愛用する主婦層にはマザーズバッグとして愛され、あらゆるファッションにおいても精通するキャンバストートバッグという老若男女問わない名作としてブランドを支えています

アウトドア由来の高い機能性

日常にない少し過酷な環境下でも自然を楽しむために生み出されたアイテムの数々だからこそ、日常でも役に立つ機能性が備わっているのも魅力。

防風、防寒、撥水性等の自然に対応する機能性は勿論、アウトドアであるからこそ日常よりもウェアに掛かる負荷にも耐え得る耐久性を要しています

ビーンブーツは今なお続く防水に特化したブーツであり、トートバッグは元々氷を入れて運ぶバッグをヒントに開発された耐久性の高いキャンバス地のバッグ。

フリースやナイロンのアウター等は防風、防寒、撥水性に秀でたウェアとして街着でも身体を守ってくれる程よい機能性が魅力ですね。

レトロでクラシカルなデザイン性

加えて、古き良き時代を感じさせる良い意味でレトロなデザインが魅力。

決して、近代的でも洗練された独特なデザイン性でもなく、昔ながらのアウトドアウェアというようなクラシカルさが長く愛され続ける所以

夫婦やカップルに親子3代お揃いで着ても違和感のないリンクコーデにも役立つ馴染み易さが嬉しいポイントですね。

こなれた価格設定

良い意味で高機能過ぎないのもL.L.Bean(エルエルビーン)の魅力。

アウトドアブランドとは、手軽なトレッキングやキャンプにBBQから、過酷で本格的な登山まで網羅しているブランドもあります。

故に、過酷な環境に耐え得る程に機能性が高くなればなるほど、勿論価格も高くなります。

一方で、L.L.Bean(エルエルビーン)の製品は、非日常の中で得られる喜びを多くに人に知ってもらいたいという熱意を基に、自然を楽しむ事が出来る範囲のラインナップが中心。

故に、全体的に他のアウトドアブランドと比べても街着で着易い機能性で、それに合ったこなれた価格設定が嬉しいポイントです

日本人にあったジャパン企画と本場のアメリカ企画

現代のファッションにおける老舗ブランドにおいて、元々のブランドとかけ離れてファッションとして売れる製品を世に送り出すブランドもあります。

そんな中で、L.L.Bean(エルエルビーン)は、本国アメリカ企画の製品が流通しているのも嬉しいポイント

元々のブランドの意思を尊重し、長年にわたってブランドのコンセプトが守られているのは価値がある事ですね。

加えて、体型が大き目なアメリカ人に対して、小柄な日本人に合ったサイズで展開される日本企画があるのも嬉しいポイント。

本格派を選ぶか、着易さを選ぶか選択肢があるのは魅力的ですね。

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップでの取扱いや著名ブランドとのコラボ等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選

高い機能性と街着にも使い易いファッション性を併せ持ち、長く続く老舗ブランドとして定評があるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

タウンユースとしても使える名作の数々は、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

ブランドの顔であり創業時に関わった防水ブーツ『Bean Boots(ビーンブーツ)』

pick up

■『Bean Boots(ビーンブーツ) 8インチ

少しクセありな顔ですが、高品質なレザーと防水ラバーのコンビネーションが特徴的なハンティングブーツですね。

日常の雨の日や雪の日や、足元が濡れがちなキャンプやアウトドアにも持ってこいの一足。

コーディネートの主役になる存在感が魅力ですね。

創業当時から引き継がれるアメリカの自社工場にて職人の手によって一点一点作られるハンドメイドのMADE IN USAが心惹かれます。

日常の雨対策のレインブーツとしてもアウトドアミックスのアメトラスタイル等、存在感のある足元に選ばれます

■『Bean Boots(ビーンブーツ) 6インチ

少し短めのミドルブーツの長さを選べるのも嬉しいポイント。

ボトムスの裾にも干渉しにくいので、コーディネートとして取り入れ易いのが魅力ですね。

■『Bean Boots(ビーンブーツ) ガムシューズ

更に短いシューズタイプがコーディネートのお供にピッタリの使い易さ。

手軽に取り入れるアウトドアミックスに選ばれます。

キャンバストートと言えばL.L.Bean(エルエルビーン)な『ボート・アンド・トート』

pick up

■『ボートアンド・トート

ビーンブーツに次ぐ、1944年に誕生した名作トートバッグ。

氷運搬用のバッグをヒントに発明された、耐久性と存在感のある24オンスのヘビーキャンバス生地が特徴的。

ビーンブーツと同様に、MADE IN USAの職人によるハンドメイドも心惹かれますね。

トラッド、アイビースタイルの定番バッグとして認知度が高く、マザーズバッグとして主婦を始めレディースにもファンの多い名作です。

サイズ展開の多さやハンドルの長さに開口部のZIP等、生活習慣に合わせて選べるバリエーションが魅力。

あらゆるスタイルの鉄板のキャンバストートバッグとして選ばれます

男性で使い易いのは、上記のミディアムサイズを選べば間違いなしですね。

HI10×2KI

サイズ展開やバリエーション等、ボートアンドトートに関して詳しくはこちらの記事☟

ダサいを解消。【エルエルビーン】トートバッグ評判調査。幅広い層に愛される名作

L.L.Bean(エルエルビーン)はおしゃれ?ダサい?評判は? L.L.Bean(エルエルビーン)っ ...

続きを見る

インナーにもメインにも使える肉厚フリース『マウンテン・パイル・フリース』

pick up

■『マウンテン・パイル・フリース・ジャケット

一枚でも様になる肉厚フリースのモデルです。

300ウェイトと厚手ながらに、軽さと暖かさに加えて着心地も良い一着。

真冬のキャンプやアウトドアシーンには、テックアウターのインナーとしても着れる上に、少し寒い程度の街着としてならメインアウターとしても役立つ使い勝手が〇。

クラシックで男らしいボアフリースの表情がアウトドアらしくて良いですね。

アウトドアミックスの街着スタイルから、軽いトレッキングやキャンプに手軽に着れるアウターとして選ばれます

■『マウンテン・パイル・フリース・ベスト

袖が邪魔と感じる人には、ベストタイプも選べるのも嬉しいですね。

セーター代わりに着るインナーフリース『セーター・フリース』

pick up

■『セーター・フリース

伸縮性のあるフリースで、スウェットやセーター代わりに着る事が出来る一着。

スタンドカラーのプルオーバータイプでサイドにポケットも付いているので、寒さが本格派していない時期にはメインもはれる着易さが魅力です。

アウトドアミックスの街着スタイルから、軽いトレッキングやキャンプのインナーとして選ばれます

古着市場でも人気のある程よい柄が目を引くセーター『ビーンズ・クラシック・ラグ・ウール・セーター』

pick up

■『ビーンズ・クラシック・ラグ・ウール・セーター

バーズアイ柄の中肉のセーターですね。

昔からあるクラシックで程よい柄が目を引くセーターは、古着市場でも注目されている一着。

ソフトな触り心地にラムウール100%の暖かさは重宝します。

アウトドアミックスの街着スタイルから、シャツ合わせやTシャツの上から着る少し柄の有る上質なセーターとして選ばれます

ヘビロテ間違いなしの程よい厚手の起毛シャツ『シャミー・クロス・シャツ』

pick up

■『シャミー・クロス・シャツ

1933年に誕生したアウトドアらしい7.5オンスの少し肉厚なネルシャツですね。

柔らかく着心地の良いソフトな起毛素材に、両胸のポケットがデザイン性にもなる一枚着にも最適。

アウトドアミックスの街着スタイルに羽織るシャツとしても、軽いトレッキングやキャンプのインナーとして選ばれます

無地だけでなくチェックを選べるバリエーションの広さも嬉しいですね。

まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る長く愛用できる評判のアウトドアウェア

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 創業110年を超える老舗ブランド』⇒ビーンブーツやトートバッグ等、今尚続くアメトラやアイビーというファッションジャンルの顔とも言える名作を生みだした100年以上続く老舗ブランド。
  • 多ジャンルに愛される認知度の高い名作の存在』⇒アウトドアブランドでありながら、アウトドアとは関係のないファッションジャンルにおいても、キャンバストートバッグと言えばエルエルビーンと言うような老若男女問わずに愛される名作の存在が魅力。
  • アウトドア由来の高い機能性』⇒日常にはない様々な環境に対応する必要があるアウトドア由来の高い機能性を持ちながら、街着にも馴染むバランス感が特徴。
  • レトロでクラシカルなデザイン性』⇒古き良き時代のアウトドアウェアのレトロさを垣間見る、どこか懐かしさを感じるクラシックなデザインが長く愛され続ける所以。
  • こなれた価格設定』⇒他のアウトドアブランドと比べて、良い意味で突出して高機能ではなく、街着にも使い易いファッションアイテムでもあるが故に、価格帯に関しても突出して高いわけではないこなれた価格が魅力。
  • 日本人にあったジャパン企画と本場のアメリカ企画』⇒完全に日本企画で使られる名前だけのブランドでもなく、アメリカ企画の本格派と日本企画の着易さを選べるのも嬉しいポイント。
  • 大手セレクトショップの取り扱いと別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

L.L.Bean OUTDOOR WEAR

街着に合うレトロアウトドア

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛着

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『L.L.Bean(エルエルビーン)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド156選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介