人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【ラングラー】評判調査。アメリカ三大ジーンズの一角。型番の選び方

本サイトのリンクには広告が含まれています

Wrangler(ラングラー)はおしゃれ?ダサい?評判は?

Wrangler(ラングラー)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1947年に創業し、前身をワークウェアメーカーであるブルーベル社が立ち上げたブランド。

元々は作業着でありながら、タフで機能的なジーンズがカウボーイから人気を集め認知度が拡大しました。

現在でも、Levi's(リーバイス)やLee(リー)に並ぶアメリカ三大ジーンズの一角として知られる定番デニムの位置付けです。

一方で、Levi's(リーバイス)やLee(リー)に比べると一般的にはあまりなじみのない認知度の低さも面白い。

故に、決して一過性のトレンドに左右されるだけのファッションブランドではありません。

現在では、セレクトショップの別注や注目のブランドとのコラボ等、定番的な老舗ブランドとして注目されている事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いWrangler(ラングラー)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『Wrangler(ラングラー)』は幅広い年齢層に選ばれる米国生まれのカウボーイに愛された老舗ジーンズブランド
  2. 『Wrangler(ラングラー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. アメリカのこだわりジーンズという反面で古臭いという口コミ
    2. 価格に関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『Wrangler(ラングラー)』人気の理由8選
    1. アメリカ三大ジーンズの一角
    2. ロデオカウボーイ協会から公式認定された歴史
    3. ファッションと関係性の深いデザイン性
    4. 強固さを象徴するディティール
    5. リーズナブルで手の出し易い定番ジーンズ
    6. 過去のモデルを踏襲したアーカイブの選択肢
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『Wrangler(ラングラー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル5選
    1. カウボーイに愛された定番ストレート『13MWZ』
    2. 13MWZのブーツカットバージョン『77MWZ』
    3. 13MWZを踏襲した現代のストレート『US ORIGINAL カウボーイカットパンツ』
    4. カウボーイブーツ用ジーンズをルーツにもつブーツカット『US ORIGINAL フレアパンツ』
    5. 程良い広がりが使い易いフレアし過ぎないドレスパンツ『ランチャードレスパンツ』
  5. 普通の人が選ぶ普通の定番ジーンズ『BROWNシリーズ』
    1. 普通の人が選ぶ普通のストレート『レギュラーストレートパンツ WM3913』
    2. 普通の人が選ぶすっきりとしたストレート『スリムストレートパンツ WM3912』
    3. 普通の人が選ぶゆったりとしたストレート『ルーズストレートパンツ WM3914』
    4. 昔ながらの裾の広がったブーツカット『フレアーパンツ WM3917』
  6. 古き良き時代のアメリカジーンズを復刻した『ARCHIVE(アーカイブ)シリーズ』
    1. こだわりの人が選ぶ初期型Wrangler(ラングラー)『11MW 1951 MODEL』
    2. 履き易く改良されたマイナーチェンジモデル『11MWZ 1958 MODEL』
  7. まとめ:人気の理由は日常に馴染むアメリカジーンズ評判の愛用品

『Wrangler(ラングラー)』は幅広い年齢層に選ばれる米国生まれのカウボーイに愛された老舗ジーンズブランド

ジーンズは、カジュアルウェアの代表的なアイテムとして誰もが一着は持っているといって良い程のボトムスでもありますよね。

『カジュアル見えすぎる…』と敬遠されることもあるジーンズですが、ここ数年トレンドのアイテムとしても取り上げられていることもチラホラ。

定番的なジーンズであるLevi's(リーバイス)やLee(リー)、EDWIN(エドウイン)等は少し知名度が高すぎて面白味がないな…という人もいるでしょう。

しかし、一時期流行った海外物のブランドは値段が高い…かといって価格で選ぶユニクロには少し抵抗がある…。

そんな人に重宝するのが『Wrangler(ラングラー)』のジーンズです

アメリカ三大ジーンズの一角として言われる程の老舗の定番ジーンズブランドであるが、実際には意外と知る人ぞ知るブランドという知名度。

現在では、日本が誇るジーンズのクオリティに関して海外でも評価の高いEDWIN(エドウイン)の傘下でモノづくりが行われるハイクオリティの割に比較的安価な価格設定も嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ

  • Wrangler(ラングラー)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染む定番のジーンズブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るジーンズの人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Wrangler(ラングラー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Wrangler(ラングラー)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『アメリカのこだわりジーンズ』
  • 『シルエットが綺麗』
  • 『丈夫で長持ちする』
  • 『価格が手頃でコスパが良い』

悪い口コミ

  • 『デザインが古臭い』
  • 『ジーンズ屋さんのジーンズというイメージ』
  • 『価格が高く手が出ないモノがある』

続けて、詳しく解説していきます。

アメリカのこだわりジーンズという反面で古臭いという口コミ

アメカジや古着好きの有識者からは評判の良いWrangler(ラングラー)。

一方で、『ジーンズ屋さんのジーンズ』というイメージや『古臭い』という意見を持っている人もいます。

それもそのはず、Wrangler(ラングラー)には、古き良き時代のジーンズを踏襲したシリーズから、ジーンズ屋さんの壁側にあるような定番的なシリーズがあります。

故に、そのシリーズの違いを知らなければ、服にこだわりのない人が選ぶダサいイメージを持つ人もいるわけですね

ポイント

しかし、古き良き時代のジーンズを踏襲したモデルである『13MWZ』や『77MWZ』に『ランチャードレスパンツ』、『アーカイブ』のシリーズを選べば、おしゃれな人が選ぶWrangler(ラングラー)を楽しむことが出来ます。

一方で、5,000円程度で買う事が出来るBROWNのシリーズは、普通の人が普通に選ぶジーンズのになりますね。

詳しくは後述していますのでコチラから商品紹介へ移動

価格に関しての口コミ

価格が安くて長く履ける、コスパの良いジーンズという声もあります。

基本的に、他のジーンズブランドと比べても、1万円以下で手に入る少し安価な価格設定も嬉しいポイントですね。

ユニクロ等のプチプラ価格のブランドから比べると割高にも感じますが、専業ブランドのジーンズが安価で手に入る立ち位置です

ポイント

一方で、高くて手が出ないというのはアーカイブのシリーズですね。

Levi's(リーバイス)やLee(リー)にもあるのですが、ジーンズブランドには古き良き時代の価値のあるジーンズを復刻した特別なシリーズが存在します。

価格が高い代わりに履き込み型の長く履いて味が出てくるこだわりのシリーズ。

おしゃれな人が気にするこだわりの一本が欲しい人は検討しても良いですね。

なぜ人気?多くの人に愛される『Wrangler(ラングラー)』人気の理由8選

ポイント

  • アメリカ三大ジーンズの一角』⇒歴史に名高い「Levi's(リーバイス)」「Lee(リー)」に並ぶ、ジーンズのアメリカ三大ブランドの一角を担う知名度の高さが信頼の老舗ブランド。
  • ロデオカウボーイ協会から公式認定された歴史』⇒アメリカの伝統スポーツとしても知られるカウボーイのテクニックを競技化した、ハードにジーンズに負担のかかるロデオの公式として採用された逸品。
  • ファッションと関係性の深いデザイン性』⇒1940年代には、ハリウッドの衣装デザイナーを登用する等、世界初のデザイナージーンズとも言えるファッション性を継承する逸話が魅力。
  • 強固さを象徴するディティール』⇒ロデオ競技のユニフォームとして培われた、激しいアクションでもボトムスがずれないように採用された7本のベルトループや、サイドから破れない様に巻き縫いされている等のデザイン性が特徴的。
  • リーズナブルで手の出し易い定番ジーンズ』⇒比較的安価な価格で手に入るモデルに加え、更に安価に設定された定番ジーンズも加える価格レンジが嬉しいポイント。
  • 過去のモデルを踏襲したアーカイブの選択肢』⇒別注やコラボ等を含めて、古き良き時代の過去のモデルにスポットを当てて蘇らせる高級ラインは、おしゃれなジーンズとして注目される逸品。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒多くの大手セレクトショップでの取り扱いや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Wrangler(ラングラー)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Wrangler JEANS

古き良きアメリカジーンズ

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

8

お洒落度

8

認知度

6

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Wrangler(ラングラー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Wrangler

1947年、アメリカのワークウェアメーカーであるブルーベル社により作られたブランド。

ブルーベル社は、それまでの『世界のワークウェアメーカー』から『世界のワークウェア&カジュアルウェアメーカー』に変遷を遂げる。

ラングラーは、カウボーイの意味を持った商標で、その名の通りカウボーイが着るウェアとしてタフで頑丈なジーンズが作られた。

1950年代には、カウボーイはヒーローとしてメディアに多く露出される。

ハリウッドの衣装デザイナーを手掛けていた初代デザイナーのロデオ・ベン氏によって企画されたカウボーイジーンズが認知されていく。

ワークウェアで有りながら、当時アメリカの憧れの職業ともされたウェスタンウェアはファッションとしても広がりを見せた。

1975年には、代表的な定番モデルの1つ13MWZが公式ジーンズとして全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会に認定された。

1972年、日本に上陸するのと同様に、全世界でも広がりを見せてジーンズファッションには欠かせない人気ブランドとして認識されている。

つまり、レトロ顔の知る人ぞ知る老舗として定評のあるブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://wrangler-jeans.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

アメリカ三大ジーンズの一角

各業界のトップ3を御三家と呼ぶことはありますよね。

ファッションアイテムでよく知られるのはポロシャツの御三家『ラルフローレン』『ラコステ』『フレッドペリー』が有名な話です。

ポイント

カジュアルで流通量の多いジーンズ(デニム)において『Wrangler(ラングラー)』は『Levis(リーバイス)』『Lee(リー)』に並ぶアメリカジーンズの三大ブランドと呼ばれています

それ程までファッションの歴史において認知度も高く価値の有る老舗ブランドです

ロデオカウボーイ協会から公式認定された歴史

ジーンズとは、そもそも作業着に由来している為、頑丈なアイテムとして認知されていますよね。

特に、アメリカはジーンズの発祥の地であり、デザインに重視した衣類の文化圏であるヨーロッパに比べて、作業着としてのディティールが深く根付いています。

それに加えて、Wrangler(ラングラー)に至っては、アメリカの伝統スポーツとしても知られるカウボーイのテクニックを競技化した、ロデオの公式として採用された実績があります。

ハードにジーンズに負担のかかるロデオの競技用としても採用される耐久性の高さが信頼の老舗ブランドですね

ファッションと関係性の深いデザイン性

繰り返しますが、現在ではファッションアイテムとして見られているジーンズも元をたどれば、作業着です。

特に、アメリカ文化に根付くジーンズは本来の作業着的な要素が強く出ており、どちらかと言うと無骨な印象が強くなります。

それに比べて、Wrangler(ラングラー)はアメリカジーンズでありながら、ファッションと関係性の深い生い立ちも魅力的。

1940年代には、ハリウッドの衣装デザイナーを登用する等、世界初のデザイナージーンズとも言える美しさが継承されています

強固さを象徴するディティール

基本的に耐久性の高さを誇るジーンズの中でも、Wrangler(ラングラー)のロデオ競技として採用されていた特徴的なディティールが、今尚残っています。

特徴的な、7本のベルトループは激しく動き回る競技中でもボトムスがずれないように採用されたディティールの一つ。

一般的に、ジーンズのアウトサイド側はデニム生地の耳と言われる端が見える開いた縫製がなっているが、Wrangler(ラングラー)はより頑丈な作りの巻き縫いになっています。

全てのモデルではないにしろ、より耐久性を求められたディティールが色濃く残る特徴が面白いですね

リーズナブルで手の出し易い定番ジーンズ

一般的なジーンズメーカーが作るジーンズは1万円程度のモノが多いです。

今の時代ファストファッションの大頭で、安い価格のジーンズは一昔前に比べて世の中に溢れるようになりました。

しかし、餅は餅屋という言葉があるように、やっぱりジーンズメーカーのジーンズが良いという人もいるでしょう。

ポイント

Wrangler(ラングラー)は、Levi's(リーバイス)やLee(リー)に並ぶ定番ジーンズであり、長年培われてきた定番のモデルが存在します。

そんな、定番ジーンズの価格帯は、他のジーンズブランドと比べても比較的安価で手に入るお手頃な一本。

加えて、更に安価に設定されたシリーズもあり、選べる価格レンジも嬉しいポイントです。

過去のモデルを踏襲したアーカイブの選択肢

定番ジーンズの位置づけの、Wrangler(ラングラー)もLevi's(リーバイス)やLee(リー)に並ぶ古き良き時代のジーンズが存在します。

特に、古着市場において、現行と言われる現代のジーンズとは違った、古い時代に作られたモノだからこそ味のあるアーカイブに敬意が払われています。

ポイント

しかし、価格が高騰し、市場に出回っている量も枯渇した古き良き時代のジーンズは中々手に入りにくいモノ。

加えて、古着に抵抗があり人もいるでしょう。

そんな人の為、度々復刻される過去のアーカイブを再現した特別な一本を選べるのも嬉しいポイント。

ファッションが好きな人であれば、現代に復活されたレプリカ品を選ぶのもこだわりを感じられますね

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップでの取扱いや著名ブランドとのコラボ等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Wrangler(ラングラー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル5選

ワークウェア由来の古き良き時代のジーンズを継承する老舗ブランドだからこそ、定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

ジーンズブランドの中でもファッションと関わりの強く、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

決して、極端に安いわけではないですが、流行り廃りに影響される事なく長く使える愛用品です。

カウボーイに愛された定番ストレート『13MWZ』

pick up

13MWZ

1964年に誕生したWrangler(ラングラー)の定番モデルです。

「ロゴ」に「パッチ」、サドルを傷つけない「フラットリベット」、「7本のベルトループ」、ブランドを象徴する「Wステッチ」、「ウォッチポケット」、上からかぶせたバックの「ヨークシームオーバーパネル」等、通称「7アイコン」と呼ばれるWrangler(ラングラー)を象徴するディティールが盛り込まれた一本。

やや重めの13オンスの、ねじれを軽減するブロークンデニム生地に、シルエットはスタンダードなストレートジーンズですね。

アメカジやアメトラ等のアメリカンスタイルを貴重とする人や、カジュアルスタイルの定番の1本に選ばれます

13MWZのブーツカットバージョン『77MWZ』

pick up

77MWZ

ストレートジーンズの定番として誕生した上記の『13MWZ』に対して、裾広がりのブーツカットモデルですね。

基本的なディティールは『13MWZ』と同じで、やや重めの13オンスのねじれを軽減するブロークンデニム生地。

個性の光るブーツカットシルエットが、通にはたまらない定番の一本ですね。

Levi's(リーバイス)の定番517然り、ブーツカットトレンドが盛り上がっているタイミングに是非選びたい鉄板のジーンズです

13MWZを踏襲した現代のストレート『US ORIGINAL カウボーイカットパンツ』

pick up

US ORIGINAL カウボーイカットパンツ

タイトな腰回りに、ゆったりとしたシルエットが特徴のストレートジーンズです。

『13MWZ』をベースに現代バージョンにアップデートされた取り入れ易さがポイント。

綿100%で日本製のしっかり履き込める愛着のジーンズ。

アメカジやアメトラ等のアメリカンスタイルを貴重とする人や、カジュアルスタイルの定番の1本に選ばれます

カウボーイブーツ用ジーンズをルーツにもつブーツカット『US ORIGINAL フレアパンツ』

pick up

US ORIGINAL フレアパンツ

カウボーイが愛した、ブーツカットの定番と言える現代にアップデートされたフレアパンツモデルです。

しっかりとフィットする腰回りのシルエットに、足長効果のある膝から裾にかけての広がりが特徴ですね。

綿100%で日本製のしっかり履き込める愛着のジーンズ。

Levi's(リーバイス)の定番517然り、ブーツカットトレンドが盛り上がっているタイミングに是非選びたいジーンズです

程良い広がりが使い易いフレアし過ぎないドレスパンツ『ランチャードレスパンツ』

pick up

ランチャードレスパンツ

1960年に誕生した、カウボーイに愛されたカジュアルなジーンズに対して正装用に履くボトムスとして開発されたドレスパンツモデルです。

ポリエステル100%の艶のある生地感に、太もも真ん中にプレスで縦ラインをとったセンタ―プレスが、カジュアルシーンでも程よく上品に魅せてくれます。

加えて、スラックスと違って洗濯が可能なイージーケアも嬉しいポイント。

気持ち程度に広がった裾幅は、フレアパンツが苦手な人でも気づかれずに美脚シルエットが手に入る取り入れ易い仕様。

例えフレアパンツ(ブーツカット)がトレンドであろうがなかろうが、時代を超えて生産され多くの人に愛され続ける定番名作ですね

アメカジやアメトラ等のアメリカンスタイルを貴重とする人や、カジュアルスタイルでも上品に魅せる定番の1本に選ばれます

HI10×2KI

ランチャードレスパンツに関しては詳しくはこちらの記事☟

ダサいを解消。『ラングラー』ランチャードレスパンツメンズが選ぶフレアパンツ

Wrangler(ラングラー)はおしゃれ?ダサい?イメージは?評判は? Wrangler(ラングラー ...

続きを見る

普通の人が選ぶ普通の定番ジーンズ『BROWNシリーズ』

上記の古きアメリカのジーンズを踏襲したWrangler(ラングラー)とは一味違った、ベーシックで安価なシリーズが存在します。

コチラのシリーズはどちらかと言うと、昔ながらのジーンズ屋さんの定番ジーンズと言った印象。

Wrangler(ラングラー)特有のデザイン性は採用されたまま、安価でベーシックなジーンズを求めている人には嬉しい価格帯の展開です。

普通の人が選ぶ普通のストレート『レギュラーストレートパンツ WM3913』

pick up

レギュラーストレートパンツ WM3913

スタンダードな股上深めのレギュラーストレートのモデルですね。

太すぎず細すぎずの、太ももから裾までまっすぐにおりたストレートは、どんな人にも程よく馴染む万能性。

ストレッチ素材で履き易いのも嬉しいポイント。

普通の人が普通に履く定番の一本に選ばれます

普通の人が選ぶすっきりとしたストレート『スリムストレートパンツ WM3912』

pick up

スリムストレートパンツ WM3912

すっきりと履ける、やや細めのスリムストレートモデルですね。

太ももから裾まで適度にすっきりとしたストレートは、迷ったらこの形を選んでおけば間違いないスタイリッシュに決まる鉄板モデル。

ストレッチ素材で履き易いのも嬉しいポイント。

普通の人がスタイリッシュに履く定番の一本に選ばれます

普通の人が選ぶゆったりとしたストレート『ルーズストレートパンツ WM3914』

pick up

ルーズストレートパンツ WM3914

ゆったりと履ける、股上深め細めのルーズストレートモデルですね。

太ももから裾まで適度にゆったりとしたストレートは、昔ながらの緩めのストレートを探している人にピッタリのモデル。

ストレッチ素材で履き易いのも嬉しいポイント。

普通の人がゆったりと履く定番の一本に選ばれます

昔ながらの裾の広がったブーツカット『フレアーパンツ WM3917』

pick up

フレアーパンツ WM3917

スタンダードな股上深めのブーツカットモデルですね。

Wrangler(ラングラー)らしいスタイリッシュな腰回りに、膝から膝に向かってすっきりと広がるシルエットが魅力。

ストレッチ素材で履き易いのも嬉しいポイント。

昔ながらの手軽なブーツカットを探している人の定番の一本に選ばれます

古き良き時代のアメリカジーンズを復刻した『ARCHIVE(アーカイブ)シリーズ』

アメリカ三大ジーンズの一角とも言われる『Wrangler(ラングラー)』の古き良き時代の味のあるジーンズを復刻させたシリーズです。

古着市場で価格が高騰している古き良き時代のLevi's(リーバイス)を筆頭にLee(リー)、Wrangler(ラングラー)に関しても探している人も多い人気の過去の名作になっています。

しかし、一般に人からすると中々古着で味のある一本を探し当てるのは難しい。

その上、古着が苦手な人もいますよね。

そんな人に重宝するのが『ARCHIVE(アーカイブ)シリーズ』です。

少し、値段は高いですが、おしゃれな人が選ぶ古き良き時代のジーンズレプリカを選ぶのも、ファッションの楽しみ方ですね。

こだわりの人が選ぶ初期型Wrangler(ラングラー)『11MW 1951 MODEL』

pick up

11MW 1951 MODEL

1951年に、Wrangler(ラングラー)ブランドとして初の本格派ジーンズとして誕生したモデルの復刻ジーンズですね。

最大の特徴は、フロントのボタンフライ。

古き良きアメリカジーンズの代表的なディティールの一つで、少し面倒くさがる人もいますがこだわりの特徴。

ブルーベル社のロゴが施されたバックポケットのプラスチックラベルとフロントの裏に配置されたタグは、今のモデルにはない特別感が〇。

上記の『13MWZ』の商品紹介でも記載したWrangler(ラングラー)の『7アイコン』を継承した本格派の復刻モデルです。

アメカジやアメトラ等のアメリカンスタイルを貴重とする人や、カジュアルスタイルの履き込みジーンズとしても愛されるこだわりの1本に選ばれます

履き易く改良されたマイナーチェンジモデル『11MWZ 1958 MODEL』

pick up

11MWZ 1958 MODEL

初期型の1951年モデルに改良を加えられたマイナーチェンジモデルですね。

最大のポイントは、ボタンフライからZIPフライへの変更。

1951年モデルの良い所はそのままに、履き易さを格段の向上させた一本。

1958年に販売された『11MWZ』に、販促冊子として付属されていたギミーブックも再現されたファンにも嬉しいポイント。

アメカジやアメトラ等のアメリカンスタイルを貴重とする人や、カジュアルスタイルのZIPフライになった履き込みジーンズとしても愛されるこだわりの1本に選ばれます

まとめ:人気の理由は日常に馴染むアメリカジーンズ評判の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • アメリカ三大ジーンズの一角』⇒歴史に名高い「Levi's(リーバイス)」「Lee(リー)」に並ぶ、ジーンズのアメリカ三大ブランドの一角を担う知名度の高さが信頼の老舗ブランド。
  • ロデオカウボーイ協会から公式認定された歴史』⇒アメリカの伝統スポーツとしても知られるカウボーイのテクニックを競技化した、ハードにジーンズに負担のかかるロデオの公式として採用された逸品。
  • ファッションと関係性の深いデザイン性』⇒1940年代には、ハリウッドの衣装デザイナーを登用する等、世界初のデザイナージーンズとも言えるファッション性を継承する逸話が魅力。
  • 強固さを象徴するディティール』⇒ロデオ競技のユニフォームとして培われた、激しいアクションでもボトムスがずれないように採用された7本のベルトループや、サイドから破れない様に巻き縫いされている等のデザイン性が特徴的。
  • リーズナブルで手の出し易い定番ジーンズ』⇒比較的安価な価格で手に入るモデルに加え、更に安価に設定された定番ジーンズも加える価格レンジが嬉しいポイント。
  • 過去のモデルを踏襲したアーカイブの選択肢』⇒別注やコラボ等を含めて、古き良き時代の過去のモデルにスポットを当てて蘇らせる高級ラインは、おしゃれなジーンズとして注目される逸品。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒多くの大手セレクトショップでの取り扱いや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Wrangler JEANS

古き良きアメリカジーンズ

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

8

お洒落度

8

認知度

6

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Wrangler(ラングラー)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介