人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【ベオーマ】評判調査。ホワイトハウスコックスを継承する英国革財布

本サイトのリンクには広告が含まれています

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)はおしゃれ?ダサい?評判は?

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)って最近聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

2022年設立のBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)。アパレル業界でも話題になった英国革製品ブランド。一方で、まだまだ聞きなれないブランド名でもありますよね。

しかし、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)という革製品のブランドを聞いたことがある人は多いでしょう。

2022年に後継者不足を理由に突如工場閉鎖の激震が走り、アパレル業界の話題の的に。そのまま惜しまれながらも無くなるのかと思われていた矢先にWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の工場で働いていた熟練の職人を集めて誕生したのがBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)です。

つまりBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)は、例え長い歴史はなく一過性に話題に挙がったブランドとしても長く続いた英国革製品の老舗ブランドWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)を継承するブランドとして多くのファッショニスタに注目され続けるべき革製品ブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、これから認知度が高くなっていくBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』は幅広い年齢層に選ばれるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のDNAを継承する革製品ブランド
  2. 『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)とBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)の知名度に関しての口コミ
    2. 使いこみ系の革財布と言えばの口コミ
    3. 価格と使用年月に関しての声
    4. デザインに関しての口コミ
    5. 革製品の硬い質感と傷に関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』人気の理由8選
    1. 英国老舗ブランドのDNAから受け継がれた歴史
    2. 1930年から継承された伝統的な製法
    3. 熟練の職人によるハンドメイド
    4. 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料
    5. 使い込むほどに味の出る経年変化
    6. 耐久性の高いブライドルレザー
    7. 信頼のMADE IN ENGLAND
    8. ロングセラーの定番名作
  4. 『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選
    1. Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)でも人気のあった鉄板三つ折り財布『S0007 3FOLD WALLET BRIDLE LEATHER』
    2. スタンダードで使い勝手の良い2つ折り財布『S0040 NOTECASE BRIDLE LEATHER』
    3. スタンダードな使い込みタイプの名刺入れ『S0039 CARD CASE BRIDLE LEATHER』
    4. こなれ感のある上質なメッシュベルト『P0009 34mm HERRINBONE PLAITED BELT』
    5. ベーシックで使い勝手の良いメッシュベルト『P0058 28mm BASKET WEAVE PLAITED BELT』
    6. ベーシックでプレーンな使い込みベルト『B0013 28mm SELF LINED BELT BRIDLE LEATHER』
  5. まとめ:人気の理由は手軽に大人の日常を飾る長く愛用できる評判の使いこむ程味の出る革製品

『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』は幅広い年齢層に選ばれるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のDNAを継承する革製品ブランド

身近に持ち歩く財布を含めた小物の革製品は意外とどのブランドにしようか迷っている人は多いですよね。

ハイブランドで言うと『ルイヴィトン』や『グッチ』等、良いブランドである事はわかっていても『学生の頃奮発して買った覚えがある…』と、大人になると何となく持ちにくくなってしまう人もいます。

勿論、ハイブランドは由緒ある優れたブランドなので、ハイブランドを持つ人を否定するわけではありません。

しかし、これみよがしなブランドアピールが苦手で敬遠してしまう人がいるのも事実ですね。

ポイント

そんな人にとって少し前であれば、鉄板の人気を誇っていたのがWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)。

特に、ユナイテッドアローズを筆頭にセレクトショップでも取り扱いがあり、ファッション好きの人からも一目置かれるこだわりの革製品のブランドがWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)でした。

しかし、2022年末廃業が発表され多くのWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)好きの人も驚きを隠せないニュースだったわけです。

では、そんな鉄板の英国の職人が生み出していたWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)がなくなった今、洗練された大人っぽい財布はどのブランド選べばよいのか…。

そんな人に重宝するのがBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』です

100年を超える長い歴史に幕を下ろした馬具に使われるブライドルレザーの革製品に定評のあったWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)に携わっていた職人を集めて新たに創設されたDNAを受け継ぐ新進気鋭のブランドです。

こんな人におすすめ

  • BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染むおしゃれな革財布って何があるの?
  • 普通におしゃれが出来る革製品の人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『知る人ぞ知るブランドというのが逆に良い』
  • 『革質が良く長年使える』
  • 『使いこみ系の財布と言えばホワイトハウスコックス、ホワイトハウスコックスの代わりと言えば検討したいベオーマ』
  • 『デザインがシンプルでブランド ネームが全面に出ていないこだわりの革製品』
  • 『プレゼントとして最適』
  • 『使いこむ程に自分に馴染む使い勝手と味』

悪い口コミ

  • 『ホワイトハウスコックスのDNAを継承したという知名度が低い』
  • 『やっぱりホワイトハウスコックスが欲しい』
  • 『価格が高くて手が出しにくい』
  • 『シンプルで使い易いけど面白味はない』
  • 『革が硬くて使いにくい』
  • 『革の傷が目立ち易い』

続けて、詳しく解説していきます。

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)とBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)の知名度に関しての口コミ

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)と、いうブランド自体知っている人は少ないという声は多いですね。

そもそも英国老舗ブランドであるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)自体、ヴィトンやグッチなど誰もが知っているハイブランドよりは認知度は劣ります。

ポイント

勿論、ファッションに興味がある人からすれば誰もが知っているブランドではありますが、一般的にと考えると認知度は低いのですね。

加えて、そんなWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の廃業に伴って誕生したDNAを受け継いだBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)を知っている人はほんの一部です。

一方で、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)然りBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)ですが、誰もが知ってるわけではない玄人感が良い!と、いう人がいるのも事実です

素材や製作工程にこだわりのあるブランドの方がおしゃれだ!という層からすると選びたくなる逸品なわけですね。

では、先代Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)と比べると、どちらが良いか…という声も挙がります。

現状ではオンライン上で探せばまだまだ在庫が見つかる可能性があるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)。

なくなるブランドだからこそ買える内にWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)を選ぶのか、なくなるブランドだからこれからのBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)を選ぶのかは人によって分かれますね。

HI10×2KI

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)に関しては詳しくはこちらの記事☟

ダサいを解消。【ホワイトハウスコックス】評判調査。英国革御三家の一角を担う革財布

ホワイトハウスコックスはおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは? Whitehouse Cox(ホワイ ...

続きを見る

使いこみ系の革財布と言えばの口コミ

使っていく程に味のでる使いこみ系の革財布と言えば、選択肢に上がるブランドという声は見受けられます。

ポイント

特に、先代Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)はアパレル業界においても経年変化を楽しむ革財布の代表格としても知られるブランドです。

その代わりとしてBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)を検討する人が一定数います。

現に、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)を世に知らしめたセレクトショップであるユナイテッドアローズを始め、取扱いがあったショップはBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)の取り扱いに移行しています。

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の熟練の職人を集めて伝統の製造工程と素材を継承したBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)。これからの経年変化を楽しむ革製品として選択肢の一つとして挙げられることは明確ですね

価格と使用年月に関しての声

価格に関しては『高い』という声は多いですね。

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)然りBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)ですが、勿論決して安い価格ではありません。

ポイント

特に、原皮価格や燃料の高騰で革製品自体そもそもの値段は年々高くなっています、加えて海外ブランドは円高による影響で更に高くなる傾向にありますね。

故に、安い!という人はまずいないでしょう。

しかし、前述のようにBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)は、使いこむ程味のでる経年変化を楽しむ革製品。故に長く使えるという点でおいて考えれば非常にコスパの良い買い物でもあります

現に私自身も先代Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)ではありますが、購入して10年以上経ってもまだまだ現役の第一線で活躍しています。

加えて、『そろそろ買い替え…』というわけでもなく後10年使えると言っても過言ではない耐久性。

と、いう事を考えると決して高くない買い物な上に『ようやく買った念願のWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)!』と、いうような声も度々見かけるので、BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)に関しても一概に『高い!』とは言えない買い物でもありますね。

デザインに関しての口コミ

シンプルで使い易く飽きがこない長く使える革製品!と、いう声は多いですね。

それもそのはず、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)はこれ見よがしなデザインを見せるハイブランドとは違い、至極シンプルでプレーンなデザインが特徴的。

ポイント

デザインで楽しむモノではなく、質の良さと経年変化を楽しむブランドです。

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)も同様に、同じデザインを継承したモノづくりが行われています。

なので、そもそもこれ見よがしなブランドを選びたい人であれば、違う選択肢を検討した方が良いですね。

しかし、革製品において使いこみ系のブランドは評判がよく、シンプルであるからこそ大人の上品な日常からオンスタイルにもしっかりハマってくる逸品

プレゼントとしても選択肢の一つとして検討される使い勝手の良い革製品ですね。

革製品の硬い質感と傷に関しての口コミ

新品の状態では、硬くて使いにくい…という口コミも聞かれますね。

一方で、経年変化を楽しむ革製品だからこそ、使っていく内に自分の手に馴染んでくる使い勝手の良さを良しとする声も多いですね。

ポイント

特に、ブランドを象徴する馬具にも使われる耐久性の高いブライドルレザーは比較的厚みがありしっかりとした硬い革です。

しかし、その肩さが魅せる高級感はさることながら、使っていく内に艶が出て角が取れ、丸くなり柔らかくなる。

そんな経年変化を楽しめる逸品なのですね

加えて、何かで引っかいたりすると傷がつく…という声も挙がります。

しかし、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)然りBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)ですが、傷がついたとしても何度も触っていく内に傷は目立たなく同化してきます。

こだわる人であれば、オイルを塗り込むと更に色が濃くなり艶が増して傷を目立たなくすることもできます。

そんなケアも経年変化を楽しむ革製品を愛用する楽しみでもありますね。

なぜ人気?多くの人に愛される『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』人気の理由8選

ポイント

  • 英国老舗ブランドのDNAから受け継がれた歴史』⇒1875年から続く英国老舗革製品ブランドWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の廃業から職人を集めて伝統を継承していく歴史的な背景。
  • 1930年から継承された伝統的な製法』⇒創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりへのこだわりは現代まで受け継がれる伝統の製法。
  • 熟練の職人によるハンドメイド』⇒Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)で働いていた熟練の職人による品質管理が徹底された伝統的なモノづくりが支える長く使える高品質なハンドメイド。
  • 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料』⇒10週間の長い期間を使い環境にも優しく価値の高い天然の植物タンニン鞣し自然の染料を革の深部まで浸透させるこだわりのある上質の製品。
  • 使い込むほどに味の出る経年変化』⇒新品時の綺麗な雰囲気も良いが、使い込むほどに艶を増し色が深くなってくる変わりゆく表情と味わいが魅力的な長く使いたくなる逸品。
  • 耐久性の高いブライドルレザー』⇒Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)が誇る馬具にも使われる耐久性の高いブライドルレザーを継承した、長く使えて艶やかで奥深い表情が魅力。
  • 信頼のMADE IN ENGLAND』⇒ロゴの刻印にHAND MADE INENGLANDが刻まれる絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

BEORMA LEATHER COMPANY

大人の魅力を格上げする財布

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

9

お洒落度

5

認知度

10

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

BEORMA LEATHER COMPANY

2022年、イギリスの中心部バーミンガムに隣接したウォルソールにアレックス・シンプソン氏によって創業。

2022年末、突如として廃業を宣言した英国革財布御三家とも呼ばれるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のDNAを受け継ぐブランドとして誕生。

1875年に創業された140年以上続いたWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の伝統的なモノづくりを忘れ去られない様に、Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の職人を集めて工場を設立。

3世紀頃にバーミンガムの起源となった小さな村『ベオーマ』に由来したブランド名。

馬具にも使われる丈夫で伝統的なブライドルレザーに植物性のタンニン鞣し、ハンドメイドインイングランドというWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のこだわりはしっかりとブランドに反映されている。

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)が長年作り続けてきた名作の多くは継続的に作成されているが、今後BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)としてどのような商品が生み出されていくのか期待が高まる。

つまり、新しいブランドでありながらも決して走り出したばかりの若いブランドではなく、老舗のDNAを継承した伝統的なモノづくりを大切にするブランドと言っても過言ではありませんね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.frame.jp/beorma/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

英国老舗ブランドのDNAから受け継がれた歴史

英国革小物御三家に挙げられる『エッティンガー』『グレンロイヤル』に並ぶ先代『Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)』。

2022年末に突如廃業の発表が業界でも話題になりました。

ポイント

特に、日本で馴染み深い『Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)』の廃業には、これから革財布の候補をどうすれば良いのか…?と思った人もいるでしょう。

しかし、その後発表されたのがWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の職人を集めて創業されたBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)。

現状では、まだまだ新しいブランドという立ち位置ではありますが、無くなりつつ老舗ブランドの伝統をまがい物ではなく伝統として受け継いで継承していく歴史的背景が魅力ですね

1930年から継承された伝統的な製法

モノの価値の高さはどこから生まれるのでしょうか。

素材や製品の製造工程でのこだわりや稀少性等、どちらにしても質が大きく関係してくることですよね。

つまり、製造過程で手間と費用が掛かる物程高価で価値の高いものになります。

ポイント

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)は、Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりを大事に継承しています。

技術が発展した現代においても、創業当時の伝統的な製法でモノづくりは技術だけではなく製品としての価値も守り続けています

熟練の職人によるハンドメイド

機械製造が悪いとは言いませんが、手作りによる温かさや1点1点への品質のこだわりはハンドメイドに勝るものはありませんよね。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)から継承された熟練の職人によって作り出されるBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)の革小物は品質管理の為に徹底される継承し続けられる職人によるハンドメイドで作られています。

長年使える丈夫な作りと愛用され続けることが出来る温かみのある製造方法は高品質で価値の高い製品である証明ですよね

植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料

革製品において大切なのは、皮から革に製造工程である『鞣し』。

『鞣し』とは動物の皮を腐敗や乾燥を防ぎ柔軟性を作り出す製品にする為の革にする工程です。

一般的には比較対象になるのが、BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)が採用している植物性のタンニンを使用したベジタブルタンニン鞣しと化学製品を用いたクロム鞣しです。

ポイント

化学製品を用いたクロム鞣しは、時間と手間がかからない鞣し方です。

加えて、クロム鞣しは近年では環境問題にも大きく取り上げられるようになりました。

一方で、BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)が採用している植物性のタンニンを使用したベジタブルタンニン鞣しは、環境に優しく経年変化が出やすい使い込みタイプの革製品に採用されています

加えて、染料も自然由来のモノを採用し、長い時間かけて革の深部にまで浸透させることによって艶があり、深い味わいを生み出す上質の製品を作りだしています。

使い込むほどに味の出る経年変化

革製品としては玄人的な楽しみ方にこだわる人が好きな経年変化。

ポイント

一般的に服を始めとするファッションアイテムは、使い込むと生地が弱り色褪せや破れ等が発生するものです。

気にいったモノを長く使いたくても使えないという状況が起こりますよね。

一方で、革製品には経年変化(エイジング)を楽しむ文化も根付いています。

ただの汚れではなく、使い込むほどに艶が増し色が深くなる。新品の状態とはまた違った雰囲気を楽しめる経年変化(エイジング)に注目されます。

上記でも挙げたように、使っていく内に段々と自分の手に馴染みしなやかで風合いが良くなっていく長く愛用できる唯一無二の1点になるのが人気の理由です

耐久性の高いブライドルレザー

ブライドルレザーとは高い耐久性を必要とされる馬具に用いられる革の事です。

乗馬において落馬などアクシデントが起こると命の危険が伴いますよね。

つまり、馬具に使われる革は丈夫で耐久性の高さを要求されます。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)から継承されたBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)は、ブランドを象徴とする素材であったブライドルレザーを代名詞として製品を作っています。

元々創業当時には馬具の製造を行っていたWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の伝統的なブライドルレザーを継承した革小物。

馬具に使われる程の耐久性を誇る革で作られる丈夫で長く愛用できる製品が魅力です

信頼のMADE IN ENGLAND

近年、中国や東南アジア等の向上で大量に生産できる技術が発展していますよね。

しかし、やはり信用にたるのは日本製やイタリア製、イギリス製などの人件費の高い地域での職人の高い技術によるモノづくりですよね。

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)は、イギリスの中心部バーミンガムに隣接したウォルソールに工場を構えるブランドです。

ロゴの刻印にも刻まれるHAND MADE IN ENGLANDは絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製ですね

ロングセラーの定番名作

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)から継承された高品質に定評がありスタイリッシュでシンプルだからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

シンプルで馴染み易く日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

特に、耐久性の高い革やハンドメイドでの丈夫な製造方法に経年変化を楽しむ事が出来る長年愛用の1点です。

決して安いわけではないですが全く手が出ない程の価格ではない上に使う程に愛着のでる年月を考えるとコスパ抜群のアイテムですね。

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)でも人気のあった鉄板三つ折り財布『S0007 3FOLD WALLET BRIDLE LEATHER』

pick up

■『S0007 3FOLD WALLET BRIDLE LEATHER

先代Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)でも圧倒的な人気を誇っていた代名詞とも言える3つ折り財布モデルです。

長財布よりコンパクトに持てて、二つ折り財布よりも収納力がある。

それでいて、カパカパと開くことがない半月型のフラップは、利便性もさることながらデザイン性として重宝したい逸品ですね。

一般的な二つ折り財布にはない横向きに備えられたマチ付のコインポケットは容量が程よく開き易い。最低限のカードを収納できてコインポケット裏とカード入れ売れにも数枚カードを収納できる使い勝手。

キャッシュレス決済が進み長財布を必要しなくなった人にも持ち易く、大型でも小型でもない丁度良いサイズ感の使いこめる財布を探している人に選ばれます

スタンダードで使い勝手の良い2つ折り財布『S0040 NOTECASE BRIDLE LEATHER』

pick up

■『S0040 NOTECASE BRIDLE LEATHER

財布ブランドならどのブランドでも取り扱ているであろうベーシックでスタンダードな2つ折り財布ですね。

では、なぜBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)を選ぶのか?と、いう疑問に答えるのが植物性タンニン鞣しのブライドルレザーを使われた長く使える経年変化。

シンプルでスタンダードだからこそ、唯一無二の自分の色があらわれる使い込みタイプの財布ですね。

2室に分かれた札の収納部にカード入れが3つ、マチ付のコインポケットにコインポケット裏とカード入れ裏にもポケットがあるベーシックな仕様。

コンパクトで堅牢な使い込みタイプの良い財布を探している人に選ばれます

スタンダードな使い込みタイプの名刺入れ『S0039 CARD CASE BRIDLE LEATHER』

pick up

■『S0039 CARD CASE BRIDLE LEATHER

財布と合わせたい同素材で揃えるスタンダードな名刺入れですね。

こちらも形状は至ってシンプルなカードケース。シンプルでスタンダードだからこそ唯一無二の自分の色があらわれる使い込みタイプの逸品ですね。

受け取った名刺と自分の名刺を分けて収納できる3室ポケット。

自分を魅せる最初の一歩から大人の上品さを演出できる名品です。

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上の名刺入れとして選ばれます

こなれ感のある上質なメッシュベルト『P0009 34mm HERRINBONE PLAITED BELT』

pick up

■『P0009 34mm HERRINBONE PLAITED BELT

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)でも圧倒的な人気を誇った代名詞的なメッシュベルトです。

肉厚で存在感のある成牛の革を職人の手で編み込んだ逸品。

冠婚葬祭などの正式な場では使いにくいですが、腰元で軽さを演出するオンスタイルやオフスタイルなジーンズやチノパン合わせも上品に決める革小物ですね。

密かにおしゃれな印象を楽しむヘリンボーン(ニシンの骨)柄に編まれた艶のあるレザーの雰囲気が〇。

一本あれば長く使える至高のベルトとして選ばれます

ベーシックで使い勝手の良いメッシュベルト『P0058 28mm BASKET WEAVE PLAITED BELT』

pick up

■『P0058 28mm BASKET WEAVE PLAITED BELT

ヘリンボーン編みのP009に比べて、均一な編み目が特徴的なベーシックなベルトですね。

どちらかとおしゃれにこなれ感をだすヘリンボーンに対して、カジュアル感がある均一な編み目。

何も考えずにベルトループに通しても合わない服のない万能アイテム。

とは言え、メッシュベルトなので冠婚葬祭は避けた方が良いですが、一本持っていれば安心の革小物ですね。

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)らしい所と言えばバックルが馬具の『あぶみ』に使われる特徴的な形状がポイント。

一本あれば長く使える万能ベルトとして選ばれます

ベーシックでプレーンな使い込みベルト『B0013 28mm SELF LINED BELT BRIDLE LEATHER』

pick up

■『B0013 28mm SELF LINED BELT BRIDLE LEATHER

オンスタイルで一本持っておきたい使い込みタイプのプレーンなベルトですね。

このモデルなら冠婚葬祭でもばっちりの上品な装い。

財布同様にブライドルレザーが採用されているので、使いこむ程に味の出る耐久性抜群の長く使いたい一本ですね。

シンプルで飾りっ気がないからこそ使い込んだ味を楽しみたい至高の一本に選ばれます

まとめ:人気の理由は手軽に大人の日常を飾る長く愛用できる評判の使いこむ程味の出る革製品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 英国老舗ブランドのDNAから受け継がれた歴史』⇒1875年から続く英国老舗革製品ブランドWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の廃業から職人を集めて伝統を継承していく歴史的な背景。
  • 1930年から継承された伝統的な製法』⇒創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりへのこだわりは現代まで受け継がれる伝統の製法。
  • 熟練の職人によるハンドメイド』⇒Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)で働いていた熟練の職人による品質管理が徹底された伝統的なモノづくりが支える長く使える高品質なハンドメイド。
  • 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料』⇒10週間の長い期間を使い環境にも優しく価値の高い天然の植物タンニン鞣し自然の染料を革の深部まで浸透させるこだわりのある上質の製品。
  • 使い込むほどに味の出る経年変化』⇒新品時の綺麗な雰囲気も良いが、使い込むほどに艶を増し色が深くなってくる変わりゆく表情と味わいが魅力的な長く使いたくなる逸品。
  • 耐久性の高いブライドルレザー』⇒Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)が誇る馬具にも使われる耐久性の高いブライドルレザーを継承した、長く使えて艶やかで奥深い表情が魅力。
  • 信頼のMADE IN ENGLAND』⇒ロゴの刻印にHAND MADE INENGLANDが刻まれる絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

BEORMA LEATHER COMPANY

大人の魅力を格上げする財布

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

9

お洒落度

5

認知度

10

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介