人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【ホワイトハウスコックス】評判調査。英国革御三家の一角を担う革財布

本サイトのリンクには広告が含まれています

ホワイトハウスコックスはおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ってよく聞くけど、おしゃれなの?ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

1875年、イギリスで創業した老舗の革製品ブランド。

特に、同じく英国の老舗革製品のブランドである『エッティンガー』と『グレンロイヤル』に並び、英国革御三家の一角として認知度を獲得しています。

かのラルフローレン氏の目に留まりエリザベス女王の愛犬用の首輪やバッグを献上する程の品質の高さを功績を誇るブランド。

特に、日本において言えば長く使っていく内に経年変化を楽しめる革製品として、又はハイブランドではないオンスタイルにも使えるこだわりの革製品としても定評があります。

今や、革製品の代表格とも言えるWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は、一過性の人気ではなく140年以上続く老舗として多くのファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

※2022年末廃業を迎え、DNAを受け継ぐブランドとして同年BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)が誕生しました。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、これから認知度が高くなっていくWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』は幅広い年齢層に選ばれるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のDNAを継承する革製品ブランド
  2. 『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』事業廃止。変わらない事実はファッションの歴史に名を遺す名ブランド
  3. 『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. 認知度に関しての口コミ
    2. デザインに関しての口コミ
    3. 硬い革の質感と傷に関しての口コミ
    4. 価格に関しての口コミ
  4. なぜ人気?多くの人に愛される『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』人気の理由8選
    1. 英国の革御三家の一角を担う老舗ブランド
    2. 技術を継承し続ける1930年から変わらない伝統的な製法
    3. 品質管理を徹底したこだわりのハンドメイド
    4. 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料
    5. 長く使う程味のでる経年変化
    6. 耐久性の高いブライドルレザー
    7. 信頼のMADE IN ENGLAND
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  5. 『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル10選
    1. 二つ折り財布『S7532 ブライドル』
    2. 二つ折り財布『S7532 リージェントブライドル』
    3. 長財布『S9697L ブライドル』
    4. 長財布『S9697L リージェントブライドル』
    5. ラウンドZIP長財布『S2622 ブライドル』
    6. 三つ折り財布『S7660 ブライドル』
    7. 三つ折り財布『S7660 リージェントブライドル』
    8. スリムジップウォレット『S3068 ブライドル』
    9. 名刺入れ『S7412 ブライドル』
    10. メッシュベルト『P1127』
  6. まとめ:人気の理由は伝統的な製法とこだわりの素材で作られる長く使える評判の革財布

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』は幅広い年齢層に選ばれるWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のDNAを継承する革製品ブランド

キャッシュレス決済の普及で財布の必要性を感じなくなった人も多いのではないでしょうか。

しかし、持つ財布の小型化は進んだとしても財布自体を持たない人はあまりいないですよね。

例え、大きな財布を持たなくてもカード入れや定期入れ、ビジネスマンなら名刺入れは当然のように持ち歩くでしょう

では、財布や名刺入れを含む小物はどのブランドを選べば良いかわからないという人も多いですよね。

学生の頃は奮発して買った『ルイヴィトン』や『グッチ』のようなハイブランドは大人になるにつれて何となく持ちにくくなる人もいます。

勿論、ハイブランドを好む人を否定するわけではありません。

ハイブランドがおしゃれであることは周知の事実です。

しかし、これ見よがしなブランドアピールが苦手な人も多いですよね。

そんな人に重宝するのが『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』のおすすめ革財布です

見た目にこれ見よがしなブランドアピールは少ないものの上質で長く使える大人が持つのに圧倒的な人気を誇る英国の老舗ブランドです

シンプルなデザインで誰にでも馴染む上品な革小物は時折見せるファッションアイテムとして大人の魅力をワンアップさせてくれます。

こんな人におすすめ

  • Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)っておしゃれなの?ダサいの?
  • ブランドアピールが少なく上品に持てる革小物が欲しい
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』事業廃止。変わらない事実はファッションの歴史に名を遺す名ブランド

2022年の10月に『年内での生産停止』が発表されました。

多くのファンやアパレル関係者にも衝撃が走った発表でした。

147年続く老舗の廃業理由は『後継者の不在』とされています

日本の伝統工芸しかり農業しかり、技術と経験が伴うモノであるからこそ起こる悲しい現実ですね。

SNSでも悔やまれる声が多く

  • 事業廃止しても大事に長く使いたい
  • 無くなるのなら今のうちに買っておきたい

等、多くの声が書き込まれていました。

ポイント

ファッションの歴史に名を遺す名ブランドであるからこそ事業廃止するから廃れていくのではありません。

手に入らなくなるからこそ稀少価値は上がる事はファッションの歴史には往々にしてあります

自分自身お気に入りの『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の長財布を大事に使っていこうと思っています。

では、人気の理由や名作モデルを続いて記載させていただきます。

HI10×2KI

DNAを受け継ぐブランドとして誕生したBEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)に関しては詳しくはこちらの記事☟

ダサいを解消。【ベオーマ】評判調査。ホワイトハウスコックスを継承する英国革財布

BEORMA LEATHER COMPANY(ベオーマレザーカンパニー)はおしゃれ?ダサい?評判は? ...

続きを見る

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『使い込むほど味が出る革財布の王道ブランド』
  • 『シンプルなデザインで長く愛用できる』
  • 『革の質感が良く高級感がある』
  • 『ようやく買えたこだわりの革財布!』

悪い口コミ

  • 『あくまでも日本でしか認知度が高くないファクトリーブランド』
  • 『シンプルで使い易いけど面白味はない』
  • 『革が硬く取り出しにくい』
  • 『ついた傷が目立ち易い』
  • 『価格が高い』

続けて、詳しく解説していきます。

認知度に関しての口コミ

ハイブランドが苦手な人や、オンスタイルにも使える大人の革財布の王道ブランドとして選ばれる声は多いですね。

実際に、ユナイテッドアローズを始めとする大人っぽくて少しこだわりがあるようなセレクトショップでの取扱いが多いです。

加えて、若い頃にはハイブランドを持っていたけど、大人になると少しやんちゃな気がして敬遠してしまう。

特に、オンスタイルのビジネスシーンではハイブランドを持っていると少し違和感があることからも、こだわり系のスタイルやオンスタイルにも使えるこなれた革財布として認知度が高いですね。

ポイント

一方で、少し詳しい人であれば英国の革財布御三家というフレーズは日本でのみ流通している言葉で、ただの英国ファクトリーブランドであるという声も挙がります。

実際に、業界でもユナイテッドアローズがブランディングを行って日本で打ち出したブランドで、イギリスでは特に有名というわけではなく日本だけの有名ブランドという話はされます。

しかし、下記にも挙げていくような伝統的な製法で作られる職人の手を介した革製品は、ただのお飾りというわけでもありませんね。

業界でも注目している人は注目していますし、日本国内愛用者も多いブランドであることは間違いないので自分が気に入れば長く使いたいというだけの話ですね

デザインに関しての口コミ

シンプルで使い易く大人にピッタリの革財布という声は多いですね。

ポイント

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)は、デザインに奇抜な特徴があるわけでもなく、素材や使い込みの革製品という点で人気のあるブランドです。

故に、シンプルで使い易い上に、使い込むほどに味のでるこだわりの革製品として経年変化を楽しむブランドですね。

一方で、シンプルで面白味がないというのであれば、そもそも選択肢に入れるブランドとして間違っているという話です。

実際に、革製品において使いこみ系のブランドは評判がよく、シンプルであるからこそ大人の上品な日常からオンスタイルにもしっかりハマってくる逸品

プレゼントとしても選択肢の一つとして検討される使い勝手の良い革製品ですね。

硬い革の質感と傷に関しての口コミ

特に、ブランドを象徴とするブライドルレザーは耐久性が高く艶のある革製品であるが故に、硬くて使い勝手が悪いという声もあります。

加えて、革製品は何かにひっかけた時など傷になり易いというのも特徴の一つ。

実際に、私自身Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)の革財布を使っていますが、特にカード入れに関しては出し入れはしにくいですね。

傷に関しても破損して使えないようになることは少ないけれども、引っかき等の表面の傷はつき易く目立ちます。

ポイント

しかし、使っていく内に柔らかくはなるので時期に使い勝手に関しては緩和されてきます。

傷に関しても何度も手に持ち触っていく内に傷は目立たなく同化してきます。

こだわる人であれば、オイルを塗り込むと更に色が濃くなり艶が増して傷を目立たなくすることもできます。

そんなケアも経年変化を楽しむ革製品を愛用する楽しみでもありますね

価格に関しての口コミ

価格に関しては『高い』という声は多いですね。

Whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)は、勿論決して安い価格ではありません。

ポイント

特に、原皮価格や燃料の高騰で革製品自体そもそもの値段は年々高くなっています、加えて海外ブランドは円安による影響で更に高くなる傾向にありますね。

故に、安い!という人はまずいないでしょう。

しかし、前述のようにWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)は、使いこむ程味のでる経年変化を楽しむ革製品。

故に長く使えるという点でおいて考えれば非常にコスパの良い買い物でもあります

現に、私自身もWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)を購入して10年以上経ってもまだまだ現役の第一線で活躍しています。

加えて、『そろそろ買い替え…』というわけでもなく後10年使えると言っても過言ではない耐久性の高さ。

と、いう事を考えると決して高くない買い物な上に『ようやく買った念願のWhitehouse cox(ホワイトハウスコックス)!』と、いうような声も度々見かけるので、一概に『高い!』とは言えない買い物でもありますね。

なぜ人気?多くの人に愛される『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』人気の理由8選

ポイント

  • 英国の革御三家の一角を担う老舗ブランド』⇒「エッティンガー」「グレンロイヤル」に並ぶ英国の革の御三家と言われる程の認知度の高い信頼の老舗ブランド。
  • 1930年から変わらない伝統的な製法』⇒創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりへのこだわりは現代まで受け継がれる伝統の製法。
  • 品質管理を徹底したこだわりのハンドメイド』⇒品質管理を徹底する為に継承し続けられる職人のハンドメイドにより長年使える丈夫さを誇る高品質なモノづくり。
  • 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料』⇒10週間の長い期間を使い環境にも優しく価値の高い天然の植物タンニン鞣し自然の染料を革の深部まで浸透させるこだわりのある上質の製品。
  • 長く使う程味のでる経年変化』⇒新品時よりも色が深くなり艶の増す長く使うからこそ愛着もわく楽しめる経年変化が魅力。
  • 耐久性の高いブライドルレザー』⇒落馬等アクシデントが起こると命にも関わる程丈夫さが求められる馬具に使われる程の耐久性を誇る革で作られる為丈夫で長く愛用できる製品。
  • 信頼のMADE IN ENGLAND』⇒ロゴの刻印にHAND MADE INENGLANDが刻まれる絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Whitehouse Cox

大人の魅力を格上げする財布

流行り廃りの少ない名作定番

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

9

お洒落度

7

認知度

10

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Whitehouse Cox

1875年ホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏により創業された英国の老舗ブランド。

創業当時は馬の手綱や鞍等の馬具や英国軍向けの製品を製造していた。

1930年代ペットの首輪やリードにはじまりカフスボタン入れやシャツのカラーボックス等のファッションアイテムの製造を始める。

1970年代百貨店に卸していたペット用のブライドルレザーを使った首輪やリードが『ラルフ・ローレン氏』の目に留まりポロブランドとしての人間用のベルトの製造を依頼したことで大ヒットアイテムを生み出した。

さらには1980年代エリザベス女王の愛犬用の首輪やバッグを献上する程の品質の高さと功績により世界中に愛用される人気を生み出した。

現在では英国での『エッティンガー』『グレンロイヤル』に並ぶ革の御三家と呼べれる程の老舗ブランドとして広く認知されている。

つまり、英国うまれの長い歴史と高品質なこだわりのモノづくりを継承する知名度の高い老舗ブランドという事ですね。

日本においても大手セレクトショップ等幅広く取り扱いがあるこだわりのファッションアイテムとして多くのファッショニスタの間で注目度が高いブランドです

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟。

https://www.frame.jp/whitehousecox/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

英国の革御三家の一角を担う老舗ブランド

江戸時代の日本の御三家と言えば『尾張』『紀州』『水戸』が有名ですよね。

ファッションアイテムでよく知られるのはポロシャツの御三家『ラルフローレン』『ラコステ』『フレッドペリー』が有名な話です。

ポイント

上品でお洒落で知られる英国のファッションにおいて『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』は『エッティンガー』『グレンロイヤル』に並ぶ革小物御三家と呼ばれています。

それ程までファッションの歴史において認知度も高く価値の有るブランドであるということですね

技術を継承し続ける1930年から変わらない伝統的な製法

モノの価値の高さはどこから生まれるのでしょうか。

素材や製品の製造工程でのこだわりや稀少性等どちらにしても質が大きく関係してくることですよね。

つまり、製造過程で手間と費用が掛かる物程高価で価値の高いものになります。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)では創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりを大事に継承しています

技術が発展した現代においても創業当時の伝統的な製法でモノづくりは技術だけではなく製品としての価値も守り続けています

品質管理を徹底したこだわりのハンドメイド

機械製造が悪いとは言いませんが手作りによる温かさや1点1点への品質のこだわりはハンドメイドに勝るものはありませんよね。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の革小物は品質管理の為に徹底される継承し続けられる職人によるハンドメイドで作られています

長年使える丈夫な作りと愛用され続けることが出来る温かみのある製造方法は高品質で価値の高い製品である証明ですよね

植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料

革小物において革の鞣しは重要な製造工程です。

鞣しとは動物の皮を腐敗や乾燥を防ぎ柔軟性を作り出す製品にする為の革にする工程です。

手軽に行える化学製品を用いたクロム鞣しは時間と手間がかからない鞣し方です。

クロム鞣しは近年では環境問題にも大きく取り上げられるようになりました。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は植物性のタンニンを用いて鞣すため手間と時間が掛かる方法になります

それに加え自然の染料を長い時間かけて革の深部にまで浸透させることにより艶のあり深い味わいを生み出す上質の製品を作りだしています

長く使う程味のでる経年変化

服をはじめとするファッションアイテムは使うと劣化していくものが多いですよね。

長く使おうにも劣化してしまうと使うことが出来なくなってしまいます。

しかし、革小物には『エイジング(経年変化)』を楽しむ文化が根付いています。

つまり、使い込むほどに味が出て長く使う程こだわりの詰まった愛着のあるアイテムになっていくということですね。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の革製品は植物性のタンニンで鞣され自然の染料で長時間かけて深部まで浸透させる製品を作りだしています。

使う程に味の出る素材が特徴ですね。

新品時よりも色が深くなり艶も増し、しなやかな風合いと自分の手に馴染む長く愛用できる唯一無二の1点になるのが人気の理由です

耐久性の高いブライドルレザー

ブライドルレザーとは高い耐久性を必要とされる馬具に用いられる革の事です。

乗馬において落馬などアクシデントが起こると命の危険が伴いますよね。

つまり、馬具に使われる革は丈夫で耐久性の高さを要求されます。

ポイント

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の革小物は創業当時営んでいた馬具の製造で使われていたブライドルレザーを代名詞として製品を作っています

馬具に使われる程の耐久性を誇る革で作られる丈夫で長く愛用できる製品が魅力です

信頼のMADE IN ENGLAND

近年中国や東南アジア等の向上で大量に生産できる技術が発展していますよね。

しかし、やはり信用にたるのは日本製やイタリア製、イギリス製などの人件費の高い地域での職人の高い技術によるモノづくりですよね。

ロゴの刻印にも刻まれるHAND MADE IN ENGLANDは絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル10選

高品質に定評がありスタイリッシュでシンプルだからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

シンプルで馴染み易く日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね

特に、耐久性の高い革やハンドメイドでの丈夫な製造方法に経年変化を楽しむ事が出来る長年愛用の1点です。

決して安いわけではないですが全く手が出ない程の価格ではない上に使う程に愛着のでる年月を考えるとコスパ抜群のアイテムですね

ポイント

2022年12月で事業廃止されたからこそ手に入るのは早いもの勝ちになります。

歴史に残す名作を是非、後悔のないように検討して下さい。

二つ折り財布『S7532 ブライドル』

pick up

S7532 ブライ

大人が手軽に使えるシンプルで馴染み易い二つ折り財布ですね。

マチのある小口コインケースに札入れと小さいカードホルダーの他に両側に作られたポケットが収納力を作り出します。

ポケットや鞄にも収納し易い手軽な大きさが特徴的です

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムですね。

二つ折り財布『S7532 リージェントブライドル』

pick up

S7532 リージェントブライ

S7523L ブライドルの表革に型押ししたモデルですね。

シンプルな中に少し違ったお洒落な印象を作り出します。

ポケットや鞄にも収納し易い手軽な大きさと大人の遊びを付け加えるカラーリングが特徴的です

ホワイトハウスコックスの代名詞とも言われる外革と内革の色を変えた2トーンは上品な中にポップなカラーの利いた一点ですね。

長財布『S9697L ブライドル』

pick up

S9697L ブライ

大人に合うシンプルで馴染み易い長財布ですね。

ステッチの白がアクセントにもなる艶のあるブライドルレザーを用いられた上品な一点です。

コインケースには3cmのマチがありカードホルダーの他に内両側に作られたポケットが十分な容量を作り出しています。

シンプルながらにも大人の上品さを演出したい人におすすめです

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムですね。

長財布『S9697L リージェントブライドル』

pick up

S9697L リージェントブライ

S9697L ブラドルの表革に型押ししたモデルですね。

シンプルな中に少し違ったお洒落な印象を作り出します。

シンプルながらにも大人の上品さと遊びを演出したい人におすすめです

ホワイトハウスコックスの代名詞とも言われる外革と内革の色を変えた2トーンは上品な中にポップなカラーの利いた一点ですね。

ラウンドZIP長財布『S2622 ブライドル』

pick up

S2622ブライ

開口部にZIPがつけられ閉める事が出来るタイプのラウンドZIPですね。

マチのついたコインケースの両脇には2つのお札収納部、多数のカード入れにポケットもついた大容量タイプです。

財布をメインに使う出来る大人の男性を印象付ける一点ですね

三つ折り財布『S7660 ブライドル』

pick up

S7660ブライ

ホワイトハウスコックスの中でも支持率の高い三つ折り財布ですね。

半月型のフラップデザインが特徴的で、手軽に持ち易い大きさの上にスナップボタンでとめる事の出来る使い易さが魅力的です。

上部から入れるお札とは別に横向けにつけられたマチ付のコインポケットは取り出しやすい容量になっています。

カードホルダーと両サイドにつけられたポケットが容量を作り出しています。

小型で持ち運びがし易くも収納力に富んだ使い勝手が魅力です

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムですね。

三つ折り財布『S7660 リージェントブライドル』

pick up

S7660 リージェントブライドル

S7660 ブライドルの表革に型押ししたモデルですね。

シンプルな中に少し違ったお洒落な印象を作り出します。

小型で持ち運びがし易くも収納力に富んだ使い勝手と遊びの有るカラーリングが魅力です

ホワイトハウスコックスの代名詞とも言われる外革と内革の色を変えた2トーンは上品な中にポップなカラーの利いた一点ですね。

スリムジップウォレット『S3068 ブライドル』

pick up

S3068 ブライドル

キャッシュレス決済が進む現代において使い易い小型のモデルですね。

半分に折りたたんだ札と少量の小銭と少量のカードのみが収納できる程度の両量が特徴的です。

大型の財布を持つ必要のない大人のメンズが選ぶお洒落な一点ですね

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムですね。

名刺入れ『S7412 ブライドル』

pick up

S7412ブライドル

シンプルで手軽に使える大人の名刺入れですね。

自分を魅せる最初の一歩から大人の上品さを演出できる逸品です

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムですね。

メッシュベルト『P1127』

pick up

P1127

大人が上品な腰元を演出する細いレザーを編み込んだメッシュベルトですね。

ビジネスシーンは勿論タウンユースでも上品にきまる艶のあるメッシュベルトは使い勝手抜群です

ホワイトハウスコックスの代名詞でもあるブライドルレザーで編みこまれた品のある一点ですね。

シンプルだからこそ長年愛用するエイジングを楽しむ事ができる極上のアイテムです。

まとめ:人気の理由は伝統的な製法とこだわりの素材で作られる長く使える評判の革財布

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 英国の革御三家の一角を担う老舗ブランド』⇒「エッティンガー」「グレンロイヤル」に並ぶ英国の革の御三家と言われる程の認知度の高い信頼の老舗ブランド。
  • 1930年から変わらない伝統的な製法』⇒創業時から受け継がれる職人気質のモノづくりへのこだわりは現代まで受け継がれる伝統の製法。
  • 品質管理を徹底したこだわりのハンドメイド』⇒品質管理を徹底する為に継承し続けられる職人のハンドメイドにより長年使える丈夫さを誇る高品質なモノづくり。
  • 植物性のタンニン鞣し革の深部まで浸透させた天然染料』⇒10週間の長い期間を使い環境にも優しく価値の高い天然の植物タンニン鞣し自然の染料を革の深部まで浸透させるこだわりのある上質の製品。
  • 長く使う程味のでる経年変化』⇒新品時よりも色が深くなり艶の増す長く使うからこそ愛着もわく楽しめる経年変化が魅力。
  • 耐久性の高いブライドルレザー』⇒落馬等アクシデントが起こると命にも関わる程丈夫さが求められる馬具に使われる程の耐久性を誇る革で作られる為丈夫で長く愛用できる。
  • 信頼のMADE IN ENGLAND』⇒ロゴの刻印にHAND MADE INENGLANDが刻まれる絶対的な品質を誇る信頼のイギリス製。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Whitehouse Cox

大人の魅力を格上げする財布

流行り廃りの少ない名作定番

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

9

お洒落度

7

認知度

10

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

定番の人気モデルなのでセールにかかることもほぼない大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド158選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介