人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【キーン】評判調査。いくつもの名作を生み出した米国フットウェア

本サイトのリンクには広告が含まれています

KEEN(キーン)はおしゃれ?ダサい?評判は?時代遅れ?

KEEN(キーン)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?時代遅れではないのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

特に、KEEN(キーン)と言えば、編み込みのコードが特徴的なサンダルモデル『UNEEK(ユニーク)』を思い浮かべる人が多い程に、キレイ目カジュアルにも合う定番のスポーツサンダルブランドの一つでもあります。

しかし、KEEN(キーン)の名作と呼れる定番的な人気のフットウェアは、何もUNEEK(ユニーク)だけではありません。

その上、『UNEEK(ユニーク)』の登場で急激な人気の爆発によって注目された経緯はあるにしても『UNEEK(ユニーク)』を含む定番的な名作の数々は、決して一過性のトレンドで終わるようなアイテムでもないと言うのも事実です。

つまりKEEN(キーン)は、例え一過性と思われる程の急激な注目度は下がったとしても完全に廃れる事のない、多くのファッショニスタに注目され続けるべきフットウェアブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いKEEN(キーン)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『KEEN(キーン)』は幅広い年齢層に選ばれるアウトドア由来の快適性能を誇るフットウェアブランド
  2. 『KEEN(キーン)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. デザイン性に関しての口コミ
    2. 色、柄に関しての口コミ
    3. 機能性に関しての口コミ
    4. 一足買ったらファン化する人が多いリピーターの口コミ
    5. サイズに関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『KEEN(キーン)』人気の理由8選
    1. 靴を超えたサンダルを生み出した感性
    2. 他には無い独特なデザイン性
    3. UNEEK(ユニーク)だけじゃない数々の名作
    4. サンダルからスニーカー、トレッキングまで網羅するラインナップ
    5. アウトドア由来の高い機能性
    6. 自然と共に生きる環境保護の考え方
    7. 大手セレクトショップの取り扱いやコラボされる注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『KEEN(キーン)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル7選
    1. 定番にして鉄板のコンフォートスニーカー『JASPER(ジャスパー)』
    2. アウトドアからキレイ目カジュアルの足元にも映えるスポーツサンダル『UNEEK(ユニーク)』
    3. ハイブリッドフットウェアの始祖『NEWPORT(ニューポート) H2』
    4. 適度なアウトドア感がタウンユースにも映えるスポーツサンダル『ZERRAPORT(ゼラポート) 2』
    5. タウンユースにも馴染むハイキングシューズ『TARGHEE(ターギー) 3』
    6. 様々なシーンで活躍するクロッグサンダル『YOGUI(ヨギ)』
    7. 冬のワンマイルサンダルに重宝するクロッグサンダル『HOWSER(ハウザー) 3 SLIDE』
  5. まとめ:人気の理由は手軽に大人の日常を飾る長く愛用できる評判のフットウェア

『KEEN(キーン)』は幅広い年齢層に選ばれるアウトドア由来の快適性能を誇るフットウェアブランド

現代に続くスニーカーやサンダル、ブーツや革靴等のフットウェアには、モデル名で認知されている名作と呼ばれるようなアイテムが幾つも存在します。

例えば、NIKE(ナイキ)やadidas(アディダス)等のスポーツスニーカーやTeva(テバ)やshaka(シャカ)のようなスポーツサンダル、MERRELL(メレル)やDANNER(ダナー)等のアウトドアシューズにも言える事ですが、其々のブランド毎に著名な名作が現代まで息づいています。

では、KEEN(キーン)の名作と言えば、どのモデルを思い浮かべるのか…。

近年話題になっている独特なコードの編み込みが特徴的な『UNEEK(ユニーク)』を思い浮かべる人も多いでしょう。

ポイント

2013年に誕生し、その独特なデザインと快適な履き心地で話題になった『UNEEK(ユニーク)』。

一方で、『UNEEK(ユニーク)』よりも前に誕生したモデルから『UNEEK(ユニーク)』よりも後に開発されたモデルを含めて、サンダルやスニーカー等の名作も今尚定番として人気を集めています。

気軽に履ける日常のフットウェアからファッションとしても注目されるアウトドア由来の機能性を持ち合わせたフットウェアを一つのブランドで見比べたい。

そんな人に重宝するのが『KEEN(キーン)』です

歴史としては意外と新しく、2003年にアメリカで創業したデザイン性と機能性を持ち合わせた次世代を目指すフットウェアブランドですね。

こんな人におすすめ

  • KEEN(キーン)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染むおしゃれな名作フットウェアって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るフットウェアの人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『KEEN(キーン)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『KEEN(キーン)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『独特なデザイン性がカワイイ』
  • 『カラーリングや柄がおしゃれなものが多い』
  • 『クッション性が良く防水機能も備えた快適な機能シューズ』
  • 『○○のモデルも履きつぶして〇足目!』

悪い口コミ

  • 『独特な丸いフォルムがカジュアル過ぎる…』
  • 『色使いが派手で合わせにくい…』
  • 『本格的なアウトドアには向かないあくまでも街着用シューズ』
  • 『サイズ感が小さくもう一サイズ上を選べば良かった…』

等々、賛否両論の意見が散見され、人によって捉え方が異なる印象ですね。

続けて、詳しく解説していきます。

デザイン性に関しての口コミ

KEEN(キーン)自体独創的なデザインが多く、『全てにオリジナルであれ』と言うコアバリューの元で商品開発されている為、ハマる人にはグッとくるデザイン性が魅力という声は多いですね。

一方で、悪く言えばシンプルとは真逆のスニーカーの為に、キレイ目のスタイリッシュなスタイルを好む人からすると批判的な声が多いのも事実。

基本的に、アウトドア由来の履物なのでターゲットが違うと言われればそれまでの事。

しかし、中には2本のコードの編み込みでスタイリッシュなフォルムが特徴的なスポーツサンダルのUNEEK(ユニーク)は、キレイ目スタイルの人も大人のカジュアルダウンに使えるモデルとして人気があるので人とモデルによるといった所ですね。

KEEN(キーン)自体が悪いという意味ではなく、ある程度客層は選ぶという点は念頭に置くべきポイントです

近年では、キレイ目スタイルの人が足元で合わせるボリュームシューズのダッドスニーカーというファッションも定番化してきたので、比較的とり入れ易くはなってきましたね。

色、柄に関しての口コミ

デザインと同様に、独特なカラーリングや柄に定評があるのもKEEN(キーン)の魅力としてよく挙がっている声です。

派手目な色から渋さを感じるクラシックな色合わせに、サンダルに至って言うと迷彩柄やドット柄にタイダイ染め等バリエーションが多岐に渡っているのもKEEN(キーン)の真骨頂

一方で、色柄が増えると合わせるのが難しくなるというのもファッションの定石で確かにコーディネートに組み込むのに難しく感じるケースはあります。

しかし、それぞれのモデルで勿論ブラック基調のカラー展開もあるので、『色、柄が多い印象が強いブランド』という点は念頭に置きたい点ですね

機能性に関しての口コミ

基本的にアウトドア由来の機能性を備えている為、履き心地が良く雨にも強いというようなメリットの声は多いですね。

一方で、本格的なアウトドアには使えないタウンユース寄りのシューズという声が多いのも事実。

悪環境下に対応するのは難しいという事実も念頭に置いておく必要はあります。

ポイント

それもそのはず、KEEN(キーン)はアウトドア由来とはいえコンセプトはあくまでも『ソト遊び』。

つまり、軽いハイキングやBBQに水辺でのレジャー等を快適に過ごせるフットウェアブランドです。

故に、そもそも本格的な登山に対応しているような機能性は持ち合わせていないというのが事実。

過剰な期待はせずに、軽いアウトドアや快適に履ける街着としてのコンフォートシューズという事は念頭に置きたいですね

一足買ったらファン化する人が多いリピーターの口コミ

非常に多い声として、KEEN(キーン)が好きな人は新たなKEEN(キーン)を求めてしまうという声も多く挙がっています。

例えば、『JASPER(ジャスパー)とYOGUI(ヨギ)を持っている!』という声や、『履きつぶしたから同じモデルをリピートした!』等、愛用者になるケースが多いブランドですね。

かくいう私もJASPER(ジャスパー)とYOGUI(ヨギ)、NEWPROT(ニューポート)H2等モデル違いで愛用しています。

その独特なデザイン性と快適な履き心地はリピートして欲しくなる人が多い人気のブランドなのですね

サイズに関しての口コミ

総じてほとんどのモデルに言える事ではありますが、サイズ感で失敗したという声は多いですね。

KEEN(キーン)のフットウェアは、他のスポーツスニーカーと比べて少し小さ目の作りになっているモデルが多いので注意して下さい。

私自身もスニーカーで言うと26.0~26.5cmのサイズが多いですが、KEEN(キーン)に至っては27.0cmを選びます。

つまり、普段お履きのシューズよりも0.5cm~1.0cm…一サイズ大き目を検討した方が間違いは少ないですね

オンラインでの買い物が主流になっている人であれば、サイズ表記だけではなく寸法を確認した上で検討する事を念頭におきましょう。

なぜ人気?多くの人に愛される『KEEN(キーン)』人気の理由8選

ポイント

  • 靴を超えたサンダルを生み出した感性』⇒サンダルとはつま先が出ている事が当たり前であった時代に、つま先を守るためのトゥ・プロテクションを備えた今なお残るスポーツサンダルの名作を生み出した独自のスタイルが魅力。
  • 他には無い独特なデザイン性』⇒トゥ・プロテクションを備えたスポーツサンダルを始め、丸みを帯びたフォルムやコード等のパーツ使いにしても「全てにオリジナルであれ」というコアバリューの元、見ただけでKEEN(キーン)とわかるような独特なデザイン性が特徴的。
  • UNEEK(ユニーク)だけじゃない数々の名作』⇒KEEN(キーン)と言えばコードが特徴的なUNEEK(ユニーク)を思い浮かべる人も多いですが、それ以前の定番モデルがあればそれ以後に開発された定番モデルも生み出されている数々の名作が人気の理由。
  • サンダルからスニーカー、トレッキングまで網羅するラインナップ』⇒創業時に開発されたサンダルというジャンルにとらわれず、サンダルは勿論アウトドアなスニーカーや登山にも使えるトレッキングシューズ等アウトドアシーンから日常のタウンユースも網羅する商品ランナップが魅力。
  • アウトドア由来の高い機能性』⇒岩場のゴツゴツからつま先を守るトゥ・プロテクションやグリップ力の高いアウトソール、軽量性やクッション性に至るアウトドアに必要比可決な機能が搭載された使い勝手が人気の理由。
  • 自然と共に生きる環境保護の考え方』⇒リサイクル素材や地球環境に優しい素材を積極的に採用し、長持ちするシューズを作りだす事で環境負荷を抑えるモノづくりの考え方に自然保護活動や支援も行う環境に配慮した考え方が魅力。
  • 大手セレクトショップの取扱いやコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『KEEN(キーン)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

KEEN FOOTWEAR

日常に馴染むフットウェア

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

手軽さ

7

お洒落度

7

認知度

5

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『KEEN(キーン)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

KEEN

2003年、アメリカカリフォルニア州でローリー・ファーストによって設立されたフットウェアブランド。

30年以上靴の修理業を営みスポーツシューズの開発や生産管理も請け負っていたローリー氏は『サンダルはつま先を守ることができるのであろうか?』という疑問の答えとしてつま先を守る安全性の高いスポーツサンダルを開発。

サンダルの解放感を損ねず安全性を確保した画期的構造は、すぐに人気ブランドの仲間入りを果たした。

その後、ハイブリッドフットウェアという新たなる商品群に着手。

『サンダルとシューズ』『水と陸』『快適性と性能』『ファッションと機能性』というようにあらゆる場面で快適に使えるハイブリッドな商品を提案する。

アウトドアは勿論、タウンユースとしてもファッション初級者から上級者まで広がって行った。

つまり、独自のデザイン性が目を引く機能性にも優れた日常に馴染み易いフットウェアブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.keenfootwear.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

靴を超えたサンダルを生み出した感性

サンダルと言えば、開放感のある肌の露出が多いフットウェアを思い浮かべる人は多いでしょう。

従来の鼻緒型のビーチサンダルとば違って、現代では水辺もタウンユースなおしゃれ履きにも使えるスポーツサンダルが定番化しています。

ポイント

しかし、サンダルというフットウェアは基本的につま先が出ているのが当たり前の構造。

その構造に疑問を感じた創業者が『サンダルはつま先を守ることができるのであろうか?』という疑問の答えとして、つま先を守る安全性の高いスポーツサンダルを開発したのが始まり。

その独特なデザイン性は今までのサンダルには無い『サンダル以上スニーカー未満』なハイブリットなフットウェアを生み出した、正に『靴を超えたサンダル』の発想力が魅力ですね

他には無い独特なデザイン性

モノに溢れる現代には、似通った衣類が多いという側面を持っています。

ポイント

そもそも、デザインが出尽くしていると言われるファッション業界において、既存のモノをデザインソースにしたモノづくりは当然であり、差別化が難しくなっているという事実もあります。

しかし、KEEN(キーン)はサンダルの常識を変えたトゥ・プロテクションを備えたスポーツサンダルを始め、2本のコードの編み込みでアッパーをデザインしたサンダルや独特な丸みを帯びたシューズ等が特徴的。

「全てにオリジナルであれ」というコアバリューの元、見ただけでKEEN(キーン)とわかるような独特なデザイン性が魅力ですね

UNEEK(ユニーク)だけじゃない数々の名作

良くも悪くも2本のコードの編み込みでアッパーをデザインしているスポーツサンダル型のモデルであるUNEEK(ユニーク)が2013年に誕生し、その独特なデザイン性に注目され認知度が急激に高まった経緯があります。

それ故、KEEN(キーン)と言えばUNEEK(ユニーク)を思い浮かべる人が多いのも事実ですね。

ポイント

しかし、KEEN(キーン)の定番的な名作は他にもあります。

芋虫のようなフォルムが特徴的なスナッグサンダルのYOGUI(ヨギ)やトゥ・プロテクションを搭載した最初のモデルであるNEWPORT(ニューポート)、丸みを帯びたフォルムに独特なデザインが目を引くスニーカーJASPER(ジャスパー)等数々の定番名作が生み出されています。

UNEEK(ユニーク)以前の定番モデルがあれば、UNEEK(ユニーク)以後に開発された定番モデルも生み出されている数々の名作が人気の理由です

サンダルからスニーカー、トレッキングまで網羅するラインナップ

KEEN(キーン)は元々つま先を守る構造であるトゥ・プロテクションを備えたスポーツサンダルからスタートしたブランドです。

しかし、サンダルに留まらない商品開発力も魅力の一つ。

ポイント

基本的にはスポーツサンダルとも親和性の高い『ソト』を生きるというコアバリューの元で、アウトドアなスニーカーや軽い登山にも使えるトレッキングシューズ等が商品ラインナップされています。

開放感のあるアウトドアシーンから日常のタウンユースも網羅する商品ランナップが人気の理由ですね

アウトドア由来の高い機能性

加えて、アウトドアと親和性の高いモノづくりなだけあって、アウトドア由来の機能性を持ち合わせているのも嬉しいポイント。

ブランドの発端となった岩場のゴツゴツからつま先を守るトゥ・プロテクションやグリップ力の高いアウトソール、軽量性やクッション性に至るアウトドアに必要比可決な機能が搭載されています。

アウトドアシーンは勿論、日常のタウンユースにも快適な足元をサポートしてくれる使い勝手が人気の理由ですね

自然と共に生きる環境保護の考え方

自然と共に生きるアウトドアブランド程、環境問題に取り組んでいるブランドは多いです。

ポイント

それもそのはず、アウトドアとは名ばかりに環境に配慮してなければそれはアウトドアとは言えないモノ。

それ以前に、自然を愛するブランドであるからこそ環境保全に取り組む事を責務として捉えられています。

KEEN(キーン)は、リサイクル素材や地球環境に優しい素材を積極的に採用し、長持ちするシューズを作りだす事で環境負荷を抑えるモノづくりが行われています

加えて、自然保護活動や支援も行う環境に配慮した考え方が魅力的な企業ですね。

大手セレクトショップの取り扱いやコラボされる注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップでの取扱いや著名ブランドとのコラボ等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『KEEN(キーン)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル7選

独特なデザイン性とアウトドア由来の機能性を有したファッションとしても認知されているフットウェアブランドとして定評があるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

タウンユースとしても使える名作の数々は、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

定番にして鉄板のコンフォートスニーカー『JASPER(ジャスパー)』

pick up

■『JASPER(ジャスパー)

KEEN(キーン)のスニーカーと言えばこの形を思い浮かべる人が多い定番モデルです。

クライミングシューズをベースに、履き心地を追求したコンフォートシューズのハイブリッドスニーカー。

KEEN(キーン)らしい丸みのあるフォルムに、つま先の方まで紐がある独特なデザイン性にカラーリング。どこをとっても独特な世界観を感じる名作ですね。

アウトドア由来のパラコードと普通の靴紐を付け替えれる仕様も面白いポイント。

個人亭にはパラコードで独特な世界観を体感して欲しいですね。

快適なクッション性で、軽いアウトドアシーンから街着にも馴染む手軽にアウトドアミックスを取り入れたい人に選ばれるオールラウンダーな一足ですね

アウトドアからキレイ目カジュアルの足元にも映えるスポーツサンダル『UNEEK(ユニーク)』

pick up

■『UNEEK(ユニーク)

現代のKEEN(キーン)の認知度を急激に高めたと言っても過言ではない程に注目されているスポーツサンダルモデルです。

元々、一部の人からは支持率が高かったKEEN(キーン)ではありますが、このモデルをきっかけでKEEN(キーン)を知った人も多い名作。

2本のコードを編み込んだアッパーに、クッショニングに優れたアウトソールを組み合わせた、まさに他にはないKEEN(キーン)特有のデザインが魅せる世界観ですね。

サンダルより肌の露出が少ない分クールに履けて、スニーカー程暑くない風通しの良いスポーツサンダルです。

まさに、スニーカーとサンダルのハイブリッドなアイテム。

川辺のレジャー等のアウトドアシーンは勿論、アウトドア由来でありながらそのクールな見た目からキレイ目スタイルのカジュアルダウンしたいタウンユースな足元にも選ばれる一足ですね

HI10×2KI

UNEEK(ユニーク)に関しては詳しくはこちらの記事☟

ダサいを解消。『キーンユニーク』合わせやすく快適な大人の評判スポーツサンダル

KEEN(キーン)のユニークはおしゃれ?ダサい?評判は? KEEN(キーン)のユニークってよく聞くけ ...

続きを見る

ハイブリッドフットウェアの始祖『NEWPORT(ニューポート) H2』

pick up

■『NEWPORT(ニューポート) H2

昔ながらのKEEN(キーン)を知る人であれば、このサンダルを思い浮かべる創業モデルです。

つま先を守るサンダルというコンセプトで生まれたトゥ・プロテクションの丸みを帯びたフォルムが作り出す世界観が魅力的。

肌の露出が少なく靴下合わせでも違和感なく馴染む、水陸両用のスポーツサンダルですね。

厚手の靴下を履くと、サンダルと言うよりもスニーカーに見えるハイブリッドモデル。

速乾性の高いウェビングベルトの無地のカラーや柄のバリエーションも豊富で選びがいのある一足ですね。

水辺でのレジャーBBQ等のアウトドアシーンは勿論、気軽に出かけるカジュアルなタウンユースにも選ばれます

適度なアウトドア感がタウンユースにも映えるスポーツサンダル『ZERRAPORT(ゼラポート) 2』

pick up

■『ZERRAPORT(ゼラポート) 2

NEWPORT(ニューポート) H2にも似た見た目の比較的新しいモデルのスポーツサンダルです。

NEWPORT(ニューポート) H2とは違った交差するウェビングベルトにKEEN(キーン)らしいトゥ・プロテクションのデザインが特徴的。

カジュアル感が少なく比較的キレイ目にも合わせ易いモデルですね。

言うなればNEWPORT(ニューポート) H2以上UNEEK(ユニーク)未満の取り入れ易い名作。

近年ではこのモデルの注目度も上がっていると思われる一足です。

少しアウトドアを意識したタウンユースの大人な足元に選ばれます

タウンユースにも馴染むハイキングシューズ『TARGHEE(ターギー) 3』

pick up

■『TARGHEE(ターギー) 3

タウンユースから軽いハイキングにも最適なスニーカーモデルです。

アウトドア由来のぼてっとしたフォルムは、近年で人気の定番スニーカーとなったダッドシューズにも似た特徴的なデザインが魅力。

前モデルのTARGHEE(ターギー) 2よりも少しアウトドア感が軽減され、トレーニングシューズ的にタウンユースでもしっくりくるデザインになっていますね。

クッション性がよくグリップ力も強い為、軽いアウトドアシーンから快適な履き心地のタウンユースとしても選ばれます

■『TARGHEE(ターギー) 3 MID

アウトドアシーンに重宝するミッドカットバージョンがあるのも嬉しいポイントです。

様々なシーンで活躍するクロッグサンダル『YOGUI(ヨギ)』

pick up

■『YOGUI(ヨギ)

芋虫のような独特のフォルムがクセになる水陸両用の クロッグサンダルモデルです。

使用用途は一世風靡したCROCS(クロックス)と同様に、アウトドアシーンから室内履きに軽いワンマイルシューズとしても重宝するいわゆるつっかけですね。

CROCS(クロックス)は便利だけど少しダサいな…と感じる人でもKEEN(キーン)のYOGUI(ヨギ)であれば手軽なおしゃれを演出できます。

素材が若干硬いので、素足で履くと足の甲の当たる部分に少し痛みを伴う事もあるので、普段よりも大き目のサイズを検討した方が良いですね。

耐久性が高く長く履ける、一足あればあらゆるシーンに活躍する一足です。

水辺のアウトドアシーンや室内履き、少し外に出るつっかけやベランダ履きなど少しおしゃれをしたいワンマイルサンダルとして選ばれます

冬のワンマイルサンダルに重宝するクロッグサンダル『HOWSER(ハウザー) 3 SLIDE』

pick up

■『HOWSER(ハウザー) 3 SLIDE

冬バージョンのつっかけとも言える、暖かくてリラックスできるクロッグサンダルモデルですね。

寒い室内やオフィス履きとしても重宝する足元から暖めてくれるリラックスサンダル。

冬のキャンプシーンや軽い外出時のワンマイルサンダルとしても役立ちますね。

冬場のアウトドアシーンや室内履き、少し外に出るつっかけやベランダ履きなど少しおしゃれをしたいワンマイルサンダルとして選ばれます

まとめ:人気の理由は手軽に大人の日常を飾る長く愛用できる評判のフットウェア

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 靴を超えたサンダルを生み出した感性』⇒サンダルとはつま先が出ている事が当たり前であった時代に、つま先を守るためのトゥ・プロテクションを備えた今なお残るスポーツサンダルの名作を生み出した独自のスタイルが魅力。
  • 他には無い独特なデザイン性』⇒トゥ・プロテクションを備えたスポーツサンダルを始め、丸みを帯びたフォルムやコード等のパーツ使いにしても「全てにオリジナルであれ」というコアバリューの元、見ただけでKEEN(キーン)とわかるような独特なデザイン性が特徴的。
  • UNEEK(ユニーク)だけじゃない数々の名作』⇒KEEN(キーン)と言えばコードが特徴的なUNEEK(ユニーク)を思い浮かべる人も多いですが、それ以前の定番モデルがあればそれ以後に開発された定番モデルも生み出されている数々の名作が人気の理由。
  • サンダルからスニーカー、トレッキングまで網羅するラインナップ』⇒創業時に開発されたサンダルというジャンルにとらわれず、サンダルは勿論アウトドアなスニーカーや登山にも使えるトレッキングシューズ等アウトドアシーンから日常のタウンユースも網羅する商品ランナップが魅力。
  • アウトドア由来の高い機能性』⇒岩場のゴツゴツからつま先を守るトゥ・プロテクションやグリップ力の高いアウトソール、軽量性やクッション性に至るアウトドアに必要比可決な機能が搭載された使い勝手が人気の理由。
  • 自然と共に生きる環境保護の考え方』⇒リサイクル素材や地球環境に優しい素材を積極的に採用し、長持ちするシューズを作りだす事で環境負荷を抑えるモノづくりの考え方に自然保護活動や支援も行う環境に配慮した考え方が魅力。
  • 大手セレクトショップの取扱いやコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

KEEN FOOTWEAR

日常に馴染むフットウェア

流行り廃りの少ない定番名作

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

手軽さ

7

お洒落度

7

認知度

5

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『KEEN(キーン)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介