人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【ドリフター】評判調査。手軽に使えるコスパ抜群のアメリカバッグ

本サイトのリンクには広告が含まれています

Drifter(ドリフター)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

Drifter(ドリフター)ってよく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1977年、アメリカで生まれたバッグブランド。

元々はパラシュートを作る会社だったのだがバッグの製造を始めたのが、友人や親しい顧客のスカイダイバーからパラシュートの生地ように丈夫なバッグを作れないかという要望がきっかけ。

定番的なバックパックやトートバッグを始め小型のポーチ等、手軽で使える耐久性の高いバッグブランドとしてアメリカのみならずヨーロッパやアジアにも認知度を拡大しました。

今や、大手のセレクトショップでも取り扱いが多く街着で使えるデイリーバッグブランドとしても認知度が拡大したDrifter(ドリフター)は、決してデザイン性としてファッションに特化した一過性の人気ではなく40年以上続くアメリカのバッグブランドとして多くのファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いDrifter(ドリフター)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『Drifter(ドリフター)』は幅広い年齢層に選ばれる街着で使うデイリーユースに適したバッグブランド
  2. 『Drifter(ドリフター)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. MADE IN USAか否かに関しての口コミ
    2. デザインに関しての口コミ
    3. 使い勝手に関しての口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『Drifter(ドリフター)』人気の理由8選
    1. 手軽に使えるデイリーユースなバッグブランド
    2. 人の要望によって生まれたユーザーに寄り添う姿勢
    3. パラシュート製造会社由来の素材へのこだわり
    4. 手頃な価格で耐久性が高い抜群のコスパ
    5. ユニセックスで使えるこなれたデザイン性
    6. 多彩なカラーバリエーション
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『Drifter(ドリフター)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選
    1. シンプルで使い易いデイパック『CITY DAY PACK(シティデイパック)』
    2. デイリーユースに活躍する使い勝手の良い小型のバックパック『CLASSIC PACK(クラシックパック)』
    3. クラシカルなデザイン性が魅力な涙型のバックパック『URBAN HIKER(アーバンハイカー)』
    4. デイリーユースに活躍する使い勝手の良いトートバッグ『PACK TOTE(パックトート)L』
    5. コンパクトで使い易い縦型の身にショルダーバッグ『WALK POCKET(ウォークポケット)』
    6. ファッショナブルな手荷物用の巾着バッグ『DRAWSTRING POUCH(ドローストリングポーチ)』
  5. まとめ:人気の理由は大人の日常を飾るコスパ抜群のこなれた評判のバッグ

『Drifter(ドリフター)』は幅広い年齢層に選ばれる街着で使うデイリーユースに適したバッグブランド

日常で使うバッグと一言で言っても何を選べば良いかわからない人も多いですよね。

中には、オフの日は手荷物はポケットにいれるからバッグを持ち歩かないという人もいるでしょう。

ポイント

しかし、バッグとはただモノを入れるだけの実用的なモノではなくアクセントになるおしゃれなファッションアイテムとして重要な役割を果たします。

特に、ポケットにモノを突っ込む男性も多いですが、スマホや財布にハンカチ等、意外と手荷物が多いのにもかかわらずポケットにモノを突っ込み過ぎてパンパンに膨らんだ状態は、服のシルエットも崩れて外観を損なう事に繋がります。

つまり、バッグとファッションは切っても切り離せない関係性と言っても過言ではありません。

しかし、TPOという言葉もあるようにビジネスシーンで使う硬いバッグとは違ってオフの日にはオフの日に合ったデイリーユースなバッグが求められのもファッション。

では、街着で使えてデイリーユースで手軽に使えるこなれたバッグは何があるのかと思う人もいますよね。

そんな人に重宝するのが『Drifter(ドリフター)』のバッグです

1977年に生まれた元々がパラシュートを作っていた会社由来の耐久性に定評があり、アメリカ生まれの老舗ブランドとしてファッション的な背景もあるデイリーユースにピッタリなバッグブランドです

こんな人におすすめ

  • Drifter(ドリフター)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染むおしゃれなバッグって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るバッグの人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Drifter(ドリフター)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Drifter(ドリフター)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『シンプルで使い勝手が良い』
  • 『デイリーユースにぴったりなおしゃれなデザイン』
  • 『とにかく丈夫で長く使える歴史あるバッグ』
  • 『価格が安くて長く使えるコスパが良い』

悪い口コミ

  • 『MADE IN USAではなくなったのが残念』
  • 『少し女性向けのアイテムが多いように感じる』
  • 『少し若向けな印象を覚える』
  • 『小分け収納が少ない』

続けて、詳しく解説していきます。

MADE IN USAか否かに関しての口コミ

創業からMADE IN USAを謳ってアメリカ製造を行っていたDrifter(ドリフター)ですが、近年アメリカ工場を売却してアジア生産に移行したというのは服好きにショックを与えたニュースでした。

アメリカの老舗ブランドであるなら勿論MADE IN USAに価値を感じる人は多いですね。

故に、中には『MADE IN USAでなくなるのなら…』と評価を変えた人がいるのは事実でしょう。

ポイント

一方で、少し悲しい事ではありますが近年のアパレル業界にはアジア製に切り替わるのが別に珍しい話ではありませんね。

そもそも、MADE IN USAにこだわる人がどれくらいいるのか…というと実は少数派ですよね。

なので、生産国に『こだわる人はこだわる』し『気にしない人は気にしない』というのが正直な話

MADE IN USAがよければ古着やデッドストックで探すというだけで、ブランドの人気が地に落ちるわけでもないですね。

多くの人からすると、やっぱりデザイン性で選ばれるのがDrifter(ドリフター)の魅力でもあります。

デザインに関しての口コミ

『シンプルなデザインで幅広い層にハマる!』や、『カップルに夫婦、家族でお揃いで使っている!』という声も聞かれます。

一方で、『少し女性的なアイテムが多い…』であったり『若者が持つイメージがある…』という声も。

ポイント

しかし、デザインとしては『THEアメリカ』なシンプルなデイリーバッグ。

中には巾着バッグ型のような女性向けなアイテムもありますが、決して若向けでも女性向けでもなくその多くはユニセックスで使えるデイリーユースなデザインです。

そもそもアメリカの老舗ブランドですし、アメリカカジュアルなスタイルにもばっちりハマるアイテム

派手な柄やカラーリングのモノではなく、ベーシックなブラックやカーキベージュを選べば男性が持っていてもおかしくないどころかおしゃれなバッグブランドですね。

使い勝手に関しての口コミ

価格が安価で丈夫という点で、『なにも気にせず手軽に使える!』という声は多いですね。

元々がパラシュートを製造していた企業と言う事も有り、創業時のブランドコンセプト通り長く愛用できる丈夫なバッグというのは外せないブランドのパーソナリティ。

ポイント

一方で、簡易でシンプルな作りが多いアメリカらしい小分け収納の少なさを気にする人は一定数います。

ザクっとモノを詰め込むのに優れているので、それはそれとして大味なアメリカを感じるポイント。

バッグインバッグ等で対応するのも検討したいですね。

なぜ人気?多くの人に愛される『Drifter(ドリフター)』人気の理由8選

ポイント

  • 手軽に使えるデイリーユースなバッグブランド』⇒かしこまったバッグではなく、ユニセックスでも使える手軽な日常のお供になるファッション性のあるバッグでありながら、アメリカ生まれのファッション背景も魅力なブランド。
  • 友人の要望によって生まれたユーザーに寄り添う姿勢』⇒元々パラシュートを作っていた会社が知人の要望でバッグを作り始めたというくだりに、今尚少しずつ使い易い用に改良を加えられているユーザー視点が特徴。
  • パラシュート製造会社由来の素材へのこだわり』⇒大空からの投下で命を預ける程に耐久性には注力したパラシュート会社が手掛ける耐久性という点に焦点を当てたこだわりの素材感が魅力。
  • 手頃な価格で耐久性が高い抜群のコスパ』⇒耐久性が高い素材にこだわりがあると言えども、比較的手の取り易い安価な価格設定。長く使えて買い易い価格の抜群のコスパも人気の理由。
  • ユニセックスで使えるこなれたデザイン性』⇒レディースだけでなくメンズも使えて、レディースにも勿論使い易い女子ウケも良いデザイン性が特徴的。
  • 多彩なカラーバリエーション』⇒定番色なブラックやカーキベージュを始め、多彩なカラーバリエーションにヒョウ柄やゼブラ柄等も含むラインナップがデイリーユースでおしゃれなアクセントになる小物使いが人気の理由。
  • 大手セレクトショップの取扱いや別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Drifter(ドリフター)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Drifter DAILY BAG

日常にあう使い勝手

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

手軽さ

8

お洒落度

7

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Drifter(ドリフター)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Drifter

1977年、アメリカで生まれたパラシュートの製造を主にしていた会社が作ったバッグブランド。

友人や親しい顧客のスカイダイバーから『パラシュート生地のように頑丈で長く愛用できるバッグは作れないか』という要望に応える形でバッグの製造をスタート。

『Drifter=放浪者』というブランドネームは、パラシュートメーカーらしいネーミングにロゴにもパラシュートが描かれている。

その後、スポーツバッグやトラベルバッグも手掛けるようになる。

仲間の為のモノづくりから始まったDrifter(ドリフター)は、仲間を大切にする事と世界中の自然と都市との生活を繋ぐ『Drifter=放浪者』であるという思いをコンセプトにモノづくりが行われる。

そのDrifter(ドリフター)が追い求める信念を元に、アメリカのみならずヨーロッパやアジアまで認知度を広げている。

つまり、元パラシュートメーカーが生み出す耐久性製が高くコスパの良いバッグとして注目されているデイリーユースに持ってこいのおしゃれなバッグブランドという事ですね。

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://drifter.co.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

手軽に使えるデイリーユースなバッグブランド

バッグはモノを運ぶための道具ではありますが、TPOによって使い分ける必要はありますね。

Drifter(ドリフター)は、決してオンスタイルに活用するバッグではありません。

ポイント

特に、小さなモノを持ち運ぶ機会の多いレディースにとっては日常で使うおしゃれなバッグとは絶対に必要な存在。

一方で、ビジネスシーンが主軸の男性にとってもオフの日のバッグは必需品です。

むしろ、手荷物を手軽に持ち運ぶデイリーユース程おしゃれなバッグというのは際立つモノ。

アメリカ生まれの歴史的背景もしっかりしていて、ファッション業界でも知る人は知っているこなれたバッグは着こなしのアクセントにもなりますね

人の要望によって生まれたユーザーに寄り添う姿勢

そもそも、人気のあるファッションアイテムと言うモノは単にデザインが良いという点では判断できませんよね。

特に、バッグ等荷物を運ぶモノには使い勝手が付きまとってきます。

反対に例えデザインがおしゃれでも、使いにくければやがて廃れていく事もあります。

ポイント

何でも手軽に手に入る大量生産な背景がある現代と違って、昔はあまりモノのバリエーションがありませんでした。

そういった時代に友人からの『パラシュートのような耐久性の高いバッグは作れないか?』と言う要望から生まれたブランドで、今尚ユーザーの使い勝手という点に注目して改良を続けられる魅力的なブランドなのですね。

パラシュート製造会社由来の素材へのこだわり

ファッションにおいて、生地というのは印象を左右させる大きな要因になります。

『安っぽい』や『高見えする』等という表現もあるように、生地選びは重要なポイント。

ポイント

元々パラシュートを作っていた会社であるから、耐久性という面にモノづくりの焦点が当てられています。

大空からの投下で命を預ける程に耐久性には注力したパラシュート会社が手掛けるバッグに採用される素材は、単に安くてもろい素材ではありませんね。

耐久性が高く長く使える安心のバッグブランドです

手頃な価格で耐久性が高い抜群のコスパ

加えて、耐久性の高い素材使いの割に、しっかりとお求めやすい低価格も嬉しいポイントでもあります。

デイリーユースに使いまわせる長く使えて手の出し易い価格というのが魅力的ですね

ユニセックスで使えるこなれたデザイン性

比較的小振りなバッグを得意とするDrifter(ドリフター)は、レディースにも人気のあるこなれたデザイン性が特徴的。

しかし、何もレディースのバッグというわけではなく、パラシュートを作っていたアメリカの会社という製造背景はメンズにこそグッとくるポイント。

男性女性に限らずユニセックスで使える。ユニセックスで使えるという事は女子ウケも良いこなれたデザイン性が人気の理由ですね

多彩なカラーバリエーション

メンズが持つバッグと言えば、ブラックかカーキベージュなどのアースカラーが多くなりがちですよね。

一方で、女性が持つバッグと言えば、上記の定番色は勿論ながらアクセントとなるカラーリングも注目されます。

ポイント

しかし、それは単に一般論で男性でも女性にも関わらず小物だからこそ取り入れ易いアクセントカラーというのも存在します。

Drifter(ドリフター)は、シックな定番色の他にも明るいアクセントカラーだけでなくヒョウ柄やゼブラ柄等のバリエーションも豊富なブランド。

デイリーユースでおしゃれなアクセントになる小物使いのラインナップが人気の理由ですね

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明です。

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Drifter(ドリフター)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル6選

こなれた価格で耐久性が高いデイリーユースなバッグブランドとして定評があるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

タウンユースとして使える名作の数々は、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

シンプルで使い易いデイパック『CITY DAY PACK(シティデイパック)』

pick up

■『CITY DAY PACK(シティデイパック)

一日分の荷物を入れるためのバックパックと言われる定番的なモデルですね。

一日分と言えども容量は30Lと大容量タイプです。

アウトドアバッグ等にも採用される1000デニールのコーデュラナイロンで作られた耐久性の高さを誇る生地。

フロントにポケットがありますが、メイン収納部には小分け収納がないのでザクっと荷物を入れて持ち運ぶのに適していますね。

THE アメリカンなシンプルで使い易いデイリーユースなバックパックに選ばれます

高さ:50cm 幅:43cm 奥行:16cm 容量30L

デイリーユースに活躍する使い勝手の良い小型のバックパック『CLASSIC PACK(クラシックパック)』

pick up

■『CLASSIC PACK(クラシックパック)

CITY DAY PACK(シティデイパック)に比べて、小振りで使い易い17Lサイズのバックパックです。

両サイドのドローコード付きのポケットやメイン収納部の背中側には手帳やタブレットが収納できる小分け収納も付いているのでモノを整理し易いですね。

こちらは420デニールのパッククロスナイロンを採用された少し艶感がある柔らかい生地感が特徴。

薄くて柔らかい割には耐久性と耐水性も兼ね備えた使い勝手が魅力的です。

少量の手荷物を持ち運ぶシンプルで上品見えするバックパックとして選ばれます

高さ:43.5cm 幅:28cm 奥行:14.5cm 容量17L

クラシカルなデザイン性が魅力な涙型のバックパック『URBAN HIKER(アーバンハイカー)』

pick up

■『URBAN HIKER(アーバンハイカー)

クラシカルな懐かしさを感じるバッグの上部が細くて下部に向かって膨らみのある涙型のバックパックモデルです。

サイドポケットとフロントのスラッシュポケットに、メイン収納部の背中側には手帳やタブレットが収納できる小分け収納も付いているのでモノを整理し易い仕様。

メインの生地は420デニールのパッククロスナイロンを採用された少し艶感がある柔らかい生地感に、耐久性が必要な底部分にはより耐久性の高い生地である1000デニールのコーデュラナイロンのコンビネーション。

素材違いの生地の組み合わせに少し変わった涙型の形状もグッとくるデザインバックとして選ばれます

高さ:45cm 幅:30cm 奥行:13cm 容量15L

デイリーユースに活躍する使い勝手の良いトートバッグ『PACK TOTE(パックトート)L』

pick up

■『PACK TOTE(パックトート)L

軽量でショッピングバッグとしても重宝する折り畳み式のナイロントートバッグですね。

ミリタリー由来でパラシュート生地にも採用される引き裂きに強い格子状の凹凸が特徴的な70デニールのリップストップナイロン生地が特徴的。

軽い手荷物を運ぶデイリーバックとしても重宝します。

メインバックにコンパクトに畳んで入れておけば、旅行先などで荷物が増えた時にもサブバッグとしても使える使い勝手の良さも嬉しいポイント。

ファッション性があって気軽にザクっと手荷物を入れるバッグとして選ばれます

高さ:36cm 幅:34cm 奥行:14cm 容量10L

コンパクトで使い易い縦型の身にショルダーバッグ『WALK POCKET(ウォークポケット)』

pick up

■『WALK POCKET(ウォークポケット)

デイリーユースに重宝する小物入れに適した縦型のミニショルダーバッグモデルです。

小さいながらに最小限の手荷物が入る容量を持ち合わせている上に縦型なので邪魔にならないコンパクトさ。

フロントと背面には小分け収納も可能な使い勝手も〇。

ショルダーストラップを外すと、バッグの中身を整理するバックインバックとしても活用できます。

420デニールのパッククロスナイロンを採用された少し艶感がある柔らかい生地感が特徴。

薄くて柔らかい割には耐久性と耐水性も兼ね備えた使い勝手が魅力的です。

デイリーユースの定番的な手荷物を持ち運ぶバッグとして選ばれます

高さ:17.5cm 幅:13cm 奥行:7cm 容量1L

ファッショナブルな手荷物用の巾着バッグ『DRAWSTRING POUCH(ドローストリングポーチ)』

pick up

■『DRAWSTRING POUCH(ドローストリングポーチ)

最近注目されている巾着型の小型バッグモデルです。

手持ちで使ってもショルダーで持つ事も出来る2way仕様。

スマホや財布にハンカチ等の手荷物を入れられてコーディネートのアクセントにもなる使い勝手の良い小物入れですね。

420デニールのパッククロスナイロンを採用された少し艶感がある柔らかい生地感が特徴。

薄くて柔らかい割には耐久性と耐水性も兼ね備えた使い勝手が魅力的です。

サコッシュやウエストバッグと同じような用途で使える少し個性的な手荷物バッグとして選ばれます

高さ:22cm 幅:16cm 奥行:16cm 容量3L

まとめ:人気の理由は大人の日常を飾るコスパ抜群のこなれた評判のバッグ

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 手軽に使えるデイリーユースなバッグブランド』⇒かしこまったバッグではなく、ユニセックスでも使える手軽な日常のお供になるファッション性のあるバッグでありながら、アメリカ生まれのファッション背景も魅力なブランド。
  • 友人の要望によって生まれたユーザーに寄り添う姿勢』⇒元々パラシュートを作っていた会社が知人の要望でバッグを作り始めたというくだりに、今尚少しずつ使い易い用に改良を加えられているユーザー視点が特徴。
  • パラシュート製造会社由来の素材へのこだわり』⇒大空からの投下で命を預ける程に耐久性には注力したパラシュート会社が手掛ける耐久性という点に焦点を当てたこだわりの素材感が魅力。
  • 手頃な価格で耐久性が高い抜群のコスパ』⇒耐久性が高い素材にこだわりがあると言えども、比較的手の取り易い安価な価格設定。長く使えて買い易い価格の抜群のコスパも人気の理由。
  • ユニセックスで使えるこなれたデザイン性』⇒レディースだけでなくメンズも使えて、レディースにも勿論使い易い女子ウケも良いデザイン性が特徴的。
  • 多彩なカラーバリエーション』⇒定番色なブラックやカーキベージュを始め、多彩なカラーバリエーションにヒョウ柄やゼブラ柄等も含むラインナップがデイリーユースでおしゃれなアクセントになる小物使いが人気の理由。
  • 大手セレクトショップの取扱いや別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Drifter DAILY BAG

日常にあう使い勝手

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

手軽さ

8

お洒落度

7

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Drifter(ドリフター)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介