人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【バーウィック】評判調査。ビジネスでもカジュアルでもコスパ抜群革靴

本サイトのリンクには広告が含まれています

Berwick(バーウィック)はおしゃれ?ダサい?イメージは?

Berwick(バーウィック)って最近よく聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

1991年スペインで生まれた革靴ブランド。

完全なハンドメイドでもなく完全な大量生産の機械製造でもない機械と手作業の融合で限りなく上質な革靴を比較的手の出し易い価格で提供するブランドとして注目されています。

最近では雑誌媒体やYouTube、インフルエンサーを含む多くのファッショニスタにも取り上げられることも多く、更に認知度を拡大しています。

今や、確かなモノづくりでコスパの良い革靴バッグブランドとして認知度が拡大しているBerwick(バーウィック)は、決して一過性の人気ではなく多くのファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いBerwick(バーウィック)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

『Berwick(バーウィック)』は幅広い年齢層に選ばれる良質で比較的安価な価格が嬉しい革靴ブランド

おしゃれに興味がある人程『革靴に挑戦したいけど高すぎて手がでない…』という人は多いのではないでしょうか。

ポイント

事実革靴は高い物では10万をこえてくるものまであります。

比較的安いものでも質の良いものは5~10万の間でしょう。

1万前後のものは勿論合皮が多いし、2万以下の革靴は比較的簡易な作りのものが多いですね。

特に、ビジネスシーンで革靴を使う事の多い男性にとって良質で低価格、尚且つファッションとしても知名度のある革靴があると便利ですよね。

そんな人に重宝するのがおすすめ『Berwick(バーウィック)』の革靴です

近年日本での知名度も急上昇している、良質で低価格設定が魅力的で長く多くの人に愛される良質な革靴ブランドですね。

ビジネスシーンは勿論、カジュアルファッションとしても知名度の高い革靴はオンオフどちらのファッションアイテムとしても大人の魅力をワンアップさせてくれます

こんな人におすすめ

  • Berwick(バーウィック)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 比較的安価で良質な革靴の有名なブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来る使い易い革靴が欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Berwick(バーウィック)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Berwick(バーウィック)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『コストパフォーマンスが高い良質な革靴』
  • 『少し頑張って買った良い革靴』
  • 『著名なファッショニスタが愛用している最近よく見かける革靴』
  • 『オンオフ使える安心の革靴ブランド』

悪い口コミ

  • 『それでも3万円以上は高く感じる…』
  • 『ブランド認知度が低い…』

続けて、詳しく解説していきます。

品質と価格に関しての口コミ

多くの著名人も注目しているブランドだけあって、品質に関しては折り紙付き。

加えて、良質なわりに価格帯が安くて手に取り易いブランドという声は多いですね。

スペインに自社工場を構え、機械と職人の手作業で作られる良質且つコスパの良いブランドという多くの声通りに『品質>価格』のバランスが取れた良いブランドです。

一方で、スニーカー感覚の価格感の多くの人からすると、『3万円の革靴でも高い…』と感じる人の声もあります。

しかし、『格別に高くて手が出せない…』というよりは『頑張れば届く』程度の価格帯なので、SNSでも『Berwick(バーウィック)買った!』という発信も多く見受けられます。

つまり、多くの人が認める安心の良質且つ手が出し易い革靴ブランドという事ですね

ブランド認知度に関しての口コミ

多くの著名人に愛用されていることからもファッション系のインフルエンサーを中心に、おしゃれに少し気を遣っている人からの愛用の声は多くあがっています。

一方で、最近のファッションにあまり詳しくない層からすると『聞いたことがない…』という声もまだまだ多く聞かれます。

しかし、少し前までは『知る人ぞ知るブランド!』という位置づけだったのが、今では『多くの人が知っているブランド』として認知度を拡大しているのも事実です。

故に、ブランド認知度に関しては今からさらに拡大していくブランドという立ち位置で検討しても良いですね

オンオフ使える革靴に関しての口コミ

インフルエンサーやファッショニスタが発信している『おしゃれなタウンユース用の革靴』というイメージな反面で『良質で価格がこなれたビジネスシューズ』としても声が多くあがっているのもBerwick(バーウィック)の魅力でもありますね。

クラシックでシンプルなデザイン性で、オフ用のカジュアルライクで上品なフォルムのモデルから、オン用に使えるドレッシーなフォルムなモデルまで取り揃えるBerwick(バーウィック)は、オンオフどちらの観点から見ても活用し易い革靴として認知度を拡大しています

なぜ人気?多くの人に愛される名作『Berwick(バーウィック)』人気の理由8選

ポイント

  • 良質な品質と低価格設定の両立』⇒完全機械製の大量生産でもなく完全手作業の少量生産でもない、機械と職人による手作業の融合で実現される、品質は高くそれでいてリーズナブルに設定された価格が人気の理由。
  • 自社工場での一貫製造』⇒革の裁断からソール加工、製品の形成に至るすべての工程を自社工場で仕上げる徹底ぶり。
  • こだわりの職人による手作業製造』⇒機械で効率化をはかりながらも、製法等細かい部分には熟練の職人による手作業で作り上げられるこだわりのモノづくり。
  • 手間をかけてでもこだわられる製法』⇒作業工程が多く手間がかかるが、耐久性と実用性に富むグッドイヤーウェルト製法を中心に製品毎にあった手作業で行われるこだわりのモノづくり。
  • 見た目の美しさと快適な履き心地』⇒イギリスのクラシックさとフランス、イタリアの色気を融合させたスペインらしいバランスの取れた見た目の美しさと職人の手作業を交えて作り出される快適な履き心地が魅力。
  • 信頼のMADE IN SPAIN』⇒創業当時から継承される自社工場によるこだわりのスペイン製は信頼の証。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒直営店舗や大手セレクトショップでも取り扱いのある定番名作は人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Berwick(バーウィック)』の革靴を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Berwick

良質で低価格の抜群のコスパ

流行り廃りの少ない名作定番

履いてるだけで普通にお洒落に見える

9

コスパ

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Berwick(バーウィック)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Berwick

正式名称は『Berwick1707』。

ブランド名称から1707年創業と思われがちだが、実際は1991年スペインで創業。

1707年に起きたスペイン継承戦争の1つであるアルマンサの戦いで功績を上げたBerwick侯爵を称えブランドネームとされた。

現地の人々の誇りとも言うべき英雄の名を冠する事で、スペインらしい確かなモノづくりを継承し続けている。

完全機械式の大量生産でもなく完全なハンドメイドによる少量生産でもない、機械の使用と職人の手作業の融合で効率よく良質な製品を低価格で提供する事を実現している。

手間がかかる確かな技術を必要とするグッドイヤーウェルト製法を中心とする確かなモノづくりが特徴的で認知度を拡大。

イギリスのクラシックさとイタリア、フランスの色気を融合させたスペインらしいバランスの取れたデザインが多くのファッショニスタに支持される。

つまり、職人による手作業と機械化による効率を融合させた良質でコスパ抜群の革靴を作る新進気鋭のブランドという事ですね

日本においても直営店舗を始め大手セレクトショップ等幅広く取り扱いがある上品で快適に履けるこだわりのファッションアイテムとして多くのファッショニスタに長く愛されているブランドです

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://berwickjapan.co.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

良質な品質と低価格設定の両立

近年では、機械による大量生産でコストカットし安価な値段で提供される製品が増えていますよね。

勿論、手作業による少量生産では品質へのこだわりはあってもどうしても価格が上がってしまいます。

ポイント

Berwick(バーウィック)は、完全機械製の大量生産でもなく完全手作業の少量生産でもない、機械と職人による手作業で行われているのが強みです。

大型機械の導入による効率的な生産ラインと職人の技術によって作り出される製品は、高品質でリーズナブルな価格設定が実現されています

『安かろう悪かろう』でも『高くて良質』でもない『良質でも比較的安価で手に入る』革靴として認知され多くの人から支持を得ています

自社工場での一貫製造

基本的には素材を仕入れて組立てを行うメーカーも多い中で、全ての工程を一貫した自社工場で作り上げられるのがBerwick(バーウィック)の特徴。

特に、他社から仕入れをされる事が多いソールにおいて、原料を仕入れて自社工場で加工し自社製品に合った特有のパーツとして作り出されています

革の裁断から製品の形成に至るすべての工程を自社工場で行われる徹底したモノづくりによる一点一点への品質のこだわりが魅力です

こだわりの職人による手作業製造

勿論一概に『機械製造が悪い』とは言いませんが、手作りによる温かさや一点一点への品質のこだわりは、ハンドメイドに勝るものはありませんよね。

Berwick(バーウィック)の製品は、創業当時から継承し続けられる熟練の職人による手作業で完成されています

一部機械化で効率化をはかりながらも、製法等細かい部分には熟練の職人による手作業で作り上げられるこだわりのモノづくりは、高品質で価値の高い製品である証明ですよね

手間をかけてでもこだわられる製法

現代のモノづくりにおける機械化による大量生産の広がりと共に、ソールとアッパーを張り付けるだけの簡易な靴づくりの製法は増えています。

一方で、Berwick(バーウィック)の製品の多くは、比較的安価な価格設定でも手間のかかるが耐久性と実用性に富むグッドイヤーウェルト製法をメインで作られています

ポイント

グッドイヤーウェルト製法とは簡単に言うと、アッパーと中底とコバの3つを縫い付け作られる製法です。

縫い糸が外に見えないように高度な技術をもって作られる、高級靴や良質な街着の革靴としても作られる洗練された見た目が特徴です

一部製品によってはその製品に合う違う製法を使われ作られるが、どの製品においても熟練の職人によって手作業で作られるこだわりの逸品ですね。

見た目の美しさと快適な履き心地

革靴と一言で言っても上品さを兼ね備えたカジュアルな見た目のモノや上品でキレイ目のすっきりとしたフォルムのもの等様々です。

ポイント

代表的な生産国で言うとイギリスは英国紳士を彷彿させるクラシックなテイストに代表されます。

一方でフランス、イタリアはファッションに特化した色気を作り出します。

ヨーロッパ以外で言うと、アメリカではアメリカントラッドを代表するローファーやブーツ等少し無骨で実用性を考えられたモノづくりが特徴的ですね。

Berwick(バーウィック)は、主にイギリスやフランス、イタリア等のヨーロッパらしいクラシックさとファッション性を融合させたスペインらしいバランスの取れた見た目の美しさが特徴的です

さらに革靴を選ぶ上で気になる所は履き心地です。

固い革靴はどうしても敬遠してしまいがちですよね。

誰もが、履き心地の良さを気にします。

しかし、Berwick(バーウィック)の革靴は履き心地という点でも定評のあるブランド。

見た目のクラシック美しさに加えて職人の手作業で作り上げられるこだわりのモノづくりは、機械製造にはない温かみと共に足を入れた際に感じる快適な履き心地を生み出しています

信頼のMADE IN SPAIN

近年中国や東南アジア等の向上で大量に生産できる技術が発展していますよね。

しかし、やはり信用にたるのは日本製やヨーロッパ圏内などの人件費の高い地域での職人の高い技術によるモノづくりですよね。

Berwick(バーウィック)の革靴は、MADE IN SPAINは高い品質を証明する信頼のスペイン製です

大手セレクトショップでの取り扱い

おしゃれと言われるファッションアイテムとはどうやって判断出来るかわからない人も多いですよね。

目利きのバイヤーが選んで展開するセレクトショップに置かれる商品はファッションアイテムとして正にお洒落を証明されるものです

Berwick(バーウィック)は直営店を始め大手セレクトショップでも取り扱いのある注目のブランドです。

初級者から上級者までお洒落に使える人気のファッションアイテムということですね。

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名作を抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Berwick(バーウィック)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめ6選

高品質でエイ価格な革靴ブランドとして定評があり、普遍的だからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

スペインらしいバランスの取れた美しさを作り出す革靴は、日常に映える大人のファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

極端に安いわけではないですが高品質のわりに比較的安価な価格設定で作られるコスパ抜群のアイテムですね

街着に映える上品な『タッセルローファー』8491

pick up

■『タッセルローファー』8491

怠け者という意味の『ローファー』は、紐のない履き口の広いスリッポンです。

甲の部分にタッセルという飾りがついているタッセルローファーです。

履き口の広いローファーは基本冠婚葬祭やフォーマルな場に使われる物ではないので、ビジネスではなくカジュアルに履きこなせる一足ですね。

甲周りは少し細目でスタイリッシュなフォルムが特徴的で、紐がないスリッポンタイプでも踵が抜けにくいように調整されているのが特徴的。

ジーンズやチノパン、ショートパンツ等のカジュアルなスタイルに、少し上品でおしゃれな足元を演出する大人っぽい一足に選ばれます

カジュアルに馴染み易い『Uチップシューズ』4477

pick up

■『Uチップシューズ』4477

カジュアルに使える外羽根式(足の甲の紐を通すパーツが立体的)で丸みを帯びたUチップが特徴のモデルです。

出っ張ったコバ(アッパーより外側に出ている縫い糸の部分)が、革靴ながらに上品且つカジュアルな印象を作り出します。

少しカジュアルな印象を作り出すビジネスにも、上品に決めたいタウンユースにも併用できる逸品ですね。

少し砕けたビジネスシーンからスラックスやチノパンは勿論、ジーンズのロールアップ等、トラッドなスタイルを楽しみたいタウンユースにも選ばれます

上品で精錬された『ホールカットシューズ』5246

pick up

■『ホールカットシューズ』5246

革の継ぎ目が、かかと部分のみの一枚革で作られたモデルです。

内羽根式(甲の紐の部分が内側に作られている平坦な形)なので、カジュアルに見える外羽根式(甲の紐の部分が外付けの立体の形)と違いドレスシューズとして上品な印象を作り出しています。

ドレスライクで上品さ漂う足元に高級感を与えてくれます。

ビジネスシーンからタウンユースでもスラックスやチノパンは勿論、ジーンズのロールアップ等カジュアルスタイルにも上品さを+αしたい着こなしの足元に選ばれます

シンプルで格式高い『ストレートチップ』5224

pick up

■『ストレートチップ』5224

足の甲とつま先の間に付けられた横一文字の切り替えが特徴の内羽根式(甲の紐の部分が内側に作られている平坦な形)モデルです。

一番格式高く、タウンユースに使うカジュアルな革靴というよりビジネスから冠婚葬祭にも使える格式高い革靴です。

ビジネスシーンの定番的な革靴や、一足持っていれば安心の冠婚葬祭などの畏まった革靴として選ばれます

上品で格式高い『セミブローグ』5457

pick up

■『セミブローグ』5457

足の甲とつま先の間に付けられた横一文字の穴飾りが特徴の内羽根式(甲の紐の部分が内側に作られている平坦な形)モデルです。

一番格式高く冠婚葬祭にも使えるストレートチップと同等にドレスライクではありますが、穴飾りが少しカジュアル感を演出するデザイン革靴。よっぽどのフォーマルな場でない限りビジネスシーンでも使えます。

ビジネスシーンのデザイン革靴や、タウンユースでもドレスライク且つトラッドの要素も含んだデザイン革靴として選ばれます

カジュアルな印象を作る『ダブルモンクストラップ』5245

pick up

■『ダブルモンクストラップ』5245

紐が無く、足の甲を覆うストラップ(留め具)が付いているデザイン性の高いモデルです。

元々は、アルプスの修道士(モンク)が履いていた靴に由来する形ですね。

その由来からもわかるように革靴ですが少しカジュアルな印象を与えます。

ビジネスシーンのデザイン革靴や、比較的カジュアルな革靴なのでタウンユースでもトラッドの要素を含んだデザイン革靴として選ばれます

まとめ:人気の理由は上品に大人の日常を飾るコスパ抜群の良質で評判の革靴

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 良質な品質と低価格設定の両立』⇒完全機械製の大量生産でもなく完全手作業の少量生産でもない、機械と職人による手作業の融合で実現される、品質は高くそれでいてリーズナブルに設定された価格が人気の理由。
  • 自社工場での一貫製造』⇒革の裁断からソール加工、製品の形成に至るすべての工程を自社工場で仕上げる徹底ぶり。
  • こだわりの職人による手作業製造』⇒機械で効率化をはかりながらも、製法等細かい部分には熟練の職人による手作業で作り上げられるこだわりのモノづくり。
  • 手間をかけてでもこだわられる製法』⇒作業工程が多く手間がかかるが耐久性と実用性に富むグッドイヤーウェルト製法を中心に、製品毎にあった手作業で行われるこだわりのモノづくり。
  • 見た目の美しさと快適な履き心地』⇒イギリスのクラシックさとフランス、イタリアの色気を融合させたスペインらしいバランスの取れた見た目の美しさと職人の手作業を交えて作り出される快適な履き心地が魅力。
  • MADE IN SPAIN』⇒創業当時から継承される自社工場によるこだわりのスペイン製は信頼の証。
  • 大手セレクトショップの取り扱い』⇒直営店舗や大手セレクトショップでも取り扱いのある定番名作は人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Berwick

良質で低価格の抜群のコスパ

流行り廃りの少ない名作定番

履いてるだけで普通にお洒落に見える

9

コスパ

9

お洒落度

6

認知度

9

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Berwick(バーウィック)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介