人気の名作定番紹介

ダサいを解消。『’47』街着に馴染む手軽におしゃれな大人の評判キャップ

2022年3月24日

’47(フォーティセブン)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

’47(フォーティセブン)ってよく聞くけど、おしゃれなの?ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることは’47(フォーティセブン)はそんなファッションの中でも多くの人に愛される人気のブランドです

ポイント

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか。

ダサいとおしゃれの両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

実は『トレンド』や『おしゃれ』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のおしゃれな人』には『皆が着ているおしゃれではない服』という認識を生み出すことに起因しています。

『一部のおしゃれな人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね

つまり、’47(フォーティセブン)を身に着けることであなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事ですね。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

帽子と聞くと野球帽を代表する形であるキャップを思い浮かべる人は多いでしょう。

それ程までにメンズの帽子というとキャップは定番化されたファッションアイテムです。

ポイント

キャップ以外の帽子は頑張っておしゃれをしている感が出るので少し抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

キャップであれば気取った感じがしなくカジュアルで使い易い帽子であるという認識を持つ人もいますよね。

実際、男性で帽子を探している人はキャップを見ているケースが多いです。

しかし、カジュアルに合う帽子なだけに間違った選び方をしてしまうと子供っぽい印象を与えてしまいます。

では、どんなキャップを選べば良いのかと疑問に思う人もいますよね。

そんな人に重宝するのが『’47(フォーティセブン)』のベースボールキャップです

アメリカでは4大プロスポーツリーグの公式サプライヤー契約を提携している信頼の実績を持ち、近年日本にも上陸を果たした評判の老舗キャップブランドです。

キャップと言えば『NEW ERA(ニューエラ)』が王道にして認知度の高さを誇ります。

しかし、『’47(フォーティセブン)』はある意味で知る人ぞ知るブランドという立ち位置でもファッション関係者の中でも話題になっています

ストリートやヒップホップとの親和性も高い『NEW ERA(ニューエラ)』に少し苦手意識を持つ人からファッション初級者に中、上級者まで手軽に楽しむ事が出来る話題のブランドですね。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • ’47(フォーティセブン)っておしゃれなの?ダサいの?
  • どんな格好にも程よく馴染む帽子が欲しい
  • 普通におしゃれが出来るブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

なぜ人気?多くの人に愛される『’47(フォーティセブン)』人気の理由8選

ポイント

  • 米国4大プロスポーツ公式サプライヤー』⇒MLB(メジャーリーグ)を始めとするNFL、NBA、NHL等米国の4大プロスポーツにおいて公式ライセンス契約で生産する事を認められた信頼のブランド。
  • 日本国内での認知度拡大』⇒1947年創業の老舗ブランドでありながら日本に上陸したのは2015年という国内では新しいブランドと思われる一方で日本のプロ野球団においても公式サプライヤー契約を結ぶ認知度の拡大が注目。
  • 老若男女に愛される幅広い支持層』⇒ファッショントレンドに強い若者から目の肥えた大人まで幅広い年齢と男女関係なく愛される圧巻の支持層が安心信頼の逸品。
  • オールジャンルに馴染む使い易さ』⇒ファッションの定番とされるベースボールキャップにおいてアメカジやキレイ目スタイルのカジュアルダウンにも難なく馴染む使い易さが魅力。
  • 選べる形』⇒大人のキレイ目スタイルのカジュアルダウンに使い易い浅かぶり出来るモデルからストリートに好まれるまっすぐでフラットなツバのモデルまでスタイルによって選べるデザイン展開が嬉しいポイント。
  • 上質で細かいディティールにこだわった抜群のコスパ』⇒公式サプライヤーとして認められる細かいディティールにこだわった信頼の高品質な製品に安価に設定された手軽に楽しむこだわりの愛用品。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップやブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『’47(フォーティセブン)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

FORTY SEVEN HEADWEAR

流行り廃りのない愛用品

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『’47(フォーティセブン)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

’47

1947年アーサーとヘンリー・ディアンジェロの双子の兄弟によって前身となるTwins Enterprisesが創業。

創業当時はボストンにある野球場であるフェンウェイパーク周辺でスポーツグッズの露店販売をしていた。

次第にプロスポーツのライセンス品製造と販売に活路を見出す。

MLB(メジャーリーグ)を始めとするNFL、NBA、NHL等米国の4大プロスポーツにおいて公式ライセンス契約を結ぶ事で売上を拡大する。

細かなディティールにも細心の注意を払い作り上げられる上質な製品により事業が拡大。

4大プロリーグを始め650校以上のライセンスを手掛ける程のブランドへと認知度を拡大していく。

2015年には日本に上陸し認知度を拡大している。

アメリカでは認知度の高い老舗であり日本においても知る人ぞ知るブランドとして認知度を拡大している。

つまり、米国の信頼の老舗ブランドであり近年日本に上陸した話題性のあるブランドとして認知度が拡大しているブランドです

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.47brand.co.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

米国4大プロスポーツ公式サプライヤー

現代に名を遺すファッションブランドはミリタリーやワーク等実務の場で採用されていた歴史を持っているブランドが数多く存在します。

『’47(フォーティセブン)』もその1つですね。

ポイント

MLB(メジャーリーグ)を始めとするNFL、NBA、NHL等米国の4大プロスポーツにおいて公式ライセンス契約で生産する事を認められ販売をしています

それに加え650校以上の大学ともパートナー提携を結んでいます。

米国内ではシェア率の高い圧巻の信頼度が魅力ですね

日本国内での認知度拡大

ベースボールキャップというと王道の『NEW ERA(ニューエラ)』を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

『’47(フォーティセブン)』というブランドはあまり知らない…という人もまだまだ多いですよね。

ポイント

2015年に日本に上陸を果たした『’47(フォーティセブン)』は国内では知る人ぞ知るブランド扱いされているのが事実です

しかし、老舗ブランドとして知られる米国だけではなく日本国内のプロ野球団である『楽天』や『ロッテ』とも公式サプライヤーとして提携されています。

スポーツだけではなくファッションアイテムとしてもだんだんとファッショニスタの間でも人気が高まっています。

これから知名度が高くなっていく信頼実績もった老舗ブランドは注目すべきファッションブランドでもありますよね

老若男女に愛される幅広い支持層

若者向けや大人向け等と言われるようにファッションアイテムには年齢に縛られる性質を持っています。

だからこそ何を選べばわからないという人は多いでしょう。

どんなにも年齢にも馴染み易いお洒落なファッションブランドが有れば嬉しいですよね。

ポイント

『’47(フォーティセブン)』は本国アメリカでも『NEW ERA(ニューエラ)』に勝らずとも劣らずの年齢問わずシェア率を誇るブランドです

ファッショントレンドに強い若者から目の肥えた大人まで幅広い年齢と男女関係なく愛される圧巻の支持層が安心信頼の逸品ですね

オールジャンルに馴染む使い易さ

カジュアル向けやキレイ目向け等ファッションアイテムにはカテゴリーにも縛られる性質を持っています。

年齢同様にどんなスタイルにでも合うブランドが有れば嬉しいですよね。

ポイント

特に、アメリカではストリートやアメカジに親和性の高い『NEW ERA(ニューエラ)』よりも『’47(フォーティセブン)』は一般大衆に幅広く支持されている一面を持っています。

一般的なカジュアルスタイルからアメカジのトラッドスタイルやキレイ目スタイルのカジュアルダウンにも難なく馴染む使い易さが魅力です

選べる形

『どんなスタイルにも馴染む帽子』というのに違和感を覚える人もいるのではないでしょうか。

実際、少し特殊なストリートやヒップホップ等のスタイルにおいて言えばこだわりの強い人程それに合ったデザインを選びます。

ポイント

キレイ目スタイルのカジュアルダウンからアメカジにも馴染み易い『クリーンナップ』という浅かぶりのどんなスタイルにも馴染むモデルです。

ストリートやヒップホップにも愛される少し特殊な『キャプテン』というフラットなツバが特徴のモデルも高い人気を誇ります。

こだわりのスタイルに合わせて選べるデザインが魅力ですね

『NEW ERA(ニューエラ)』との違いはファン向けのグッズとして作られる抜群のコスパ

『NEW ERA(ニューエラ)』と『’47(フォーティセブン)』の公式サプライヤーの違いは何なのかと気になる人もいますよね。

ポイント

公式の選手用の帽子を作る『NEW ERA(ニューエラ)』と異なり『’47(フォーティセブン)』はファン向けのグッズとして作られるブランドです。

それでも公式サプライヤーとして認められる理由としてプロ野球選手が使う帽子の細かいディティールへのこだわりと品質の高さが挙げられます

それでいて抜群のコスパを誇る『NEW ERA(ニューエラ)』よりも更に安価な価格設定が魅力です。

つまり、こだわりの話題性の高いブランドでありながら比較的手軽に手に入れる事ができるのも人気の理由ですね

大手セレクトショップの取り扱いやコラボされる注目度

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌や有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように企画される大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボや別注に取扱い等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『’47(フォーティセブン)』日常を飾る評判の名作定番おすすめ3選

高品質に定評がある老舗のブランドでオールジャンル選ばずに愛されるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

どんなスタイルにも馴染み易く日常に映える大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね

色違いやデザイン違いでの購入や家族でのまとめ買いなどする愛用者も多い手軽に使える人を選ばないヘッドウェアはコスパ抜群の至高の逸品です

オールジャンルに馴染むこなれたベースボールキャップ『クリーンナップ』

pick up

クリーンナップ

浅めにかぶるこなれた印象を与える浅めのクラウン(頭が収まる部分)に丸みを帯びたツバが特徴のローキャップモデルです。

子供の頃にかぶっていた野球帽はどちらかというと深めのクラウン(頭が収まる部分)が特徴です。

浅めのクラウンである事で自然とこなれ感のあるキャップのスタイルが完成します

綿100%のウォッシュド加工を施したクタリ感を楽しめるのも嬉しいポイントですね。

アメカジやサーフスタイル等のカジュアルスタイルにもキレイ目スタイルのカジュアルダウンにも選ばれるオールマイティの逸品です

無地バージョン

特に野球やプロスポーツに興味のない人は使い易い無地タイプがおすすめですね。

定番的で使い易いベースボールキャップ『MVP』

pick up

MVP

丸みを帯びたツバに少し深めにかぶる事が出来る鉄板のベースボールキャップモデルです。

頭の形に合った丸みを帯びたフォルムが自然に馴染む大人のスタイルによく馴染みます

アクリル85%×ウール15%のツイル生地が上品でクラシックな印象を与えます。

上記のクリーンナップよりも少し落ち着いた大人のスタイルを作り上げる事が出来ますね。

アメカジスタイルやクラシックなトラッドスタイルにキレイ目スタイルのカジュアルダウンまで幅広い層に選ばれます

ストリートで愛されるベースボールキャップ『キャプテン』

pick up

キャプテン

少し特殊な形状のまっすぐになっているフラットのツバに少し浅めにかぶる事が出来るモデルです。

ストリートやヒップホップと親和性の高い形でこだわりのある人以外には少し難しく感じるデザインですね。

アクリル85%×ウール15%のツイル生地がクラシックな印象を与えます。

ストリートやスケーターにヒップホップスタイルからこだわりのアメカジスタイル等に選ばれます

まとめ:人気の理由はおしゃれに大人の日常を飾る評判の定番キャップ

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 米国4大プロスポーツ公式サプライヤー』⇒MLB(メジャーリーグ)を始めとするNFL、NBA、NHL等米国の4大プロスポーツにおいて公式ライセンス契約で生産する事を認められた信頼のブランド。
  • 日本国内での認知度拡大』⇒1947年創業の老舗ブランドでありながら日本に上陸したのは2015年という国内では新しいブランドと思われる一方で日本のプロ野球団においても公式サプライヤー契約を結ぶ認知度の拡大が注目。
  • 老若男女に愛される幅広い支持層』⇒ファッショントレンドに強い若者から目の肥えた大人まで幅広い年齢と男女関係なく愛される圧巻の支持層が安心信頼の逸品。
  • オールジャンルに馴染む使い易さ』⇒ファッションの定番とされるベースボールキャップにおいてアメカジやキレイ目スタイルのカジュアルダウンにも難なく馴染む使い易さが魅力。
  • 選べる形』⇒大人のキレイ目スタイルのカジュアルダウンに使い易い浅かぶり出来るモデルからストリートに好まれるまっすぐでフラットなツバのモデルまでスタイルによって選べるデザイン展開が嬉しいポイント。
  • 上質で細かいディティールにこだわった抜群のコスパ』⇒公式サプライヤーとして認められる細かいディティールにこだわった信頼の高品質な製品に安価に設定された手軽に楽しむこだわりの愛用品。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとの別注やコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップやブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

FORTY SEVEN HEADWEAR

流行り廃りのない愛用品

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

9

愛用

8

お洒落度

9

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用品 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『’47(フォーティセブン)』キャップの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド116選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 折角服を買うのであれば人気のブランドが欲しくな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介