人気の名作定番紹介

ダサいを解消。【フォックスファイヤー】評判調査。渓流と街を繋ぐアウトドアブランド

本サイトのリンクには広告が含まれています

Foxfire(フォックスファイヤー)はおしゃれ?ダサい?評判は?イメージは?

Foxfire(フォックスファイヤー)って最近聞くけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

どちらかと言うと知る人ぞ知るという印象が強い日本発のアウトドアブランド。

意外と歴史は長く1982年に誕生。フィッシングというカテゴリーに注力した良い意味で山っぽくないアウトドアですね。

本格的な登山用ではなく街着にも採用出来るライトに楽しめるフィッシングウェア。

フィッシングをルーツにするだけあって、釣具屋さんの取り扱いもあるブランドという側面もあります。

一方で、2018年に誕生した街での採用を意識した『スプルースライン』を中心にセレクトショップでも取り扱われるブランドとして認知度が拡大しているFoxfire(フォックスファイヤー)は、決して一過性の人気ではなく多くのファッショニスタに注目され続けるべきブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いはゆるまっても、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いFoxfire(フォックスファイヤー)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

目次(タップで移動可)
  1. 『Foxfire(フォックスファイヤー)』は幅広い年齢層に選ばれる川から街着を繋ぐ知る人ぞ知るフィッシングブランド
  2. 『Foxfire(フォックスファイヤー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解
    1. 認知度に関しての口コミ
    2. 山で使うアウトドアブランドとしてはどうかという口コミ
  3. なぜ人気?多くの人に愛される『Foxfire(フォックスファイヤー)』人気の理由8選
    1. 知る人ぞ知る認知度と沿革
    2. ファッションとしても取り入れられるラインの誕生
    3. 良い意味で山っぽくないスタイリッシュさ
    4. 品の良さを感じるクラシックさ
    5. 確かな機能性へのこだわり
    6. 今後に期待したい著名ブランドとのコラボ
    7. 大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度
    8. ロングセラーの定番名作は人気の証明
  4. 『Foxfire(フォックスファイヤー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル8選
    1. 街着に映えるスタイリッシュなフィッシングベスト『Alflux Tackle Vest(アルフラックスタックルベスト)』
    2. 豊富な収納力を誇るトレッキングベスト『Supplex Guide Vest(サプレックスガイドベスト)』
    3. クラシックでレイヤードに重宝するトラベルベスト『Tasche Vest(タッシュベスト)』
    4. アウトドアらしい全天候型シェルアウター『Mizzleap Jacket(ミズリープジャケット)』
    5. コンパクトの持ち運べる防水シェルアウター『Crest Climber Jacket(クレストクライマージャケット)』
    6. デザインフルで手軽に使える機能アウター『Photrek Light Jacket(フォトレックライトジャケット)』
    7. ストレッチの利いた機能ボトムス『Dry Split Pants(ドライスプリットパンツ)』
    8. 遮熱効果の高い機能パンツ『C-SHIELD Pants(コカゲシールドパンツ)』
  5. まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る渓流と街を繋ぐ評判のアウトドアウェア

『Foxfire(フォックスファイヤー)』は幅広い年齢層に選ばれる川から街着を繋ぐ知る人ぞ知るフィッシングブランド

アウトドアブランドと聞くと、有名な所で言うとTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)やpatagonia(パタゴニア)等を思い浮かべる人も多いでしょう。

勿論、これらのブランドは知名度も高くアウトドアからファッションまで網羅する老舗のブランドですね。

一方で、ファッションとしても認知度が高くなりすぎてストリートな印象も強いTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)に、少し玄人っぽさを感じるpatagonia(パタゴニア)。

本格的な登山にも対応できる機能性を持ち合わせているので価格も高くなりがちです。

そんな定番的で本格的な機能を有しているアウトドアブランドではなく、もう少しライトに楽しめるアウトドアブランドは?と思う人もいるでしょう。

そんな人に重宝するのが『Foxfire(フォックスファイヤー)』です

特に、意外と歴史は長く1982年誕生ながらにあまり知られていない知る人ぞ知るという認知度。加えて、本格的な登山用ではなくフィッシングをルーツに持つ程よい機能性が街着にも採用し易いアウトドアブランドですね。

こんな人におすすめ

  • Foxfire(フォックスファイヤー)っておしゃれなの?ダサいの?
  • 日常に馴染むおしゃれなアウトドアブランドって何があるの?
  • 普通におしゃれが出来るアウトドアの人気ブランドが欲しい
  • シンプルでおしゃれに身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Foxfire(フォックスファイヤー)』の口コミ・評判まとめとプロの見解

では、実際に『Foxfire(フォックスファイヤー)』のSNSや通販サイトの口コミや評判の調査とアパレル経験で得た自分の情報をまとめて紹介します。

良い口コミ

  • 『本格的な登山と言うよりもライトなアウトドアブランド』
  • 『知る人ぞ知るアウトドアブランド』
  • 『程よい価格の程よい機能性』

悪い口コミ

  • 『本格的な登山にはあまり向かない初心者むけブランド』
  • 『あまり知らないブランド』
  • 『釣具屋で売っているブランド』

続けて、詳しく解説していきます。

認知度に関しての口コミ

あまり知らないブランド…という声が多いですね。

ある意味で知る人ぞ知るブランドと言った印象で、ユナイテッドアローズが別注していたりフリークスストアで取扱いがあったりと大手セレクトショップでも見る事が出来るファッションウェアとしても採用されています。

一方で、どこでも見るブランドというわけではない認知度の低さ。

特に、元々がフィッシングを中心に創業しただけあって、取扱店舗と言えば釣り具屋にも置いているブランド。

故に、実際に釣りやレジャーの場で使われる機能性は有しているというのは間違いないですね。

良い意味で認知度が高くないだけに、あまり人とかぶらないファッションとしても取り上げられるアウトドア由来の機能性ブランドです

山で使うアウトドアブランドとしてはどうかという口コミ

アウトドアと一口で言っても、日常の延長でレジャー感覚で楽しむアウトドアからトレッキングやキャンプにフィッシング等の軽いアウトドア、本格的に悪環境下で使う標高の高い山を登る登山までレベルがわかれます。

加えて、近年ではファッションとしてもアウトドアウェアを着る事もありますよね。

故に、アウトドアブランドに関しては『登山で使っていたら恥ずかしい?』というような疑問を感じる人も多いです。

ポイント

今や、アウトドアブランドとして有名なpatagonia(パタゴニア)やL.L.bean(エルエルビーン)、Columbia(コロンビア)等はどちらかというとファッションでも使われるライトなレジャーで使いたいファッションブランドと言った印象。

THE NOTH FACE(ザノースフェイス)等ファッションとしても有名で街着にも使える一方で、本格的な登山にも備える高機能アイテムも展開しているといった印象ですね。

そんなアウトドアブランドの中でFoxfire(フォックスファイヤー)はライトなレジャーアウトドアと言った印象

元々がフィッシングウェアブランドという事もあって、本格派の登山には少し対応できない機能性という声は多いですね。

価格も程ほどに機能性も程ほどなので、フィッシングやトレッキング等の軽いアウトドアシーンか初級者が着るブランドという印象が強いです。

反対に言えば本格的なギアではなく街着でも使い易い機能性という事なのでファッションとして取り入れるには丁度良いアウトドアブランドという立ち位置ですね

なぜ人気?多くの人に愛される『Foxfire(フォックスファイヤー)』人気の理由8選

ポイント

  • 知る人ぞ知る認知度と沿革』⇒誰もが知っているというブランドではない程よい認知度に加えて、1982年誕生と意外と長い歴史を紡ぐ日本が誇るブランド。
  • ファッションとしても取り入れられるラインの誕生』⇒2018年に発表されたスプルースラインは、渓流だけではなく明確に街着としてのファッション性を示唆したコンセプトが特徴。
  • 良い意味で山っぽくないスタイリッシュさ』⇒無骨で野暮ったい山のスタイルではなく、渓流をルーツに持ったスタイリッシュでシンプルなデザイン性が魅力。
  • 品の良さを感じるクラシックさ』⇒近未来的なデザインではなくブランド創世記のテイストも大事にする、モダンでクラシックな雰囲気に現代的な機能性をミックスした使い勝手が魅力。
  • 確かな機能性へのこだわり』⇒機能性を重要視されるアウトドアにおいて、早期にゴアテックスを採用した歴史を始め軽量耐久性にもこだわった機能素材の採用や開発が特徴。
  • 今後に期待したい著名ブランドとのコラボ』⇒知る人ぞしるブランドではあるがKEEN(キーン)やNANGA(ナンガ)等現代ファッションにおいて知名度の高いブランドとのコラボ等も行う信頼度も魅力。
  • 大手セレクトショップの取扱いや別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Foxfire(フォックスファイヤー)』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

Foxfire OUTDOOR WEAR

街着で重宝する機能性

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

機能美

7

お洒落度

5

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Foxfire(フォックスファイヤー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Foxfire

1982年、日本にて自然から学んだナチュラリスト達の知恵を生かして本物のアウトドアクロージングを作りたいという思いで誕生。

複雑な構造が特徴的で請け負ってくれる工場探しに苦戦しつつも、Foxfire(フォックスファイヤー)の代表的なアイテムであるフィッシングベスト4型から始まる。

透湿防水素材を使った全天候型で渓流から湖までカバーする収納力に、耐久性と数多のポケットの中にモノを入れても重さを感じにくい重量分散を考えられた作りなどの機能性に重視したプロダクツ。

フライフィッシングからスタートしたFoxfire(フォックスファイヤー)は、やがてアウトドアクロージングとして商品開発を進めていった。

1987年には、業界に先立って防水透湿素材の最高峰であるゴアテックスを取り入れたブランドとしても知られる。

その後2001年には寒冷地用のダウンジャケット、2008年には着るだけで防虫効果があるスコーロン等機能的なアウトドアプロダクツを開発。

2018年には、渓流だけではなく街着にも対応できるラインとしてブランド創世記のクラシックスタイルに機能性を付け加えた『FOXFIRE SPRUCE LINE』が誕生。

現在では、アウトドア業界の著名なブランドとのコラボ商品や大手セレクトショップの別注や取り扱いもあるブランドとして認知度を広げている。

つまり、フィッシングをルーツに持つクラシックなデザインに択一した機能性を持ち合わせた知る人ぞ知る日本が誇るブランドという事ですね

公式HPをご覧になりたい方はコチラから☟

https://www.foxfire.jp/

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

知る人ぞ知る認知度と沿革

誰もが知っている人気ブランドをおしゃれと捉える人が多い一方で、『認知度が高すぎて他者との差別化が難しい』と捉える人もいます。

ポイント

ファッションとは多くの人が注目されているモノこそ認められる一方で、人と違うからこそおしゃれと思われる側面も持っているという事ですね。

故に、認知度が高いブランドは確かに安心して着れますが、認知度が低いからこそ注目したいブランドもあります。

Foxfire(フォックスファイヤー)も、そんな認知度が高くない知る人ぞ知るブランドと言った立ち位置。

加えて、新しくできたばかりのデザインだけのブランドという事でもなく1982年誕生と意外と歴史は長く、機能性を重要視したフィッシングウェアを作り続けている日本のブランドです

急激に認知度が挙がるわけでもなく、ジワジワとその存在感を感じさせる長く続いているブランドは信頼感がありますね。

ファッションとしても取り入れられるラインの誕生

アウトドアブランドで有名なTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)やpatagonia(パタゴニア)、スポーツブランドで言うとadidas(アディダス)やNIKE(ナイキ)等も元々はファッションではなく、実際に現場で使われる登山ブランドやトレーニングブランドです。

時代の流れと共に著名人に愛され街着へと広がってきたわけですが、ファッションかそうでないかは一般人からすると意外と見分けがつかないというケースも有ります。

Foxfire(フォックスファイヤー)は、元々渓流で釣りをするフィッシングというアウトドアカテゴリーのブランドでありながら2018年には明確にファッションとして活用する『スプルースライン』を誕生させています。

故に、ただのアウトドアウェアとしてではなく明確にファッションとしても活用できるブランドであるという安心感も魅力的ですね

良い意味で山っぽくないスタイリッシュさ

アウトドアとは、自然に着目した広い範囲でのカテゴリーですがアウトドアにも色々な種類があります。

本格的な登山から軽いハイキング、BBQやキャンプを楽しむレジャー的なモノまで様々ですよね。

ポイント

特に、大きな範囲を占める登山というアウトドアには山を連想させる無骨で男っぽい印象のモノも多いです。

一方で、スキーなどのウィンタースポーツ系のアウトドアやレジャー系の軽いアウトドアはスタイリッシュやポップで街着にも利用し易い印象を与えます。

Foxfire(フォックスファイヤー)も、本格的な登山なアウトドアというよりも渓流で釣りを楽しむスタイリッシュな印象がメインのブランド。

良い意味で無骨な山っぽくないデザイン性が街着にも使い易いアイテムを生み出しています

品の良さを感じるクラシックさ

一方で、近年のアウトドアというと現代的な機能性と洗練された機能美を搭載したARC’TERYX(アークテリクス)やDESCENTE(デサント)のオルテラインのようなブランドも人気を博しています。

反対に、L.L.Bean(エルエルビーン)やSIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)のように、古き良き時代とも言えるクラシックでレトロ感のあるデザイン性を現代まで引き継いでいるブランドも存在します。

Foxfire(フォックスファイヤー)も創業当時のクラシックさを引き継ぐ華やかではないですが、レトロさを感じさせる上品なデザイン。

そこに現代的な機能性をミックスさせた使い勝手が魅力的です。

確かな機能性へのこだわり

街よりも厳しい環境下に置かれるアウトドアにおい、て機能性という部分に着目することが多いですよね。

ポイント

ただのアウトドア風のファッションブランドではなく、Foxfire(フォックスファイヤー)はしっかりとした機能性を持ち合わせたアウトドアブランドとしてモノづくりに注力されています。

今や当然のように採用される防水透湿性能が高いゴアテックスを早い段階での採用を進めたブランドの一つでもあります。

現在でも機能性という部分には、重要視する軽量性や耐久性に優れた素材の採用や開発を積極的に行っています。

ただのアウトドア風ではなく、実際に現地で使える機能性を秘めたモノづくりへのこだわりも信頼の証ですね

今後に期待したい著名ブランドとのコラボ

では、誰も知らないブランドではなく何故知る人ぞ知るブランドなのか。

ポイント

誰も知らないようなブランドが無数に誕生する現代のファッションにおいて、今から知られていくであろう要員の一つとして著名ブランドとのコラボが挙げられます。

アウトドアシウェアとして多くの人が知るようになった認知度を誇るKEEN(キーン)やNANGA(ナンガ)等、現代のファッションシーンには欠かせないブランドとのコラボも行われています。

著名なブランドからするとあまり価値の無いブランドとのコラボはしない為、こういった著名ブランドとのコラボはブランドとしての信頼度も補填されるこれから知られていくであろうブランドにも繋がっていきますね。

大手セレクトショップの取り扱いや別注される注目度

加えて、近年ではユナイテッドアローズの別注商品やフリークスストアでの取扱いなども見られるようになりました。

人は何を持って有名か有名ではないかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌も1つの要因となりますよね。

大手セレクトショップでの取扱いや別注等注目度の高さは人気の証明です。

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Foxfire(フォックスファイヤー)』の日常を飾る評判の名作定番おすすめモデル8選

街着にも採用したい知る人ぞ知るフィッシングをルーツとした機能的なアウトドアブランドとして定評があるからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

タウンユースとして使える名作の数々は、大人で上品なファッションライフを1ランク上にするおしゃれへの気遣いを演出しますね。

街着に映えるスタイリッシュなフィッシングベスト『Alflux Tackle Vest(アルフラックスタックルベスト)』

pick up

■『Alflux Tackle Vest(アルフラックスタックルベスト)

フィッシングだけでなくキャンプやレジャーにも重宝する大容量ベストですね。

ショルダー部分が細めのテープになっているので、おじさんっぽく見えがちなただ便利なベストとは違ったクラシカルでスタイリッシュな街着のアクセントにもなる逸品。

高密度に織り込まれた生地感は、全天候型の雨も弾く素材感。

使いこむ程に味を楽しむ生地感が男心をくすぐりますね。

アウトドアやフィッシングミックスのアクセントに使うベストとして選ばれます

豊富な収納力を誇るトレッキングベスト『Supplex Guide Vest(サプレックスガイドベスト)』

pick up

■『Supplex Guide Vest(サプレックスガイドベスト)

Foxfire(フォックスファイヤー)でも人気のトレッキング用のベストセラー商品。

少しファッションとしての使いどころが難しくも感じますが、ジャケットやブルゾンとの重ね着に使いたい多機能ベストです。

外側の10個のポケットに加えて内側には2個のポケットを搭載した収納力の高さが特徴的。

コットンライクで涼しさを感じるサプレックス生地に、裏面の生地を取り外すとメッシュ生地になる通気性の良さも魅力的。

バッグ無しでも身軽に収納できてファッションのアクセントにもなるベストや、夏のショートパンツ×Tシャツスタイルのアクセントとして使えるアウトドアなベストにも選ばれます

クラシックでレイヤードに重宝するトラベルベスト『Tasche Vest(タッシュベスト)』

pick up

■『Tasche Vest(タッシュベスト)

クラシックなデザインでファッションとしても使い易いスタンドカラータイプのベストですね。

フロントのパッチポケットに内ポケットも合わせると合計10個のポケットが採用された収納力の高さが特徴的。

きめが細かく高密度に織られたタフタ生地は上品な大人のレイヤード使いにピッタリ。

トラディッショナルなワークジャケットにも通じるデザイン性は、インナーレイヤードからアクセントとして羽織るアウターベストとしても重宝します

アウトドアらしい全天候型シェルアウター『Mizzleap Jacket(ミズリープジャケット)』

pick up

■『Mizzleap Jacket(ミズリープジャケット)

防水透湿性に優れたゴアテックスを採用したシェルジャケットですね。

ゴアテックスの中でも防風性に注目したウィンドストッパープロダクト。

ゴアテックスの中では比較的安価で機能性に優れた素材です。

故に、本格的な登山というよりも軽いトレッキングやフィッシングにレジャーや街着にも馴染み易い程よい機能性が魅力的。

ナイロンアウターながらに、しなやかな素材感な快適な着用感も嬉しいポイント。

フードが取り外し可能で、フードを取り外すとスタンドZIPタイプへとデザイン変更できるのも面白い。

アウトドアを楽しむキャンプやレジャーから街着でも手軽に使いたい防水シェルアウターとして選ばれます

コンパクトの持ち運べる防水シェルアウター『Crest Climber Jacket(クレストクライマージャケット)』

pick up

■『Crest Climber Jacket(クレストクライマージャケット)

軽量で透湿性に優れたゴアテックスを採用したシェルアウターですね。

最大の利点は、コンパクトに丸めて持ち運べるパッカブル仕様。

家から着こんで外出するアウターとしても使える上に、ちょっとした雨にも対応できるレインウェアにも重宝します。

軽いアウトドアを楽しむ防水アウターや、街着に使用する手軽な羽織アイテムに、コンパクトに持ち運ぶ雨具としても選ばれます

デザインフルで手軽に使える機能アウター『Photrek Light Jacket(フォトレックライトジャケット)』

pick up

■『Photrek Light Jacket(フォトレックライトジャケット)

過酷な環境下で性能を発揮するプロフォトグラファーの経験と知恵を取り入れた機能アウターのライトウェイトモデルです。

軽快な着心地が特徴的な高密度ナイロン素材を採用。

大型のレンズも収納できるフロントポケットは、ミリタリーな雰囲気も感じさせるデザインとしてもグッとくるポイント。

収納力の豊富さも魅力的ですね。

収納力とデザイン性を兼ね備えた、アウトドアを楽しむ人からデザインフルなアウトドアミックスな街着としても選ばれます

ストレッチの利いた機能ボトムス『Dry Split Pants(ドライスプリットパンツ)』

pick up

■『Dry Split Pants(ドライスプリットパンツ)

Foxfire(フォックスファイヤー)の定番的なトレッキング用の機能ボトムスですね。

屈伸運動や歩行の邪魔にならないストレッチ性と、多少の雨はしのげる撥水性や速乾性に加えて引き裂き強度も高い機能性。

ウェストはウェビングベルトで調整出来て、モノを入れていても落としにくいZIP仕様のポケットも採用されています。

足さばきの邪魔にならないスタイリッシュなテーパードシルエットになっています。

アウトドアや軽いスポーツ等に重宝するスタイリッシュで動き易い機能ボトムスから、街着でもファッションとして取り入れるスタイリッシュなボトムスとしても選ばれます

遮熱効果の高い機能パンツ『C-SHIELD Pants(コカゲシールドパンツ)』

pick up

■『C-SHIELD Pants(コカゲシールドパンツ)

その名の通り紫外線を遮断する効果が高い機能パンツ。

遮熱効果で衣服内温度を-3℃実現した快適性能に優れています。

スタイリッシュなテーパードが特徴的なキレイ目パンツに使える上に、ストレッチ素材で動き易いのも魅力的。

アウトドアや軽いスポーツ等に重宝するスマートなシルエットが、美脚効果のある動き易い機能ボトムスから街着でもファッションとして取り入れるスタイリッシュなボトムスとしても選ばれます

まとめ:人気の理由は大人の日常を飾る渓流と街を繋ぐ評判のアウトドアウェア

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 知る人ぞ知る認知度と沿革』⇒誰もが知っているというブランドではない程よい認知度に加えて、1982年誕生と意外と長い歴史を紡ぐ日本が誇るブランド。
  • ファッションとしても取り入れられるラインの誕生』⇒2018年に発表されたスプルースラインは、渓流だけではなく明確に街着としてのファッション性を示唆したコンセプトが特徴。
  • 良い意味で山っぽくないスタイリッシュさ』⇒無骨で野暮ったい山のスタイルではなく、渓流をルーツに持ったスタイリッシュでシンプルなデザイン性が魅力。
  • 品の良さを感じるクラシックさ』⇒近未来的なデザインではなくブランド創世記のテイストも大事にする、モダンでクラシックな雰囲気に現代的な機能性をミックスした使い勝手が魅力。
  • 確かな機能性へのこだわり』⇒機能性を重要視されるアウトドアにおいて、早期にゴアテックスを採用した歴史を始め軽量耐久性にもこだわった機能素材の採用や開発が特徴。
  • 今後に期待したい著名ブランドとのコラボ』⇒知る人ぞしるブランドではあるがKEEN(キーン)やNANGA(ナンガ)等現代ファッションにおいて知名度の高いブランドとのコラボ等も行う信頼度も魅力。
  • 大手セレクトショップの取扱いや別注』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップでの取扱い等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

Foxfire OUTDOOR WEAR

街着で重宝する機能性

街着でも使えるデザイン

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

機能美

7

お洒落度

5

認知度

7

上品さ

  • 是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品紹介へ戻る

HI10×2KI

合わせて読みたいAmazonサービスはこちらの記事☟

ダサいを解消。『Amazon(アマゾン)』で服を買うなら知っておくべきサービス

Amzaon(アマゾン)は、今やネットショッピングにおいて誰もが知っている大手の企業ですよね。 日用 ...

続きを見る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Foxfire(フォックスファイヤー)』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド156選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介