人気の名作レビュー

ダサいを解消。『チャンピオン』T1011大人メンズが選ぶ人気のTシャツ

2020年11月10日

チャンピオンはお洒落?ダサい?イメージは?

チャンピオンってよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダサくないの?イメージは良いの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはチャンピオンはそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のブランドです

私自身も強く推すことが出来るブランドの1つです。

ダサいとお洒落の両方の意見が出るブランドの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が着ていると言っても自分の周りでかぶる程の人はあまりいないでしょう。

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

インナー要素が強いからこそ何を基準で選んでよいかわからないという人は多いですよね。

肌着との違いもわからない…。

首がすぐよれて使い物にならない…。

何て悩みは意外と多いのではないでしょうか。

大人のTシャツ選びで重要なのが一枚でも様になる肉厚感です。

肌着に見えてしまう原因は生地の薄さにあります。

体型が崩れ始める30代以上の男性にとって薄い生地は肌に密着するので身体のラインが浮き出てしまいます

インナーで着ることを想定したピタピタのサイズ選びにも原因があります。

つまり、上品で大人の着こなしをワンランク上げるTシャツとは少し肉厚のリラックスフィットが鍵になります。

そんな人に重宝するのが『CHAMPION(チャンピオン)のT1011(ティーテンイレブン)』です。

実際、自分の20代の頃は細身で薄手のTシャツをよく着ていました。

しかし、生地の薄いTシャツはどうしても身体に張り付くので身体のラインが協調され反対に肌着っぽくだらしないように見えてしまいます。

生地の厚いTシャツは肌から少し浮くので身体のラインを消しリラックス感のある大人の着こなしを完成させてくれる一枚でも様になるTシャツです。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • Tシャツって何を着れば良いの
  • Tシャツを着ると肌着っぽくなる
  • Tシャツを着ると体型が強調される
  • 冬でもTシャツ一枚で過ごしたい
  • 首のよれないTシャツが欲しい

『CHAMPION(チャンピオン)のT1011(ティーテンイレブン)』があればこれらの悩みは解消します。

『チャンピオン』はあなたをお洒落に見せるブランド

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではなく『チャンピオン』は間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるアイテムです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『チャンピオン』を身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を着ているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう。

ダサ見えする肌着ではない

Tシャツは首のよれも気になる所ですよね。

首が伸びてよれよれになったTシャツはだらしなく見えてしまいます。

丈夫で肉厚な素材だからこそ幾度の洗濯にも耐えうる耐久性も持ち合わせています。

夏の一枚着にも持ってこいの肉厚感。

冬になるとダウン等の暖かいアウターを着ることが多くなりインナーは厚着ではなくても良い。

でも、屋内でアウターを脱いだ時の格好が肌着に見えると嫌。

そんな悩みも解消してくれる大人の上品な着こなしに大活躍の『CHAMPION(チャンピオン)のT1011(ティーテンイレブン)ポケットT』を紹介します。

ダサいかダサくないかを判断できない人でも『有名な名作であるからこそ着ているだけで人から認められる』安心のアイテムですね。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

多くの人に愛される名作『チャンピオン』T1011ポケットT9つの魅力

ポイント

  • 100%USコットン』⇒タフで上質な品質を管理されるアメリカ製のコットンを利用した着こむ程に風合いのでる素材。
  • ドライタッチな肌触り』⇒汗をかいても肌にまとわりつかない肌触り。
  • 7オンスのヘヴィーウェイト』⇒身体のラインを表に出さない上品な厚手の生地。
  • 丈夫なバインダーネック』⇒繰り返しの洗濯にも耐える丈夫な首回り。
  • ストレスフリーで美しいシルエットを作る丸胴』⇒サイドの縫い目が無い為肌に当たるストレスがなく、腰回りがしなやかなカーブを描く為美しいシルエットを作りだす。
  • 日本企画のシルエット』⇒日本人の身体に合わせた適度に緩めでリラックスしたシルエット。
  • ワンポイントになる胸ポケット』⇒シンプルになりがちな無地のロンTでもポケットがあるだけで上品な一枚着になる。
  • 左袖のワンポイントワッペン』⇒チャンピオン製品には鉄板のワッペンもさり気なく左袖でアクセントになっている。
  • こだわりのアメリカ製』⇒素材調達、糸の選定、縫製などの全工程をアメリカで行うこだわりの品質。

『チャンピオン』T1011を着ることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキレビュー

CHAMPION T1011

丈夫で快適

コーディネートに悩まない

着ているだけで普通にお洒落に見える

8

快適さ

8

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『チャンピオン』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

CHAMPION

1919年アメリカニューヨーク州ロチェスターで設立。

当初ニットセーターの製造と販売事業でスタート。

高い品質を認められたチャンピオンはアンダーウェアとしてのスウェットのオーダーを受けるようになる。

その品質の高さがアメリカの厳しいミルスペックと言われるミリタリーの基準をクリアする軍用の訓練着に採用される。

軍用の訓練着として初めて採用されたスウェットがチャンピオンである。

その後スポーツのユニフォームや大学のアスレチックウェアとして浸透し、タウンウェアとして現代の人気ブランドとして認知されている。

『ザ・キング・オブ・スウェットシャツ』として名高いリーバースウィーブという定番スウェットが代名詞。

アメリカを代表する人気のブランドですね。

勿論数多くのセレクトショップでの取り扱いや雑誌で特集を組まれる事も度々ある程認知度も高いです。

『チャンピオン』T1011とは

ファッションとしても広く認知されているチャンピオンには高い服から安い服まで様々なものがあります。

そんな中で『T1011(ティーテンイレブン)』は1930年代に開発され現代まで幾度かの製品か改良を重ねられて作られている歴史あるTシャツです。

生産国や品質等で様々な価格帯があるチャンピオンの中でもTシャツと捉えた時に高価な値段ですよね。

それでも何年にもわたって着ることが出来る丈夫さと徹底したアメリカ製の品質は価値のある一着です。

安いTシャツを1年でダメにすることを考えれば何年も着ることが出来る間違いのない一枚ですよね。

上質で丈夫な100%USAコットンを採用

USAコットンって何ですか?という人も多いのではないでしょうか。

コットンは日本ではあまり生産されていない天然素材です。

アメリカは世界三大生産国の1つです。

その中でもアメリカのコットンは繊維の長さ、太さ、強さ、色等一定の品質を管理され生産される上質な素材です。

アメリカコットン50%以上含む製品を『COTTON USA』と呼ぶことが出来るのですが、T1011は100%USAコットンを仕様した上質な一枚です。

特徴としては着こむ程風合いのでる丈夫な生地は長年多くの人に愛されファッション感度の高い人にも一目置かれる人気の理由です

ドライタッチな肌触り

Tシャツを着ていて汗をかくと肌に張り付くべたつき感を感じる時ってありますよね。

水分を含んでもまとわりつかず肌離れの良い肌触りも魅力の一つです。

身体のラインを隠す7オンスのヘヴィーウェイトな生地

オンスとは重さを表示する単位です。

1ヤード四方28.35gに相当する重さを1オンスと言います。

安価なTシャツに多いのは3~4オンスの薄手の生地になり透け感のある素材になります。

6オンス以上のものはたいていハイクラスの上質な生地と言えるでしょう。

薄くてペラっとした生地は身体のラインを目立たせてしまいます。

透けてしまうものもあるでしょう。

大人の選ぶTシャツには少し肉厚の身体のラインが目立たない生地が上品な印象を与えます

※オンスが低く薄い生地が全て品質が低いわけではありません。反対に軽く薄い生地で強度が高く品質の高い製品もあります。

丈夫でよれにくいバインダーネックを採用

首回りがよれてくたくたになったTシャツってありますよね。

それだけで清潔感のないだらしない印象を与えてしまいます。

バインダーとは挟むという意味です。

首のリブを生地に挟み込み、さらに2本糸で縫い付けることでより丈夫な首回りを実現しています。

縫い目によるストレスを軽減する丸胴を採用

通常Tシャツやスウェットを作る時前と後ろの生地を脇で縫い合わせて作られます。

品質表示がサイドの内側に縫い付けられているようにサイドには縫い目が存在します。

丸胴とはサイドの縫い目がなく胴回りを丸く編み上げたものを言います。

サイドの縫い目が無いことで肌に触れるストレスの軽減につながります。

さらには曲線で滑らかなシルエットを実現しています。

日本人に合った日本企画のシルエット

アメリカ製と聞くと大きくて身体に合わないと想像する人も多いのではないでしょうか。

T1011は日本人の身体に合わせた企画で作られているので適度なリラックス感できることが可能です。

※海外からの平行輸入等海外スペックの物には注意が必要です。

肌着感の見せない胸ポケットを採用

肌着に見えるTシャツは生地の薄さにもありますが、そのシンプル過ぎる見た目にもあります。

ポケットが付いていることで肌着感を軽減し、一枚着で着てもお洒落な仕様になります。

※T1011には種類があり、半袖、長袖、ポケット無し、ポケット有り、ラグランスリーブ等がありますが今回は長袖のポケット有りを紹介しております。

人気のアイコン左袖のブランドワッペンを採用

チャンピオンを象徴する『C』のワッペンも1つのアクセントになります。

裾や袖、胸につけられることが多いですがT1011は左袖に取り付けられています。

胸にあると少し子供っぽい印象を与えてしまいますが左袖ならさりげないアクセントとしてもしっかりブランドアピールできますよね。

『チャンピオン』T1011を色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目の自分はLサイズを選びます。

敢えてリラックス感を出すために少し大き目を選ぶと良いですが、元々細目ではないレギュラーサイズなのでLサイズで着用します。

ぶ厚めの生地で身体のラインは出にくいので細目に着たい人はワンサイズ下げても上品に決まります。

ブラックが着やすいですが、アウターやボトムス等にブラックが多い人はホワイトでモノトーンに決めるとメリハリが付きます。

ぶ厚めの生地なのでホワイトでも透けることはありません。

全身ブラックになるようなら長めのタンクトップをインナーに着て差し色を入れてあげると抜け感が出ますよ。

グレーを選ぶのもコーディネートしてはありなのですが汗染みは出るので注意が必要です。

定番名作と安価な服を併用する

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね。

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

服がダサい面倒臭いを解消。メンズファッションレンタルサブスク評判のおすすめ3選

『チャンピオン』T1011のおすすめコーディネートポイント

ここではカジュアルに寄りすぎる日本人が大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいます。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

では『T1011』はどういうアイテムなのか。

肉厚でざらつきの有る素材感は少しカジュアルな印象が強いアイテムになります。

ジーンズにT1011というアメカジの鉄板コーディネートも良いですが、大人の着こなしには少しキレイ目の要素を意識した方が上品に決まります

ジーンズならブラックや細身のものを合わせる方が大人の着こなしになります。

足元をスポーツ要素の強いスニーカーではなく少しキレイ目要素を追加するレザースニーカー等を合わせるのも良いですね。

艶感のあるボトムスやジャケット、コートで合わせると大人っぽい着こなしになります。

ボトムス選びのポイント

  • 裾にかけて細くなるテーパードシルエットかスキニーとの相性が良いです。
  • ジーンズなら淡色の物より濃色もしくは、ブラックにすると上品にまとまります。
  • スラックスやトラウザー等のキレイ目要素が強いボトムスはカジュアルな要素を軽減して大人の着こなしにします。

アウター選びのポイント

  • ジャケットやコート等少しキレイ目のアイテムを選ぶとカジュアルな要素を軽減して大人の着こなしにします。
  • 少し格好良く決めるのにブルゾンやGジャン、ダウンに合わせるのも良いです。ただ、シューズやボトムスで少しキレイ目要素を意識しましょう。

トップスの選び方

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。ニットのインナーで首回りを少し出す着こなしにも使うことが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等を着る場合はボトムスをキレイ目に寄せましょう。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

コーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

ダサい服装を改善。『選び方がわからない』メンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。おじさんでもお洒落になれる? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方がわ ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-coordinate/?item_id=42253104

『チャンピオン』T1011の比較商品

ポイント

CHAMPION(チャンピオン)

T1011(ティーテンイレブン)ラグランT

T1011のシリーズの1つです。

ポケットが苦手な方におすすめ。

ポケットがなく普通のロンTと思いきや肩の継ぎ目がラグランスリーブ(首元から脇にかけて縫い目がある袖の縫製)になっている。肩の継ぎ目がないので滑らかに腕に沿って滑らかな曲線が出る。首元から脇にかけての縫製もデザインになっています。

T1011のポケットロンTと同じ素材なので身体のラインの出にくい大人の上品な着こなしが出来るインナーにも一枚着にも最適な一枚です。

ポイント

Hanes(ヘインズ)

1901年アメリカで設立したブランド。

コンフォートをテーマに掲げ定番的なアンダーウェアを展開。

リーズナブルな価格と快適さが反響を呼びアンダーウェアにおいて確固たるポジションを獲得。

数々のロングセラーアイテムを生み出している。

BEEFY-TポケットT

数あるアイテムの中でもBEEFY-Tのシリーズはアンダーウェアとしてだけではなくタウンユースで一枚着にも着ることが出来る人気のシリーズ。

名前の由来はBEEF(牛)のように頑丈なTシャツという意味が込められています。

その名の通り6.1オンスの厚手の生地は頑丈で幾度の洗濯にも耐えます。

T1011と同じように首回りもよれにくく身体のラインも隠してくれるヘヴィーオンスに丸胴のボディは滑らかで上品な大人の着こなしにも最適です。

生産国とコットンの違いでT1011よりも安価でてにはいるのも人気のポイント。

丈夫で大人が着れる上品なTシャツが欲しいけどT1011はすこし高いなと思う人におすすめの一着ですね。

まとめ:大人が上品に着こなす間違いのないTシャツ

と、いうわけでまとめると

まとめ

  • 100%USコットン』⇒タフで上質な品質を管理されるアメリカ製のコットンを利用した着こむ程に風合いのでる素材。
  • ドライタッチな肌触り』⇒汗をかいても肌にまとわりつかない肌触り。
  • 7オンスのヘヴィーウェイト』⇒身体のラインを表に出さない上品な厚手の生地。
  • 丈夫なバインダーネック』⇒繰り返しの洗濯にも耐える丈夫な首回り。
  • ストレスフリーで美しいシルエットを作る丸胴』⇒サイドの縫い目が無い為肌に当たるストレスがなく、腰回りがしなやかなカーブを描く為美しいシルエットを作りだす。
  • 日本企画のシルエット』⇒日本人の身体に合わせた適度に緩めでリラックスしたシルエット。
  • ワンポイントになる胸ポケット』⇒シンプルになりがちな無地のロンTでもポケットがあるだけで上品な一枚着になる。
  • 左袖のワンポイントワッペン』⇒チャンピオン製品には鉄板のワッペンもさり気なく左袖でアクセントになっている。
  • こだわりのアメリカ製』⇒素材調達、糸の選定、縫製などの全工程をアメリカで行うこだわりの品質。

ヒトトキレビュー

CHAMPION T1011

丈夫で快適

コーディネートに悩まない

着ているだけで普通にお洒落に見える

8

快適さ

8

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

インナーや一枚着に最適のロンTは洗い替えで複数枚持っている便利です。

持っていても邪魔にならないあらゆるシーンですぐに役立つアイテムですね、

頑丈で長く使えてインナーにも一枚着にも使える大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『オアスロウ』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『役立つ名作』大人メンズが選ぶ人気のブランド

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-