ボトムス

【メンズファッション】ダサいを解消。エドウインデニム定番シルエット比較

2020年7月15日

エドウィンはお洒落?ダサい?

エドウィンってよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダサくないの?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはエドウィンはそんなファッションの中でも長く多くの人に愛される人気のブランドです

ダサいとお洒落の両方の意見が出るブランドの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、着こなし方やアイテムの選び方によって印象は大きく変わるということです。

ダサいの原因は自分の身体に合っていないデニムを履いているという事実にもあります

名作の魅力や着こなし方と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

質問

エドウインの503とか403とかジャージーズとかよくわからないのですが…

定番的な商品を生産しているブランドが持つ型番のことです。型番を見れば大体の形が分かり自分にあった1本を選ぶことができます。

HI10×2KI

エドウインの始め方

  • エドウインは日本国産デニムの先駆者
  • エドウインの型番の着こなしイメージを育てる
  • 型番とシルエットを知る

『普通にお洒落』に必要なのは自分に馴染む格好をすることです。自分に馴染む系統を決めてイメージを育てましょう。

デニムに言えば自分に馴染むシルエットを選ぶことが重要です

エドウインのシルエットと型番の選び方をアパレル経験10年以上の『ヒトトキ』が解説します

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

たくさんのお客様を接客しコーディネートもさせていただく中で培った『おすすめアイテム』を持っています。

自分自身も勿論『服』が好きで色々な服を着て見て触って体感してきました。

そんな『ヒトトキ』が『役立つアイテム』を紹介させていただきます。

自分に馴染む系統の決め方はこちら☟

HI10×2KI
ダサいメンズを解消。似合う服の系統って何?定まらないを解消する3つの選び方

ダサい系統?お洒落な系統? 服の系統(ジャンル)ってよく聞くけど、何がお洒落で何がダサくないの?と疑 ...

続きを見る

この記事でわかること

【メンズファッション】EDWIN(エドウイン)は国産デニムの先駆者

まずはエドウインはどういうブランドか気になる所ですよね。

EDWIN

デニムはアメリカ西海岸でワークウェアとして生まれたが、『日本国産のデニムの先駆者』はEDWINである

1940年代、アメリカから輸入された中古ジーンズの販売がアメ横で始まった。

その後新品のジーンズの輸入も始まったが当時のジーンズはノンウォッシュのノリ付きの物で固い上に縮みや色落ち等扱いづらい商品であった。

その上、高額であった為中々日本の市場では浸透しなかった。

日本人の身体にあった履きやすいジーンズを作ることがEDWINの原本となる

1960年代、アメリカよりデニム生地を輸入し縫製を開始し、国内生産のジーンズが誕生。

『EDWIN』とは『DENIM』の5文字をひっくり返して入れ替えて作られた名前である。

その後、ノンウォッシュのノリ付きの固く扱いづらいジーンズを製造過程でワンウォッシュの加工を施し履きやすい安定性のあるジーンズを生み出した

1980年代、石とミキシングマシーンによるジーンズの加工『ストーンウォッシュ』を開発し、世界へと広がり、現代のジーンズの色落ち加工の原点となった

現在では海外での評判は非常に高く日本国産の品質の高いこだわりのデニムとしての地位を確立しています

お洒落に履ける形選びは『ジャージーズ』と『ESTANDARD』のスリム

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

EDWINは幅広いニーズに応える為に開発された様々なシリーズとシルエットが有ります。

若年層から老年層まで幅広く愛され続けるジーンズブランドである所以はその幅広い網羅性にありますよね。

だからこそ選び方を間違えるとダサいと思われることもあるでしょう。

しかし、大半の人はブランドではなく見た目で判断する事が多いのではないでしょうか。

それ故、選ぶ形を間違わなければ決してダサい事はないと言えます。

では、どれを選べばダサくないの?と気になる人もいるでしょう

そんな人に重宝するのが次の2種類です

ポイント

【ジャージーズ スリムテーパード】

お尻周りは小さめで太もももすっきり、膝から裾にかけて細くなっている美シルエットテーパード。

デニム入門からスポーティな履き心地まで、デニムライクでデニムを履きたいけどしんどいデニムは履きたくない人が選ぶ上品なスウェット感覚デニム。

特にジーンズ生地の開発で有名な『カイハラ』との共同で開発されたニットライクな生地は他には出すことが出来ない抜群の履き心地を世に誕生させました。

ヒトトキレビュー

ジャージーズ スリムテーパード

スウェット感覚で抜群の履き心地

コーディネートに悩まない

デニムライクで気軽に使える

10

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

ポイント

【E STANDARD スリムテーパード】

お尻周りは小さめで太もももすっきり、膝から裾にかけて細くなっている美シルエットテーパード。

少し細身で細すぎない上品な履き方をしたい人が選ぶ一本

幅広い客層を網羅するEDWINの中でも近年登場したグローバルシリーズでお洒落に履くことが出来る客層に向けたアイテムですね。

ヒトトキレビュー

E STANDARD スリムテーパード

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

細目スタイルでキレイに決まる

8

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

8

上品さ

その他、幅広いお客様の為に網羅されたシリーズと形は次の段落から紹介していきますね。

【メンズファッション】EDWIN(エドウイン)定番シルエット比較と選び方

定番というと変わらないトレンドに左右されない誰でもがはける商品のイメージが大きいです。

しかし、メーカーが一人でも多くの人に届ける為に開発された何万、何億という販売の可能性を持った商品のことです

定番というのはそれほどまでに作りこまれるからこそ多くの人々に愛されるべき型です。

勿論トレンドに左右されないわけではなくシルエットの見直しがされ日々アップデートしていく物です。

『定番=格好悪い』ではなく格好悪く見えるのは自分に合っていない形を選んでいるからなのです。『定番を格好良く着こなす』が自分に馴染む服を選ぶことの原点でもあると思います。

その為には型番とシルエットを理解して自分に合った1本を選びましょう。

定番とは

  • 『定番』=何万、何億という人々に愛用される商品
  • 『定番』=変わらない物ではなく、定番だからこそ、売上分析により常にアップデートを繰り返される商品
  • 『定番』=『格好悪い』ではなく、自分に合う定番選びが重要

ボトムス選びのよくある間違い

  • 足が太いので細いボトムが似合いません…⇒太いボトムを履いたら余計やぼったくなります。太もも幅に合ったサイズで裾にかけて細くなるテーパードを選びましょう。
  • 足が細いので細いボトムが似合いません…⇒細い足には敢えて細いボトムを履くのが一番スタイリッシュに似合います。ピタピタスキニーを選びましょう。細すぎがいやならせめて細めストレートで余裕のある上品さが〇。
  • 太ももが太く、細く見せたいのでスキニーが履きたいです!⇒太ももピチピチ腰がばがばはサイズがあっていません。腰のサイズ、太もものサイズで選びましょう。テーパードが細身に見えるボトム選び。
  • 腰がばがばになるけど細く履きたいからこれでいい!⇒サイズ選びの基本は腰のサイズです。太ももの太さを調整しテーパードを選びましょう。
  • 洗濯したら縮みますよね?⇒現代のデニムはそこまで縮みません。むしろ履いている内に生地の隙間があき大きくなります。
  • 履いてると大きくなりますよね?⇒多少馴染みが出る程度です。あまりキチキチで履くと身体に悪いのでジャストサイズを選びましょう。

※お客様の声で数多く聞かれる声です。自分の身体に馴染むシルエットを選ぶことが『どことなくお洒落』の基本です。

シリーズ/
シルエット
細⇔普通⇔太スタイルストレッチ股上
503/
レギュラー
★★★★☆☆普通有り普通
503/
スリム
★★☆☆☆☆普通有り普通
503/
ルーズ
★★★★★★普通有り普通
BASIC/
403
レギュラー
★★★★★☆昔ながら無し深め
BASIC/
402
ストレート
★★★★☆☆昔ながら無し深め
BASIC/
406
スリム
★★★☆☆☆昔ながら無し深め
BASIC/
407
スリム
★★☆☆☆☆昔ながら無し深め
BASIC/
404
ルーズ
★★★★★★昔ながら無し深め
ESTANDARD/
レギュラー
★★★★☆☆上品有り浅め
ESTANDARD/
スリム
★★☆☆☆☆上品有り浅め
ESTANDARD/
スキニー
★☆☆☆☆☆上品有り浅め
JERSEYS/
ストレート
★★★★☆☆有り浅め
JERSEYS/
スリム
★★☆☆☆☆有り浅め
JERSEYS/
スキニー
★☆☆☆☆☆有り浅め
各型番と特徴まとめ

ボトムスのサイズ、形の選び方の基本はこちらを参照☟

HI10×2KI
【メンズファッション】コーディネートの最初は『ボトムス(ズボン)』の選び方

質問 ボトムスにTシャツ1枚が一番格好良いって本当ですか? 実際大半の女子に人気なのはシンプルな格好 ...

続きを見る

エドウィンの唯一無二の定番『EDWIN(エドウイン)503』

1990年代のCMで流れた『ゴー、マーリー、サーン』があまりにも有名な『503と言えばエドウイン、エドウインと言えば503』というような定番シリーズです。

メイドインジャパンを貫き、改良を繰り返しながらも現在まで長く愛されるシリーズです。

ポイント

  • 股上普通
  • 弱ストレッチ素材
  • 価格は10,000円くらい

股上は普通で弱ストレッチの一般的で履きやすいベーシックな人に好まれる

普通のレギュラーストレート『EDWIN(エドウイン)503レギュラーストレート』

お尻周りと太ももに余裕がある普通のストレートです。

普通の格好がしたい普通のに選ばれます。

ポイント

  • レギュラーストレート
  • ZIPフライ
  • 股上普通
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

503 レギュラーストレート

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

普通に履ける普通のスタイル

7

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

5

上品さ


普通のスリムテーパード『EDWIN(エドウイン)503スリムテーパード』

お尻周りと太ももに余裕があり膝から裾にかけて徐々に細くなるスリムテーパードです。

少し細身で細すぎない上品な履き方をしたい人に選ばれます。

ポイント

  • スリムテーパード
  • ZIPフライ
  • 股上普通
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

503 スリムテーパード

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

普通の人でも少し細身に

7

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

6

上品さ

普通のルーズストレート『EDWIN(エドウイン)503ルーズストレート』

お尻周りと太ももにゆとりがあり裾まで太さが変わらないルーズストレートです。

楽に履きたい方に選ばれる安心のゆとりとストレッチが魅力ですね。

ポイント

  • ルーズストレート
  • ZIPフライ
  • 股上普通
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

503 ルーズストレート

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

普通の人が楽に履ける

8

快適さ

4

お洒落度

10

認知度

4

上品さ

エドウインのベーシックシリーズ『INTERNATIONAL BASIC』

1980年代に欧米でヒットした『ストーンウォッシュ』ジーンズを日本製の『INTERNATIONAL BASIC(インターナショナルベーシック)』のシリーズとして日本に帰還した

このシリーズはお洒落からは程遠いシリーズになります。

普通の人が普通に履くことが出来るベーシックなシリーズです。

改良を繰り返され、今日に至るロングセラーシリーズです。

ポイント

  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し
  • ひげ加工なし
  • 価格は7,000円くらい

股上は深めでひげと呼ばれる色落ち加工のないよりシンプルなシリーズ。

加工が嫌で昔ながらのデニムが履きたい人に好まれる安心感のあるシリーズ。

昔ながらのレギュラーストレート『EDWIN(エドウイン)403ふつうのストレート』

お尻周りと太ももに余裕がある昔ながらのストレートです。

昔ながらの格好がしたい普通の人に選ばれます。

ポイント

  • レギュラーストレート
  • ZIPフライ
  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し

ヒトトキレビュー

403 ふつうのストレート

昔ながらの定番ジーンズ

コーディネートに悩まない

普通に履ける普通のスタイル

7

快適さ

4

お洒落度

10

認知度

4

上品さ

フレックスは同型のストレッチ素材

昔ながらの微テーパード『EDWIN(エドウイン)402すっきりストレート』

お尻周りと太ももに余裕があり膝から裾にかけて少し細くなるテーパードです。

少し細身で細すぎない上品な履き方をしたい人に選ばれます。

ポイント

  • テーパード
  • ZIPフライ
  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し

ヒトトキレビュー

402 すっきりストレート

昔ながらの定番ジーンズ

コーディネートに悩まない

普通の人でも少し細目に

7

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

5

上品さ

昔ながらのタイトストレート『EDWIN(エドウイン)406すっきりスリム』

お尻周りが小さめで太ももが細いストレートです。

細身ですっきりだが、裾の締まりがないので細すぎないキレイな履き方をしたい人に選ばれます。

ロールアップでくるぶしを出せば上品なイメージにピッタリです。

ポイント

  • タイトストレート
  • ZIPフライ
  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し

ヒトトキレビュー

406 すっきりストレート

昔ながらの定番ジーンズ

コーディネートに悩まない

普通の人でも少しすっきりと

7

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

5

上品さ

昔ながらのスリムテーパード『EDWIN(エドウイン)407普通のスリム』

お尻周りが小さめで太ももが細く裾にかけて細くなるテーパードです。

細身ですっきり履けるシルエットですね。

裾が少ししまっているので細く見せたい方がキレイな履き方をする一本に選ばれます

ポイント

  • テーパード
  • ZIPフライ
  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し

ヒトトキレビュー

407 普通のスリム

昔ながらの定番ジーンズ

コーディネートに悩まない

普通の人でも少し細目に

7

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

4

上品さ

昔ながらのルーズストレート『EDWIN(エドウイン)404ゆったりストレート』

お尻周りから太ももまでゆとりがあるストレートです。

とにかくゆるく履きたいに選ばれます。

太ももが太いから太いボトムを選ぶは間違いです。

太いから細く見せたい人はテーパードタイプを選ぶとキレイに馴染みます。

ポイント

  • ルーズストレート
  • ZIPフライ
  • 股上深め
  • 綿100%⇒ストレッチ無し

ヒトトキレビュー

404 ゆったりストレート

昔ながらの定番ジーンズ

コーディネートに悩まない

普通の人がとにかく楽に

8

快適さ

2

お洒落度

10

認知度

2

上品さ

エドウインのグローバルシリーズ『E STANDARD』

エドウィンの長い歴史の中、近年開発されたシリーズです。

日本国産のモノづくりを世界に向けて作られたシリーズ『E STANDARD(イースタンダード)』

若年層から老年層まで幅広くとらえる『E STANDARD』は履き心地を求めたそれぞれの型によってデニム生地を変えて作られるシリーズですね。

ポイント

  • 股上浅め
  • ストレッチ素材
  • 価格は12,000円くらい

股上浅めで艶感のある表情はもたつきのない上品なデニムを楽しみたい人が選ぶシリーズ。

上品なレギュラーストレート『EDWIN(エドウイン)E STANDARDストレート』

お尻周りは少し小さく太ももに余裕のあるストレート。ストレートと言っても少し裾にかけて細くなる微テーパードです。

上品に普通の格好がしたい方に選ばれます。

ポイント

  • 微テーパードストレート
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

E STANDARDストレート

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

少し細目で使い易い

8

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

上品なテーパードスリム『EDWIN(エドウイン)E STANDARDテーパード』

お尻周りは小さめで太もももすっきり、膝から裾にかけて細くなっている美シルエットテーパードです。

少し細身で細すぎない上品な履き方をしたい人に選ばれる一本ですね。

ポイント

  • テーパードスリム
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

E STANDARDテーパード

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

細目スタイルでキレイに決まる

8

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

8

上品さ

上品な美脚スキニー『EDWIN(エドウイン)E STANDARDスキニー』

お尻周りは小さめで太ももから裾にかけて足の太さにフィットするスキニーです。

ピタピタになりすぎない細さとハイパワーストレッチが楽に上品で美脚に見せたいに選ばれます。

ポイント

  • スキニー
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • ストレッチ素材

ヒトトキレビュー

E STANDARDスキニー

ストレッチ素材で履き心地が良い

コーディネートに悩まない

細目スタイルでキレイに決まる

8

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

8

上品さ

エドウインの快適パンツの先駆け『JERSEYS』

従来のデニムの編み方と違いニット編みされたリラックスデニムです。

見た目はデニムそのものだが履き心地はジャージの『JERSEYS(ジャージーズ)』。

日本屈指のデニム生地メーカー『カイハラ』と共同開発した素材はジャージの履き心地で見た目、加工感ともにデニムと遜色ない一品を作り上げたシリーズですね。

ポイント

  • 股上浅め
  • ストレッチ素材(ニット編み)
  • 価格は9,000円くらい

股上浅めですっきりとスポーティにスウェット感覚で履きたい人が選ぶシリーズ

デニムライクなレギュラースウェット『EDWIN(エドウイン)JERSEYSストレート』

お尻周りと太ももに余裕のある程よいフィット感のレギュラーストレートです。

デニム入門からスポーティな履き心地まで、デニムを履きたいけどしんどいデニムは履きたくない人に選ばれるスウェット感覚デニムですね。

ポイント

  • レギュラーストレート
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • 強ストレッチ素材(ニット編み)

ヒトトキレビュー

JERSEYSストレート

スウェット感覚で抜群の履き心地

コーディネートに悩まない

デニムライクで気軽に使える

10

快適さ

5

お洒落度

10

認知度

5

上品さ

デニムライクなテーパードスウェット『EDWIN(エドウイン)JERSEYSスリムテーパード』

お尻周りは小さめで太もももすっきり、膝から裾にかけて細くなっている美シルエットテーパードです。

デニム入門からスポーティな履き心地まで、デニムライクでデニムを履きたいけどしんどいデニムは履きたくない人に選ばれる上品なスウェット感覚デニムですね。

ポイント

  • テーパード
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • 強ストレッチ素材(ニット編み)

ヒトトキレビュー

JERSEYSスリムテーパード

スウェット感覚で抜群の履き心地

コーディネートに悩まない

デニムライクで気軽に使える

10

快適さ

6

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

デニムライクなスキニースウェット『EDWIN(エドウイン)JERSEYSスキニー』

お尻周りは小さめで太ももから裾にかけて足の太さにフィットするスキニーです。

デニム入門からスポーティな履き心地まで、デニムを履きたいけどしんどいデニムは履きたくない人に選ばれる美脚シルエットで格好良いスウェット感覚デニムですね。

ポイント

  • スキニー
  • ZIPフライ
  • 股上浅め
  • 強ストレッチ素材(ニット編み)

ヒトトキレビュー

JERSEYSスキニー

スウェット感覚で抜群の履き心地

コーディネートに悩まない

デニムライクで気軽に使える

10

快適さ

7

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

まとめ:アイテム選びは自分に似合う形を選ぶ

と、いうことでまとめると

まとめ

  • 自分の系統に馴染むシルエットを選ぶ。
  • 適正なサイズを選ぶ。
  • 各系統の着こなしのイメージを膨らませる。

自分に馴染む1本を見つけましょう。

エドウインスラックス、チノパンはこちらを参照☟

HI10×2KI
【メンズファッション】ダサいを解消。ビジネスカジュアルをエドウインで着こなす

質問 ビジネスカジュアルって最近よく聞くようになったけど、どんなパンツで合わせればよいの? 業種にも ...

続きを見る

-ボトムス

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-