ボトムス

ダサいを解消。『ボトムス(ズボン)』コーデの鍵となる大人メンズの種類と選び方

2020年6月17日

質問

ボトムス(ズボン)にTシャツ1枚が一番格好良いって聞くけど本当ですか?

実際、大半の女子に人気なのはシンプルな格好です。ボトムス(ズボン)選びが上手いかどうかがシンプルなおしゃれの要です。

HI10×2KI

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越し下さりありがとうございます。

メンズファッションにおいてボトムス(ズボン)は全体を調整するという重要な役割を果たします。

実際に『自分に馴染むボトムス(ズボン)』を選ぶことが出来れば、Tシャツ1枚でもかっこいい!!って言われます。

それほど重要なのが自分に合ったボトムス(ズボン)の選び方です

実は、ボトムス(ズボン)さえおしゃれに決めれればトップスは多少失敗しても目立ちません。

自分に合った服を選ぶことが『普通におしゃれ』の第1歩です。

反対にボトムス(ズボン)選びに失敗すると『だらしない』や『ダサい』に直結します。

本記事はボトムス(ズボン)を大人っぽく着こなせる為に論理的にイメージを育てられるように書いています

ボトムス(ズボン)の種類と選び方の基礎知識と共に上品で大人っぽい着こなしを執筆します

ポイント

  • なんかだぼっとする。
  • ぴちぴちになりすぎる。
  • すぐにずれてくる。
  • なんかやぼったい。

自分に合ったボトムス(ズボン)を選べていないとこのような現象が起こります

こんな『なんでだろう…』は自分にあったボトムス(ズボン)を選ぶことで解決します。

『なんか変…』を解決できる基礎知識をアパレル歴10年以上の『ヒトトキ』が解説します

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『ファッションの根本には言葉で説明できる法則性はある』実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『ボトムス』の選び方を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

こんにちは『ヒトトキ』です。 この度は『ヒトトキブログ』に起こし下さりありがとうございます。 冒頭で ...

続きを見る

ボトムス選びの始め方

  • 自然に馴染むボトムス(ズボン)はそれだけでおしゃれ。
  • ボトムス(ズボン)選びは『サイズ感』『裾の長さ』と『シルエット』で決まる。
  • ボトムス(ズボン)の種類と形を知る。
  • ボトムス(ズボン)の形は自分の体型と系統で決める。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • ボトムス(ズボン)選びの着こなしとイメージを育てる。

最重要!ボトムス(ズボン)の選び方

一言にボトムス(ズボン)と言っても色々な形やデザインがあります。

年中メインに見えるボトムス(ズボン)はファッションの要です

それ故に、ボトムス(ズボン)選びに失敗するとコーディネイト全てが失敗すると言っても過言ではありません

しかし、難しく考えることはありません!

自分に合ったものを履きこなすことが『普通におしゃれ』の決め手です。

自分の系統、スタイルにあったものを選びましょう。

ポイント

  • 腰の大きさと裾の長さは適正か?
  • 自分に合ったボトムスの形を選んでいるか?
  • 自分に合ったボトムスの種類を選んでいるか?
  • 自分に合ったボトムスの着こなし方をしているか?

ただ、デザインが気に入っただけでは自分に合う服選びはできません。

重要なのは自分に合った系統、スタイルのボトムス(ズボン)を選べているかです。

質問

自分に合った選び方って…系統って何?自分はどの系統を選べばいいの?

系統の選び方はこちらの記事で☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『似合う服の系統定まらない』3つの基準から紐解くメンズファッション

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 ...

続きを見る

ボトムス(ズボン)のサイズの選び方

気をつけなければならないことは自分の身体とボトムス(ズボン)のサイズがあっているかです。

ポイント

  • 自分の身体に合った腰まわりか?
  • 自分の身体に合った裾の長さか?
  • 自分の身体にあったスマートさか?
  • 自分の系統にあったスタイルか?

腰回りの大きさの選び方

一般的に、適正なメンズファッションのボトムス(ズボン)の腰回りのサイズ選びはボタン、ジッパー(チャック)を閉めた状態で指2本入るくらいが丁度よいサイズとされています。

特に、生地により多少の違いはありますが、座ったり立ったりのタイミングで大きな負荷のかかる腰回りは確実に伸びます。

なので、少しきつめくらいを選ぶのがおすすめです。

注意点

質問

今きついけど、履いてる内うちに腰回りって大きくなりますよね?今ゆるいけど、洗濯したら縮みますよね?

お客様のよくある質問ですが、実際洗濯による縮みよりも履いてる内に伸びる比率の方が大きいです。なので指2本入るくらいか少し小さいくらいで選ぶのがポイントです。

HI10×2KI

注意点

質問

太ももがぴちぴちやからサイズを大きくします!腰は少しダボつくけど隠れてみえへないし大丈夫ですよね?

絶対におすすめできません!身体に合わないと形が崩れてしまうのでサイズを変えるのではなく、違う形を選びましょう。形が崩れるとボトム正面にいびつな線が入りだらしなくなります。

HI10×2KI

形選びに関しては後述を参考に。

ボトムス(ズボン)の裾の長さの選び方

一般的に、適正なメンズファッションのボトムス(ズボン)の丈の長さの選び方は靴を脱いだ状態でかかとを少し踏むくらいが丁度良いです。

特に、裾幅の太いボトムスに関してはワンクッションに抑えましょう。

裾のダボつきはボトムス(ズボン)のシルエットを変形させ全体のイメージをだらしない印象にしてしまいます

裾を踏んで汚れているのはもってのほかですね。

汚くて不潔な印象を与えます。

難しければアンクル丈(くるぶしにかかるくらいの9分丈)も爽やかで上品な印象を与えるのでおすすめです。

気をつけなければいけないのは意図のないただ寸足らずの状態でもみすぼらしいイメージを与えてしまいます。

くるぶしを大きく超えて足首全体を露出するような短いものは避けましょう。

近年ではロールアップ(巻き返す)することも多くなっています。

おしゃれとされているのでロールアップで調整するのもおすすめです。

着こなしとしては靴下の合わせ方も重要ですね!

注意点

  • 裾がだぼついている。
  • 裾を靴で踏んでいて汚い。
  • くるぶしより長くかかとより短い。(丈が中途半端)

『ダサい』『だらしない』と思われる要因です

系統によっても丈の長さは少し注意が必要です。

ポイント

  • サーフラグジュアリー⇒裾の長さは短め。かかとを少し踏むくらいかくるぶしを出す短さ。靴下は見せないように短いものを選ぶ。
  • モード&トラッド⇒裾の長さは短め。かかとを少し踏むくらいかくるぶしを大きく露出するくらいの短さ(七分丈等)。靴下を見せるのもお洒落。
  • アメカジクラシック⇒裾の長さは長め。かかとを少し踏むくらいかロールアップでくるぶしが隠れるくらいの長さ。靴下は見せても〇。
  • キレイ目カジュアル⇒裾の長さは短め。かかとを少し踏むくらいかくるぶしを出す短さ。靴下は見せないように短いものを選ぶ。
サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
かかと(一般的な長さ)踏むくらい踏むくらい踏むくらい踏むくらい
くるぶし(短く設定する場合)見せる大きく見せるロールアップで
隠れるくらい
見せる
靴下見せない見せてもよい見せてもよい見せない
系統別裾の長さ

ロールアップの決め方はこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『ロールアップ』大人メンズボトムスの裾の長さを決める方法

長すぎる裾をたるませて履いているとそれだけでやぼったいだらしない印象を与えます。 ロールアップとは裾 ...

続きを見る

体型と系統に合わせたボトムス(ズボン)の形の選び方

お客様の悩み

  • 太ももが太いから細いボトムは履けない。
  • 太ももが太いからゆったりしたボトムしか履けない。
  • 足が細いので細いボトムは似合わない。
  • 足が長く裾の長さが合わない。

お客様のよくある声です。人の足の形は様々で実際に色々な悩みを相談されます。

HI10×2KI

だからこそ自分に合ったボトムと出会った時のお客様の笑顔は晴れ晴れとしていました!種類を理解して自分に似合う1本を手に入れましょう!

どの形においても足首を出すことで足首の細さがでるので全体的なバランスを取りやすくなる。迷ったら足首を出してみてください。各系統とシルエットの相性をまとめるとこんな感じになります☟

HI10×2KI
サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
レギュラー××
タイト×
テーパード
スキニー×
ワイド××
各系統とシルエット相性

一般的な『レギュラーストレート』

太ももから裾にかけて同じ太さの一般的な形ボトムス(ズボン)です

特に太くも細くもない普通の太さですね。

しかし、人の足の形は一般的に太ももより裾の方が細いので少しやぼったく見えるので実は初級者は避ける方が無難なシルエットです。

ロールアップでくるぶしが隠れるくらいの長さにすると足首の細さがバランスをよく見せる事が出来ます。

細すぎずスマートな『タイトストレート』

太ももから裾にかけて同じ太さではあるがそもそもの太もも回りを細く作られている細身の形のボトムス(ズボン)です

太ももが細い人が細すぎないスマートに着たい人におすすめのスタイルですね。

太ももが太い人が選ぶと窮屈に見えるので注意が必要です。

ロールアップでくるぶしを見せてもこなれ感があるお洒落な印象に見せる事が出来ます。

リラックス感がありスマートな『テーパード』

人の足の形に添って太ももから裾にかけて細くなっている楽に細身に見せる形のボトムス(ズボン)です

太ももは楽にはけて細く見せたい人におすすめのスタイルですね。

太ももが太いと悩んでいる人でも足が細いと悩んでいる人でも程よくスマートに見える使い易いシルエットです。

年齢、体型問わずファッションの初級者から上級者まで網羅する一番使い易い形です

ロールアップでくるぶしを見せてもおしゃれに決まります。

ピタッと細い『スキニー』

太もも回りがそもそも細く、裾にかけてさらに細くなっている足の形に添ったピタッと細身の形のボトムス(ズボン)です

細身の人がさらに細く見せるににおすすめのスタイルですね。

足が太いと悩む人にはあまりにもピタピタすぎると足の形が出すぎるので避けた方が無難なシルエットです。

2010年くらいにトレンドの絶頂に達したシルエットで当時はスキニーを履いている=おしゃれという流れがありました。

現在はトレンドが落ち着きましたが定番のシルエットとして定着しています

しかし、極端に細いスタイルは系統やトレンドに左右され易いので注意が必要ですね。

ゆったりとリラックスな『ワイド』

そもそも太ももが太く裾まで太い太めの形ボトムス(ズボン)です

細身の人か中肉の人があえて選ぶ大き目のボトムスを見せるおしゃれなスタイルです。

がっしり目の人が履くとだらしなく見えるので注意が必要ですね。

単に足が太いから楽に履けるボトムスを探している人は『テーパード』の方が気軽で馴染み易いシルエットです。

裾の長さくるぶしくらいに設定すれば足首の細さがバランスを良く見せることが出来ます。

しかし、極端に太いスタイルは系統やトレンドに左右され易いので注意が必要ですね。

お客様のお悩み解決

  • 太ももが太い。⇒あえて細身のパンツを選びましょう。特にテーパードの形が太ももが楽で細く見えます!太く見えるレギュラー、ワイドはNG。細くてパツパツになるスキニーも避けた方が良いです。上半身とのバランスが悪くなります。
  • 足が細い。⇒足の細い方は潔く細いパンツを選んだ方がカッコよいです!スキニーパンツを選びましょう。中途半端なレギュラーはNG。あえて選ぶなら極太ワイドを選びましょう。ロールアップで足首の細さを見せるのがバランスが良いです。
  • 足が長く丈が短い。⇒一般的なボトムはレングスと言われる足の長さを32設定の物が多いです。レングス33~34を探しましょう。しかし、市場には少ないのが悩みです。いっそのことレングス32をロールアップで履けば解決します。中途半端な長さがカッコ悪いのでくるぶしまで一折ロールアップしましょう。ぐっとバランスが良くなりますよ。
  • 足が短く丈が長い。⇒裾がダボつくと余計に足が短く見えるので、ロールアップして足首をしっかり見せましょう。視線を足首に集まるので短さが気にならなくなります。

ボトムス(ズボン)の種類(デザイン)と生地の選び方

ボトムス(ズボン)の形や生地感によってカジュアルからキレイ目まで見え方が変化します。

ポイント

  • デザイン⇒ポケットの数等デザイン性が多い程カジュアルで、少ない程キレイ目
  • 素材⇒凹凸がありざらつく程カジュアルで、艶があり滑らかな程キレイ目
  • 色落ち⇒色褪せた落ち感程カジュアルで、光沢があり艶のある程キレイ目

選ぶポイント

  • サーフラグジュアリーはカジュアルだけどリラックス感のある男らしいスタイル。
  • モード&トラッドは独特な雰囲気のある中性的でキレイなスタイル。
  • アメカジクラシックはカジュアルだけど上品な大人っぽいイメージ。
  • キレイ目カジュアルはスマートで爽やかな大人のイメージ。

ボトムスの選び方としては各系統のシルエットの選び方を優先してください。考え方はシルエット×デザインです。各系統と種類(デザイン)の相性はこちら☟

HI10×2KI
サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
デニム
チノ・トラウザー・5ポケ
スラックス×
スウェットパンツ××
カーゴパンツ××
ワークパンツ×××
機能パンツ
トラックパンツ×
サルエルパンツ×××
各系統と種類(デザイン)の相性

カジュアルの王道『デニム(ジーンズ)』

言わずとも知れたカジュアルファッションの王道です。

起源はアメリカのゴールドラッシュの時代に仕事着として生まれたものがカジュアルファッションに変化したインディゴ染めをキーポイントとした丈夫なボトムス(ズボン)ですね。

細身のカッコよいスタイルから太めのワークスタイルまで様々な用途で人気があります

基本的には正面にポケットが2つ、おしりに張り付けのポケットが2つ、前のポケットの中にコインポケットが1つあるインディゴ染めの綾織りの物をデニム(ジーンズ)と呼びます。

デニム(ジーンズ)に関して詳しくはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『デニム(ジーンズ)の選び方』カジュアルな大人メンズの基礎知識

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 ...

続きを見る

カジュアルで上品な『チノ・トラウザー・5ポケ』

ひとくくりにされることも多い『チノ・トラウザー・5ポケ』です。

ベージュやブラック等の落ちついた色からレッドやイエローのような派手目の色まで様々な色の展開があるボトムス(ズボン)ですね。

ポイント

  • チノパン⇒『チノクロス』という綾織りの生地で作られたパンツ
  • トラウザー⇒センタープレス加工(腰から裾まで正面にプレスされた1本の折り目)が施されたパンツ
  • 5ポケ⇒バックに張り付けのポケットが2個、フロントにポケットが2個、コインポケット1個、計5個あるパンツ

上品な大人のスタイルからカッコよい男のスタイルに好まれます。

チノ・トラウザー・5ポケに関して詳しくはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『チノパン』上品に魅せる選び方大人メンズの基礎知識

こんにちは『ヒトトキ』です。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 オフィスカジュアルや少 ...

続きを見る

フォーマルで上品な『スラックス』

スーツのジャケットに合わせる柔らかいつるっとした素材のボトムス(ズボン)です

近年ではスーツのフォーマルなスタイルだけではなくTシャツ等とあわせて街着にカジュアルダウンした着方が浸透しています。

上品で大人な男スタイルからおしゃれなかわいらしい雰囲気にも好まれますね

タックと言われる腰元の絞りの数により太もも回りのゆるさが変わります。

タックが増えるごとにバルーン系のかわいいらしい形になります。

アクティブで柔らかい『スウェットパンツ』

スウェット素材の楽に履けるボトムス(ズボン)です

楽さが人気の秘訣ではあるが家着との差別化が必要ですね。

細めのすっきりとしたシルエットが格好良さと上品さを作り出すスタイルです

無骨で男らしい『カーゴパンツ』

貨物船の作業員の仕事着としての起源をもつ、ミリタリーとしても広く採用されたボトムス(ズボン)です

正面とお尻のポケットの他にサイドに複数のポケットを携えた仕様が特徴的ですね。

どちらかというと無骨で男らしいスタイルからカッコイイスタイルまでワイルドに着こなしたい人にピッタリです

ゆるめでリラックス感が有る程男らしく、細身で艶感が有る程無骨な上品さを演出します。

カーゴパンツに関して詳しくはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『カーゴパンツ』ミリタリースタイルの定番ボトムスの選び方

無骨で格好良い男性の定番アイテムとして広く知られるカーゴパンツ。 近年トレンドの変化もあり際注目され ...

続きを見る

無骨でデザイン性のある『ワークパンツ』

作業着として生まれたボトムス(ズボン)です

詳しくはベイカーパンツ、ペインターパンツなど細かく分かれているのですがここでは作業道具を入れるように多種多様なポケットがついているものを総称してワークパンツと呼びます。

実は細かく言えばチノパン、カーゴパンツなども元々は作業着として作られた物なのでワークパンツに分類されます。

無骨な男らしいスタイルにデザイン性をプラスオンしたい人に好まれますね

スマートでスタイリッシュな『機能パンツ』

近年人気で定番化した撥水や速乾性を考えられ付加価値の高いボトムス(ズボン)として重宝されています。

アウトドアシーンに使われることが多かった素材を街着にカジュアルダウンして採用されるようになりました。

化学繊維がで作られるもの多く、表面に凹凸が少なく艶のある生地ですね。

今やクールビズのビジネスカジュアルスタイルからアウトドアまで多種多様に好まれる伸縮、撥水、速乾に特化した上品な印象を与えるボトムス(ズボン)です

スポーティーな『トラックパンツ』

いわゆる『ジャージ』ですね。

主にスポーツシーンで使われることが多かった伸縮性、通気性にとんだボトムス(ズボン)です

化学繊維が多く表面に光沢がある生地感が特徴です。

近年スポーツがトレンドになったことでカジュアルシーンで多くみられるようになりました。

特にボトムの腰から裾まで伸びたサイドラインが人気です。

しかし、トレンドに左右され易いので注意は必要ですね。

細身で着る格好良い男らしいスタイルが好まれることが多いボトムス(ズボン)です

奇抜でお洒落な『サルエルパンツ』

股上が極端に深く正面から見ても後ろから見ても腰履きをしているように見える変形ボトムス(ズボン)です

股上が深く太ももが太い、裾にかけて大きく細くテーパードしている形が採用されることが多いですね。

非常に特殊な形なので着る人を選ぶので注意が必要です

まとめ:アイテム選びは自分に馴染む物を選ぶ

と、いうわけでまとめると

まとめ

  • 自然に馴染むボトムス(ズボン)はそれだけでおしゃれ。
  • ボトムス選びは『サイズ感』『裾の長さ』と『シルエット』で決まる。
  • ボトムスの種類と形を知る。
  • ボトムスの形は自分の体型と系統で決める。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • ボトムス選びの着こなしとイメージを育てる。

大事なのは自分に馴染む服を見つけること!

まずは自分の系統に当てはまることから覚えましょう。

-ボトムス