小物

【メンズファッション】ダサいを解消。お洒落には意外と重要な『靴下』の選び方

2020年6月19日

質問

靴下ってどう選べばよいですか?

お客様のよくある声です。意外と靴下は目に付く部分です。だからこそ『自分に馴染む靴下選び』はお洒落の気の使い具合が現れます。

HI10×2KI

メンズファッションにおいて靴下はとても重要です。

ファッションは足元からというように他人の目線は足元に集中します。

靴、ボトムスとその中間にある靴下まで意外と目につくものです。

だからこそ、コーディネイトを活かすも殺すも靴下が大きく関わってきます

あまりお金をかけずにお洒落ができるアクセサリーだと考えましょう。

ポイント

  • 靴下って見えるとださい?
  • 靴下ってどんな柄があった方がいいの?
  • どんな靴下を選べばよいの?

こんな『どうしよう…』は自分にあった靴下を選ぶことで解決できます。

こんな『どうしよう…』を解決できる基礎知識をアパレル歴10年以上の『ヒトトキ』が紹介します

靴下の始め方

  • 靴下はコーディネイトを左右する。
  • 靴下選びは『生地のぶ厚さ』『丈の長さ』、と『柄』で複合的に決まる。
  • 靴下の種類と柄を知る。
  • 靴下の種類は自分の系統で決める。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • 靴下選びの着こなしとイメージを育てる。

【メンズファッション】自分に馴染む靴下の選び方

靴下は毎日履くものだからこそ気にしなければならないものです。

見える面積は少ないけど意外と目につくものです

それゆえに靴下の選び方次第でコーディネイトが台無しになってしまう可能性を持っています

しかし、難しく考えることはありません。

自分に合ったものを履きこなすことが『どことなくお洒落』には重要です。

自分の系統、スタイルにあったものを選びましょう。

ポイント

  • 系統に合った生地のぶ厚さを選んでいるか。
  • 系統に合った丈の長さを選んでいるか。
  • 系統に合った柄を選んでいるか。

靴下選びは『生地のぶ厚さ』『丈の長さ』、と『柄』で複合的に決まるので①『生地のぶ厚さ』②『丈の長さ』③『柄』の順番でカジュアルからキレイ目の印象を選びましょう

ただ、デザインが気に入っただけでは自分に合う服選びはできません。

重要なのは自分に合った系統、スタイルの靴下を選べているかです。

靴下において生地のぶ厚さは意外と大きく影響します。

生地がぶ厚い程カジュアルに薄い程キレイ目に見えます

サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ
目カジュアル
生地薄目
生地ぶ厚目××
各系統と生地の相性

選ぶポイント

  • サーフラグジュアリーはカジュアルだけどリラックス感のある男らしいイメージ。
  • モード&トラッドは独特な雰囲気のある中性的でキレイなイメージ。
  • アメカジクラシックはカジュアルだけど上品な大人っぽいイメージ。
  • キレイ目カジュアルはスマートで爽やかな大人のイメージ。
質問

自分に合った選び方って…系統って何?自分はどの系統を選べばいいの?

この記事がおすすめです☟

HI10×2KI
ダサいメンズを解消。似合う服の系統って何?定まらないを解消する3つの選び方

ダサい系統?お洒落な系統? 服の系統(ジャンル)ってよく聞くけど、何がお洒落で何がダサくないの?と疑 ...

続きを見る

【メンズファッション】靴下の種類(丈の長さ)と着こなし方

靴下は基本的に丈の長さによって名称が変わります

靴下の見え方でイメージが大きく変化します。

わからなければ靴下が見えないカバーソックスを選ぶと間違いなく爽やかな着こなしです。

サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ
目カジュアル
カバーソックス
アンクレットソックス
クルーソックス×
ブーツソックス×××
各系統と種類の相性

【メンズファッション】履き口が浅くスタイリッシュな『カバーソックス』

フットカバーソックスやローファーインソックスとも呼ばれる足の甲部分から足底を覆うような形の靴下のこと。

くるぶしよりも短い為靴を履いた状態では見えないスタイリッシュなスタイル

甲の長さは個体差があり足先に近いもの程脱げやすくなる。

足との接着面が少ないので非常に脱げやすい靴下。

かかと部分に滑り止めがついていることを確認しましょう。

特に滑り止めの面積が大きい方が脱げにくいのでできるだけ面積の大きいものを選びましょう。

靴の中で靴下が脱げるのは思っている以上にストレスです。

格好良い爽やかなスタイルやキレイ目のスタイルをしたい人が選ぶ

【メンズファッション】ちょい見せくるぶし丈の『アンクレットソックス』

スニーカーソックスとも呼ばれる足の甲部分を全て覆うくるぶしまでの長さの靴下のこと。

くるぶしくらいの長さの為靴を履いた状態で少し見えるカジュアルなスタイル。

足との接着面が多いので脱げにくい靴下。

靴から少し見えるので、意外と選び方が難しい。

生地のぶ厚いものはカジュアルに、生地が薄くなるほどキレイ目なスタイルになるので気をつけて選びましょう。

【メンズファッション】見せ靴下にもってこいな一般的な長さの『クルーソックス』

船の乗組員が履いていたことが名前の由来。

ふくらはぎくらいの長さの一般的な靴下

長めのものをハイクルーソックス、短めのものをロークルーソックスとも呼ばれる。

長いボトムの下は勿論、大きくロールアップ(巻き上げる)したボトムの下から靴下をしっかり見せる履き方も好まれる。

靴下でお洒落をするスタイルに有効。

上品な大人のスタイルや奇抜でお洒落なスタイルをしたい人が選ぶ

【メンズファッション】無骨な男の上品な足元を演出する『ブーツソックス』

ブーツの中に履くことを目的とした、一般的にふくらはぎ上部までの長さの靴下

ブーツでの靴擦れを緩和するためにコットンやウールの素材のぶ厚めになっている。

ブーツソックスといえどもブーツ意外の靴にファッションとしてブーツソックスを魅せて履くスタイルもみられる。

無骨な男らしいクラシカルなスタイルをしたい人が選ぶ

【メンズファッション】靴下の柄と着こなし方

柄と種類にも相性があります。

柄が強い物を丈の短い物に合わせると子供っぽい雰囲気になります。

靴下は大人っぽくまとめることでコーディネイトが引き立ちます

カバー
ソックス
アンクレット
ソックス
クルー
ソックス
ブーツ
ソックス
無地×
ボーダー×
タータンチェック×××
アーガイル×××
ネイティブ柄××
杢(もく)×
ジャガード×
ラインソックス×××
各種類と柄の相性

柄が与えるイメージでも大きく左右されます。

シンプルで線の細い柄程上品でキレイ目になり、色使いが多く線の太い柄程カジュアルになります

サーフ
ラグジュアリー
モード&
トラッド
アメカジ
クラシック
キレイ目
カジュアル
無地
ボーダー
タータンチェック×
アーガイル×
ネイティブ柄×××
杢(もく)×
ジャガード
ラインソックス××
各系統と柄の相性

【メンズファッション】シンプルにまとめる『無地』

リブがあり表面に凹凸がある方がカジュアルに、リブがなく表面に凹凸がない方がキレイ目になる

模様のない一色で編まれた靴下。

ブラック、ネイビーが一般的で使いやすい。

クルーソックスのブラック、ホワイトはビジネス靴下と同質化しないように注意。

ホワイトは爽やかに見えて意外とダサくなるので避けるのが無難。

特に汚れに注意。サロン系トラッドのスタイルには積極的に取り入れて〇。

【メンズファッション】イメージを大きく変える『ボーダー』

しま模様に編まれた靴下。

ちょっと柄を入れてみようという意味では一番使いやすい柄。

どんなスタイルにも使いやすい。

ボーダーの幅が狭くて細い程キレイ目に広くて太い程カジュアルになる

ボーダーの色数が少ない程シンプルで馴染みやすく、多い程奇抜でアクセントになる

【メンズファッション】カジュアルで上品な『タータンチェック』

多色で格子状に編まれた柄の靴下。

クルーソックスによく用いられボトムスのロールアップ(巻き上げる)で隙間から柄を見せるのがお洒落

カジュアルからキレイ目まで上品にアクセントを足したい人が選ぶ

黒×白等2色が同サイズで織られているブロックチェックはカジュアル感で出すぎて子供っぽく見えることが多いので避けるのが無難。

【メンズファッション】クラシックで上品な『アーガイル』

数色のひし形が並んだ格子状に編まれた柄の靴下。

クルーソックスによく用いられボトムスのロールアップ(巻き上げる)で隙間から柄を見せるのがお洒落

上品な大人のお洒落を足したい人が選ぶ

【メンズファッション】奇抜でインパクトのある『ネイティブ柄』

一般的に民族柄と呼ばれる柄の靴下。

カジュアルな柄でアウトドアでよく使われる。

少し奇抜な柄なのでキレイ目には向かない。

カジュアルなスタイルの足元にアクセントをプラスオンしたい人が選ぶ

【メンズファッション】シンプルで馴染みやすい『杢(もく)』

木調と間違われることがあるので注意。

2色から複色の濃淡の糸で編みこまれた柄の靴下。

生地表面に表情がでることから格好良いスタイルから無骨で男らしいスタイルの人が選ぶ

【メンズファッション】上品に柄をアクセントにする『ジャガード』

プリントではなく直接柄を編み込んだ靴下。

生地表面に立体感が出て高級感がある。

カジュアルからキレイ目まで上品に柄物を取り入れたい人が選ぶ

【メンズファッション】スポーティでカジュアルな『ラインソックス』

靴下の履き口の付近にラインが施された靴下。

スポーツソックス等に使われることが多く、カジュアルな見え方になる。

ホワイトベースを選ぶのが基本でスニーカー、革靴、スポーツサンダル等に合わせて履かれる。

カジュアルなスタイルにスポーツをMIXしたい人が選ぶ

まとめ:アイテム選びは自分に馴染む物を選ぶ

と、いうわけでまとめると、

まとめ

  • 靴下はコーディネイトを左右する。
  • 靴下選びは『生地のぶ厚さ』『丈の長さ』、と『柄』で複合的に決まる。
  • 靴下の種類と柄を知る。
  • 靴下の種類は自分の系統で決める。
  • 自分にあったイメージを育てる。
  • 靴下選びの着こなしとイメージを育てる。

大事なのは自分に馴染む服を見つけること!

まずは自分の系統に当てはまることから覚えましょう。

靴下の見えるロールアップの記事はこちら☟

HI10×2KI
ダサいを解消。大人メンズボトムスの裾の長さを決めるロールアップの方法

質問 裾の長さってどうすればよいの? お客様の多くの声です。足の長さは人それぞれなので裾直しをおすす ...

続きを見る

-小物

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-