人気の名作レビュー

ダサいを解消。大人メンズが選ぶ『オアスロウ』ワーク&ミリタリー定番名作

2021年7月13日

オアスロウはお洒落?ダサい?イメージは?

オアスロウってよく聞くけど、お洒落なの?ダサくないの?イメージは良いのか?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはオアスロウはそんなファッションの中でも多くの人に愛される人気のブランドです

ダサいとお洒落の両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ではないでしょうか。

その上、多くの人が持っていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

つまり、オアスロウを身に着けることであなたを手軽にお洒落に見せてくれるという事ですね。

名作の魅力と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

だれでも知っているジーンズ(デニム)ブランドは?と聞かれるとどのブランドを思い浮かべるでしょうか。

『リーバイス』『エドウイン』『リー』くらいは誰しもが思い浮かべますよね。

中には『ユニクロ』『GU』という人もいるでしょう。

詳しい人なら高額の『インポート』と言われる海外ブランドや『ドメスティック』と呼ばれるような国内ブランドを思い浮かべる人もいますよね。

では、その多くのブランドはどういう印象を持たれているかが重要ですよね。

お洒落な人であれば『ユニクロ』『GU』等1万以下でも買えるような低価格帯の製品でも着こなす事が可能です

『リーバイス』『エドウイン』『リー』等は認知度が高すぎるが故に普通の人との差別化が難しく感じる人もいます

高額ブランドに至っては手が出ませんよね。

ファッション初級者から中級者くらいの服を買う量があまり多くない人にはどのブランドの何を選んでよいかわからないという人も多いです。

折角買う服ならある程度認知度が高くて流行り廃りにも影響されにくく長い期間使いたいと思うのは当然ですよね

そんな人に重宝するのが『orSlow(オアスロウ)』の定番名作です

2005年に生まれた比較的新しいブランドではあるが雑誌媒体や大手セレクトショップでの取り扱いもあるワーク、ミリタリースタイルに特化した人気のブランドです。

特に永遠の定番服をデザインするというこだわりのコンセプトは流行り廃りに左右されにくい名作定番を作り出しています

私服を着る機会が減る社会人にも優しい長く着る事が出来るこだわりの衣類ですね。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

たくさんのお客様を接客しコーディネートもさせていただく中で培った『役立つアイテム』の知識を持っています。

自分自身も勿論『服』が好きで色々な服を着て見て触って体感してきました。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • オアスロウってお洒落なの?ダサいの?
  • 大人が着る上品なミリタリー、ワークウェアが知りたい
  • 普通にお洒落が出来るブランドが欲しい
  • シンプルでお洒落に身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『オアスロウ』はあなたをお洒落に見せるブランド

上述したようにお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいる点はデメリットです。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではありません。

その中でも『オアスロウ』は間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるブランドです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『オアスロウ』を身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を着ているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう。

流行り廃りに影響されずに長く愛されるヴィンテージウェアと認知されファッション初級者から上級者まで幅広く人気がでる理由にもなっています

つまり、『オアスロウ』は少しのこだわりを持ってファッションが楽しめる人気のアイテムです

ダサいかダサくないかを判断できない人でも『定番的な名作であるからこそつけているだけで人から認められる』安心のアイテムですね。

そんな人気の名作『オアスロウ』の定番名作を紹介します。

多くの人に愛される『オアスロウ』9つの魅力

ポイント

  • 職人気質なモノづくり』⇒自社アトリエで企画され国内生産にこだわったモノづくりから生み出される製品はヴィンテージ感のある確かな逸品。
  • こだわりの日本製』⇒デニムの聖地である岡山の大手メーカーで修行した仲津氏の日本国内生産にこだわった信頼の品質。
  • 本格的なヴィンテージ感』⇒ヴィンテージマニアの仲津氏によって生み出される古き良き時代の再現と現在では製造されていない価値のあるミシンで作られる製品は今の時代にありながらも時代の流れを感じる価値を持つ。
  • 比較的安価な価格設定』⇒本来のヴィンテージにも見劣りしないヴィンテージ感を持ちながら高額ブランドやヴィンテージに比べると安価な価格設定で楽しめる人気のブランド。
  • 決して安くないからこそ選ばれる満足のいく名作定番』⇒決して安いわけではないからこそ長年愛用できる名作定番のラインナップが魅力。
  • 流行り廃りのない日常のワードローブ』⇒流行り廃りのあるファッションにおいて流行り廃りなく長年愛用できるワードローブをコンセプトに作られる製品はヴィンテージ好きだけに留まらずファッション初級者から上級者まで人気の逸品。
  • 世界中にある販売店舗』⇒比較的若いブランドにも関わらず日本国内に留まらず世界中にある取扱い店舗群は世界レベルで愛用者がいる人気の証明。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『オアスロウ』を身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキレビュー

orSlow

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

愛用

8

お洒落度

6

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『オアスロウ』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

orSlow

2005年日本で仲津一郎氏によって設立されたブランド。

デニムの聖地岡山にある大手メーカーで修行を積んだ同氏は自社のアトリエで全ての製品企画を行い日本製のこだわりぬいたモノづくりで作り上げられる。

19~20世紀に誕生した衣類の中でも特にワーク、ミリタリーに目を向けるモノづくりが特徴。

今現代もなおベーシックウェアとして支持されるファッションであるワーク、ミリタリーを永遠の定番服としてorSlowのフィルターを通してデザインされている。

古き良き時代のヴィンテージにこだわり、日本国内で作られる現代にアップデートされたクラシカルな製品は日本国内にとどまらず世界中で注目されるブランドとなっている。

ヴィンテージマニアである仲津氏によって作られるこだわりの日本製が特徴の日本国内から海外まで認知度の広まっている新進気鋭のワーク、ミリタリーブランドという事ですね。

日本においても大手セレクトショップとのコラボや別注などの話題性も高いファッションアイテムとして多くのファッショニスタの間で注目度が高いブランドです

職人気質なモノづくり

大量生産やプチプラで買い易いアイテムが多くある現代において価値の高い物とはなんなのでしょうか。

それは生産背景のこだわりですよね。

既製品のような決まった物ではなく自分が作り出す製品にこだわりを持つ職人気質は唯一無二な物を生み出します。

オアスロウの製品は仲津氏が自社アトリエで企画され同氏が持つネットワークを使い日本国内の工場で作り上げられています。

納得してお洒落な服を着たいという人に見いだされる価値の高さが人気の所以ですね

こだわりの日本製

賃金の安い国で大量生産される製品と違い日本国内で作られる良質なモノづくりはこだわりの表れですよね。

ジーンズ(デニム)の聖地と言われる岡山の大手メーカーで修行した仲津氏が作り出す製品は日本製にこだわりを持っています。

日本国内の岡山で作られる製品と言うと良質な製品である信頼の逸品ですね

比較的安価な価格設定

ヴィンテージとはいわゆる不揃いで粗く目が粗いからこそ作り出される味があります。

現代のミシンや織機等の機械はヴィンテージと言われる時代のモノよりも飛躍的に性能が上がっています。

つまり目が揃った精巧な生地、素材、製品を作り出す事が可能になっています。

現代においてヴィンテージ感のあるものを作り出すには過去に使われた現在生産されていないような古いミシンや織機等の機械を使用する必要があります。

現代の技術だからこそ作り出せない粗さが敢えて作り出す独特の風合いが人々を魅了します。

つまり価値の高くなった古き良き時代の遺物を再現するにはそれなりに高価になるという事ですね

その中でオアスロウが生み出す他のヴィンテージや高額ブランドにはない比較的安価な価格設定なのに良質で本来のヴィンテージに見劣りしない製品が人気の理由ですね

決して安くないからこそ選ばれる満足のいく名作定番

上述したように比較的安価と言ってもとてつもなく安いわけではありませんよね。

どちらかと言うと高いと思う人も多いでしょう。

価値がある価格だからこそトレンドにとらわれずに長い期間愛用できる良質なこだわりのある名作定番が選ばれる理由です

流行り廃りのない日常のワードローブ

せっかく高い買い物をしても短期間で着れなくなるのは嫌ですよね。

流行り廃りのあるファッションにおいて安価で手軽にトレンドを試し飽きたらすぐに廃棄するような風潮も大きくなっています。

オアスロウは流行り廃りに関係なく長年愛用できるワードローブをコンセプトに製品が作られています。

特にヴィンテージ感のある製品は長く愛用する事でその魅力を増す物でもありますよね。

ヴィンテージ感がありながらも現代にアップデートされた美シルエットはヴィンテージ好きだけではなくファッション初級者から上級者までに人気の流行り廃りのないお洒落な装いを作り出しています

世界中にある販売店舗

オアスロウは2005年に設立されたブランドでその歴史はあまり深いわけではありません。

にもかかわらず日本国内に留まらず世界中で取扱い店舗のある人気のブランドになりました。

日本だけではなく世界レベルで広がる愛用者は人気の証明ですよね

大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ

人は何を持って有名か有名ではないか人気があるのか無いのかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌、有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように行われる大手セレクトショップや有名ブランドとの別注企画に取扱い等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『オアスロウ』の日常を飾る名作定番10選

シンプルで馴染み易いからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

カジュアルでも大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

すっきり上品な定番テーパードジーンズ『107』

pick up

01-107』テーパードジーンズ

太ももから裾にかけて少し細くなっているシルエットのテーパードジーンズです。

足のラインに沿ってスリムに見えるのに加えて股上は程よい浅さで履き易く上品に魅せる大人が上品に合わせやすい定番モデルですね。

13.7オンスの程よい生地感とロールアップしてもポイントになるヴィンテージの象徴でもあるセルビッチがポイントですね。

フロントがZIPフライなのも使い易い逸品です。

上品に大人っぽく履きたければ一度製品洗いをされた肌に馴染み易いワンウォッシュが育てていく楽しさを味わえる自分の一本を作り出します。

男らしくヴィンテージ感を作る定番ストレートジーンズ『105』

pick up

01-105』ストレートジーンズ

太ももから裾までまっすぐに降りたシルエットの王道のストレートジーンズです。

少し緩めにも見えるストレートラインが特徴でフロントもボタンフライ仕様で股上も少し深めのヴィンテージ感あふれる一本ですね。

13.7オンスの程よい生地感とロールアップしてもポイントになるヴィンテージの象徴でもあるセルビッチがポイントですね。

どちらかと言うと野暮ったく見せる為初級者には少し難しさを感じますね。

本格的にジーンズを育てたい本格派におすすめの逸品です。

ワークスタイルの定番ペインターパンツ『512』

pick up

01-5120』ペインターパンツ

古き良きディティールを再現した定番ペインターパンツです。

ペインターパンツとはその名の通り塗装工の人々が着ていた作業着の事です。

塗装工だけにとどまらず様々なワークマンの作業着としても愛されたボトムスですね。

ハンマーや刷毛を指すことが出来るループに道具を小分けに入れる事が出来る太ももの小さいポケットが特徴的です。

少し薄い9オンス生地が履き易い逸品です。

過去から現代に至る時代の流れととともに若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なワイドパンツですね。

ワイドシルエットによる裾のたわみがダサい見え方にもなるのでロールアップで足首を出す事でお洒落な履き方が出来ます。

お洒落に着こなす定番オーバーオール『9000』

pick up

03-9000』オーバーオール

1850年代ゴールドラッシュと言われる金鉱発掘に一攫千金を目指した人々の作業着として注目されたデニムが形を変えたものがオーバーオールです。

中に着ている服が汚れない為にデニムに胸当てとサスペンダーをつけたものが開発されました。

ペインターパンツと同様にハンマーや刷毛を指すことが出来るループに道具を小分けに入れる事が出来る膝の小さいポケットが特徴的です。

子供っぽく見られがちなオーバーオールですがオアスロウは角ばったポケットが特徴的な大人でも上品に決まるデザインが魅力ですね。

少し薄い9オンス生地が履き易い逸品です。

大人のミリタリースタイルを作る定番ファティーグパンツ『5032』

pick up

01-5032』ファティーグパンツ

ファティーグパンツとは軍の作業着として使われていた蓋つきのバックポケットとフロントポケットのデザインが特徴的なミリタリーパンツです。

ポケットが大きく子供っぽく見えがちなカーゴパンツと違いシンプルで程よいフロントポケットのデザインが大人の上品なミリタリースタイルを作り上げます。

少し細目に作られたスリムフィットがすっきりとした合わせやすいシルエットになっています。

目の粗いリバースサテン生地でこだわりのヴィンテージ感が楽しめる逸品ですね。

01-5002』ファティーグパンツ

ストレートのスタンダードタイプとして同素材の『5002』が定番名作としてあります。

より本格的なヴィンテージ感を楽しみたい人は此方がおすすめです。

男らしく上品な定番ボタンダウンデニムシャツ『8012』

pick up

01-8012』ボタンダウンシャツ

襟をボタンで留める事が出来るタイプのボタンダウンのデニム生地のシャツです。

カジュアルな印象が色濃く出るデニム素材をボタンダウンにする事でトラッドで上品大人の印象を作り出します。

少し薄めの6オンスの生地でインナーとしても羽織としても年中使えるオールマイティの一着ですね。

シャツにまでこだわったムラ感のある糸が使い込むうちに唯一無二のヴィンテージ感を作り出します。

大人のミリタリースタイルを作る定番USアーミーシャツ『8045』

pick up

03-8045

ちょっとしたアウターとしても手軽に着るシャツとしても使える胸のポケットが特徴的なミリタリーシャツです。

男らしいミリタリースタイルの定番とも言える使い勝手の良い定番の逸品ですね。

ファティーグパンツと同生地で目の粗いリバースサテン生地でこだわりのヴィンテージ感が楽しめる一着ですね。

使い勝手の良い定番デニムジャケット『6005』

pick up

01-6005』デニムジャケット

胸のポケットとポケットから裾にかけてV字のデザインが特徴的な定番のジージャンです。

春、秋の羽織が必要な時期に必須の薄手の合わせやすいデニムアウターですね。

冬にはシャツ代わりにアウターの中に入れて着こなすことでお洒落な着こなしを楽しむことも出来ます。

過去から現代に至る時代の流れと共に若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なジージャンですね。

大人のワークスタイルを作る定番カバーオール『6140』

pick up

03-6140』カバーオール

カバーオールとは作業着として使われた胸と裾につけられた大きなポケットが特徴的なワークウェアを指します。

丈は少し長めでフロントはボタンでしめる開襟のジャケットですね。

丸みを帯びたポケットに肩から脇の所に記事の合わせ目が有る肩幅に左右されないラグランスリーブが本格的な作りになっています。

ワークでトラッドな上品な大人のスタイルには無くてはならない春、秋のアウターですね。

リラックス感のある大人の定番ヘビーウェイトポケットT『0017』

pick up

03-0017』ポケットT

丈夫な生地感のポケットTシャツです。

リラックス感のあるサイズ感と胸につけられた大き目のポケットが特徴的です。

首の後ろに入れられた特徴的な日本列島の刺繍がポイントですね。

身体のラインが気になる大人に優しいラインの出にくい肉厚な生地感が魅力の逸品です。

まとめ:流行り廃りに左右されない大人のワードローブ

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 職人気質なモノづくり』⇒自社アトリエで企画され国内生産にこだわったモノづくりから生み出される製品はヴィンテージ感のある確かな逸品。
  • こだわりの日本製』⇒デニムの聖地である岡山の大手メーカーで修行した仲津氏の日本国内生産にこだわった信頼の品質。
  • 本格的なヴィンテージ感』⇒ヴィンテージマニアの仲津氏によって生み出される古き良き時代の再現と現在では製造されていない価値のあるミシンで作られる製品は今の時代にありながらも時代の流れを感じる価値を持つ。
  • 比較的安価な価格設定』⇒本来のヴィンテージにも見劣りしないヴィンテージ感を持ちながら高額ブランドやヴィンテージに比べると安価な価格設定で楽しめる人気のブランド。
  • 決して安くないからこそ選ばれる満足のいく名作定番』⇒決して安いわけではないからこそ長年愛用できる名作定番のラインナップが魅力。
  • 流行り廃りのない日常のワードローブ』⇒流行り廃りのあるファッションにおいて流行り廃りなく長年愛用できるワードローブをコンセプトに作られる製品はヴィンテージ好きだけに留まらずファッション初級者から上級者まで人気の逸品。
  • 世界中にある販売店舗』⇒比較的若いブランドにも関わらず日本国内に留まらず世界中にある取扱い店舗群は世界レベルで愛用者がいる人気の証明。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキレビュー

orSlow

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

愛用

8

お洒落度

6

認知度

7

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品レビューに戻る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

定番の人気アイテムなのでセールにかかることもほぼない大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『オアスロウ』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

【メンズファッション】ダサいを解消。大人が選ぶ人気のブランド『役立つ名作』

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

定番名作と安価な服を併用する

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね。

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

服がダサい面倒臭いを解消。メンズファッションレンタルサブスク評判のおすすめ3選

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-