ファッションの始め方

彼氏(夫)がダサいを解決。『メンズファッション』身近な人の変化のさせ方

2020年9月30日

質問

彼氏(夫)の服装がダサいのですが…

お客様のよくある声です。自分ではわからない人をお洒落にするには信頼できるアドバイザーが必要です。あなたがアドバイザーになることが近道です。

HI10×2KI

こんにちはヒトトキです。

彼氏(夫)がダサいと言わないまでもファッションがよくわからないからコーディネイトをお任せしたいという人は意外に多いです。

男性一人のお客様でも同様です。

やはり『ファッション』が難しくてよくわからないというお客様は多いのでしょう。

女性からすれば異性の服装に関して『お洒落』や『ダサい』という『評価』は感覚でわかります。

しかし、実際『ダサい』を改善するにはどうすればわからないものです。

ポイント

  • 今着ている服がなぜダサいのか
  • 何を変えればお洒落になるのか

自分のことではないので余計にどこで調べれば良いかわからない、何を変えれば良いかわからないという現象が起きます。

一般的に女性の方がファッション感度は高いです。

アパレルの市場はレディース:メンズ=7:3でメンズが盛り上がってこようともまだまだレディースが中心の業界です。

男性は左脳派、女性は右脳派というように女性のファッションは感覚的にとらえていることが多いです。

それ故、自分が着ることのないメンズの服に関しては感覚的に感じることが出来ても理論的に伝えることが難しいことです。

しかし、前述したように女性は元々感度が高い傾向にあるのでメンズの服に関しての知識と合わせることで理解が速くなります

彼氏のファッションの始め方

  • 人は自分に得すること、損すことを理解することで行動する
  • 人を変えることはできない、変えられるのは自分自身
  • 自分自身が身近な男性のアドバイザーになる
  • 自分自身が動くことで身近な男性の信頼を得る
  • 共感と信頼が解決の糸口

彼氏(夫)の『ダサい』を解決する方法は調べればすぐに見つかります。

その多くは『男性に代わってもらう方法』を書いています。

しかし、人の行動を変えることは難しいのも事実です。

何回言っても変わらないということは多いのではないでしょうか?

その上『ダサい』という言葉は人を傷つける可能性もあるナイーブな問題でもあります。

つまり、彼氏(夫)の『ダサい』を解決するにはまずは変わって欲しいと願う『あなた』が動く必要があります

『あなた』がパートナーに歩み寄ることでお互いにとって良い方向に進んでいきます。

そんな『あなた』の為の道しるべをアパレル歴10年以上、数多くのカップル(夫婦)で来店されたお客様の接客もこなした『ヒトトキ』が今だから言える『本質』解説します

ポイント

本記事は

  • 彼氏(夫)がダサいを解決したい

と、いう方々に向けて少しでもお役に立ちたいという思いで執筆します。

※当サイトはメンズファッションの情報サイトですが、全てのページにおいて『身近な男性をお洒落にしたい女性にも届けたいコンテンツ』になっております。

『ダサい』とは感覚的なものではなく論理的に理解することで解決できるものなのです

【メンズファッション】自分自身を客観的に見る

人は自分に利益があるか損をすることを自覚しなければ動きません。

HI10×2KI

ビジネス書にもよく書いてあることですが

『他人を変えることはできません。すぐに変えることが出来るのは自分だけ』です

と、いうことはまずは自分自身が彼氏(夫)のファッションアドバイザーになるのが一番の近道です。

ポイント

ファッションアドバイザーがお客様に信頼される条件は

利己的欲求で押し付けないこと

お客様のことを考えて提案すること

利己的欲求を押し付けてお客様に提案することは意外とお客様に伝わってしまいます。

このことが『ショップ店員に売りつけられる』と言われる所以でしょう。

世の中のショップ店員全てが利益目的ではなく、お客様の事を考えて接客している人はたくさんいます。

では、『あなた』が『彼氏(夫)』のダサいを解決したい理由を明確にしましょう。

正直にはっきりと言うと『ダサい人の横を歩くのが嫌』『ダサい人が彼氏なのは恥ずかしい』という気持ちが大きいでしょう

自分自身アパレル業界にいると自分のパートナーも服が好きでないと価値観が合わないということは勿論あります。

男性よりは女性の方がファッション感度が高いので女性の悩みよりは大したことはないですが判断基準の一つにはなってしまいます。

ポイント

  • 『彼氏(夫)のダサい』を解決したいということは自分の為の行動

このことを認識した上で『ダサいのに変わってくれない』『どうやったら変わってくれるの』と思うことは実は利己的な願望であることを理解することが重要です。

勿論、彼氏(夫)のダサいが解決すれば結果的に彼氏(夫)の為になるのですが、初期の段階で強要してしまうとプライドの高い男性の自尊心は傷つけられ解決には至らないでしょう。

自分にとって『彼氏(夫)がダサい』という損を回避して『彼氏(夫)がお洒落とは言えないまでもダサくない』という得を手に入れる為には『あなた』が『彼氏(夫)』のアドバイザーになるしかありません

【メンズファッション】彼氏(夫)が行動に移す動機付け行う

人はその分野において自分が信頼、信用する人の言うことでしか納得しません。

HI10×2KI

人は特に強要されることに関しては拒否反応を起こすものです。

実際、無理矢理連れてこられたのかカップル(夫婦)で来られたお客様で男性が不機嫌な状態でご来店されるケースはよくあります。

接客している内に機嫌は直り最後は『ありがとう、また来るわ』とおっしゃっていただけるのですが、その過程にはこちらの接客に対する信頼を獲得できた結果であると思います。

ポイント

  • 最初は機嫌が悪くこちらのことを信用していない
  • ヒアリングと提案の過程でこちらに興味を抱き始める(①注目②興味)
  • 試着とコミュニケーションを経て欲しいと思い比較検討する(③連想④欲望⑤比較)
  • 接客に納得いただけて信頼関係が結ばれる(⑥信頼)
  • ご購入いただき感謝される(⑦行動⑧満足)

この過程で重要なことは『相手の事を知り相手に合わせた服を提案するという利他の精神』と『相手に納得していただける提案知識』の2点。

販売業ではよく言われる購買心理の8段階に相当する考え方ではあるが人が何かを決める為には段階が必要です

心理段階①注目②興味『ファッションが人に与える効果を理解する』

『ファッションに興味がない』と言う人の大半は自分に『ファッションセンスがない』と思い、諦めている人が多いのではないでしょうか。

見た目が悪いよりも良い方が良いのは誰しもがわかっていることです。

ポイント

  • 人は外見で判断する生き物
  • すぐに変えれる外見は服装である
  • 外見を磨くことで起こるメリットは円滑な人間関係と自己管理能力、自己肯定感を得られること
  • お洒落を論理的に理解することでダサいは回避できる
  • 外見を磨くことは人生を豊かにする
  • ファッションとは再現性の高い自分磨き

ファッションのメリットに関してはこちらの記事を参照☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『メンズファッション』お洒落に決めるメリットとデメリット

お洒落にこだわるのはメリット?デメリット? 『ファッションセンスがないのですが、人間は中身が大事なの ...

続きを見る

このことを理解した上でパートナーと共にファッションに向き合うことが始まります。

『ファッションに興味がない』わけではないけど『服装がダサい』という場合も同様で『現状のファッションはダサい』という認識を持って貰うために次の項目の『ダサい格好とダサくない格好』を明確に示してあげることが必要です。

心理段階③連想④欲望⑤比較『自分に馴染む服を連想させることで比較検討する』

感覚的に『ダサい』と感じるのには明確な理由があります。

HI10×2KI

ポイント

  • 身体と服のサイズ感が合っていない
  • 年齢にあっていない(子供っぽい)
  • 季節感がない
  • 派手すぎる

これらの項目に当てはまっていると感覚的に『この人なんかダサいな…』と悪い印象を与えてしまいます

それらの全てに共通していることは適材適所に応じて自分に馴染む服選びをすることが出来ないということです。

ポイント

  • 服がシワシワ
  • 服がボロボロ
  • 服が汚れている

これらの項目に当てはまっていると清潔感がなく自己管理能力のない人だと直感的に判断してしまいます

それはわかっているけど、どうすれば良いかわからないという方も多いでしょう。

では『ダサい』『清潔感がない』『自己管理能力がない』と感じさせずに好印象を与えるにはどうすれば良いか。

それは簡単なことです。

上記項目の逆をすれば最低限のことは解消できます。

ポイント

  • 身体と服のサイズ感を合わせる⇒自分の身体の短所、長所を理解して服を選ぶ
  • 年齢に合わせてシンプルにまとめる⇒大きいロゴやごちゃついたデザイン等を避ける
  • 季節感を考える⇒色使いや生地感を季節に合わせて変える
  • おとなしい着こなしをイメージする⇒多色使いや柄の乱用は避ける

単純に自分のことを知り自分に馴染む格好をするだけで『ダサい』とは言われなくなります。

『ファッションがわからない人』が陥りがちなのがシンプルな服は面白味がなく何が良いかわからない、何かアクセントがあることで面白味がある。と思いがちなことです。

失敗する要因は服単体のデザインで選ぶと全ての服がアクセントになり喧嘩をすることです。

人は『バランスの取れたシンプルにまとまっている状態』に好感を持つものです。

ポイント

  • 服の品質が保たれている⇒保管の仕方を整える
  • 服の買い替える判断ができる⇒古くなった服は買い替える
  • 服の手入れがされている⇒清潔に保つ

単純に清潔感があることで好感を持たれます。

この事を客観的に理解することで『自分はダサい』というイメージが湧き『お洒落になりたい』と思うことが出来れば次のステップに進むことが出来ます。

では、肝心のその方法はと思われる方も多いでしょう。

ポイント

  • 洋服をプレゼントする
  • 雑誌を二人で見る
  • 見かけた人のファッションで会話する
  • 一緒に買い物に出かける

直接本人にいうのではなく客観的にこのようなシチュエーションで日常会話として組み込むことで意識をかえていきましょう

こうすることでパートナーは客観的に『自分の格好』と『他人の格好』を比較することで現状の自分が見えるようになってくるでしょう。

この日常に服と触れ合う環境を作ることで『パートナーにして欲しい格好』『パートナーが似合う服』を提案することによって興味のある服が出来てきます。

人は環境によって変化する生き物なのでメンズファッションに詳しい『あなた』が傍にいる環境を作ることで順応していくことでしょう

メンズファッションの上達方法に関してはこちらの記事で☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『垢抜けない・服がわからない』メンズのファッションの基本

メンズファッションわからない?垢抜けない? ファッションとは大小様々ですが誰しもがなんらかの悩みを持 ...

続きを見る

心理段階⑥信頼『あなたが自分よりもお洒落であるという認識が信頼に変わる』

この5段階まで進めることが出来ればあなたの提案は通る可能性は高くなっています。

ポイント

  • 男性は基本的に左脳派の人が多い⇒論理的思考で考えることで順序立てて理解させることで納得する傾向にある。
  • 自分より詳しい相手を信頼する⇒『ファッションに関する考え方』と共に『メンズファッションに関しての知識』を刷り込む。

面倒くさいことに感じるかもしれませんが人の心を動かす為にはそれ相応の努力と行動が必要になります。

最悪『ファッションに関する考え方』をパートナーと共有さえできれば一緒に買い物に行きプロであるショップスタッフに頼むことやパーソナルスタイリスト等のサービスを利用する方法もあります。

心理段階⑦行動⑧満足『あなたが学び行動することでパートナーも行動し満足に変わる』

ここまでの段階に進めることが出来れば『彼氏(夫)がダサい』という問題は解決されるでしょう。

ポイント

店員が必要な理由は『ファッションの手助けをすること』

  • サイズを伝える
  • コーディネイトを伝える
  • 服の良さを伝える
  • テクニックを伝える

お客様とコミュニケーションを取り相談にのり解決することで信頼お客様満足が対価として得ることが出来ます

その背景は勿論生活の為、お金の為という理由が含まれますが、接客業を真剣に考えるプロであれば有る程お客様満足をやりがいに感じていきます。

コーディネートに関してはこちらの記事を参照☟

HI10×2KI
ダサい服装を改善。『選び方がわからない』メンズの為のコーディネート手順

服を選べない、わからない。おじさんでもお洒落になれる? 自分の服の選び方は合っているのか?選び方がわ ...

続きを見る

パートナーからお金を得ることはできないですが、大事な自分のパートナーをよくしたいという熱意を是非行動に移してみて下さい。

そうすればきっと熱意はパートナーに伝わりお互いに満足のいく日常が訪れると信じています。

パートナーと一緒に学んでいく環境を作ることも一つの方法ですね。

まとめ:パートナーと共感と信頼を作ることが大切

と、いうことでまとめると

まとめ

  • 人は自分に得すること、損すことを理解することで行動する
  • 人を変えることはできない、変えられるのは自分自身
  • 自分自身が身近な男性のアドバイザーになる
  • 自分自身が動くことで身近な男性の信頼を得る
  • 共感と信頼が解決の糸口

最後まで読んでいただきありがとうございます。

自分自身が行動することで自分を含む周りの人も豊かにすることにつながると信じています。

是非この機会に一度考えていただければ幸いです。

-ファッションの始め方

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-