系統別着こなし方

【メンズファッション】サーフをラグジュアリーに着こなす大人コーデの選び方

2020年7月8日

コーディネート難しい?わからない?

自分の格好に自信がないと思って調べている人が多いのではないでしょうか。

ファッションにおいて基準は意外と曖昧なものです。

ある人が言うサーフと違う人が言うサーフは全く同じイメージなのでしょうか。

近しいイメージを浮かべる人がいる一方で全く違うイメージを浮かべる人もいますよね。

系統とは思っている以上に幅広く、アイテムの組み合わせや選び方1つでも大きく変化します

世の中の大多数がファッションに精通しているわけではなく、むしろファッションに精通している人は少数派で大多数はよくわからない一般の人というのが事実です。

その中で正しい情報を取捨選択しなければ間違ったコーディネートを選んでしまいますよね

それ故に、ファッションに対して難しい、わからないとあきらめてしまう人がいます。

しかし、正しい知識を身に着けてイメージを明確にする事でサーフをラグジュアリーに着こなす上品な大人の服の選び方が可能になります

あなたにとって有益な着こなし方かどうか是非続きの文章をご覧になって下さい。

こんにちは『ヒトトキ』です。

男らしく格好良く見られたい。
ファッションには系統があるというけど一体どんな服を合わせれば良いかわからないという人は多いのでないでしょうか。


そんな人にはサーフをラグジュアリーに着こなすスタイルがおすすめです。

サーフとは近年アーバンサーフと言われるようなアパレル風にいうとアメリカ西海岸スタイルでリラックス系インテリでリゾート感のあるファッションです

リゾートでも街着でもどちらでも使えるカッコよい大人の魅力を最大限に発揮します

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

たくさんのお客様を接客しコーディネートもさせていただく中で培った知識を持っています。

自分自身も勿論『服』が好きで色々な服を着て見て触って体感してきました。

そんな『ヒトトキ』が『サーフをラグジュアリーに着こなすコーディネートの選び方』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • 自分は男らしくて活力的な人をイメージさせる服装がしたい。
  • 自分の体系はがっちり型です。
  • 自分の顔はどちらかと言えば彫りがふかく濃い方です。

でも、サーフといっても海に行くこともないし丘サーファーみたいで格好悪いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

自分に合うのかどうか不安という人もいるでしょう。

合わせて読みたいサーフをラグジュアリーに着こなす系統はださいのか?お洒落なのか?はこちらの記事をご覧ください☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『サーフ』をラグジュアリーに着こなす大人のメンズコーデ

系統サーフはお洒落?ダサい? サーフって系統よく聞くけどお洒落なの?ダサくないの?と疑問を持って調べ ...

続きを見る

まずはサーフ=ダサいと思われるイメージを払拭させていきましょう。

コーディネートイメージはリラックス&清潔感のある格好良い男

ダサいと思われるサーフに代表するイメージはキラキラ、ごちゃごちゃしたロゴや折り返すとチェック柄が出てくるような中途半端な丈のボトムスや袖のトップスを使った着こなしです。

要するにダサいと言われる原因はデザイン性がありすぎて子供っぽいイメージの強いアイテムの着こなしですね。

カジュアルでデザイン性が高いアイテムに寄りすぎる日本人は大人っぽく上品なコーディネートを意識する必要があります。

よく見る海外モデルや芸能人にはカジュアル×カジュアルでお洒落な人も多くいますがそれは極一部の限られた人です。

海外モデルや芸能人は元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちにはキレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しずらくお洒落という印象を与えることができます。

まずは服を選ぶ基準となるイメージを膨らませる事が大事ですね。

でも、キレイ目と言ってもサーフはリゾートにいるようなカジュアルスタイルなのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

目指すべきはシンプルなデザインに細目のボトムスを選び、少しリラックス感のあるトップスと爽やかさをイメージさせる素材を選ぶ海外セレブのようなラグジュアリーなスタイルです。

ポイント

雑誌でいうとOCEANS(オーシャンズ)やSafari(サファリ)のようなイメージですね。

雑誌に載っているような高級ブランドで固めなければいけないわけではありません。

物に溢れる今の時代には比較的安価なアイテムでも似たようなファッションは再現可能ですよね。

イメージ

  • 清潔感。
  • 心に余裕がある雰囲気。
  • 気取りすぎず程よいリラックス感

ポイント

  • トップスのボリュームとボトムのタイトなYラインシルエット
  • 丈短めのリラックスフィット
  • ザクっと粗目の生地感
  • スマートに
  • スタイリッシュに
  • ワイルドに

合わせて読みたいYラインシルエットに関してはこちらの記事☟

HI10×2KI
ダサいを解消。『I・A・Yラインシルエット』大人のメンズサイズの選び方

質問 この服ってピタリときるの?この服のサイズ合ってますか? お客様のよくある声です。服を買う際アイ ...

続きを見る

【メンズファッション】サーフをラグジュアリーに着こなす春夏アイテムと着こなし方

春→夏ボトムス(ズボン)

ピタッと窮屈にならないように少しリラックス感のあるトップスをスタイリッシュに引き締める細身のボトムスが鉄則ですね。

くるぶしは見せて涼しげなスタイルをつくると清潔感のある上品なイメージが出来上がります。

ポイント

  • 細身デニムを選択⇒春夏らしい淡色デニムはサーフをラグジュアリーに着こなす鉄板のスタイル。ダメージありもワイルドな着こなし。汚れや色みの濃淡が少ない清潔感のあるアイテムを選ぶ。
  • 細身カラーパンツを選択。ベージュ、ブラックは鉄板のスタイル。春夏はホワイトボトムスもサーフをラグジュアリーに着こなす得意の着こなし。
  • スウェットを選択。家着に見えないピタピタの細身でリラックス感のある着こなし。

春→夏アウター(上着)

丈短めのリラックスフィットが基本ですね。

前は開けて男らしい着こなしをつくることで格好良いスタイルを意識します。

シンプルに見せる事で男らしい清潔感を与えるのでアウター+Tシャツ等過度の重ね着は避けましょう。

ポイント

  • 王道G-ジャンを選択⇒色のトーンを抑えた淡色が着こなしのポイント。
  • レザージャケットを選択⇒ブラックレザーがワイルドな鉄板のスタイル。ブラウン系は知的な着こなし。
  • MA-Ⅰを選択⇒ミリタリーの飛行部隊フライトジャケットの一種。襟がリブになったノーカラーのジャケット。春用の薄い生地を選ぶ。
  • ミリタリージャケットを選択⇒M‐65と言われる胸と裾に存在感のあるポケットがあしらわれたジャケットやモッズコートと呼ばれる丈長のジャケットも男らしい着こなし。

春→夏スウェット

無地かサーフのデザインを意識したスポーティで小さ目ロゴ物が好まれます

丈の短めのアウターと相性の良い丈の短めで細身が鉄板スタイルですね。

アウター無し一枚着で着る時は少しリラックス感のあるシルエットがリゾート感のある着こなしです。

春らしく生地の薄い起毛していないものを選びましょう。

ポイント

  • クルースウェットを選択⇒丸首のシンプルなスウェットはカジュアルの基本。
  • プルパーカーを選択⇒ZIP無しのかぶりのフード付きスウェット。フードが重ね着の襟もとアクセントに最適。
  • ZIPパーカーを選択⇒ZIP付きの羽織のフード付きスウェット。プルパーカーよりもスタイリッシュな着こなし。前は開けて格好良く着こなす。

パイルと呼ばれるタオル生地やワッフルと呼ばれる凹凸のある編み目の物を選ぶと、よりリゾート感のあるサーフスタイルが完成します。

春→夏カーデ

目の少し粗いコットンやリネンの素材がリラックス感のある余裕のあるスタイルを作り出します

西海岸らしいネイティブ等の柄をあしらったザックリした素材も男らしいスタイルです。

前はあけてラフに着こなすのが格好良い男のスタイルですね。

ポイント

  • パイルカーデを選択⇒タオル生地がリゾート感のあるサーフスタイルに良く合う。
  • ローゲージニットカーデを選択⇒編み目の粗いリネンのザックリカーデが人気。
  • ショールカラーカーデを選択⇒ヘチマ襟とも呼ばれる肩掛けをしているような丸いデザインの襟のカーデも鉄板スタイル。

春→夏シャツ

春から夏は重ね着としては考えずにTシャツの上に一枚羽織るイメージで選びます

前は開けて袖をまくり男らしく爽やかで上品な印象を演出します。

ポイント

  • デニムシャツを選択⇒ワイルドな男の鉄板デニムシャツ。アウターとボトムスのデニム合わせには注意。デニムオンデニムは上級者。色を外す着こなしが合わせやすい。
  • ミリタリーシャツを選択⇒カーキやネイビーのミリタリージャケットのデザインをシャツに採用したもの。ワイルドな着こなし。
  • リネンシャツを選択⇒少しざらつきのあるリネン混の素材がリゾート感を演出。淡い明るめの色目も春夏ならではのこなれ感。

春→夏ニット

目が粗くざらつきのある素材がリゾート感を演出してくれます

秋冬用のニットとは違う薄く透け感のあるものが上品に大人の魅力を引き出します。

ポイント

  • コットン×リネンニットを選択⇒色のトーンはくすんだ褪せ感のあるペールトーンが上品な着こなし。
  • ローゲージニットを選択⇒編み目の粗いリネンが人気。ハイゲージはキレイ目になるので避ける。

春→夏Tシャツ、カット

春夏は少し緩めのリラックスフィットが余裕のある大人の男を演出してくれます

窮屈で締め付けるような首のつまりは避けて程よいゆるさがポイントです。

ポイント

  • ワンポイントTを選択⇒シンプルながらに小さいワンポイントが鉄板。ポケTも〇。
  • ロゴTを選択⇒シンプルなものを選ぶ。大き目のごちゃごちゃしたものは子供っぽいので避ける。
  • 無地カットを選択⇒薄手の素材物は春夏の羽織物のインナーとして相性が良い。
  • ヘンリーネックを選択⇒首元にボタンのついたラフに着こなすカット。首元のボタンは上まで閉めずワイルドに決める。
  • 褪せTを選択⇒褪せ感のあるTシャツはワイルドな男を演出する。

春→夏シューズ

清潔感があり爽やかにシンプルにが鉄則です。

ぼてっとしていないスマートなものが大人の魅力を引き出します。

靴下はシューズから見えないものを選ぶ事で上品で爽やかなイメージを作り上げます。

ポイント

  • 白スニーカーを選択⇒清潔感のある爽やかなスニーカーが人気。汚れには注意が必要。
  • キャンバススニーカーを選択⇒キャンバスの表情のある素材感をピック。スリッポンような紐なしシューズもおすすめ。
  • レザースニーカーを選択⇒レザーのスニーカーは上品な男度アップ。
  • 鼻緒サンダルを選択⇒レザーサンダルが鉄板。ビーチサンダルは適材適所。
  • シャワーサンダルを選択⇒お洒落だが人は選ぶので注意。

春→夏小物

小物使いは+αです。

格好良く、スマートにシンプルで自分に合うものを選びましょう

帽子のスタイルは浅めにかぶりでこをだすことで男らしい着こなしになります。

ポイント

  • キャップを選択⇒ワッペンがごちゃごちゃついているよなものは避ける。少しのロゴ、ワンポイントくらいのシンプルさ馴染み易い。
  • ニットワッチを選択⇒コットンかリネンの素材のワッチを浅めにかぶる。
  • サングラスを選択⇒春夏はワイルドな男のたしなみ。
  • アンクレットを選択⇒春夏は露出させた足元にワンポイント。さりげないアンクレットが格好良い。

【メンズファッション】サーフをラグジュアリーに着こなす秋冬アイテムと着こなし方

秋→冬ボトムス(ズボン)

自然とボリュームの出るトップスをスタイリッシュに引き締める細身のボトムスが鉄則ですね。

秋でもくるぶしの露出は格好良く爽やかに決まります。

ポイント

  • 細身デニムを選択⇒秋冬でも淡色デニムはサーフをラグジュアリーに着こなすスタイルの特権。ダメージありもワイルドな着こなし。汚れや色みの濃淡が少ない清潔感のあるアイテムを選ぶ。
  • 細身カラーパンツを選択⇒ベージュ、ブラックは鉄板のスタイル。秋冬のホワイトボトムもサーフをラグジュアリーに着こなすスタイルの得意の着こなし。
  • 細身コーデュロイパンツを選択⇒縦畝が特徴の起毛ボトムスが男らしく上品な印象を与える。
  • スウェットを選択⇒家着に見えないピタピタの細身でリラックス感のある着こなし。

秋→冬アウター(上着)

丈短めのリラックスフィットが鉄則です。

前は開けて男らしい着こなしをつくることで格好良いスタイルを意識します。

防寒性の低い秋アウターでもパーカー、ネルシャツ、ニットの重ね着で冬まで対応するスタイルです。

ポイント

  • 王道G-ジャンを選択⇒色のトーンを抑えた濃色が着こなしのポイント。敢えてする淡色は余裕のある男のスタイル。
  • レザージャケットを選択⇒ブラックレザーがワイルドな鉄板のスタイル。ブラウン系は知的な着こなし。
  • MA-Ⅰを選択⇒ミリタリーの飛行部隊フライトジャケットの一種。襟がリブになったノーカラーのジャケットが男らしい着こなし。
  • ミリタリージャケットを選択⇒M‐65と言われる胸と裾に存在感のあるポケットがあしらわれたジャケットやモッズコートと呼ばれる丈長のジャケットも男らしい着こなし。
  • ランチコートを選択⇒アメリカ西部のカウボーイが着ていた作業服を起源に持つ。襟から裏地にかけてボアをあしらったコート。表地がデニムやコーデュロイになっているものが人気。
  • ダウンベストを選択⇒ボリュームの出るダウンベストは丈の長さに注意。短めでスタイリッシュな物を選ぶ。
  • ダウンジャケットを選択⇒ボリュームの出にくい横畝が細かめのスタイリッシュな物がスマートな大人の着こなし。

秋→冬スウェット

無地かサーフのデザインを意識したスポーティで小さ目ロゴ物が好まれます

丈の短めのアウターと相性の良い丈の短めで細身が鉄板スタイルですね。

アウター無し一枚着で着る時は少しリラックス感のあるシルエットがリゾート感のある着こなしです。

秋は『裏毛』と呼ばれる薄手の物寒くなるにつれて『裏起毛』と呼ばれる暖かい物に変化していきます。

ポイント

  • クルースウェットを選択⇒丸首のシンプルなスウェットはカジュアルの基本。
  • プルパーカーを選択⇒ZIP無しのかぶりのフード付きスウェット。フードが重ね着の襟もとアクセントに最適。
  • ZIPパーカーを選択⇒ZIP付きの羽織のフード付きスウェット。プルパーカーよりもスタイリッシュな着こなし。前は開けて格好良く着こなす。

パイルと呼ばれるタオル生地やワッフルと呼ばれる凹凸のある編み目の物を選ぶと、よりリゾート感のあるサーフスタイルが完成します。

秋→冬カーデ

インナーの要素ではなく冬まで着こなせそうな厚手の物がアウター変わりに着るものとして好まれます

西海岸らしいネイティブ等の柄をあしらったザックリした素材が男らしいスタイルですね。

丈の短さを得意とするスタイルだがカーデは例外です。

太ももくらいの少し長物が上品な大人の魅力を演出します。

ポイント

  • もこもこカーデを選択⇒化学繊維で編まれた表面がもこもこした暖かカーデ。プルオーバー(かぶり)のタイプも人気。
  • ローゲージニットカーデを選択⇒編み目の粗い太い毛糸のザックリカーデが人気。
  • ショールカラーカーデを選択⇒ヘチマ襟とも呼ばれる肩掛けをしているような丸いデザインの襟。薄めの秋からぶ厚めの冬に変化。

秋→冬シャツ

秋のメインの羽織から冬のレイヤードスタイルまで着こなしのポイントになります。

生地の薄い秋物から起毛した冬物へ変化していくので秋、冬のイメージに注意が必要ですね。

ポイント

  • 王道ネルシャツを選択⇒サーフと言えばネルシャツ。正式名称『フランネル』と呼ばれる起毛素材で織られたシャツ。チェックが一般的だか間違えていけないのはウエスタン系(スナップボタン)のスタイリッシュな物を選ぶ。ワーク系の大きいポケットのものやブロックチェックなどのかわいい柄は避ける。ボトムスのシルエットは細身が鉄則。間違えるとオタクっぽくなる。
  • デニムシャツを選択⇒ワイルドな男の鉄板デニムシャツ。アウターとボトムのデニム合わせには注意。デニムオンデニムは上級者。
  • ミリタリーシャツを選択⇒カーキやネイビーのミリタリージャケットのデザインをシャツに採用したもの。ワイルドな着こなし。

秋→冬ニット

目が粗く編み目が目立つ上品なデザイン性が大人の男性の余裕を引き出してくれます

ポイント

  • コットン×リネンニットを選択⇒秋の暑い時期には目の粗い夏素材のニットが馴染む。色のトーンはくすんだ褪せ感のあるフェイドカラーが男らしい。
  • ローゲージニットを選択⇒編み目の粗い太めの毛糸が人気。ハイゲージはキレイ目になるので避ける。アクリルとウールの素材に注意。ウールの混率が多い方がより暖かい。

秋→冬Tシャツ、カット

夏のリラックス感とは違い、上に着る服に邪魔にならないスタイリッシュな物を選ぶと着こなし易いです。

インナーとしては薄手の生地がキーポイントですね。

厚手の生地は一枚着として重宝します。

窮屈で締め付けるような首のつまりは避けて程よいゆるさがポイントです。

ポイント

  • ワンポイントTを選択⇒シンプルながらにワンポイントが鉄板。ポケTも〇。
  • ロゴTを選択⇒シンプルなものを選ぶ。大き目のごちゃごちゃしたものは子供っぽいので避ける。
  • 無地カットを選択⇒薄手の素材物は羽織物のインナーとして相性が良い。
  • ヘンリーネックを選択⇒首元にボタンのついたラフに着こなすカット。首元のボタンは上まで閉めずワイルドに決める。
  • 褪せTを選択⇒褪せ感のあるTシャツはワイルドな男を演出する。

秋→冬シューズ

清潔感があり爽やかにシンプルにが鉄則です。

ぼてっとしていないスマートなものが大人の魅力を引き出します。

ポイント

  • 白スニーカーを選択⇒清潔感のある爽やかなスニーカーは秋冬でも人気。暗くなる冬服の差し色に。
  • キャンバススニーカーを選択⇒キャンバスの表情のある素材感をピック。スリッポンような紐なしシューズもおすすめ。
  • レザースニーカーを選択⇒レザーのスニーカーは男度アップ。
  • ブーツを選択⇒ブーツスタイルは格好良い男の着こなし。先が細めのスマートな形が好まれる。先のとがった靴は避ける。違う系統のブーツ。あくまでも丸くスマートな形。

秋→冬小物

小物使いは+αです。

格好良く、スマートにシンプルで自分に合うものを選びましょう

帽子のスタイルは浅めにかぶりでこをだすことで男らしい着こなしになります。

ポイント

  • キャップを選択⇒ワッペンがごちゃごちゃついているよなものは避けよう。少しのロゴ、ワンポイントくらいのシンプルさがおすすめ。
  • ニットワッチを選択⇒コットンかウールの素材のワッチを浅めにかぶる。
  • サングラスを選択⇒秋冬でもワイルドな男のたしなみ。
  • アンクレットを選択⇒秋冬でも露出している足元にはワンポイント。さりげないアンクレットが格好良い。

まとめ:アイテムの組み合わせ方は自由。おさえるべき7項目。

と、いうわけでまとめると

着こなしポイント

  • トップスのボリュームとボトムのタイトなYラインシルエット
  • 丈短めのリラックスフィット
  • ザクっと粗目の生地感
  • スマートに
  • スタイリッシュに
  • ワイルドに

ボトムス、トップス、小物の組み合わせはこの文章中のものなら基本的に何でも合うので7項目を意識して自分の好みで組み立ててください。

デニム×デニムの組み合わせは上級者ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも検討材料になれば幸いです。

-系統別着こなし方

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-