人気の名作レビュー

ダサいを解消。『Lee』大人メンズが選ぶおすすめ評判の定番デニムウェア

2021年7月4日

Lee(リー)はお洒落?ダサい?イメージは?

Lee(リー)ってよく聞くけど、お洒落なの?ダサくないの?評判は良いのか?と疑問を持って調べている人も多いのではないでしょうか。

ある人から見ると格好良くてもある人から見るとダサい。

ファッションにはそのような捉え方は日常茶飯事ですよね。

しかし、間違いなく言えることはLee(リー)はそんなファッションの中でも多くの人に愛される人気のブランドです

ダサいとお洒落の両方の意見が出るアイテムの共通点は幅広い人々に取り入れられることにあるのではないでしょうか。

つまり、人気がありすぎるせいで一部のファッション上級者からすると『皆が着ている服』と思われる一面を持っています

しかし、そんなファッション上級者は少数で私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはお洒落と認識する普通の人ですよね

その上、多くの人が持っていると言っても自分の周りでかぶる程の人はほとんどいないでしょう。

つまり、Lee(リー)を身に着けることであなたを手軽にお洒落に見せてくれるという事ですね。

名作の人気の理由や人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

Leeと聞くとデカデカと書かれたロゴTシャツやスウェット、バッグを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

確かに大きなブランドロゴが目立つ人気のブランドです。

10代から20代前半の若者、女性やキッズが着ていると可愛いですよね。

現にLeeのロゴTやスウェットパーカ、トートバッグ等は女性には大変人気で大人の女性をターゲットにしている雑誌やショップでも度々見受けられます。

キッズに関しては言うまでもなく可愛くてお洒落なアイテムですよね。

しかし、30代を超える大人の男性からするといささか違和感を感じるでしょう。

そのようなあからさまなブランドロゴが付いている服は少し子供っぽい印象をうけますよね。

しかし、Leeは多くの大人の男性のファッションに詳しい人にでも愛用される歴史のあるブランドです

元々ジーンズ(デニム)ブランドとしてアメリカで生まれたLeeは『リーバイス』『ラングラー』に並ぶアメリカ三大ブランドとも呼ばれる老舗です。

つまり、Leeというブランド自体がダサいのではなく子供っぽい服を選んでしまうが故にダサくなるという事ですね

そんな人に重宝するのがおすすめ『Lee(リー)』のデニムウェアです

ジーンズ(デニム)を始めペインターパンツに、オーバーオール、Gジャンやカバーオール等のアイテムはファッション初級者からファッショニスタまで大人で上品なデニムウェアとして長く愛される名作になっています

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人物像

ダサい…お洒落…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するもの ...

続きを見る

こんな人におすすめ

  • Lee(リー)ってお洒落なの?ダサいの?
  • 大人が着る上品デニムウェアが知りたい
  • 普通にお洒落が出来るブランドが欲しい
  • シンプルでお洒落に身に着けられるブランドが知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『Lee(リー)』デニムウェアはあなたをお洒落に見せる評判のアイテム

上述したようにメリットとデメリットは表裏一体でお洒落という評価をする人がいる一方でダサいと評価する人がいるのも事実です。

しかし、全ての人にお洒落と思われる商品は何1つないと言っても過言ではありません。

その中でも『Lee(リー)』は間違いなく大多数の支持を得ている人気のあるブランドです

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『お洒落』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『お洒落』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているお洒落ではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のお洒落な人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、身近にいる多くの人が『Lee(リー)』のデニムウェアを身に着けているかというとそうではありませんよね。

人気があり、誰でも着ていると言えどあなたの周りで着ている人はどれ程いるでしょうか。

一般人の私達の周りでは『有名で認知度の高い服』を着ているなというプラスのイメージを持っている人の方が多いでしょう

流行り廃りに影響されずに長く愛されるデニムウェアと認知されファッション初級者から上級者まで幅広く人気がでる理由にもなっています

つまり、『Lee(リー)』のデニムウェアは少しのこだわりを持ってファッションが楽しめる人気のアイテムです

ダサいかダサくないかを判断できない人でも『定番的な名作であるからこそつけているだけで人から認められる』安心のアイテムですね。

そんな人気の名作『Lee(リー)』のデニムウェアを紹介します。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

https://lee-japan.jp/

一度サイトをご覧になると具体的なイメージを抱けるかもしれませんね。

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

多くの人に愛される名作『Lee(リー)』デニムウェア人気の理由8選

ポイント

  • 上品な印象を作り出す左綾デニム』⇒凹凸がでてカジュアルな印象の強い通常右綾で作られるデニムと違い左綾で作られる事でフラットな表面に艶のある風合いが上品な光沢感を生み出す。
  • アメリカ三大ジーンズブランドの一角』⇒歴史に名高い『リーバイス』『ラングラー』に並ぶジーンズのアメリカ三大ブランドの一角を担う知名度の高さが信頼の老舗ブランド。
  • 時代に合わせて行われるアップデート』⇒継続して作られ長年愛用される名作と言われる定番商品を基本に時代に合わせて柔軟にアップデートを繰り返す決して時代遅れにならないブランド。
  • 米国軍の作業服に正式採用された歴史』⇒多くのワークウェアを生産する企業がある中でアメリカ軍の正式作業服に採用された歴史を持つ老舗ブランド。
  • 認知度の高いブランドアイコン』⇒多くの製品に使われる『Lee』のブランドサインはプリントロゴやラベルからボタン等のオリジナルパーツにも刻印される人気の証明。
  • 環境に配慮した生産背景』⇒生産時に環境に負荷をかける事が多いデニム(ジーンズ)において農薬未使用のオーガニックコットンを使用し浄化能力に秀でた排水処理を行うなど環境に配慮したこだわりの背景が魅力的なブランド。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『Lee(リー)』のデニムウェアを身に着けることで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキレビュー

Lee denim wear

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

愛用

8

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

この枠で要点をまとめています!

※早く商品を確認したい人は商品レビューへ移動

詳しくは是非続きをご覧ください。

まずは『Lee(リー)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

Lee

1889年アメリカカンザス州でヘンリー・デヴィット・リーにより創業。

創業時はメーカーではなく食品や生活雑貨の卸売りを行っていた。

当時からダンガリーズやオーバーオール等のワークウェアも取扱い品目の1つであったが東部から仕入れた既製品であった。

1911年度重なる既製品の入荷の遅れに業を煮やした同氏は自社工場でジーンズメーカーとして本格的な生産を開始。

1913年作業着として開発された『Lee Union ALL』はアメリカ軍のオフィシャルの採用された歴史も持つ。

1926年当時ボタンフライが主流であった業界でZIPフライのジーンズを世界で初めて作り出した。

1950年代になるとワークウェアとしての機能性だけでなくファッションアイテムとして都会の人々に注目され始めた。

後にハリウッドスターのジェームスディーン氏が映画でLeeのデニムを履いていた事で人気に火が付く。

1976年アメリカ建国200年祭に伴って日本に本格上陸を果たす。

米国のワークウェアを始めとするデニム(ジーンズ)アイテムの老舗ブランドという事ですね。

現在では日本の大手ジーンズメーカーである『EDWIN』が企画生産から販売まで手掛けています。

日本においても大手セレクトショップとのコラボや別注などの話題性も高いファッションアイテムとして多くのファッショニスタの間で注目度が高いブランドです

※早く商品を確認したい人は商品レビューへ移動

上品な印象を作り出す左綾デニム

デニム(ジーンズ)とは基本的にカジュアルなアイテムです。

その理由は凹凸のある表面がスーツ等キレイ目スタイルには使われないラフな印象を与えるからです。

ではなぜデニム(ジーンズ)に凹凸ができるでしょうか。

それは通常一本一本が左向きに撚られた糸に対して右綾で織られる事によりゆるみが生じます。

そのゆるみが凹凸になって表面に現れる事でカジュアルな印象が強くなります。

手や物との摩擦が生まれる事で色落ちを楽しむ事ができるのがカジュアルなデニム(ジーンズ)の特徴ですね。

しかし、Leeのデニムは左向きに撚られた糸に対して左綾で織られる事により締まります

締まった状態の表面はフラットになり独特の艶感とソフトな肌触りを生み出します

ムラのある色落ちがする右綾に対し縦落ちと言われるキレイな色落ちと艶感がカジュアルでありながら上品な印象を与えます

歴史に名を遺すアメリカ三大ジーンズブランドの一角

各業界のトップ3を御三家と呼ぶことはありますよね。

ファッションアイテムでよく知られるのはポロシャツの御三家『ラルフローレン』『ラコステ』『フレッドペリー』が有名な話です。

カジュアルで流通量の多いジーンズ(デニム)において『Lee(リー)』は『リーバイス』『ラングラー』に並ぶアメリカジーンズの三大ブランドと呼ばれています

それ程までファッションの歴史において認知度も高く価値の有る老舗ブランドです

時代に合わせて繰り返されるアップデート

歴史のある老舗の三大ブランドといっても決して古臭いわけではありません。

Lee(リー)は名作と言われる作り続けられ長年愛用される定番商品が多数開発されています

その定番名作を基本に時代に合わせて柔軟にアップデートを繰り返しています。

現代に至るまで決して時代遅れにならないブランドです

長く多くの人に愛され続けるブランドには愛され続ける理由がありますよね。

米国軍の作業服に正式採用された歴史

有名な老舗ブランド程ファッションに紐づく歴史的な背景を持っていることが多いです。

特にミリタリーやワークのファッションブランドは過去に軍や公共の作業着として採用される程の品質の高さが証明されています。

Lee(リー)もかつては米国軍に正式に作業着を生産していた歴史を持っています

つまり歴史的にも認められた老舗ブランドである事は非常に価値の高いこだわりの逸品というわけですね

認知度の高いブランドアイコン

『Lee』というロゴをみると誰もが『Lee』だと認識する認知度が非常に高いブランドですよね。

ダサいブランドであれば次第に受け入れられなくなり廃れていくのではないでしょうか。

Lee(リー)の製品の多くはプリントロゴやラベルに加えボタン等のパーツに至るまでオリジナルで刻印の入っているブランドアピールは人気の証明です

環境に配慮した生産背景

近年サステナビリティの観点で環境にいかに配慮するかが求められています。

デニム(ジーンズ)は本来環境に負荷をかける事が多い製品になります。

Lee(リー)のデニムの多くは農薬未使用のオーガニックコットンを使用して作られています

普通は藍の染料を使い川に流す事で環境に負荷をかける工程が生まれます。

しかし、浄化能力に秀でた排水処理を行う事で環境に負荷をかけないように取り組む魅力的なブランドです

大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ

人は何を持って有名か有名ではないか人気があるのか無いのかを判断するのでしょうか。

それは取り扱っている店舗や掲載雑誌、有名ブランドとのタイアップも1つの要因となりますよね。

毎年のように行われる大手セレクトショップや有名ブランドとの別注企画に取扱い等注目度の高さは人気の証明です

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

永く愛される流行り廃りを超越した名シリーズを抜粋して執筆します。

※具体的なアイテムに関しては次の項目で執筆します。

『Lee(リー)』日常を飾る評判の名作デニムウェア9選

シンプルで馴染み易いからこそ定番ともいえるような名作が数多く誕生しています。

カジュアルでも大人で上品なファッションライフを1ランク上にするお洒落への気遣いを演出しますね

定番ジーンズ『アメリカンライダース』

1911年に牧童をターゲットに作られた『カウボーイパンツ』の名を冠して誕生したジーンズの後継です。

名前を『カウボーイパンツ』から幅広いターゲットにする為に『ライダース』へと改称されたLeeの根幹となるシリーズですね。

時代の流れで様々なシルエットが生み出されながら現代に合わせてアップデートを繰り返される定番名作です

MADE IN JAPANのこだわりの逸品です。

普通の人が履く定番レギュラージーンズ『101Z』

pick up

『LM5101』普通の人が履く定番レギュラージーンズ

自然に優しいオーガニックコットンを使用し14.4オンスの少し厚手のデニムで織られた長く履きこめるジーンズですね

股上は深めでシルエットは太くも細くもないレギュラーストレートです

裾のたわみがダサい見え方にもなるのでロールアップで裾のたわみを抑える事でお洒落な履き方が出来ます。

楽に上品履きこなす定番テーパードジーンズ『203』

pick up

『LM5203』楽に上品履きこなす定番テーパードジーンズ

自然に優しいオーガニックコットンを使用し14.4オンスの少し厚手のデニムで織られた長く履きこめるジーンズです

リラックス感を持ちつつ少し上品なジーンズ(デニム)スタイルを楽しむ安心のモデルですね

少しゆとりのある腰回りに股上は深めでシルエットは太ももから裾にかけて少し細くなるテーパードです。

細身で上品に履きこなす定番タイトジーンズ『205』

pick up

『LM5205』細身で上品に履きこなす定番タイトジーンズ

自然に優しいオーガニックコットンを使用し14.4オンスの少し厚手のデニムで織られた長く履きこめるジーンズです

少し細身の上品なジーンズ(デニム)スタイルを楽しむ安心のモデルですね

コンパクトに作られた腰回りに股上は浅めでシルエットは太ももから裾まで少し細くつくられたタイトジーンズです。

トレンドに左右される定番ブーツカットジーンズ『102』

pick up

『LM5102』トレンドに左右される定番ブーツカットジーンズ

自然に優しいオーガニックコットンを使用し14.4オンスの少し厚手のデニムで織られた長く履きこめるジーンズです

コンパクトに作られた腰回りに適度な股上でシルエットは太ももから膝にかけ細くなり裾にかけて広がるブーツカットジーンズです

ブーツカット自体が時代に左右され易い形ですがLeeは一定の需要の為に定番として作り続けています。

お洒落に履きこなす定番『ダンガリーズペインターパンツ』

pick up

『LM7288』お洒落に履きこなす定番ペインターパンツ

古き良きディティールを再現した定番ペインターパンツです。

ペインターパンツとはその名の通り塗装工の人々が着ていた作業着の事です

塗装工だけにとどまらず様々なワークマンの作業着としても愛されたボトムスですね。

ハンマーや刷毛を指すことが出来るループに道具を小分けに入れる事が出来る太ももの小さいポケットが特徴的です。

過去から現代に至る時代の流れととともに若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なワイドパンツですね

ワイドシルエットによる裾のたわみがダサい見え方にもなるのでロールアップで足首を出す事でお洒落な履き方が出来ます。

お洒落な人が選ぶ定番『ダンガリーズオーバーオール』

pick up

『LM7254』お洒落な人が選ぶ定番オーバーオール

1850年代ゴールドラッシュと言われる金鉱発掘に一攫千金を目指した人々の作業着として注目されたデニムが形を変えたものがオーバーオールです。

中に着ている服が汚れない為にデニムに胸当てとサスペンダーをつけたものが開発されました。

ペインターパンツと同様にハンマーや刷毛を指すことが出来るループに道具を小分けに入れる事が出来る膝の小さいポケットが特徴的です。

過去から現代に至る時代の流れとともに若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なワイドパンツですね

オーバーオール特有の大きなポケットにカジュアルなデザインが子供っぽくてダサいという人もいるのではないでしょうか。

大人が履きこなすオーバーオールはあくまでも大人っぽく決める必要があります。

デニムは避けてブラック、ブラウン等のカラーオーバーオールやデニムを選ぶにも濃紺のものを選ぶことで大人の着こなしになります

お洒落な人が選ぶ定番『ダンガリーズオールインワン』

pick up

『LM7213』お洒落な人が選ぶ定番ダンガリーズオールインワン

オーバーオールの形が変化して現れたサスペンダーを背中でクロスさせたサロペットや全身を覆うオールインワン(つなぎ)です

ペインターパンツと同様にハンマーや刷毛を指すことが出来るループに道具を小分けに入れる事が出来る膝の小さいポケットが特徴的です。

過去から現代に至る時代の流れとともに若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なワークウェアですね

使い勝手の良い定番『ジージャン101J』

pick up

『LT0521』使い勝手の良い定番デニムジャケットジージャン101J

丸みを帯びた胸のポケットにLeeのロゴの入ったラベルとボタンが特徴的なジージャンです

春、秋の羽織が必要な時期に必須の薄手の定番デニムアウターですね

冬にはシャツ代わりにアウターの中に入れて着こなすことでお洒落な着こなしを楽しむことも出来ます。

過去から現代に至る時代の流れと共に若年層から30、40代の大人の男性にも愛される定番のお洒落なジージャンですね。

お洒落な人が選ぶ定番『ダンガリーズカバーオール』

pick up

『LT0659』お洒落な人が選ぶ定番ダンガリーズカバーオール

カバーオールとは作業着として使われた胸と裾につけられた大きなポケットが特徴的なワークウェアを指します。

丈は少し長めでフロントはボタンでしめる開襟のジャケットですね

丸みを帯びたポケットにLeeのロゴの入った胸ポケットのラベルとボタンが特徴です。

まとめ:人気の理由は上品に大人の日常を飾る長く使える愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

ポイント

  • 上品な印象を作り出す左綾デニム』⇒凹凸がでてカジュアルな印象の強い通常右綾で作られるデニムと違い左綾で作られる事でフラットな表面に艶のある風合いが上品な光沢感を生み出す。
  • アメリカ三大ジーンズブランドの一角』⇒歴史に名高い『リーバイス』『ラングラー』に並ぶジーンズのアメリカ三大ブランドの一角を担う知名度の高さが信頼の老舗ブランド。
  • 時代に合わせて行われるアップデート』⇒継続して作られ長年愛用される名作と言われる定番商品を基本に時代に合わせて柔軟にアップデートを繰り返す決して時代遅れにならないブランド。
  • 米国軍の作業服に正式採用された歴史』⇒多くのワークウェアを生産する企業がある中でアメリカ軍の正式作業服に採用された歴史を持つ老舗ブランド。
  • 認知度の高いブランドアイコン』⇒多くの製品に使われる『Lee』のブランドサインはプリントロゴやラベルからボタン等のオリジナルパーツにも刻印される人気の証明。
  • 環境に配慮した生産背景』⇒生産時に環境に負荷をかける事が多いデニム(ジーンズ)において農薬未使用のオーガニックコットンを使用し浄化能力に秀でた排水処理を行うなど環境に配慮したこだわりの背景が魅力的なブランド。
  • 大手セレクトショップや有名ブランドとのコラボ』⇒毎年のように発売される多くの大手セレクトショップや有名ブランドとの別注、コラボ企画等注目度の高さは人気の証明。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキレビュー

Lee denim wear

手軽に着れる日常のお洒落着

コーディネートに悩まない

身に着けているだけで普通にお洒落に見える

8

愛用

8

お洒落度

10

認知度

7

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

商品レビューに戻る

定番で人気のモデルなので一つ持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事で日常を飾るバリエーションとしても役立ちます。

定番の人気アイテムなのでセールにかかることもほぼない大人の上品な着こなしに最適な名作です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『Lee(リー)』デニムウェアの魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

このブランドってお洒落なの?ダサくないの?ほかにも気になる役立つ人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『役立つ名作』大人メンズが選ぶ人気のブランド

ブランドのお洒落、ダサいは誰が決めるのか 〇〇っていうブランドよく聞くけど、お洒落なブランドなの?ダ ...

続きを見る

定番名作と安価な服を併用する

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね。

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

服がダサい面倒臭いを解消。メンズファッションレンタルサブスク評判のおすすめ3選

-人気の名作レビュー

© 2021 HI10×2KI blog-ヒトトキブログ-