人気の名作定番紹介

ダサいを解消。『リーガル』高品質でコスパ抜群の大人メンズの評判革靴ローファー

本サイトのリンクには広告が含まれています

REGAL(リーガル)はおしゃれ?ダサい?イメージは?

REGAL(リーガル)って履いてる人多いけど、おしゃれなのか…ダサくないの?評判は良いのか?イメージは良いのか?と気にしている人も多いのではないでしょうか。

特に、おじさんの履いている革靴というイメージを持っている人もいるでしょう。

しかし、今や日本を代表する革靴の老舗として名高いREGAL(リーガル)は、決して『ダサい』とは言えないブランドです。

確かに、広い客層を持ちビジネスシーンでも広く愛されるが故に、一般的な革靴というイメージはあります。

しかし、REGAL(リーガル)は、低価格を実現しながらも日本製を貫き、多くのファッショニスタからも一目置かれる程に、今日まで続く高品質な定番の名作として多くの人に注目され続けるべき名ブランドである事は間違いありません。

ポイント

それに加えて、時代と共に流行り廃りの捉え方は変化しています。

過去の『トレンドという概念』は、過ぎ去ると注目されない時代遅れのブランドと評されることがあったのは事実です。

しかし、近年ではトレンドの勢いは収束しつつも、多様化されているファッションにおいて完全に廃れる事は少なくなっています。

故に、一過性の人気がすぎても過去から続く優秀なブランド程、多くの人に愛され続ける側面を持っています

人とかぶらない違う格好をしたい『特別おしゃれ』な人からすると、人と同じ格好をするのがダサいと感じる人もいるでしょう。

しかし、私達の周りにいる多くの人は人気のブランドはおしゃれと認識する普通の人ですよね。

つまり、認知度の高いREGAL(リーガル)を身に着けることで、あなたを手軽におしゃれに見せてくれるという事です。

名作の人気の理由と人々に与える印象で判断していただければ幸いです。

あなたにとって有益なアイテムかどうか是非続きの文章をご覧になって下さい

こんにちは、人と着を結ぶ一時を創る『ヒトトキ』です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

記事の信憑性

記事を書いている私はアパレル歴10年以上実務40,000時間以上経験しています。

販売員・店長・仕入にも携わってきました。

自分自身も昔はファッションがよくわからず何がお洒落なのか…という悩みも多い『ただ服が好きというだけの普通の人』でした。

しかし、たくさんのお客様と接しコーディネートもさせていただく中で知識と経験を確立する事ができました。

色々な服を着て見て触って体感した中で『やはり世に名を遺す名作定番は全ての着こなしに通じるアイテム』だと実感しています。

そんな『ヒトトキ』が『長く使える役立つ名作』を紹介させていただきます。

ヒトトキという人と服

ダサい…おしゃれ…は誰が決めるのか 大前提として言える事はファッションとは他人からの評価に依存するも ...

続きを見る

REGAL(リーガル)は幅広い年齢層に愛される高品質でコスパの良い老舗の革靴ブランド

『革靴に挑戦したいけど高すぎて手がでない…。』という人は多いのではないでしょうか。

高い革靴では10万をこえてくるものまであります。

比較的安い革靴でも質の良いものは5~10万の間でしょう。

1万前後の革靴は勿論合皮が多いし、2万以下の物は比較的簡易な作りのものが多いですね。

その上、ビジネスでも履くことの多い革靴は日常使いで使うものとどのように違うのか、何を選んでよいかわからないという人も多いでしょう

そんな人に重宝するのがおすすめ『REGAL(リーガル)のローファー』です

こんな人におすすめ

  • リーガルっておしゃれなの?ダサいの?
  • 大人で上品な着こなしをしたい
  • カジュアルで履くことが出来る革靴を知りたい
  • 安価で上質の革靴を知りたい
  • 長く使える流行り廃りの無い愛用できるブランドが知りたい

この記事を読むとこれらの悩みは解消します。

『REGAL(リーガル)』ローファーはあなたをおしゃれに見せる評判のアイテム

REGAL(リーガル)って、おじさんが履くシューズじゃないの?と思われる方は多いかもしれません。

今この記事をお読みの方もそれを確かめたくて調べている方もおられるのではないでしょうか。

実際、私も20代の頃はそう思っていました。

なぜなら、店舗で見るリーガルの靴は先の尖ったビジネスシューズやお父さんが履いてそうなカジュアルシューズが目に付くからです。

しかし、アパレル業界に入って認識は変わりました。

多くのファッショニスタに愛され、雑誌やメディアにも名作として度々紹介される注目度の高さはダサくない証明ですよね

では、なぜダサいのでは…と気になる人が多いのか

『おしゃれ』とは多くの人が着ている服を指すのでしょうか。

実は『トレンド』や『おしゃれ』という言葉は『一般的な人』とは違う『最新の格好をしている人』を指すという側面があります

それ故、上述したように『幅広い人』に人気がある間違いないアイテムという点で『一部のお洒落な人』には『皆が着ているおしゃれではない服』という認識を生み出すことが起因しています。

『一部のおしゃれな人』からすると『面白味がない服』という印象を持っていることも否定はできません。

しかし、実際は製造工場が日本にあり、日本人の足の形を知り尽くした確かな靴のメーカーであるという事実です。

革靴にちょっと詳しいおしゃれな業界の人なら、誰もが知っている上品でコスパ抜群のブランドですね

幅広い客層も一因に

その要因は、幅広い客層を捉える品揃えにも一因しています。

俗に言われるおじさんっぽいと思われるようなカジュアルなシューズや先の尖ったビジネスシューズも多く展開されています。

特に、安価なラインのシューズの展開もあり、多くのサラリーマンの方々が履いている光景を目にすることが多いことにもあるでしょう。

それとは相反して『REGAL(リーガル)』の名作としておしゃれな人々にも長く愛される人気のモデルがあるのも事実です。

要は、何であっても選ぶアイテムによって見た目や素材、機能性等が違ってくるので一概にはくくれないということです。

ダサいかダサくないかを判断できない人でも『有名な名作であるからこそ履いているだけで人から認められる』安心のアイテムですね。

シンプルで馴染み易く大人が上品で日常使いで履くことが出来る革靴には優秀な『REGAL(リーガル)のローファー』を紹介します。

多くの人に選ばれる人気の理由をイメージを膨らませながら見ていきましょう。

ブランド名が気になる方でも中敷きを入れてしまえばほとんどわかりません。

ブランド名ではなく本質で捉えた時、見た目にも機能的にも素晴らしい革靴であることは間違いありませんね。

アパレル業界のおしゃれな人々も愛用している程のコスパ抜群の名作です。

リーガル公式サイト

一度サイトをご覧になると具体的なイメージを抱けるかもしれませんね。

その後の記事で『ヒトトキ』ならではのポイントを執筆させていただきます。

当サイトへ戻ってきて続きをご覧いただければ幸いです。

なぜ人気?多くの人に愛される名作『REGAL(リーガル)』ローファー人気の理由8選

ポイント

  • ドレッシーなガラスレザー』⇒革をなめす際に、革の表面を削り樹脂でコーティングしたレザー。艶のある表情はキレイ目の印象を与える。カジュアルスタイルの外しやキレイ目スタイルの足元にも馴染みやすい。
  • 先の短い形状』⇒通常ビジネスにはNGとされるローファーに、先が丸く短い形状はカジュアルファッションによく馴染む。悩みで多いビジネスシューズとの違いは見るだけでわかる街着で使える一足。
  • カジュアルに見えるビーフロール』⇒足の甲の部分のパーツの両サイドに作られる立体感のある縫製。立体感のあるデザインがより街着に馴染むカジュアル感を生み出す。
  • カジュアルに見えるかかとの縫製』⇒特徴的なかかと中央にある縫製によりできる突起は、ビーフロール同様に街着に馴染むカジュアル感を生み出す。
  • グッドイヤーウェルト製法』⇒アッパーと中底とコバの3つを縫い付け作られる製法。縫い合わせに手間がかかる丈夫な製法。中敷きの中にコルクを挟んでいる事でクッション性が増し使っていくうちに自分の足の形に沈んで快適な履き心地になる。
  • ラバーソール』⇒滑り易いレザーソールと違い歩きやすく疲れにくい。
  • 信頼の日本製』⇒日本人に特徴的な甲高幅広に合わせた木型で作られる為、日本人の足の形に合った履きやすさが魅力。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

『REGAL(リーガル)』ローファーを履くことで得られるポイントは次の通りです。

ヒトトキポイント

REGAL LOAFERS

歩き易く疲れにくい

コーディネートに悩まない

履いてるだけで普通にお洒落に見える

7

快適さ

9

お洒落度

10

認知度

9

上品さ

この枠で要点をまとめています!

詳しいレビューは是非続きをご覧ください。

まずは『REGAL(リーガル)』とはどういうブランドか気になる所ですよね。

REGAL

前身として1902年に『日本製靴株式会社』として設立。

戦前は、軍用シューズを戦後には民間用の靴の生産をしていたメーカー。

『REGAL(リーガル)』というブランドは、アメリカで1880年に誕生。

1961年に、アメリカのブラン社と提携し国内での『REGAL(リーガル)』ブランドが誕生。

その後、日本を代表するシューズメーカーとして認知されるようになった

前述したようにダサいブランドと思う人のいる反面ファッション業界においてファンの多いモノづくりの確かなブランドですね。

ブランドの別注商品や様々なメディアでも取り上げられる所が人気の証明とも言えます

上品で艶のあるガラスレザーを採用

革靴は、表面の質感で印象を大きく左右します。

ポイント

ガラスレザーとは、製造段階で革をガラスの上に乗せ表面を研磨し樹脂でコーティングする技法のことです。

その表面は、艶がありドレスライクで上品な印象を与えてくれます

足元にドレスライクを持ってくることで、ボトムスがカジュアルになろうとも大人っぽくキレイ目なスタイルを簡単に作り上げてくれます

街着で使える先の短い形状

ビジネスシューズとカジュアルシューズの違いが分からないという人も多いでしょう。

ビジネスシューズは、冠婚葬祭などにも使われるようなフォーマルなスタイルです。

ポイント

その特徴としては、シンプルで面長の形状が挙げられます。

貴族や上流階級の人々用に作られた革靴が、時代と共に作業靴や軍用靴、日常に履く靴へと広がった背景があります。

その過程で、使い易く履きやすい形になっていきフォーマルな形状が失われていった経緯があります。

つまり、丸みを帯びたデザイン性のあるもの程、カジュアルファッションに向いているということですね

『ローファー』というアイテム自体が『怠け者』という意味を持ち、紐無しで簡単に履ける日常履きの靴であることを指しています。

基本的には、ビジネスや冠婚葬祭で使われることがNGな革靴なのでカジュアルファッションで上品な一足に成り得るということです

カジュアル見えさせるビーフロール

ビーフロールとは、足の甲の部分のパーツの両サイドに作られる立体感のある縫製です。

立体感のあるデザインがより街着に馴染むカジュアル感を生み出します

カジュアル見えさせるかかとの突起縫製

特徴的なかかと中央にある縫製によりできる突起は、ビーフロール同様に街着に馴染むカジュアル感を生み出します

丈夫で快適なグッドイヤーウェルト製法を採用

革靴の注目すべき点は、様々な種類で作られる製法の違いにあります。

製法の違いによって堅牢性や履き心地手間による価格の変動等の差が生じます。

ポイント

『REGAL(リーガル)』は、縫い合わせに手間がかかる丈夫な作りとして定評のあるグッドイヤー製法で作られています。

アッパーと中底とコバの3つを縫い付け作られる製法です。

中敷きの中にコルクを挟んでいる事で、クッション性が増し使っていくうちに自分の足の形に沈んで快適な履き心地になるのも魅力ですね

靴底の修理をしやすい製法なので、アッパーが無事であれば靴底の張替えで長く愛用できる名作です。

手間がかかるこだわりの製法で長く履ける上に、修理も可能な抜群のコスパが人気の理由ですね

履き心地が良く疲れにくいラバーソールを採用

革靴で注意しなければならないのはソールの形状です。

滑り易かったり堅かったりするとストレスが溜まりますよね。

リーガルのローファーは、ラバーソールを採用しているので歩きやすく疲れにくいのが特徴です

滑らかで凹凸のない仕様が上品でキレイ目な印象を残しています。

信頼の日本製

外国人と日本人の身体の違いは足にもあります。

日本人が全てそうだとは言えないですが、基本的に甲高幅広が多いです。

海外製のドレスシューズはどうしても甲と幅がきつく面長になる場合があります。

日本のメーカーなので、日本人に馴染みやすい木型採用されています

日本製の信頼のクオリティも魅力の一足ですね

ロングセラーの定番名作は人気の証明

名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明です。

ロングセラーを出し続ける定番名作が数多く存在します。

『REGAL(リーガル)』ローファーを色、サイズで選ぶ

身長176㎝体重70kg肩幅広め、ガタイ大き目、足のサイズ26.5㎝の自分は26.0cmを着用します。

大き目のサイズ感なので0.5cm~1.0cm小さ目のサイズ選びが良いです。

始めは、革が堅めで靴擦れする可能性もあるので、少しぶ厚めの靴下を履いて革を馴染ませるのが良いですね

カラーは定番のブラックが使い易いです。

ジーンズにもカーゴパンツにもチノパンにも馴染みやすい色です。

『REGAL(リーガル)』ローファーのおすすめコーディネートポイント

ここでは、カジュアルに寄りすぎる日本人が、大人っぽく上品にコーディネートできるポイントを執筆します。

よく見る海外モデルや芸能人には、カジュアル×カジュアルでおしゃれに見える人も多くいます。

海外モデルや芸能人は、元が良いのでそれでも格好良く決まることが多いでしょう。

しかし、一般的に童顔、短足、中肉中背が多い日本人にはカジュアル×カジュアルではどうしても子供っぽくなってしまう傾向があります

一般的な私たちには、キレイ目:カジュアル=7:3くらいでキレイ目要素を+した方が失敗しづらくおしゃれという印象を与えることができます。

では『REGAL(リーガル)のローファー』は、どういうアイテムなのか。

ローファーは、元々日常履き用に作られた革靴なので、キレイ目とカジュアルの間の馴染みやすいアイテムです。

特に、革靴初級者から上級者まで幅広く愛用されます。

ガラスレザーの艶のある表情に、幅広で立体感のあるデザインは、カジュアルな見た目にもキレイ目な要素を付け加え上品に履ける一足です。

つまり、大人で上品な印象を与えつつも、カジュアルに使うことが出来る革靴であるから、何にでも合わせることが出来るオールマイティな存在ですね

少しキレイ目のカジュアルダウンにも使えるし、カジュアルな服装をキレイ目に落ち着ける効果も期待できます。

ただ、全体的に少しキレイ目を意識するとより大人の着こなしが出来ます。

ボトムス選びのポイント

  • 裾にかけて細くなるテーパードシルエットからワイドシルエットまでロールアップで合わせると相性が良いです。
  • ジーンズなら淡色の物より濃色もしくは、ブラックにすると上品にまとまります。
  • スラックスやトラウザー等のキレイ目要素が強いボトムスは特に馴染みやすいですね。

アウター選びのポイント

  • ジャケットやコート等少しキレイ目のアイテムを選ぶと間違いありません。
  • 少し格好良く決めるのにブルゾンやGジャンでもローファーが上品にまとめてくれます。ただ、インナーやボトムスで少しキレイ目要素を意識しましょう。

トップス選びのポイント

  • 少しだけキレイ目を意識してシャツを選ぶならデニムシャツやミリタリーシャツが格好良く決まります。Tシャツは生地感を少しキレイ目を意識した滑らかで艶のある素材を選ぶことでカジュアル感を軽減できます。ニットは楽に着れて格好良く上品な着こなしが出来ます。
  • カジュアル要素の強いスウェットやチェックシャツ等を着る場合はボトムスをキレイ目に寄せましょう。

勿論コーディネートの仕方は様々ですが基本的なポイントをここで記しておきますので参考まで。

HI10×2KI

合わせて読みたいコーディネートの役立つ考え方に関してはこちらの記事☟

『服の選び方がわからない』苦手を解決。手順で始めるメンズコーディネートの基本

自分の服の選び方は合っているのか?選び方がわからない…失敗が怖い…と悩みを持って調べている人も多いの ...

続きを見る

上記のポイントを理解した上で下記外部リンクURL(wear)よりコーディネートの良い悪いを参考にして下さい。

https://wear.jp/men-brand/regal/shoes/loafers/

『REGAL(リーガル)』ローファーの比較商品

ポイント

REGAL(リーガル)

ウィングタッセル

ローファーの形に飾りであるタッセルを施した革靴です。

ローファー同様に紐の無い形でカジュアルに合わせやすい一足ですね

つま先に飾りであるウィングチップ(羽根のような形の飾り)を施され見た目にも格式高いです。

少しキレイ目のカジュアルダウンにも使えるし、カジュアルな服装をキレイ目に落ち着ける一癖あるデザインがポイントです

ポイント

G.H.BASS(ジーエイチバス)

1876年アメリカメイン州でジョージ・ヘンリー・バスにより設立された老舗シューズブランド。

「目的に合った最高の靴を作る」というミッションの元耐久性の高い革を使い快適な革靴を作ることに成功。

1936年に生まれた世界初のローファー『WEEJUNS(ウィージャンズ)』は1984年にマイケルジャクソンが着用したことでセカンドブームを巻き起こした。

LOGAN(ローガン)

アッパー部分とソール部分を一気に通し縫いする『マッケイ製法』はソールの跳ね返りが良く軽いのが特徴です。

アイビー(清潔で若々しいファッションとしてスポーツウェアを転用するカレッジファッション)がサドル部分に1セントコインを挟むのが流行したことからコインローファーとも呼ばれます。

光沢のあるレザーは上品な雰囲気を演出しつつ、履き口の広いローファーは基本冠婚葬祭やフォーマルな場に使われる物ではないのでビジネスではなくカジュアルに履きこなせる一足です

まとめ:人気の理由は大人の男性が選ぶカジュアルに使えるコスパ抜群の愛用品

公式サイトでのお買い物は意外と面倒くさいという人は多いのではないでしょうか。

検討中であれば、そんな時に役立つのが楽天、Amazon、Yahoo等の普段ご利用のショッピングサイトですよね。

と、いうことでまとめると

まとめ

  • ドレッシーなガラスレザー』⇒革をなめす際に革の表面を削り樹脂でコーティングしたレザー。艶のある表情はキレイ目の印象を与える。カジュアルスタイルの外しやキレイ目スタイルの足元にも馴染みやすい。
  • 先の短い形状』⇒通常ビジネスにはNGとされるローファーに先が丸く短い形状はカジュアルファッションによく馴染む。悩みで多いビジネスシューズとの違いは見るだけでわかる街着で使える一足。
  • カジュアルに見えるビーフロール』⇒足の甲の部分のパーツの両サイドに作られる立体感のある縫製。立体感のあるデザインがより街着に馴染むカジュアル感を生み出す。
  • カジュアルに見えるかかとの縫製』⇒特徴的なかかと中央にある縫製によりできる突起はビーフロール同様に街着に馴染むカジュアル感を生み出す。
  • グッドイヤーウェルト製法』⇒アッパーと中底とコバの3つを縫い付け作られる製法。縫い合わせに手間がかかる丈夫な製法。中敷きの中にコルクを挟んでいる事でクッション性が増し使っていくうちに自分の足の形に沈んで快適な履き心地になる。
  • ラバーソール』⇒滑り易いレザーソールと違い歩きやすく疲れにくい。
  • 信頼の日本製』⇒日本人に特徴的な甲高幅広に合わせた木型で作られる為日本人の足の形に合った履きやすさが魅力。
  • ロングセラーの定番名作』⇒名作と言われるロングセラーのアイテムは定番的に永く多くの人に愛される定番商品として生産され続ける人気の証明。

ヒトトキポイント

REGAL LOAFERS

歩き易く疲れにくい

コーディネートに悩まない

履いてるだけで普通にお洒落に見える

7

快適さ

9

お洒落度

10

認知度

9

上品さ

是非一度オンラインショップで確認してみて下さい☟

定番で人気のモデルなので、一足持っていると使い勝手が良く、早めに手に入れる事でコーディネートのバリエーションとしても役立ちます。

上品でカジュアルに合わせることが出来る、どんな着こなしにも馴染むあまり考えなくても馴染みやすいアイテムですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

『REGAL(リーガル)ローファー』の魅力が分かっていただけると幸いです。

少しでもあなたのファッションライフのきっかけになれる事を切に願っています。

HI10×2KI

他にも気になる流行り廃りの受けにくい長く使える人気の名作はこちらの記事☟

ダサいを解消。『名作ブランド152選』流行り廃りに影響されにくい愛用品

ブランドのおしゃれ、ダサいは誰が決めるのか… 〇〇っていうブランドよく聞くけど、おしゃれなブランドな ...

続きを見る

定番名作と安価な服を併用する

定番名作はお洒落の基礎を作るのに役立つ多くの人に愛されるアイテムです。

しかし、価格は決して安いわけではありませんよね。

知名度の高いブランドのアイテムばかり揃えるのは無理と言う人も多いでしょう。

では、お洒落な人はお金を掛けて全身ブランドを着ているのでしょうか。

実際ほとんどお洒落な人は何もブランドで全身を固めているわけではありません。

ブランドと安価な服をうまく組み合わせて着こなしている人が大半です

しかし、どう選べばうまく着こなせるかわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人に役立つのがファッションの月額レンタルサブスクリプションです

プロのスタイリストにLINEで相談できて手軽に自分に合ったファッションの提案をしてくれる。

その小さな経験繰り返しで自分自身も上達しファッションが楽しくなります。

まずは手軽に試すことが出来るサービスを利用するのも1つの方法ですよね

合わせて読みたいこちらの記事をご覧ください☟

ダサいを解消。『洋服サブスク』手軽に体験メンズファッションレンタル評判3選

ダサいのは嫌、でも服を選ぶのもよくわからないし面倒くさいと言う人は多いですよね。 『最近、耳にする月 ...

続きを見る

-人気の名作定番紹介